なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

七味五悦三会

2010年12月31日 | Life

今年も楽しいこと悲しいことなど色々ありました


江戸時代の庶民の風習である 『 七味五悦三会 』 。

大晦日(年の瀬)にその1年を振り返り、“今年食べた7つの美味しい物”、“今年あった5つの楽しいこと”、“今年あった3つの素敵な出会い”、これら3つが揃えばその年は“良い年”であるそうな。


ZUYAは数年前にそれを知り、毎年大晦日にそれらを考えるようにしている。


ではでは、


『 七味 』 → 五平餅(恵那)、高山ラーメン(飛騨高山)、トロンコーニのケーキ(駒込)、ふぐ(駒込)、たなかやのうどん(巣鴨)、ZUYA手作りピッツァ、そしてLittle Heavenのヴィーガン料理(東京・大塚)


『 五悦 』 → 外国から3組のお客さんが来日、ドライブに興じる(脱ペーパードライバー)、秩父夜祭、念願の白川郷へ、そして我が子が“ちょこっとだけ”やってきたこと


『 三会 』 → カナダのマブダチBrad&Stephanieとの再会(2月)、祖母(4月と10月)、Little Heavenのオーナー夫妻


と、まぁこんなもんではなかろうか


上記のリスト・アップに入りきらず割愛した物も数え切れない。まぁ今年は良い年であったと考えて良いのだろう
コメント

今年もあと7時間ほどですな...

2010年12月31日 | Weblog

“やり残したことはないか?”と自問自答してみる。


『 あり過ぎだよ... 』


しかし、まさに往生際が悪いと言うのはこういう事だ。今更じたばたしてもしょうがないわな


― “じたばったするなよ~♪”(by ホシガキ隊) ―


今夜はどうしてもワイフが増上寺で催されるカウント・ダウンに合わせ風船を飛ばすイベントに行きたいと言うので狂ったように寒い中出かけることに...


その前にお世話になりっ放しのお義母様に年末のご挨拶をと思い訪問。お義母さんは明日から元日、2日とお仕事のため昨年の年末年始のように今回は行動を共にすることは出来ない(昨年は軽井沢へ旅行)。

ご挨拶に行くとおせち料理を作っている真っ最中でZUYA達も可能な限りお重とタッパーに詰め込んで持って帰ってきました。帰りがけには本当なら私達が差し上げるべきお年玉まで頂いてしまいました

今夜は増上寺でお義母さんへの感謝の気持ちを込めてお参りしたいと思います。




本年も“なんてこったいZUYAさん!!”を覗きに来て頂いてありがとうございました。来年も全国のファンの皆様に楽しんでいただける楽しく明るいそして世界平和につながる(←ホンマかいな~)ブログを心掛けたいと思います

どなた様も今夜は冷えそうですが、楽しく心安らかな大晦日の夜をお過ごしくださいませ~


           2010年12月31日 崖っぷちブルースマンZUYA



※今夜23時ごろ 『 七味五悦三会 』 をアップさせていただきます
コメント

2010年最後の日と相成りました...

2010年12月31日 | Life

そうです、12月31日です


昨夜はZUYAの兄一家とささやかな忘年会を。長く海外に住んでいたので上げる機会が無かったのだが、ZUYAにとって初めて 『 お年玉 』 を姪っ子たちへ。裕福とは程遠いZUYA家ではあるがこの“額”を決めるのにも数週間前から頭を使い、ようやく考えなくて済むかと思うとほっとする

しかし半年前に会ったばかりだったのだが、姪っ子たちの成長振りには驚かされる。もちろん中学生、高校生と言うとても多感な時期なのでその“スピード”は男3人だけの兄弟で育ったZUYAにはちょっと理解は難しいのだろう 

まぁとにかくZUYA夫婦もしっかり飲み、楽しい宴でありました




ZUYA邸の玄関もちょっぴり正月気分に...


さてさて 『 七味五悦三会 』 に関しては今夜書くにして、今年とても長く感じた1年であった。昨年は入院・通院ほとんど1年が終わりそのためあまり働かなかったせいか、今年はみっちり働いたような気がする。一昨年は3分の1は無職だったからなぁ~(笑)

でも今年は病気も大きくぶり返すことは無く無事終えることは実にありがたい(生活に支障の無い程度に足に痛みはありますが...)。このブログを通じて知り合った友人は御身内の方が病気で年末年始は病院で過ごされるとのこと。決して他人事ではなく、世の中の全ての人が温かい家の中で、温かい物を食べ、愛する家族達と過ごし、ただただ浮かれているだけではないと言うことを忘れないように今日は過ごしたいものです。


相変わらずなくならない“全くもって自分本位な殺人(未遂)事件”や“今、隣国でも起こる可能性がある戦争”、“今やアフリカ等の国だけに限らない餓えの問題”など少しでも来年は良い方向に向けば良いなぁとしみじみ思う大晦日の明け方のZUYAであります


