なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

あと一日か...

2011年09月30日 | Music & Life 

最後まで諦めず頑張って勉強しているからなのか家に帰ると“ご褒美”が~

予約してたのも忘れていたJohnny Winterのニュー・アルバム 『 ROOTS 』 が届いていた。今日は試験勉強が“夜の部”もあるので、音楽でも聴いて昼間の疲れをしっかり癒そうではないか。CDの方は春の日本公演の熱気を彷彿させる良い出来だ


Roots
クリエーター情報なし
Megaforce



さぁて、とにかく試験に対してプレッシャー的なものをほとんど感じないZUYAであります

(今のところはね...)

今日も朝9時には図書館へ行き休憩を入れながらマイペースでとことこ頑張ってきました。ZUYAの頭では今更ガッツリ詰め込めないし、まぁその必要もない。決して余裕とかそんなのではなく“ジタバタする”自分が嫌なだけ。もちろん若い頃はジタバタしたが“なんてこったいライフ”がだんだんそうさせなくなって来た(笑)。と言うかそれが“大人になる”と言うことなのかな

ちなみにZUYAの周りで余裕がありそうな人は...1人位かな。後は皆あっても言わないだろうし(笑)。でもホントみんな合格して欲しいよなぁ~

さて試験が終わると北米旅行の準備に取り掛かるのだが、その前にZUYAさんはもう一仕事、 『 慰労会 (打ち上げ会) 』 なるものが試験日の夜に予定されている。まぁ文字通り長かった試験勉強期間を皆で労うと言うわけだ。が、またもやZUYAがその中心に据えられている。今朝はもうメールの応酬でした


ZUYAもこんなにたくさんの人からのメールを扱ったことが無いので実に手間取る(笑)。その隙間を縫ってZUYA自身の聞きたい(試験に関する)質問をするわけだから、午前中は数分置きにも携帯を持っていたような (←ちょっと大げさかな...)


まぁそういう苦労もあと数日。明日も気負わずマイ・ペースで過ごしたいものです

コメント

Only 3 Days left (残り3日) ...

2011年09月30日 | English

Hi, guys!

Though I woke up and took a walk, it's wonderful sky this morning. I feel Summer's absolutely gone and Fall is coming here (Tokyo) little by little.

This coming Sunday I'll take the Qualifying Examination for Registered Customs Specialists.

http://www.customs.go.jp/english/c-answer_e/shiken/8003_e.htm


It must be hard. I'm sure it's one of the highest wall and also the most important turning point in my life. Yeah, must be.


Don't misunderstand it. It doen't mean that I gave up playing the guitar. I believe to try to challenge tough trials will make my mind stronger and my sound more bluesy.

So I really want to clear it for my family and myself.

Though I've been studying for 4 months through this summer, I don't know if it's enough or not for passing the exam. I just only believe my blues power and my luck.


Thank you for your kindness, Thank you for your tenderness,

Thank you for your smile, Thank you for your love,

Thank you for your everying.

( ↑ 百恵ちゃんのパクリ...)


God bless you


コメント (2)

容赦なく...その日は近づく...

2011年09月29日 | 受験勉強生活

“愚痴はこぼすがやることはやる”

ZUYAの得意のやつですな

でもねぇホント医者とか病院は好きになれないよ。今はお義母さんが看護師なのであまり悪くいえないが、医者を信頼するって難しいですよね。ブラック・ジャックみたいにたまにはお金を受け取らなくても良いんじゃないかと思うけど、あの人たちも所詮“商売”だからね。2年前のZUYAの時も原因もわからず治療もできないのならお金返してくれれば良いのに~

ちなみにZUYAは“ナース・ルック”にも全く興味が沸かない



今日は勉強の合間に変わった本を読んでみました。実にZUYAらしくないスチュワーデスの本です(今はフライト・アテンダントと言いますが便宜上原題のまま書きます。以下同様に。)


先月までの職業訓練で元スッチーの方がいて色々熱く語ってくれたのを思い出した。そしてZUYAも来月久々に飛行機に乗ることもあり、興味が沸き書棚に手を伸ばしてみた。著者はなかなか“女性で初めての~”と言う肩書きが多い人だが、文を読んでる限りでは至って“まともな”人のようです


職種に限らず“プロ意識”を持っている人間にZUYAはとても興味を持つ。スチュワーデスと言えば、ZUYAの世代は“ドジでノロマな亀”で大人気番組だった 『 スチュワーデス物語 』 。思い出深いのはヒロイン役の堀ちえみや教官役の風間杜夫とのやりとりではなく、やはり片平なぎさの“あのシーン”でしょ~

ちなみにZUYAは“スッチー・ルック”にも全く興味がありません



スチュワーデス私の2万5020時間
永島 玉枝
読売新聞社
コメント

薬漬け... (>_<)

2011年09月29日 | Hard time

今朝医者に行ってまた薬が増えた


朝も昼も夜も薬...


心は10代でも身体はそうはいかないようで




だからと言って


この人生の重要なポイントになり得る今


何としてでも乗り切らないと


崖っぷちブルースマンの根性の見せどころだ




先ずは書棚の本を読みリラックス


最近休憩がてら読むのはブラック・ジャック


何十年も前に書かれた手塚治虫の名作の1つだ


人生を語れる漫画なんて今あるのかなぁ


ZUYAもあやかりたいものだ


日本では未だしも


カナダにはZUYAを待ってる人たちがいる




ZUYAのカードに書かれている、


“If you love the blues, I'll play 'em for you.”


やり遂げないとね


今日も頑張ります~
コメント

通関士試験まで残り3日...正念場です (・_・;

2011年09月28日 | 通関士試験


毎日続く秋晴れとは裏腹にZUYAの体調はすっきりせず、毎日痛みを堪えながらの受験勉強生活

まったくこのブログは“音楽ブログ”なのか、それとも“闘病ブログ”!? はたまた“受験ブログ”なのかさっぱりわからなくなって来ている今日この頃です


図書館にいるときはなるべく1時間に1度はストレッチ等をして息抜きをするようにしているが、首(恐らくリンパ腺)の痛みに肩の“ハリ”、そして不意打ちを喰らわせる頭痛。困ったものです


こないだも書いたが痛み止めを“柿の種”ばりにボリボリ食べて(飲んで)たら、常備分が減ってきてしまった。試験までは持つにしてもその後の北米旅行まで持たない...。結局病院に行かなきゃダメな気配が...。一応家族には“軽めに”痛みを報告しているが、今更試験も旅行も中止なんてわけには行かない。ここはやはり踏ん張り時。せめてブログを楽しく書き込んで世の中を明るくしたいものだが...う、うぅ...ドラえも~~~~ん!!(>_<)


しかし、その割には試験勉強は意外と順調なのです。2ヶ月前にはそれこそ寝込みそうになった計算問題も8~9割は解けるようになった。 『 人間やれば出来る 』 とは良く言ったもので“崖っぷち”でもまだまだやれるようだ(別に某レスラーに大げさにビンタを喰らわせてもらわなくてもね~)

焦り、プレッシャーも大して感じない(しいて言えば家族の...)。ZUYAも大人になってきたのかな


『 なるようにしかならん 』

ZUYAが東京に来てから覚えた人生訓の一つだ。これはもちろん“やっても無駄”と言う意味ではなくく“焦っても無駄”と言う意味。これは今は無きIBレストランの某店長からの受け売り(笑)


さぁて明日のためにストレッチでもして血液の流れをよくして休みます~
コメント