今日も いただきます!

毎日の食事とネコ+あれこれ

神楽坂・九頭龍蕎麦 本店

2018年08月14日 | 外食

九頭龍蕎麦 本店

新宿区神楽坂3丁目

 

 

お盆なので閉まっているお店も多い中

福井の美味しい料理や地酒がいただける

九頭龍蕎麦本店におじゃましました。

 

私たちがお店に着いたときには

まだお客様もまばらでしたが

アッと言う間に満席になりました。

 

同じ神楽坂の4丁目にある

「九頭龍蕎麦 はなれ」は

お料理も懐石料理に近いですが

この本店は

どちらかと言えば庶民的。

 

 

そんな中で

越前のおいしものの

スタートです

突き出しは

バイ貝の肝ソース和え

 

暑い中、駆けつけたので

なかなか汗も引かず…

席に着くなりお願いした

生ビールがおいしい。

 

 

前菜盛り合わせ

上庄里芋の煮ころがし

生湯葉と蕎麦の実のあんかけ

小鯛の笹漬け

さすが蕎麦屋の酒の肴、

蕎麦の実は珍しくもあり美味しい。

 

 

お造り二種盛り

(マグロ)と(スズキ)

 

早くも生ビールから切り替えて

夫は、早瀬浦の特別純米「夏の涼み酒

私は、南アフリカの白ワインで

 

 

蒸物

若狭ぐじと甘海老の蒸籠

空心菜の上で蒸された

ぐじ(甘鯛)と甘海老。

やはり…、ぐじが美味。

 

 

焼物

和牛サーロインステーキ

雲丹ソース

サーロインなので脂っこいかも…

と思いましたが

供されたお肉は焼き方も良くて

美味しいものでした。

添えられたズッキーニが

殊の外おいしくて…。

 

 

珍味

豆富の味噌漬け

へしこ

越前汐ウニ

 

ひゃあ~

お酒、おさけをくださいっ!!

てなことで

↓↓

供された珍味は

さすがにお酒がなきゃ…

てなことで

すぐさま日本酒をお願いして。

 

出していただいた杯は

逆に撮してしまいましたが

九頭龍の龍だったらしく

お酒を注ぐとひときわ綺麗に

龍の絵が浮き出ました。

 

 

煮物

(にしん)

竹田の油揚げの炊き合わせ

今や地元福井に限らず

関東でも有名になった竹田の揚げは

当然の美味しさでしたが

それにもまして

鰊が滋味深くて良かったです。

 

 

揚げ物

本来のコースでは、

九頭龍舞茸の天麩羅ですが

私たちの大のお気に入り

ソースカツ

に、替えていただきました。

 

天麩羅も捨てがたかったけど…

ソースカツ、

メチャクチャおいしい

 

 

お食事

越前おろし蕎麦

福井のお蕎麦と言えば…

そりゃ、ぶっかけ。

お酒の後に食べるおろし蕎麦、

最高でした。

 

 

お腹がいっぱいになったあとは

いつものバーに

マスターの顔を見に。

 

夫はバーボンのクラッシュアイス

私はスイカにウオッカをステアした

スノースタイルの

スイカのカクテルでスタート。

 

スイカの赤い色も美しいけど…

ほどよい甘さでとてもおいしい。

 

 

 

 

スダチのカクテル

これは、

私が作っていただいた

季節のカクテル。

さわやかでのどごしも良いです。

 

 

薔薇のリキュール

これも私ですが

ほんのり甘い中にも上品さがあって

貴婦人に相応しいお酒

って感じでした。

 

 

夫は

同じバーボンをお代わりした後

また違うバーボンのストレートで

オワリに。

 

よく食べ

よく飲んだ夜でした。

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (8)

高畠のシャルドネとデパ地下総菜

2018年08月13日 | 家ごはん

 

 

用事に追われて朝から出掛け、

帰り道に

デパ地下に寄って総菜を買いました。

 

私のブログは「家庭料理ブログ」です。

なのに…

買った総菜ばかりをアップして

面目次第もございません。

 

 

そんなわけで

デパ地下総菜が並んだ日の

夕食です。

 

 

 

いつもの

泡、泡、泡

 

だけど…、日本のなんです

↓↓

(yoshi)

まほろばの里、

山形県高畠町産シャルドネからの

スパークリングワインです。

 

たぶん…、私は

日本の

スパークリングワインを飲んだのは

はじめてだと思います。 

炭酸がやや強い気がしましたが

スッキリ美味しかったです。

 

 

カマンベールチーズ

 

 

ガーリックシュリンプ

皮付きです。

その皮もやわらかくて

丸々食べることが出来ましたが

良い味でした。

 

 

ステッキサンド

(アンデルセン)

サーモン

キャステロ&プロシュート

 

角度を変えて

↓↓

この、ステッキサンドは楽しい!!

