アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・写真を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

須磨海岸をいくEF58の急行列車

2018-07-22 20:00:00 | 国鉄時代(モノクロ)

関東に生まれ育った環境から、関西への憧れは昔から強かった。EF58現役時代には、宮原機関区のゴハチには、東京機関区と同じような特別な見方をしていたと思う。どれも機関車が綺麗に磨かれていて美しかったのは、宮原区と東京区だったような気がする。

そんな憧れのEF58を撮影する目的で、関西旅行に出た時の一コマを掲載する。当時、ブルートレイン以外でも、夜行急行列車は数多く残されていて、長い14系や12系を牽いて颯爽に現れ、最後の活躍をするゴハチを次々と撮影できた。急行「くにさき・阿蘇」という九州からの夜行列車。こういった普段着のゴハチ走行シーンも、今となっては中々味わいがあり好ましく思える。

1979-05-06   202ㇾ  EF58142 急行「くにさき・阿蘇」  山陽本線:須磨-塩屋

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« やはり強烈!冨平のブルックナー | トップ | 絶大な人気を誇ったEF65535 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国鉄時代(モノクロ)」カテゴリの最新記事