なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

堂々巡り...

2012年08月28日 | Hard time

『 堂々巡り 』


今まさにZUYAの状態を表現するのにぴったりの言葉ではなかろうかと仕事帰りのバスの中で考えていました。英語で言うと “go around in circle” と言ったところか。


しかも厄介なことに、“何処から回り(巡り?)出したのか”がわからなくなっております。始めは正社員と言うものになった4月頃からと思っていたのだが、ひょっとしたらもっと前、いや何年も何十年も前からなのかと...もうわけがわからない状態


身近なことで言いますと、何とか“正気を保たねば~!”と今やらねばならないこと ― それは順番から言って堅気の仕事なのだが ― を一生懸命やればやるほど、音楽から離れて行ってしまっている自分がわかるのが怖くて誤魔化すために酒を飲むわけです。で、また朝が来て...


酒に限らず、お金遣いも。最近、嫁に頻繁に怒られるが確かに彼女の言い分は正しく自分でも怖くなるくらい金遣いが荒い。もちろんそんなに稼いでいるわけでもないのだが(笑)、それならそうなりに使わないとね...


と、“しらふ”の時はしばしば思うのですが、そろそろ頭の中にお酒が浮かび始めているZUYAであります



        


余談ですが、先日 IKEA で義母が衝動買いしてその日の内に(予想通り)飽きて、ZUYA家に住むことになったぬいぐるみ。写真ではわかりにくいが体長は80~90センチはある。名前はなぜか“にゃんた”と名付けられました



コメント

拝啓 皆々様 ZUYAは生きております...

2012年08月26日 | Hard time

『 楽は苦の種 苦は楽の種 』

これはZUYAファンの皆さんならご存知、ZUYAの小学生の頃からの“座右の銘”であり、“モットー”であります


ふと気付けば8月ももう下旬

皆さんいかがお過ごしでしょうか? ZUYAは毎日配達中にカーラジオから、“もう夏も終わりが近づいてきました~!”とか“リスナーのみんな~、夏の思い出は作ったかなぁ?”なんてDJが呼びかけるのを聴きながら、

『 な~にが夏の思い出だよ、この野朗~! こちとら毎日汗まみれだっつうの! 』

と突っ込みを入れているZUYAであります



        



この頃ブログの更新が滞ることがしばしばあります


理由は簡単で連日...


1)正社員なんてつまんない

      ↓

2)酒を飲む  

      ↓

3)酔いつぶれて眠る

      ↓

4)朝、目覚めて出勤 



これの繰り返しなんですよね...本当は(2)の前にギターを弾いたり音楽を聴きたいのですが、もう職場の軽トラを御茶ノ水駅横の神田川に落下させて自分は楽器店街に入り浸りたいくらい毎日ストレスを溜めているわけです
 

実際今のZUYAの仕事の内容自体はそんなにしんどいものではない。世の中にはいろいろ大変な仕事があるわけだし、生きて行くためにこれまで多種多様に及ぶ仕事をしてきたZUYAにとって簡単な部類に含まれる仕事かもしれない。正直、先月東京生活を復活させた 『 元信州在住の某ドラマー 』 のローディの方がよっぽど大変だ(やりがいも出る~)

しかし長続きしなかった仕事に共通して言えることは“職場に馬鹿が多いところ”


別に学歴が云々とか資格が云々なんて言ってるわけではないですよ。当たり前のことだが、

★挨拶がまともに出来ない
★TPOに合わせて言葉を使い分けれない

はもとより

★要領が悪くクソまじめ過ぎたり
★仕事も出来ないのに出来るって勘違いして威張ってるヤツがいたり...

まぁ、こうリストアップしてみるとどれも働くこと以前の問題だ



さて、ZUYAが今頭を悩めるのは“次期社長”と言われる現社長の息子なのだ。この“お坊ちゃん”がもう絵に描いたような“お坊ちゃん”なのだ。まぁそれなりの大学に入りそれなりに勉強はしたかもしれないが、上に立つ者に一番必要な“求心力”が悲しくなるぐらい欠けているのだ。どうやって持つのか、どやって得るのかもわかっていない。だからZUYAには親御さんが用意してくれた椅子に座ろうとしているだけにしか見えないし感じない、まさに“ただのお坊ちゃん”なのだ。

そのお坊ちゃん曰く、

“人が一歩前進、ステップアップするためには苦しさや辛さを乗り越えてなんて精神論はもう古い(いらない)。常にハッピーな気持ちでやって仕事しましょう”

なんて抜かしやがってさぁ


もちろんZUYAは噛み付いた


ZUYA: 『 それって大学のサークルのノリのように聞こえますが? 』

坊ちゃん: 『 まさにそうです。そのノリでみんなで仕事しましょう! 』


ちなみに30越えてるんだよよ、その坊ちゃん(笑)


もうこの後のやり取りなんか書くだけ時間の無駄なのであえて書かないが、普通の人ならこのやり取りでわかっていただけるでしょう。


さぁ“とらばーゆ”かなぁ ( ← “とらばーゆする”、懐かしい流行語ですな)


そりゃ、自分のアイデンテティを一旦片隅に置いてまで“正社員”なんて道を選んだのに、この様だよ。飲まなきゃやってられないよ~


今回も長いぼやき、ご精読ありがとうございました


今日も暑いそうです。

Have A Wonderful Day ~
コメント

近況...