とにかくいろいろな物が挟んであって…

ワインとの相性は抜群。

 

 

 

 

ローストビーフ盛り合わせ

ローストビーフ

ピュアヴェール・レモン・ミニトマト

アボカド・ゆで卵

 

少し大きく

↓↓

やっぱり、

ローストビーフが主役です

厚みもあっておいしい 

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (8)

鰺の梅しそ天と椎茸の陣笠煮

2018年08月12日 | 家ごはん

 

 

珍しいものを見つけました。

海藻で作った自然食品

博多名産の

「おきゅうと」です。 

 

 

そんな日の夕食です。

 

おきゅうと

林隆三商店の「箱崎おきゅうと」。

これは、

地方によっていろいろな

食べ方があることと思われますが

私は万能葱を混ぜ込んで

おろし生姜を天盛りに。

ポン酢も美味しいですが

醤油をかけます。

 

 

水茄子の漬け物

「銀座若菜」さんのぬか漬け。

夏ならではの美味しさ。

 

 

椎茸の陣笠煮

椎茸の傘の裏に粉をはたき

おろし生姜・酒・砂糖・醤油

片栗粉を加えて練った挽肉をくっつけ

フライパンで肉面から焼いて

煮汁を加えて煮込んだもの。

仕上げに「けしの実」をのせました。

 

一個を切り分けてみれば

↓↓

挽肉は

残っていた鶏肉に豚肉少々を加えて

フードプロセッサーにかけました。

 

奥出雲産の椎茸が

ツルンとした喉ごしで

子供から高齢者にまで好まれる

総菜ではないでしょうか…。

 

 

鰺の梅しそ天ぷら

レモン

一口大に切った鰺(アジ)に

梅肉をのせ大葉で巻いて天麩羅に。

梅干しと大葉で

揚げ物なのに案外サッパリして

夏に相応しい一品です。

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (6)

豚肉ニンニク味噌焼き

2018年08月11日 | 家ごはん

 

 

半ば忘れられていたような

豚もも肉や銀ダラ西京焼きなどを

冷凍庫から取り出しました。

 

 

そんな日の夕食です。

 

モロヘイヤ

鰹節(糸削り)

サッと茹でたモロヘイヤの葉を

ザクザクと大まかに切り

鰹節をのせたら

ポン酢をかけて食べます。

 

 

ともだちからもらった

いつもの漬け物

野田市・坂倉味噌醤油(株) さんの

漬け物の数々ですが

おいしいんだなぁ~これが。

 

らっきょうだけはそのまま食べますが

ともだちから教わった通り

あとの4種類は刻んで混ぜ込み

いろいろな料理に使います。

 

夫のイチオシはご飯に混ぜ込むことで

お弁当のご飯には欠かせません。

 

この日はこんな使い方で。

↓↓

変わり冷や奴

どんな風にして食べても

間違いのないおいしさなんです。

 

 

銀ダラ西京焼き

小梅干し

京都一の傳さんの蔵みそ漬(西京漬)

脂がのった銀ダラは

ご飯にもお酒にも

申し分のない美味しさです。

 

 

焼いた豚もも肉

ニンニク味噌

ミニ胡瓜

 

少し大きく

↓↓

 

我が家のニンニク味噌は

普通の味噌の中に

みじん切りのニンニクを混ぜ込んで

冷蔵庫で寝かせているだけですが…

これで、

10年ほど経っていると思います。

 

このニンニク味噌を

ただ焼いただけの豚肉や

胡瓜にのせて食べます。

 

簡単で美味しくて何よりです。

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (4)

