なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

何かの 『 啓示 』 なのか...

2016年01月27日 | Music

真っ青になるような夢から覚めると午前2時半...


(現に夢の中のZUYAさんは真っ青...)




面識はあるが個人的な話はまだしたことがない


日本屈指の名ギタリストに大説教を喰らっていた




本当にけちょんけちょんに言われてましたが


その全てが痛い所を突かれており言い返せない




人づてには聞いたことはあるがあんなに怖い人なのか!?


でも昔の学校に必ず何人かはいた厳しい先生のようでした


怖いのだけど愛情(優しさ)があると言う怒り方だ




これはきっと 『 悪夢 』 ではなく


『 瑞夢(ずいむ) 』 に違いない


そう思いたい

コメント (2)

また...お会いしましたね...

2016年01月26日 | Funny life

職場に向かう地下鉄が 『 遅延・一部運行休止 』 との情報を得ていたので、いつもより早めに自宅を出発。地下鉄は一駅だけだから最寄りのJRの駅から(20分程なので)準備運動がてらに歩こうと思っていたのだが、結局超満員の電車に乗り込んだ

今思うとこれが“伏線”だったのかも...


職場に着きいつも通り朝からZUYAさんらしく元気なでかい声で皆に挨拶しながら更衣室に向かい、着替えて靴紐を結んで“いざ出陣!”と立ち上がると、

“グキっ”、“ピキピキ~”と背中から下半身にかけて戦慄が走る...

や、やってしまたぁ...そう 『 ギックリ腰 』 である


始業時間までまだ余裕があったので、なるべく動かないようにじっとしていて“続投”を申し出たが、前屈みに立っているのがやっとでは何の役にも立たない...

他のスタッフも皆が経験があるので帰宅を勧められ、まだ通勤で混み合う山手線に再度乗りこみ掛かり付けの接骨院にのそりのそりと駆け込んだ

昨年の人生初のギックリ腰ほど酷いものではなかったが、やはり“初期治療”は十分に効果があるようで、治療とテーピング処置をしてもらい帰宅。無理して一日頑張らなくて良かったかも。明日は幸い休日だし


しかし...後厄も過ぎ去りこの頃は“日頃の行い”はそう悪くは無いはずなのだが、年明けからの肩こりが原因と思われる緊張型頭痛(これは回復傾向にある)、そして今日のギックリ腰とどうなっているのだ...

今夜は知人のライブに顔を出すはず予定だったが...ちょっと無理だな


明日の休日は健康のためにプールでひと泳ぎしようと思っていたが、文字通り一足遅かったようだ。この連日のような寒い状況はギックリ腰の多発期間であるらしい。皆さんもお気を付けて~

恥ずかしがらず、立ち上がる時や重い物を持つ時は必ず“よっこいしょ!”と言いましょうね

あっ 

ZUYAさんはいつも“よっこいしょういち!”と言ってふざけてるからダメなのかぁ



          



ノー・リーズン・トゥ・クライ
クリエーター情報なし
USMジャパン


こんな気分の時になんだが、家に帰って来て最初に聴いたアルバムは Eric Clapton の 『 No Reason To Cry 』

1976年に Bob Dylan、The Band、Ron Wood 等が掛けつけて作り上げたなかなかの名作だ。薬物中毒から復活してからのエリックと言えば 『 461 Ocean Boulevard 』 が一番人気だが、これも是非聴いてもらいたいアルバムだ。何と言っても親しい友人たちとのリラックスしたレコーディング風景が目に浮かんでくるようだ



ニューヨーク52番街(期間生産限定盤)
クリエーター情報なし
SMJ

お次は Billy Joel の 『 52nd Street 』  

こちらも70年代のビリーのスーパー・ヒット・アルバムだ。ビリー・ジョエル・バンドのまとまりは素晴らしくビリーの声も最も良い頃だと思うが、この辺のアルバムをいわゆる“AOR”と言う奇妙なジャンルに入れるのだけは本当に勘弁してもらいたい。実にロック史に残る素晴らしいアルバムなのだからね


コメント

真冬の深夜に我思ふ...

2016年01月20日 | Music & Life 


目が覚めると夜中の2時過ぎ...


昨夜は例の“緊張型頭痛”なるものに耐えかねて、休日前にもかかわらず寄り道もせず真っ直ぐ帰宅。2夜連続になる鍋をつついていた。ちなみに一昨夜は 『 寄せ鍋 』 で、昨夜は 『 鶏の水炊き 』

ZUYAさんは市販の麻婆豆腐やら鍋スープみたいなものが苦手。あれらは高いし大体余計な物が入り過ぎだ。鍋の味なんて具材で決まるのだ

まぁそれはともかく、家人と500mlの缶ビール1本を分けて飲んだだけなのだが、頭痛が増幅され...早々に寝込んでしまったわけです

う~ん...これは当分厄介なことになりそうだ

昔からのZUYAさんファンの方々ならご存じだが、5、6年ほど前に散々(謎の)痛みに苦しめられましたからね。どうしても警戒してしまいます



          



音楽活動を再開したおかげでここの所アクセス数も急増している。パソコンでご覧になっている方はページ左にライブ情報が更新を見ることが出来ますが、これすら久しく“未定”でしたからね