では最後の1日、頑張ってまいりませう
コメント (2)

うむむ...今年も残すところ2日ですか~ (・_・)

2010年12月29日 | Music & Life 

もう12月29日。今年も残すところ後2日と数時間である

実は今から約30年ほど前の今日、ZUYAは祖父を亡くした。入院していたわけでもなく、病で床に伏せていたわけでもない。その数ヶ月前の夏休みには元気に遊んでもらったのだから、まさに突然死であった。


ZUYAとその兄弟2人が大阪から岐阜県恵那に向かった日、祖父と祖母はいつもなら必ず名古屋まで迎えに来てくれるのだが疲れか何かで調子が悪く来れず、祖父の妹が代わりに迎えに来てくれた。近鉄特急で名古屋駅に到着し電話をしたときは祖父はまだ生きていて、祖母が彼に孫達と話すかと尋ねたらもうすぐ会えるからと断ったそうな。多分自身の死期を感じていて少しでも体力を使わないように寝転がっていたのであろう。

名古屋から当時の国鉄中央本線に乗り(今とは違い約1時間半ほどかかった)恵那に着き、駅から子供たち3人だけが家に向かい祖父の妹が 『 今3人タクシーに乗せたから~ 』 と家に電話を入れた。ZUYAたち3人はもうすぐ祖父母に会えるのでウキウキになっていると家まであと数分の山中で突然タクシーは停まった。訳もわからないままドアが開くと先ほど駅で我々を見送ったはずの祖父の妹が叫んで乗り込んできた、 『 おじいちゃん死んじゃったって! 』 。

それからすぐに4人で家に着くと祖母が泣き叫びながら家から飛び出してきた。我々はまだ寝ている状態からそのまま死んでしまった祖父の姿を今もしっかり覚えているし、まだ温かい身体に促されて触ったのも覚えている。本当に居眠りをしているようだった。当時ZUYAは小学校1年生か、2年生だったが、鮮明に強烈に“人の死”と言うものを体験した。

それがZUYAにとっての12月29日だ。



さて気を取り直して今夜は久々にウィングスの最高傑作 『 Band On The Run(バンド・オン・ザ・ラン) 』 を聴こう

先日デジタルリマスターでデラックス版(ボーナスCDやDVD付き)が発売され今またレコード業界を賑わしているようだが、詳細は専門家に任せるとしてこれはロック・ファンなら必聴盤であろう。世間一般には“最もビートルズを彷彿させるアルバム”だと言われるが、これはビートルズなどは関係なく完全に“ポール・マッカートニー(ウィングス)の作品”であると言える。それほど彼(彼らの)本領発揮された素晴らしいアルバムである。


今夜はこれを聴きながら祖父の冥福を祈りたいものだ


バンド・オン・ザ・ラン デラックス・エディション(完全限定生産盤)(DVD付)
クリエーター情報なし
ユニバーサル ミュージック クラシック
コメント

本日は比較的のんびりと...

2010年12月27日 | Music & Life 

今日は一日まさに快晴でしたな


午前中はクリスマス・ツリーなんぞ片付けたり、“一般的な”家の片づけで終わる。クリスマス・ツリー勢いでしかもでかいヤツを買ってしまったが収納場所に困りますなぁ

お昼に栄養を付けようと巣鴨のよく行く寿司屋へ。寿司を食べるつもりだったがついつい金をケチってしまい1日限定30食と書かれた天丼をオーダー。なにやら嫌な予感がしたのだが、それは正しくあまり美味しそうに無さそうな物が出てきた。先日観た映画は始まって数分で“失敗”を悟ったが、この天丼はもう目の前に置かれるやいなや“ダメだ”と直感。もちろん一口食べた時点でどうなったかは賢明なるZUYAのブログ読者の方ならお分かりであろう...


気を取り直してスーパーで色々雑貨を買い物し帰宅。昼間の暖かい内にいろいろやらないといけない。最低一年は使っていない数本のギターのメンテナンスをせねば。

普段から触っているテレキャスやストラトはさほど問題ないが、思ったとおりKids製ゼマイティス等は弦交換も必要のようだ。先日Greco Z-3000を触った時ちょっとペグを回しただけで弦が切れた。しかも鈍い音で(ギターに詳しい方ならわかりますよね、この音~)。んなワケで片っ端からケースから出してみる。



ZUYA's Greco Z-3000


ZUYA's Kids Metal Top


ZUYA's Gretsch Duo jet


ZUYA's Greco AP-1000


ZUYA's Greco VB-165


上の写真の順番にメンテを始めたが弦交換は初めのゼマイティス・タイプ2本で終了(笑)。いっぺんに弦を張り替えるのは本当にめんどくさい。特にグレッチはビグスビー・アームが付いているから...。で、結局よく拭いたりして残りのギターは“プチメンテ”で~


さぁ時計を見るともう19時。晩御飯の準備でも始めるかな



コメント