鮎のフライやしゃぶしゃぶサラダで

2018年08月10日 | 家ごはん

 

 

たまたま用事があって隣町に行った際

結構お気に入りのスーパーに寄ったら

ちょっと大ぶりな鮎が置いてありました。

 

「あっ、これこれ、今夜はこれでいこう!」

そんなわけで鮎がメインに決定。

 

 

そんな日の夕食です。

 

明太子

「さぁー、飲むぞー」

そんな気持ちが透けて見える一品です。

 

 

タコと胡瓜の酢の物

瀬戸内海産の地蛸と

ミニ胡瓜を二杯酢で和えたもの。

夏の酢の物はスッキリ。

 

 

茶わん蒸し風玉子とうふ

青森県のアンテナショップで買った

青森の玉子とうふ。

いつものおいしさです。

 

 

しゃぶしゃぶサラダ

ドレッシングは

最近すっかりお気に入り。

静岡県三島市・カメヤ食品さんの

わさびごまだれ」で。

 

少し大きく

↓↓

しゃぶしゃぶ用豚肉以外は

茹でた南瓜と

生のミニ胡瓜・ミニトマト・玉葱。

 

 

メインの鮎ですが

下処理はこんな感じに

↓↓

三枚におろしますが

尻尾のところは切り離さず

こうやって結びます。

 

あとは、

小麦粉→卵液→パン粉をつけて

フライに。

 

 

鮎のフライ

スダチ

「結ぶことに意味があるの?」

「結んだりしなくても

そのままフライにすればいいじゃない?」

そう思っているそこのあなた、

そうなんです。

結ぶことに多いに意味があるんです。

 

三枚におろしたままだと

尻尾に近い部分は身が薄くて

そのままフライや天麩羅にした場合、

火が入りすぎて

ふっくらと揚がりません。

 

ところが…、こうやって結べば

尻尾に近い部分まで

ふっくら美味しく食べられます。

 

食べる時にはスダチと塩で。

鮎のフライは

極上の美味しさです

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (8)

山かけ丼と鰺のひらきで和定食

2018年08月09日 | 家ごはん

 

 

夫が持っていくお弁当のご飯は

毎朝炊くわけじゃなく

沢山炊いたものを

小分けにして冷凍しています。

 

その、

お弁当用のご飯を炊いたついでに

丼物にしたけれど、

そうなるとお吸い物も作ったりして

定食のようになりました。

 

 

そんな日の夕食です。

 

ご飯物の夕食でも…

これは欠かせません。

この日の夜はヱビスで。

 

 

桃の酢の物

朝食の時、

「桃とキウィとどっちがいい?」

と、夫に訊いたら

「この間食べた沖縄の酢で漬けた桃が

また食べたい」。

 

そんなことで桃は

朝食じゃなく夕食で。

 

シークヮーサービネガーをまぶした桃。

やっぱり、

フルーツにはフルーツ酢が合います。

冷たく冷やしておいしい。

 

 

トマトと豚しゃぶ

ドレッシングは

カメヤ食品さんのわさびごまだれ」。

わさびの辛味がピリッと効いた

大人のごまだれです。

 

 

鰺のひらき

小梅干し

伊豆近海の真アジ。

酒の肴にもご飯のお供にも

どちらでも美味しいです。

  

 

山かけ丼

茗荷のかき玉汁

 

 

茄子と大葉の塩もみ

茄子も大葉も我が家の庭で育ったもの。

茄子はちょっと固かったけど…

我が家で大きくなったと思うだけで、

それだけでおいしい。

 

 

山かけ丼は

ご飯の上に刻み海苔をちらし、

づけとおろした長いもとオクラ。

 

ご飯も食べて

お腹がいっぱい。 

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (6)

ふく唐揚げと栃尾揚げ

2018年08月08日 | 家ごはん

 

 

所用があって二子玉川まで行ったので

帰りにデパートに寄り

夫の好きな (って、私も大好きな)

白イカと栃尾揚げを買いました。

 

 

そんな日の夕食です。

 

泡、泡、泡

シャンパンじゃないのは残念だけど…

スパークリングワインでも

充分おいしい。 

 

 

揚げにんにく

味噌

夫は翌日も仕事だから

周りの人に迷惑をかけるかも。

 

だけど…

そんなことより何より

この夏を乗り切るには

スタミナをつける方が大事 !!

