なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

駒込と茄子...

2013年06月30日 | Funny life





駒込(と言っても正確には文京区本駒込になるのだが...)に


『 駒込富士神社 』 なるものがあります




今日・明日と富士山の山開きに合わせて


“お富士山”と呼ばれる祭りが行われています 




初夢で有名な 『 一富士、二鷹、三茄子 』 の“茄子”は


名産物であった駒込茄子のことらしい




以前は縁日ではお土産の茄子が人気だったらしいが


今ではこの辺りでは茄子を作っていないので


もう売られていないようです




それにしても参道に建てられた出店


近寄りすぎでしょ~



この間をすり抜けるように進むわけです(笑)

コメント

MUSIC(音楽)に癒され、励まされ、そして導かれて...

2013年06月30日 | Music & Life 

新しい職に就いて約2ヶ月経ちました。小さな会社なので電話受注から積込、そして配送まで全てこなせる様にならないとダメなんですよね~。ようやく基本的な流れを掴み始めたZUYAさんですが、先日“不意打ち”を喰らいました

社員A: 『 赤伝切っておいてください 』

ZUYAさん: 『 すいません。“赤伝切る”ってどうやってやるんですか? 』

社員B: 『 えっ!? 赤伝の切り方も知らない? 』


いったい世の中のどれくらいの(数の)人が“赤伝の切り方”を知っているモノなんでしょうかね? しかも今やパソコンで伝票を出す時代なのに“赤のカーボン紙”を手渡されて...


そして後日にはこんなことが...


社員B: 『 “領収証の切り方”知らないんでしょうね? 』

ZUYAさん: 『 はい、知りません。よろしくお願いします。 』


スムーズに事が進みました~



        



と、まぁ事務所内では不穏な空気(?)が流れることが多々ありますが、いざ配送になれば独りっきりですから。先日購入したスピーカーに Discman を繋いで心地よく過ごしております。流石に94年製(19年前~!!)のプレーヤーは音飛びが多いのですが、来月の誕生日プレゼントに新しい Discman を強請ろうと思っているのでそれまでは我慢です

ラジオも好きなZUYAさんですが月曜日から木曜日の朝はインターFMで 『 BarakanMorning 』 と言うZUYAさん好みの番組があります。もちろんピーター・バラカン氏の好みが反映されている番組で、それ以外だと...夕方の 『 The Dave Fromm Show 』 ぐらいかな...。そしてトンネルを通ることが多いので肝心な時に聴こえなくなると腹が立つ

んなわけで Discman は手放せないわけです。まぁこれも肝心な時に音が飛ぶのですが...

もちろん時代は進んでいるのですから、ウォークマンも小型軽量化・音源もメモリやメディアに何百曲、何千曲と入れて持ち歩く時代。でもZUYAさんは基本的にめんどくさがり屋ですから、“CDをパソコンに入れてダウンロードして...”と言う作業が考えただけでも億劫で...

余談ですが先日ラジオから故河島英五さんの 『 時代遅れ 』 が流れておりました。だんだん歌詞の意味がしみじみとわかり始めてきましたね~



さて先週(車内で)聴いていた中で“おお~!”と思ったモノを幾つかあげてみようかと~


Sweet Forgiveness
クリエーター情報なし
Rhino



何度聴いても心奪われるボニー(・レイット)姐さんの最高傑作の一枚、 『 スウィート・フォーギヴネス 』 です

決して透き通るような美声ではないのですが、実に“いなたい”歌いっぷりで“色気”があります。声もしっかり伸びます。そこらの鼻歌みたいな小娘達とはわけが違いますな。全般的にこの時代のアコギのレコーディングは実に張りがある中でまろやかさを感じます。最近の傾向としてはジャリジャリし過ぎているような。はっきりしているが優しさを感じないと言うか。まぁ好みもあるのですがね

まぁ黄金の70年代のレコーディングと2010年代のモノと比べる事自体間違いなのでしょうが、一長一短と言うことにしておきましょう


Strong Persuader
クリエーター情報なし
Island / Mercury



久々に引っ張り出してみました。デビューして間もない頃の勢いのあるロバート・クレイ。エリック・クラプトンのバンドとかにくっついてライブしてた頃かな。今や彼もミュージック界の重鎮の一人ですが、いやぁ若さと資質が溢れる素晴らしいアルバムですよね

今聴いても“古さ”を全く感じさせないのは、やはり育った音楽的土壌がビートルズ等の“黒人の音楽に影響された白人の音楽”を聴いて育ったからかもしれません。これがまともに黒人音楽を聴いて育っていると思い浮かばない曲調のものが多いですからねぇ。いやぁ良い感じです~


Innervisions
クリエーター情報なし
Motown



これまた久々に聴きなおしました。 『 Talking Book 』 に始まるスティーヴィー・ワンダーの70年代の最重要作品の一枚 『 インナーヴィジョンズ 』

ZUYAさんごときが語れるようなアルバムではないが、一点の非の打ちどころもないでしょう。ほとんどの楽器の演奏をスティーヴィー自身で行っている恐ろしいマルチプレイヤー振りを発揮しております。みんな70年代は輝いていましたね~



これらの3枚はしばらくは車に積んでおきます

コメント

TOKYO GUITAR SHOW 2013

2013年06月29日 | Music

ローランドに勤める17年来の友人に誘われ


初めて 『 Tokyo Guitar show 』 なるものへ


ZUYAさんも頑張らないと~



渋谷にて


ヴィンテージもずらりと...