2012年08月22日 | Hard time

毎日


飲んだくれ


困ったものです


俺の...


すいません


これ以上書けません


コメント (2)

なんてこったい...今回も 『 山行 』 は“苦行”に...

2012年08月16日 | Funny life

昨日はやられました...


雨の中を約5時間、距離にして約15キロの山道をひたすら歩きました


家を出る前にも天気予報を確認し“降水確率は多少あるものの、まぁ大丈夫だろう”と判断し、出発したわけですが。スタート地点となる西武秩父線正丸(しょうまる)駅に着くと普通に雨が降っておりました

どうしたもかと考えていると(好天時より少なめだが)ハイカー達はパラパラとスタートし始める。ZUYAも山中に入るまでに何度か考え込んでしまった。ここまで降るとは思わなかったので、 『 雨対策 』 をちゃんとして来なかったのだ。傘も合羽も無し。しかし日程的にも金銭的にも一日ずらすと厳しいし...と悩んだ挙句、周りの人たち同様(雨は)早く上がるだろうと判断、伊豆ヶ岳に向かうことに


ところが進むにつれて雨は収まるどころかますます激しくなってしまい、レインスーツを持って来なかったZUYAはただひたすら“ずぶ濡れ”で歩くだけ。眺望も森林浴もヘチマもあったもではない。視界は雲だか霧だかわからないもののために10mほどしかなく、その上ZUYAはメガネをかけているので湿気で終始曇りっぱなし...。メガネをはずして歩いた方がマシなくらいでした

万が一、熊などに遭遇したらもうあの世行き。実際2回ほど急に目の前に飛び出してきた黒い物体があり、“うわ~!?”と驚いたら、体長20cmはあるかと言う黒い大きなカエルでした


何とか伊豆ヶ岳に到達するも先月の賑わいとはうって変わり、ZUYAを入れて3人だけしかいない。雨に打たれながら早朝4時半に起きて作ってきたおにぎりを食べました


座っていてもこれだけ降ってると身体が休まる気もせずすぐさま出発。天目指峠を経て子の権現へ向かう。前回は靴のソールがはがれるし今回は雨とは...。伊豆ヶ岳と縁がないのかなぁなんて考えながら歩いていると子の権現へ到着。正丸駅から3時間半で到着。さてここから前回同様また予定変更で吾野へ下りるか、今度こそ竹寺を経て名栗村の小殿バス停に出るかと考えていると、さらに雨がきつくなってきた

“どうせ、ずぶ濡れだ。名栗に出よう”とさらに4.6キロ、山中を歩くことにした。ところがこれがまた判断ミスで、このコースは木の種類が違うようで、道の上部に葉が生い茂っておらずほとんどダイレクトに雨が降りかかってくる。もう撥水力のあるブーツもKO。そりゃそうだ。ズボンを濡らせた水が全て滴り落ちるのだから

ところが小殿バス停に着く午後1時半ごろに急に雨が上がり青空まで出てくる始末。川に落ちたような格好のままバスで4つほど行き 『 さわらびの湯 』 に。冷えた身体を温泉で温めようという狙いであります

残念なことにこの温泉、ずいぶん小ぶりの浴場である上に水圧が弱く、シャワーも蛇口もちょろちょろとしか出ない...その上、ガキどもが“野放し状態”...

『 お風呂は泳ぐところじゃないだろうよ~

何で最近の親は注意しないんですかね。これで800円は微妙ですな


とりあえず風呂上がりに一缶飲み、濡れた衣類は全て着替えてさっぱりとして再びバスに乗り西武線飯能駅まで下りてきました。今回は残念ながら写真など撮る余裕は一切なく、無事に帰れるのかと思ったほどです


さぁて連休最終日。リラックスに勤めます


コメント

明日は、再び 『 山行 』 へ...

2012年08月14日 | Funny life

人生初めての 『 お盆休み 』 なるものも


残すところあと2日




以前なら休みがまとまってあるのなら


別のアルバイトをしたものだが...


まぁこういう風にのんびりするのも良いのではないか




タイトルにあるように明日は 『 山行 』 です




ZUYAの場合、山登りは“趣味”と言うより


“精神修養”に近いのではないかと




富士山やらアルプスに挑もうと言うのではなく


“柔”な自分を鍛える手段にしているような(笑)


まぁ理由は何であれ山は楽しいのですけどね~





明日はまた 『 正丸・伊豆ヶ岳縦走コース 』 へ 




先日はシューズのトラブルでコースの変更を


余儀なくされてしまったのでもう一度です




今夜はお酒を控え、音楽でも聴きながらリラックスして


体調を整えようと思います


コメント