 

 

焼き万願寺唐辛子

グリルで焼いて

糸削り節をのせただけ。

 

ほんとうは、

焼いた後に薄皮を剥けばキレイだけど…

面倒なのでそんなことはせず

あとは、

醤油をかけてかぶりつきます。

 

 

白いか刺身

鹿児島産の剣先イカ。

ねと~っとして甘みがあり

なんとも美味。

 

 

栃尾揚げの味噌詰め焼き

栃尾揚げに挟んであるのは

葱と青唐辛子味噌。

 

この青唐辛子味噌が

ピリッと辛くてまさに大人の味。

酒の肴にたまりません。

 

 

ふく唐揚げ

スダチ

これは、

スーパーで衣付きの市販品を買い、

家で揚げたもの。

 

薄いフグで

おせんべいのようだったけど…

骨が取ってあって食べやすく

ついつい手が出ました。 

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (6)

沖縄のお土産も使った和食

2018年08月07日 | 家ごはん

 

 

沖縄のお土産をいただきました。

紅芋のクッキーなどの他に

瓶に入ったものが2種類。

その瓶に入った物を使って

総菜を作りました。

 

 

そんな日の夕食です。

 

瓶物その一 

もずく佃煮

海苔の佃煮に

刻んだもずくが入ってます。

 

これは、

温かいご飯にのせて食べるのが

一番だと思いますが

とりあえず

こんな風に使ってみました。

 

↓↓

変わり冷や奴

絹ごし豆腐の上に

「もずく佃煮」をのせ

松の実を散らしました。

 

佃煮の甘辛い醤油味が

豆腐とも

なかなかよく合っていました。

 

 

瓶物その二

シークワーサー ビネガー

本来は、

冷水やお湯で薄めたり

ジンやウイスキーなどに加えて

飲むようですが

私はいつものこれで。

 

↓↓

桃の酢の物

一口大に切り分けた桃に

シークワーサービネガーを

まぶしただけ。

あとは、

戻したクコの実をふりかけて。

 

桃の時期には幾度も作りますが

これは、これまで食べた中で

一番の美味しさでした。

やっぱり、

フルーツにはフルーツ酢が合うようです。

 

 

ホヤ刺し

わさび

ホヤは案外当たり外れがあり

食べてみなければ

わからないこともあります。

これは、大当たり!!

おいしかった。

 

 

トロかれいの味醂干し

枝豆

九条葱入りだし巻き玉子

 

少し大きく

↓↓

日本酒をチビチビ飲みながら…、

味醂干しのかれいも

九条葱を混ぜ込んだだし巻きも

そして、枝豆も

しみじみおいしい

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント (10)

デパ地下総菜が並びました。

2018年08月06日 | 家ごはん

 

 

用事が多々あり

夫とふたり

午前中からあちらこちらへ。

 

午後も三時を廻ってから

銀座三越にたどり着いて

送り物を済ませたら

夫が「夜の総菜はここで買おう」。

 

そりゃ、いいね。

てなことでウロウロ

デパ地下総菜をあれこれ買いました。

 

 

そんな日の夕食です。

 

ナチュラルチーズ

フランスのチーズ・ロッシュバロン

チーズのことは全くわからないので

チーズ売り場で

「トロトロやわらかいブルーチーズが欲しい」

なんて言ったら

このチーズを勧められました。

 

買ったときにはきっちり包んであり

固さがよくわからなかったけど

開けてみたら…ごらんの通り。

 

見た目は悪いけどおいしい。

ハチミツをかけたり、総菜にのせたり

美味しく楽しく完食。

 

 

トマト

一個だけ買った真っ赤なトマトは

しっかり冷やしておき

食べる直前に

トリュフ塩をふりかけて。

 

 

モッツァレラチーズ入りアランチーニ

丸い揚げ物の中身は

クリームチーズを

ケチャップライスで包んだもの

これなら家でも簡単に出来そうだけど…

私はちょっと面倒。

小さい子は喜びそうだから

若いママにはオススメです。

 

三元豚のミラノ風カツレツ

(トマトソース付き)

