なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

11月30日の六義園

2013年11月30日 | Life

今朝の六義園


紅葉が良い感じです


次の休みでは遅いかな












コメント

アップすべきか...いややっぱり...

2013年11月30日 | Music

先日の Feels平尾・スペシャル・バンドでプレイした時の写真が送られてきました


が...


やはり思っている以上にデブい...


でもかっこよい写真だからアップしたい...


え、え~い! 載せちゃえ~ 



平尾の兄貴に借りたギターで~


マコトさんに近づいてみた(笑)


平尾の兄貴に近づかれた(笑)
コメント

六本木の夜...

2013年11月30日 | Music & Life 

24年前...何だか永遠のようである


昨夜は16歳の頃にクラスメイトだった2人のバンドを観に久々に夜の六本木へ





『 J-Slash 』 と言うバンド。ZUYAさんはその前身バンドである『 Ducktail 』 の頃から観ているわけで。当時は Hachidai&Ryoji の高辻兄弟にドラムスのヒロの3ピース・バンドでバリバリのロカビリー・バンドでしてね。それが東京上京後にストレートなロック・バンド(いやハード・ロックだよなぁ)に変貌を遂げ現在に至っているわけです

上京前に聖飢魔II好きだった同じくクラスメイトのKenichiが加わったわけだ。ZUYAさんが“演奏する”と言うことに興味を持ったのはビートルズであると共に、彼等の影響もあることは否めないですね


よくよく考えてみるとZUYAさんは昔(就学時)からの友達と言うのがほとんどおらず、現在


幼稚園児時代… 0名

小学生時代… 0名

中学生時代… 0名

高校時代… 2名( J-Slash の2人 )

大学生時代… 0名


てな具合(笑)。まぁ大学は数週間しか行かなかったこともあるが、その後2人の卒業生と出会うことになる(その内の一人はFeels平尾である)

ほとんどが20才でグレて以降の友人と言うわけになる



さて、結成15周年( J-Slashとして ) の記念ライブと言うことで、ZUYAさんもつまらない堅気の仕事が終わるやいなや83キロの重い体を必死に動かして六本木に向かったわけです

昔はよく行った六本木。ZUYAさんは本籍地を港区六本木にしているぐらい憧れた街なんですよね。でも何かねぇ...デブになって六本木を歩く日が来るなんて想像もつかなったので、裸で街中を歩いているような気がして

通り沿いの窓ガラスに映る自分の変わり果てた醜い姿をなるべく見ないように歩いた


ワンマン・ライブで150分の上にオール・スタンディングとデブにはなかなかきつい長丁場でしたが、ステージを正面に見る壁をゲットして(もたれて)楽しみました。15年と言う年月は演奏力を格段にアップさせていましたね(ZUYAさんは“無駄な肉”の方がたっぷり付いてしまったが...)。Vocalも余計な部分がそぎ落とされた感じでシャープで良い感じでした


こんなんありますねん ( ↓ )

J-SLASH Always Love you




しかし、みんな昔のままで細かったよなぁ...


いやいや! 俺はブルースマンだ。目指すぞB・B・キング


しかしZUYAさんが終始気になったのはPAのバランスの悪さ。前半は特に酷かったが後半は修正されて少しはマシになったけど、特にドラムの音のバランスは気になってしょうがなかったね



        



さて明日からもう12月~


残り一ヶ月で何かZUYAさんらしい動きはあるのだろうか。


いや、きっとあるでしょう


それがZUYAさんであるが所以ですから~


コメント

11月23日の六義園  ( At Rikugien On Nov.23. ) 

2013年11月25日 | Life

今日は写真だけをお楽しみください~


Only pictures today.


Enjoy them!

























六義園へはJRまたは東京メトロの駒込駅が便利です(笑)

If you want to visit Rikugien,

Please use JR Yamanote Line or Tokyo Metro Line to Komagome station. 

コメント

素敵な夜でした...

2013年11月24日 | Music


ZUYAさん、大きくなったねぇ...(左から2番目)


昨夜はFeels平尾の兄貴に誘われ、横浜 『 7th Avenue 』 で1曲プレイしました。スペシャル・ゲストには高橋マコトさんがいたのにまさか一緒のステージでやれるとは~

お2人はもちろんバンドのメンバーにも感謝です


Feels平尾と出会ったのはもう彼これ6、7年前であろうか。ブルース好きに加えZUYAさんが数週間で辞めてしまった大学の先輩でもあり何故かご縁が続いております(笑)。公私共にお世話になりっぱなしでいつか恩を返さねばとは思っているのだが... あと10年ぐらいは無理かな

高橋マコトさんとは数年前にMAMMOTHのローディをしている時に出会いまして、佐野行直さん、竹田和夫さんに次いでZUYAさんが猛烈に衝撃を受けた数少ないギターリストです

今更こんなこと言ってもしょうがないのだが、もう少し早くお会いしてあのプレイを観ていれば“正社員”なんぞには決してならなかったと思います。それほど“この人みたいになりたい!”と思わされた素晴らしいミュージシャンです


※念のため、普段はFeels平尾も“さん”付けですからね~


店を辞した後は松下の姐さんに誘われ桜木町の 『 Smorkey 』 と言うお店へ参りました

こちらでは金尾としろうさんのライブを堪能。店内は満員でZUYAさんは運悪くステージの全く見えない階段の下の席。でもとても居心地の良いライブでした。ザラザラ感がないというか、爽やかとは違うんですが金尾さんの人柄なのでしょう


と、ここにも高橋マコトさんがやってきまして決してでしゃばらない素晴らしいプレイを魅せてくれました。もしZUYAさんが10代、20代だったら“坊や”になりたいぐらいです


音楽って本~当に良いもんですね~




コメント