やはり本来の姿らしく音楽的なことをもっと書かなくてはと改めて感じた次第です

ZUYAさんのブログは以前からあまりコメントを残す人が多くないのだが(ZUYAさんが度々反抗的なコメントを返すせいもあるが...)、今ここでまた“頭痛云々~”をマメに報告して行くと又もや客離れが進んでひまうので、ここは一つぐっと我慢して音楽談義のようにポジティヴなトピックを続けて行こうではないか


さて散々“復活”等と言う大げさな語を掲げて当ブログも更新してきたが、それはあくまでもその“スタンス(立ち位置)”に戻って来ただけでございまして、“成功(又は達成)”を意味するものではありません。まぁ電車に乗るために駅に来たようなものです

つまりは(音楽活動における)職場復帰並びに今後も活動継続を望むのであるなら、課題は山積みなわけでして

ご存知の通り、ZUYAさんは“サンデー・ベンチャーズ(休日に集まって練習の後の飲み会までワイワイガヤガヤ楽しくやるバンドのこと)”のような“発表会”をしたい訳ではないですからね

ここらのことを書くと直ぐに(一部の)輩が過剰反応してつまらないコメントをしてくるパターンだが(笑)、別にZUYAさんは万人に理解を請うつもりもなければ、逆にZUYAさんも知らない世界に首を突っ込む気もない

話がズレてしまったが、主役を支えつつお客様も楽しませるバック・バンドの仕事を取るためには、やはりこの(休業していた)5年間ですっかり忘れてしまっていた“バッキング・ギターの何たるか”を今一度考えなくてはならない

取り敢えず、今回のバンドでの採用は継続される模様。ただ次回のギグの予定は幸い約2か月後。その時まだ今回と同じようなプレイをしていたら、もう“引退”ですな。そう言うことです



今度こそは...
コメント

第2夜終了、そして今夜は...

2016年01月18日 | Music

まさかの“中止”になりました

カントリー・バンドのボスが雪深い東京都郊外に住んでいるので都心に出て来るのが大変なようで、早々に中止を決断。今日は“完全オフ”になりました


さて2日間に渡るブルースバンドの SACHIKO BLACK は終了。出来不出来は別にして演奏する楽しさを久々に味わい、我が“崖っぷちライフ”にまた陽が当たるようになりました

しかしながら新たなる課題も続出。自身が歌わず“バック・バンド”を務めるにあたり、改めて“バッキング・ギター”の重要性を痛感。昔はそれを極めようと一生懸命頑張っていたのに5年間のブランクはそれをすっかり忘れさせてくれたようです

今回のライブで諸先輩方々に色々助言してもらったのですが、改めて自分が素晴らしい環境にいることを感慨深く思いました。40過ぎたギター・プレイヤーにアドバイスをくれる人達などそうそうおりません


信頼度抜群の 『 82年製 Telecaster 』 もZUYAさんのために頑張ってくれました。 Fender 系のギターは音で誤魔化すことが出来ません。Gibson 系のハムバッカ―・ピックアップが付いたギターと違い、シングル・コイルのピック・アップは実に繊細に弾き手の実力がわかってしまいます。これから現場復帰するのですから、もっともっと精進しなければなりません

一時期、他のギターに浮気しそうになりましたが、やはりこのギターを一番愛してやらないといけません。お給金を頂いたら古びたパーツの交換を再びプロの手にお任せしようと思います




さて、実を言いますと年明け以来頻繁に後頭部に頭痛がありまして、時にはそれは耐えかねるものもありました。昨夜もライブ終了後、帰宅途中にかなりの痛みを覚え、“救急に行くべきか?”と考えながらも倒れ込むように自宅に到着

今朝になっても頭痛は酷く、年齢も考えると他人事ではない 『 くも膜下出血 』 かも...と家族も不安になり、脳神経科を探して残雪でグチャグチャの道を頭を抑えながら恐る恐る行って来ました。診療結果は...

『 緊張型頭痛 』

CT検査なども行いましたが、脳には異常がなく、肩から首筋、後頭部に至る筋が痛んでいるそうな。特に薬の処方もなく安静に努めてくださいと

確かにここ数週間異常な肩こりがあり先日も行きつけの接骨院に駆け込んだばかり。ギターの練習のし過ぎのようで

世の中のギター・プレイヤーの皆さん、練習はほどほどにしましょう~



コメント

第1夜終了。第二夜は“嵐の予感!?”...

2016年01月17日 | Music


上野 Warrior Celt にて



さて5年振りにフル・ステージに立ったZUYAさん


反省点を挙げれば切りがないが


結果的にお客様が盛り上がったので


取り敢えず“良し”としよう




“あぁ~そうかぁ俺はここに帰って来たんだぁ”と


なかなか感慨深いものがありました




今夜は天気は下り坂ですが


昨日掴んだ(思い出した)コツを使って


ZUYAさんは上り坂で行ってみます




ドリフの全員集合並の急坂でしょうが...




《 ZUYAさんライブ情報 》


★Sachiko Black

2016年1月17日(日) 四谷3丁目Blue Heat

19時スタート(2ステージ) ミュージック・チャージ1,800円

(※飲み物の Minimum charge 1,100円有)





★Sam Ishihara & Stonefields

2016年1月18日(月) 赤羽 Love Night Spot

(こちらは貸切パーティーです) 


Sam&Stonefields
コメント