夫は「旨い」と、言っていましたが

やや固めなので

好みが別れると思います。

 

 

マダコ(塩)

ヤンソンの誘惑

(ポテトと生クリーム・チーズの

まろやかなグラタン)

パテドカンパーニュ

肉と香辛料のテリーヌ

 

 

少し大きく

↓↓

どれも美味しかったですが

私は真ん中の黄色い

「ヤンソンの誘惑」が一番。

薄切りのポテトと

生クリーム・チーズが

ミルフィーユのように層になっていて

洒落た美味しさでした。

 

 

結局、ワインも二本空けましたが

デパ地下総菜で

ラクしておいしい夜でした。 

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

  

コメント (11)

いつもの居酒屋にて

2018年08月05日 | いつもの居酒屋

 

 

舅の葬儀を終えた翌日は

ご近所の方にご挨拶したりして

義実家を厳重に戸締まりしてから

帰りました。

 

これからも

いろいろな手続きや整理のために

頻繁に行かなければなりませんが

今回は、夫も私も疲れてもおり

ひとまず自宅へ。

 

帰宅時間も夕方になってしまったので

いつもの居酒屋に向かいます。

そういえば…

夫は随分久しぶり。

 

 

そんな日も

いつものこれからスタート

ゲソ天

あ~ おいしい。

 

どうも私は…

疲労が極度に達すると

ステーキとか

揚げ物が食べたくなります。

体が牛肉や油を欲するようです。

 

そういえば…私の母も

ステーキ用牛肉を常に冷凍していて

体がだるくなったときには

焼いて食べていました。

 

 

アジフライ

肉厚でサクサクのアジフライ。

いつも食べたいと思うのですが

一皿一匹(2枚)なので

一人の時には躊躇います。

この日は夫と二人なので

迷うことなく頼みました。

 

 

葱だれ豆腐

なめらかな豆腐は私の好み。

葱油にまみれた刻み葱が

たまらなく美味しくて。

 

 

お刺身盛り合わせ

アジと鯛の昆布締め

暫く留守にしていたので

贖罪の意味もあり

家で待っている

猫のカイくんが好きな魚を選んで

こそっと少しだけお持ち帰り。

 

ここで

ホッピーから日本酒に切り替えて

夫は青森の陸奥八仙

私は和歌山の南方

ともに旨し

 

 

さざえの壺焼き

夫は

日本酒をお代わりしていましたが

やっぱり、なんたって…

さざえには日本酒。

 

いつもの居酒屋で

顔なじみの

大将や女将さんと話しながら

飲んだり食べたりして

やっと

一区切りついた気がしました。 

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント

伊豆高原 ・桜吹雪

2018年08月04日 | 外食

 伊豆高原・城ヶ崎温泉

花吹雪

(静岡県伊東市八幡野)

 

 

うだるような暑さの中

身内だけが集まって

舅の葬儀を済ませました。

 

90歳も半ばで大往生した舅に

誰も悲嘆に暮れることなく

セレモニーホールから火葬場に移動して

お骨を拾ったあとで

解散となりました。

 

最後まで残ったのは夫と私だけで

無事に終わって「やれやれ…」

そんな気持ちでいたところ

「今夜は美味しいものを食べに行こう」と夫。

私もこんな日は

少し良いところで食事をしたいと

思っていました。

 

 

そんなことで

少し明るいうちから

伊豆高原の森の中にある別荘宿

花吹雪」さんに向かいます。

 

 

 

喪服に汗が染みこむほど暑かった

そんな日の夜、

まずは生ビール

冷たい一杯が体に染みわたるよう。

 

 

桜懐石「紅梅」の

スタートです

先付

嶺岡豆腐

牛乳豆腐ですが

ねっとり濃厚。

慌てて日本酒をお願いしました。

 

 

静岡の地酒と言えば…

やっぱり、磯自慢

奥深い味わいで変なクセもなく旨し。

 

 

向付

金目鯛・ホウボウ・タコ

添え物は

細く切った生のじゃがいもや

芋がらなどですが

工夫されていて

口が飽きることなく美味しい。

 

その中から

金目鯛を大きく

↓↓ 

伊豆沖の金目鯛を使った

桜葉締め

一塩の金目鯛で

ゼリーを巻いてあります。

 