この桁...危険ですよね~


試奏する友人をパチり~
コメント

蛇の道は蛇と言うヤツ...

2013年06月29日 | Funny life

2週連続で近所のマッサージに行ってみました


『 台湾式リフレクソロジー 』 とか書いてありましたが、それがどんなものなのかはさっぱりわかりませんが、もう数週間放置状態の腰痛を何とかしないといけないと思いまして。


以前はかかりつけの接骨院に行っていましたが、体を痛めて行く度に“太ったね~!”と言われるのが恥ずかしくて、何とか近場で治せないものかと考えていたところ駒込駅近くにあるこの看板に引き寄せられて...





要は料金の安さに惹かれたわけです


先週は全身コースで勝負。途中でスタッフが“背中で正座をする”と言う技を使ったときはびっくりしたが、今回はさらに驚愕しました(笑)。全身と足裏のハーフ&ハーフでお願いしたのですが、

“背中で歩行する”と言う荒技が飛び出しました


しかし、術後はすっかり気分爽快...



さすが蛇の道は蛇ですな~ 




コメント

し、7月がやってくる...

2013年06月29日 | Funny life


この写真は本文とは一切関係ありません(笑)




先日配送で新宿へ出るのに“青梅街道”を使いました


走っているとふと頭に浮かんだのはギターリストの竹田和夫氏の一言です。ご存知の通りZUYAさんがブログを始めるキッカケになった人の一人でいらっしゃいます(もう一方は栃原の兄貴。だからZUYAさんも 『 gooブログ 』  なんですよねぇ~)。その氏曰く、


『 なんでも通す青梅街道 』


純粋に感動してしまうZUYAさんです。実際にこんな表現があるのかとネットで検索してみると...まぁ試してみてくださいな~

でもこう言う表現を会話(又は文章)の中にさりげなく取り入れるセンスにZUYAさんは畏敬の念を覚えます。自分でもトライしようとしていましたが、なかなか巧く使いこなせずギタープレイ同様よくドラマーのS・S氏にダメ出しを喰らっていましたね~


10年ほど前になりますが、ZUYAさんは竹田氏のパートナーでもあった師・大沢博美と新宿でレコード屋巡りの最中にとあるお店に2人で入りました。小奇麗な食事処と言う雰囲気のお店でカウンターで好きなおかずを取って行くシステムだったような気がします。ご飯と味噌汁だけがスタッフのお姉さんがよそってくれたのですが師は一言、


『 お姉さん、ご飯は青梅街道で~ 』


やはりZUYAさんは純粋に感動しましたね


※ もちろん“青梅”と“多め”が掛かっているわけです...



        



さて、今日は6月29日...そうなんです残り一ヶ月でZUYAさんの“30代”が終わってしまうのです。思い返せば何やら奇妙な10年間でしたが、最後の1ヶ月も“らしい”モノにしたいものです

ですが、実はだんだんと“恐怖”すら感じるようになって来ております。そう言えば笹井の兄貴や栃原の兄貴が40になった時にも“人間って年取るんだぁ”と何とも言えない恐怖を感じた覚えがあります。そしていざ自分の番が...

このタイミングで運転免許証の更新の通知がやってきました。久々に取り出してまじまじと見てみると5年前のZUYAさんはやはりかなり痩せておりました(笑)。今回は今の“MAX状態(15キロ増)”で免許証の写真を撮られるわけで...

顔がほっそり見えるエステに行ってから挑もうか等と小細工を真剣に考えているZUYAさんであります



4年前のZUYAさん(シャツは“M”、パンツは“33”)



        



今日は特別な用事を入れていないので、久々に師に電話を入れてみようかと。思えばずいぶん話していないなぁ。最後に話したのは2月頃か。失業後今回はかなり仕事を見つけるのに手こずっってしまったので、以前なら失業時は頻繁に電話をしていたのですが今回は余裕がなかったですな。その上に時差の関係上日本時間で午後3時~6時と言う時間に家の固定電話(1分15円)を利用するのはなかなか難しいものです。

普通なら最も外にいる確率の高い時間帯ですからね




さぁ洗濯でもしてから近所の整体マッサージにでも行ってきます~


Have A Nice Day ~

コメント