なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

頑張れ、崖っぷちブルースマン!

2019年08月28日 | Music & Life 

 

おはようございます、ZUYAさんです 

 

 

昨夜、何やら愚痴めいた誠に以って

 

“低レベルなブログ更新”をしてしまい

 

おかげでフォロー数が7,000ほど減... 

 

 

深夜に目覚めた時にそれに気が付き

 

速やかに削除しました~   

 

 

まぁ昨日は酷い1日でした 

 

年に何度か

 

“何をやってもうまく行かない日”

 

があるのですが

 

昨日の場合は

 

“災難が次々と湧いてくる”と言った感じ 

 

 

でも命を奪われるわけでもなく

 

当ブログのタイトルにあるように

 

“なんとかなるもんだよ”で切り抜けました~ 

 

 

今日の東京地方は 『 曇り時々雨 』 

 

良い音楽を聴いたり

 

ギターのメンテをしたり

 

美味しいランチを食べたりして

 

休日を満喫したいと思います 

 

 

今朝の音楽は久々にこれから~

 

ジェフ・ベック・グループ
ジェフ・ベック・グループ
SMJ

 

通称 『 オレンジアルバム 』 ですね 

 

ロッド・スチュワートとロン・ウッドが

 

抜けた後のいわゆる“第2期” 

 

 

ロッドには劣るが

 

それでも悪くないぜ、ボブ・テンチ 

 

 

『 I can't give backthe love I feel for you 』

 

この曲を聴く度に

 

元スペースサーカス、クリエイションの

 

ギタリスト・佐野行直さんを思い出す  

 

 

最後に佐野さんに会って聴いた時に

 

この曲をやっていたのだ 

 

 

同じく今はあちらにいるアイ高野さんにも

 

その時初めてお会いして

 

食事に連れて行ってくれたなぁ... 

 

 

そうZUYAさんはまだ生きているし

 

まだまだ生きねばならぬ 

 

 

あ!

 

猫写真集も制作を進めなきゃ~ 

 

Have A Good Days,Folks! 

 

 

 

コメント

素敵な知らせが届く...

2019年06月24日 | Music & Life 

 

 

こんばんはZUYAさんです 

 

 

東京は朝から雨が降り

 

夕方になって時折止むようになりました 

 

 

一般的に早朝や深夜に電話が鳴ると

 

“良い知らせ”ではないですよね~ 

 

 

でも今朝は違ったのです...

 

姪っ子の結婚が決まったそうです 

 

 

昨今多くの若者が結婚どころか

 

男女交際にさえ興味を示さないと言う中

 

25歳にして...実に喜ばしいニュースで

 

叔父としては嬉しさのあまり

 

昼飲みに気合いが入りました~ 

 

 

と言っても給料日前日である叔父は

 

家呑みでしたけどね~ 

 

 

 

数日前から右膝を痛めているのですが

 

雨が止んで少し散歩に出ましたが

 

本当に近所をブラブラするだけで玄界灘...  

 

 

だいたい外に出ても “オケラ”ですから

 

猫の写真を撮るだけです~ 

 

 

 

 

 

 

何故か急に Bon Jovi が聴きたくなり

 

ラックから引っ張り出したのが

 

NEW JERSEY+2
USMジャパン
USMジャパン

 

第3作目の大ヒットに続いての88年の第4作目

 

同じく大ヒットしましたね  

 

 

ZUYAさんの世代だと

 

AXIAのCMの印象が残っている彼ら

 

 

実を言うとアルバムを通してあまり聴かず

 

好きな曲しか聴かないZUYAさんです 

 

  

Have A Good Night,Folks! 

 

 

コメント (2)

『Piece Of My Heart』 by Erma Franklin ...

2019年06月22日 | Music & Life 

こないだの休日に六義園にて~

 

 

こんばんはZUYAさんです 

 

ぶっちゃけ酔うてます 

 

 

あと一日行けばお休み...