 

吸物

アボカド真薯と桜花があしらわれ

海藻・神馬草が入っています。

長寿を寿ぐ吸物だそうですが

そんなことより何より

昆布と鰹節と鮪節の出汁が美味。

 

 

籠ずし

柿の葉ずし

 

柿の葉を開いてみれば

↓↓

伊豆の渓流に生息する「あまご」の

柿の葉ずし。

あまごはサケ科だそうですが

説明がなければ

見た目も味も

鱒だと勘違いしたと思います。

 

 

蓋物

湯葉包み揚げ

この中には、豆腐、アオリイカ、

真鯛などが入っており

下は枝豆のすり流しで

丸茄子の揚げ浸しが添えてあります。

 

 

焼物

富士山黒毛和牛の炙り焼き

鮎蓼、甘辛辛子、アスパラガス

ここのところ、肉、肉と

お肉が食べたいせいもあってか

この日の食事の中で

一番おいしく感じました。

 

夫は日本酒を飲み続けましたが

私はここで

ワインに切り替えました。

 

塩でもわさびでも

とにかく美味しくて…

冷えた白ワインともよく合います。

 

 

 

 

一の重 

尻高のオクラ寄せ 生雲丹

蓴菜のとろろ和え

地魚の蓼焼き

昆布締めスズキと白瓜の鳴門巻き

白身魚と海老のすり身の玉子焼き

花豆茶巾和三盆糖風味 

 

 

二の重

揚げ物

馥郁としたドーナッツ形状の海老真薯

明日葉の天麩羅

油で揚げた海老真薯から

元気を貰った気がしました。

揚げ物を食べて体が喜んでる。

そんな気がしました。

 

 

桜おこわ

大きな桜の葉が

おこわの上に乗せられていました。

(おこわの下にも敷いてあります)

地元の大島桜の葉で蒸し上げられた

おこわめし。

もっちりして…美味しかった。

 

後ろの漬物は

香木・黒文字と共に

仕込んだ漬物だそうですが

これがまた

不思議な美味しさでした。

 

 

料理屋菓子

わらび餅

黄粉をまぶした

自家製和三盆糖わらび餅

お茶との相性は何より。

 

 

食事を終えて外に出てみれば

すっかり暗くなっていました。

 

 

舅の葬儀を終えた日、

夫とふたり、

美味しい食事をいただきました。

 

良かった…

こんな日だからこそ

このお店に来てほんとうに良かった…

 

長い一日でしたが

その長い一日も終わろうとしています。

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント

夫と義弟と私で三人の夕食

2018年08月03日 | お出かけ

 

 

舅が入院している病院から

「すぐ来てください」と、

連絡があったのは前日の午前中で

取るものも取りあえず

夫が駆けつけました。

 

その夫から

「たった今、逝ったよ」と

連絡があったのは

夜更けのことでした。

 

舅が一ヶ月前に入院したときから

家族は少しずつ少しずつ

この日が来ることを悟り

覚悟してきました。

なので、私も

動揺することなく静かに落ち着いて

事実を受け止めました。

 

 

そんなことで

一夜明けてから

義実家に向かってみれば

義弟が既に来ており

夫と二人で雑用をこなしています。

 

結局、義実家には

夫と義弟と私が泊まることになって…

 

 

そんな日の

三人の夕食です。

 

だだちゃ豆

買ったのも茹でたのも義弟ですが

なかなか上手く茹でてあります。

 

 

これもお買い物に出たついでに

義弟が買ってきたもので

伊豆高原ビール

違う種類の地ビールを

全部で6本買ってきていましたが

どれも個性のある味でした。

 

 

小瓶なので

三人に注ぐとほんの一口ずつ。

義弟はマメな性格で

その都度キッチンの流しに行き

三人分のグラスを洗ってから

次のビールを注いでいました。

 

 

酒のアテは

出前のお鮨とお刺身で

それぞれ三人前ずつ。

 

 

お刺身盛り合わせ

7種類のお刺身は

新鮮で美味しいお刺身でした。

 

 

いつもの出前鮨

これも、いつもの美味しさでしたが

あまり会話も弾まず

三人で静かにつまみます。

 

義弟はあと、

ワインも買ってきており

私は先に退席しましたが

兄弟で遅くまで飲み続けていました。 

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント

ミニステーキのワンプレート

2018年08月02日 | 家ごはん

 

 

夫は急用が出来て出掛けたため

簡単なワンプレートで済ませました。

 

 

そんな日の

ひとりの夕食です。

 

 

 

なんたって…

これがなくっちゃ。

ググググーーーッ

冷えたビールがおいしい

 

 

ミニステーキ

野菜いっぱいポテトサラダ

目玉焼き

 

 

サッと焼いたミニステーキは

宮城県産

仙台黒毛和牛のもも二枚。

昨日の残りのサンチュで巻いたりして

小さいながらも楽しみました。

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント

サンチュたっぷりで焼き肉

2018年08月01日 | 家ごはん

 

 

夫が

「青い野菜と肉がドーンッと食べたい」

そう言うものだから

じゃあ…焼き肉いいね。

っていうか、

サンチュもいっぱいにして

焼き肉いいね。てなことに。

 

 

そんな日の夕食です。

 

これこれ、

毎度のビールでスタート。

 

 

桃の酢の物

桃を使った得意の一品。

しっかり冷やして

おいしい。

 

 

夏野菜の塩もみ

胡瓜と茄子を塩もみしてから

細く切った大葉をまぶしたもの。

 

これも、

夏になると頻繁に登場しますが

この日は

餃子と焼き肉がメインだったので

とてもよく合いました。

 

 

焼き餃子

水も油もいらない

ご存じ王将の冷凍餃子ですが

簡単、美味しいで

冷凍庫の常備品になっています。

 

 

たっぷりサンチュと焼き肉

サンチュは3パック。

焼き肉用の牛肉は

少量のタレをまぶして

フライパンで焼きました。

 

食べる時には

更にタレをまぶして

サンチュで巻いて

大きく開けた口に放り込みます。

 

餃子と焼き肉で、

ビールがおいしい

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

  

 

コメント

やっぱりあさくま九段下店

2018年07月31日 | 外食

やっぱりあさくま

(ステーキのあさくま)

千代田区飯田橋1丁目

 

 

舅は入院中で姑は施設に、

誰もいなくなった家を

夫と大雑把に片付けました。

あえて言えば

調味料などの瓶が多くて

冷蔵庫の中が一番大変だったかも…。

 

転居に伴う雑用もあり

結局、夫とふたり

自宅に帰ってきたのは夕方に。

 

「外で何か食おうか」という夫に

「お肉が食べたい。

お肉のかたまりを口に入れたい」。

体が疲れて弱っているのか

好きなお刺身などは食べたいと思わず

とにかく

肉、肉、肉が食べたい!!

体が肉を要求しています。

 

 

そんなことで

九段下にあるステーキ専門店

やっぱりあさくま」さんに

向かいました。 

 

 

 

カジュアルと言えば

聞こえは良いけれど

かなり雑ぱくな感じで

気兼ねもなくて気楽なお店です。

 

 

まずは、ビールから

スタート 

ビールと同時に運ばれてきたのは

ステーキには必ず付くという

コーンスープ

 

そのあとは、

ワインもお願いして…。

 

 

黒毛和牛フィレステーキ

150g

A3ランクだという国産牛。

フィレにしてはやや脂っこい気もしますが

やわらかくて美味しい。

夫とふたり、同じものを注文して

あっと言う間に完食。

 

 

お店は早い時間から満席になりましたが

圧巻といえば圧巻。

当たり前だけど

なんてったって…全員が

大きなお肉のかたまりを食べていて…。

 

私たちもフィレ肉150じゃあ

ちょっと足らず

追加で

またステーキをお願いしました。

 

 

オーストラリア産

フィレステーキ

200g

ガーリックチップスも追加。

 

夫と半分ずつ食べました。

やっぱり黒毛和牛の方が美味しいけど

これはこれで納得。

 

 

ステーキが食べたくて食べたくて…。

私は結局、

250gのステーキを食べましたが

まだまだ食べられる感じでした。

ほんとうに…

体がお肉を欲しがっています。

 

 

ポチッとお願い致します。

 ↓   


人気ブログランキング
  

 

 

コメント