 

頑張れ、ZUYAさん  

 

頑張ろう、ZUYAさん 

 

 

Piece of Her Heart: The Epic and Shout Years
Shout
Shout

 

 

プレミア(プレミアム)が付いてましたが

 

先日、ポチっとしてしました~ 

 

 

Erma Franklin は Aretha Franklin のお姉さんです

 

最高の一言~ 

 

 

『 Piece Of My Heart 』 は彼女がオリジナルです

 

Bonnie Bramlett のヴァージョンも最高 



Janis ?

 

ZUYAさんはジャニスなんて全く認めないので...

 

 

皆さまお休みなさい 

 

 

Have a Good Night,Folks!  

コメント

『 Silly Love Songs(心のラブソング) 』...

2019年06月12日 | Music & Life 

目が覚めると午前3時... 

 

 

夢の中で

 

『 とある神社の境内を歩いていたら

 

前方よりおぞましい数の猫達が歩いて来て

 

ZUYAさんはその写真を撮っている 』

 

 

昨夜酔い潰れて寝てしまったので

 

汗を流してリラックスしたところで

 

夢占いを検索してみると 

 

“良い夢”ではないようで... 

 

 

          

 

 

『 Silly Love Songs 』 

ZUYAさんが 『 Wings 』 でお気に入りの曲の一つ 

76年のアルバム 『 At The Speed Of Sound 』 に収録されている。当時バンドは非常に良い連帯感でアルバムの中でもポール以外のメンバーもヴォーカルを取っている曲も多い。どうやら熱烈なポールのファンからは不評だったようですがね。でもリンダを除いて各々良い声をしているので、ZUYAさんは好きですけどね~

若き頃に観た映画 『 Rock Show 』 の中でも、ステージでこの曲をやっているのだが最高にカッコいい。 Rickenbucker を弾きまくりのポールは、ZUYAさんの心を鷲づかみしてミュージシャンの道に導いたのだ 

  

AT THE SPEED OF SOUND [CD]
CAPITOL RECORDS
CAPITOL RECORDS

      

ロックショウBlu-ray【日本語字幕付き】
ポール・マッカートニー & ウイングス
ヤマハミュージックアンドビジュアルズ

 

先日、ふとした拍子に去年亡くなった西城秀樹氏がステージでカバーしていたことを知り、You Tube で探して聴いてみたら意外に良い感じだったのです 

いくつかのテイクがあるようですが、当時のバックバンドのメンバーだった芳野藤丸氏(SHOGUN)の歌声が聴こえるのも微笑ましい 

お好きな方、探してみてくださいね~ 

 

 

さて朝の散歩の時間ですが、雨が降ってなければ良いなぁ~ 

Have A Good Days,Folks!  

 

おまけ 

 

Rickenbuckerを弾く20過ぎのZUYAさん...

 

 

 

 

コメント

物は考えようなのだよ、ワトソ...

2019年06月10日 | Music & Life 

 

昨夜、“会いたくないリスト”の上位の人に会ってしまった 

勤務終了まで残り10分となり、ワイフの誕生日なので何を買って帰ろうかなぁと既に仕事から頭が離れていた頃に彼は現れた

お互い見覚えのある顔だなぁと光の速さで思考を巡らせていたに違いない。ZUYAさんの方から何か気の利いたことでも言おうかと思ったが、“通常の接客”をしたのみ。実を言うとZUYAさん、彼の名前を思い出せなかったのだ 

ZUYAさんが初めて正社員になり、張り切り過ぎて意見が対立し1年で辞めることになった会社の若社長。別に恨みつらみがあるわけではないが、彼のおかげで“今の生活”があると思ったら感謝の気持ちすら覚える。そう“過去の経験は全て現在の糧”になっているのだよ、ワトソン君 

 

          

 

 

おはようございます、ZUYAさんです 

 

東京地方は朝から雨... 

雨が降る度に思うのですが、“雨天で仕事をする”と“雨天の休日”とはどちらが良いのかと。まぁ大した問題ではないのですがね 

いつも書いていますが、ZUYAさんは雨の日のお出掛けが大嫌いでしてね。極力外出を避けます

4月に職場で大喧嘩をしたのを皮切りに、クレーム投稿問題、家庭内の問題等々、もう精神的にイカれそうでしたが、流行の薬物に手を出さず 『 レッドブル 』 止まりでした(ちょっと飲み過ぎかも)

自分でも少し落ち着いたかなと感じるようになりました。季節の変わり目には恒例行事のように調子が悪くなるZUYAさんですが、今回の“泥濘”はへヴィーでした(出費も嵩張った...)。更にリラックスするために今日は温泉にでも行って来ようと思います

 

はぁあ? 温泉だぁ?

と何やら優雅な生活をイメージされた方すいません。残念ながら草津やら登別やらの名湯ではなく、ZUYA邸から徒歩10分のところにある東京染井温泉  『  SAKURA  』  です~ 

以前は入湯料は高いわ料理も口に合わないわで、たま~に浸かりに行く程度でした。風呂から上がったら外で食べてましたからね。ところが料理は年年(日に日に?)レベルアップし値段に見合うようになり、ZUYAさんの休日の行事にリストアップされるようになりました 

入湯料に関しても“考え方”を変えてみました。もし大自然に囲まれた素晴らしい眺望と雰囲気のある温泉に行こうと思うとアプローチするのに費用が掛かります。更にはZUYAさんの場合、雰囲気に弱いのでアルコール代が嵩む~ 

そう考えれば約1,300円の利用料金はそう大騒ぎするほどではないのです 

『 SAKURA 』 の次に近くて時々行くのは板橋にある 『 さやの湯 』 なのですが、先ず片道220円(往復440円)の上に駅からかなり歩かなければならない。今日の様に雨が降っていたり、夏の暑い日には行く気が...  

と言ったことを考えた末に最近は年に数回、珍しく会員証まで作って 『 SAKURA 』 を利用しているわけです。今ならまだ夏休み前だからガキどもも少なく、今日の場合は平日の雨の日だから尚更お客は少なくなるだろう 

 

          

 

これを書き始めた時はまだ午前5時台なので、おんぼろ賃貸物件に住むZUYAさんはヘッドフォーンで聴かねばならない。ZUYAさんのルールでは午前9時以降はヘッドフォーン無し。一応ミュージシャン(の端くれ?)だから、休日など一日中音楽が鳴りっぱなしだが一度も苦情はない。まぁ聴いている音楽が良いからね 

 

ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ
EMIミュージック・ジャパン
EMIミュージック・ジャパン

 

さて本作は1972年の John Lennon のライブ盤です 

今日初めてZUYAさんのブログを観られた方は“な~んだ、ビートルズ好きのブログかぁ”と思うかもしれませんが、思わないでください 

ZUYAさんはあくまでもブルースマンであり、黒人音楽並びに黒人音楽に影響を受けた音楽が好きなだけです 

10代の頃、このアルバムを持っていましたが、全然興味がなくなりいつの間にか手放していました。このアルバムはジョンが殺されてから随分経った1986年に世に出ました。知的障害児のためのチャリティー・ショーにメインアクトとして登場、前座(とはZUYAさんは考えないが)には Stevie Wonder や Roberta Flack等が出ていたそうな

一般人や黒人問題に明るくない人には興味もなければ理解できないかもしれませんが、72年頃と言えば スティヴィー・ワンダーもロバータ・フラックも、もうスーパー・スターだったわけです。でも結局彼らは黒人であり...当時の“名声”を抜きにして音楽の質だけを考えれば、誰が(どちらが)“メインアクト”かは... 

最近よく書く 『 Woman Is The Nigger Of The World 』 を初めて聴いたのも本作でして、久しぶりに聴きたいなぁとヤフオクでポチッと~ 

なんか青春時代が脳裏に浮かび、こっ恥かしくなっている休日の朝のZUYAさんです  


Have A Good Days,Folks!  


 北区・飛鳥の小径にて

 

 

 

 

 

コメント (2)