michigan's

〜my everyday life, とりあえずの日常〜

10/18 いきなり妹一泊、父にまつわるいろいろの日

2019-10-19 17:12:28 | 外食
実家へのとんぼ返りの翌18日金曜、
全く別の用事で、特に予定もしていなかったことなのですが、
今度は妹が私の家まで来ることになり、一泊しました。
(忙しない家族だなf^_^;)

でもうちは、今は娘もいないので、
スペース的には余裕のヨッちゃん(←古い^^;)。

しかも、その日私は普通に仕事でしたが、
ラッキーなことに、学校行事のためにいつもより1時間半ほど早く授業が終わる!

速攻で市内まで帰って、妹と合流しました。

向かったのは、隣の市にある某歴史関連の博物館。
できてもう長いことになると思うのに、
私も妹も未だ行ったことがありません。

そこに、長年郷土史に関わることを仕事&趣味でしていた亡父が預けていたものがあるらしく、
そのことについて、先日から学芸員さんが実家に連絡を下さっていたらしいのです。
しかし母も私たちも、生前の父からはそれについては何も聞いておらず、
何のことかもさっぱりわからない。

数日後に、わざわざその博物館の方が実家を訪ねて下さる約束になっていたようなのですが、
それにしても、何のことだかわからない私たちは、
できれば前もってせめてもの情報と、
他の用事で妹が来るこの機会に、その行ったことのない博物館の見学を、
という次第です。


山の上の古城の跡地に建つその博物館。





場所自体には行ったことがあるなぁ、と思ったら、
それはその博物館がまだできてもいない頃、
教員研修でその由緒正しい城の「跡地」である何の変哲もない「山」を見せられ、
特に何の感動も覚えなかった若かりし日の朧げな記憶でした(^◇^;)


父が預けていたもの。
たぶん顔の広かった父がどこからか入手したのであろう、家族とは全く関係のない昔の生活道具でした。
娘の私でその後の手続きができたので、
博物館の方にもわざわざ2時間以上の道を実家まで運んでいただく必要もなくなって、
その場でめでたく一件落着。

後は妹と二人、
ゆっくり館内を見学させていただきました(^^)


上にも書いた通り、父は生前、
仕事および趣味で、故郷の歴史や文化財の保護に関わる活動をしていました。
そのために私たち姉妹は幼い頃からよく、
各地の「文化財めぐり」の旅などに連れ出されたものです。

しかし考えてみてください。
小学生以下の子供にとって、
田舎の古い寺社などを次々巡る旅が面白いかどうかを。

私の記憶では、
「なんか茶色いとこばっかり行くなぁ」
という印象です(^◇^;)

しかしそれはやはり「三つ子の魂」ということなのか、
私は、大人になってからは、古い神社仏閣など、
好きか嫌いかと言われれば、
間違いなく「好き」な部類となりましたf^_^;

京都のきらびやかさには気後れするものの、
何を隠そう、私は質実剛健奈良の都のリピーターです。

昨日、久しぶりに触れた郷土の歴史は、
じっくり見るには時間が足りなかったけれど、
いや〜鎌倉仏落ち着くわぁー
みたいな感じf^_^;


妹と二人だったこともあり、
好き勝手にあれこれ話しながら、かなり楽しく展示を見ていたその時のことです。

突如部屋の照明がバッと落ちて、辺りが真っ暗になりました。


え?( ̄O ̄;)


私たち、あまりに没頭し過ぎて閉館時間を逃してしまった⁈

妹と顔を見合わせて一瞬パニクり、
しかも妹が、

「えーー扉が閉まってる!」( ゚д゚)

と言うものだからその方向を見ると、
本当に、重厚そうな鉄の扉がピッタリ閉まっていたから、当然更にパニクる。

まだ館内に人がいるのに電気消す???
いるのを忘れて閉じ込めたのか、
ちょっとそれは、
「ナイト・ミュージアム」じゃないけど怖すぎないか⁈
(私たちが見ていたのはちょうど、古代の出土品、呪詛の風習、みたいな部屋(゚∀゚))


一瞬のことなのですが、ちょっと目が慣れてから辺りを見回したところ、
ピッタリ閉まっている鉄の扉の向こう隣に、
閉まっていないもう一つの扉があるのに気づきました。

あ、入って来たのはそっちからだったかf^_^;

妹と二人、
ほぼ本能的に?足早に開いている出口を目指し、ロビー近くの窓がある場所に出た時にやっと、
館内放送で、原因は不明なものの全館停電の旨、
そして来館者は明るいところに出て待機の旨のアナウンスが流れました。
時計を見ると時刻はまだ閉館まで1時間ほどもあり…(^_^;)

後からわかったのは、
その時周辺の大気の状況が悪く、
その博物館だけでなく、周辺の民家を含めて停電が起こっていたのだそうでした。


数分後、パッパッと照明が戻って、
空調なども稼働し始める音がする。

ホッとして展示室に戻ると、
今度は何だかやたら馴染みのある音が次々聞こえて来ました。

あ、この音なんだっけ〜?と思ったらそれは、
一旦電源の落ちていた展示室内の数台のパソコンが、次々と自動的に再起動する時の、
あの聞き慣れたWindows10の音。

今日びの博物館たるもの、
あー、ね〜〜、
という感じですf^_^;


それにしても、
博物館見学中にちょうど停電が起こるって、
この先も滅多にあることではないような。
だから記念に、

見学中の博物館でいきなり停電の図↓ f^_^;




用事も済み、あれこれ楽しく見学した私たちは、
最後につい気が緩んで閉館時間を5分過ぎてしまいました。
ご迷惑をかけた警備員さんスミマセンf^_^;


夕飯は、妹とうちの近くのイタリアンの老舗にしました。
市内では知らない人がいないくらい有名だけど、
私はここ数年は行ってないかな。

なすのミートスパと、シーフードピザ。





これを二人でシェア。

ちょっと炭水化物に偏ったf^_^;


このあと自宅に帰って、
父にまつわるもうひとラウンドあり。
長くなったので改めて書くことにします。

10/16〜10/17 いきなり実家で大量柿や季節のいろいろ

2019-10-19 07:00:39 | うちごはん
水曜日。
私は家で鋭意テスト作成、

のはずだった。

いや、実際朝からそうしているところに、
実家滞在中の妹からラインが入りました。

父の実家(現在の実家のそのまた車で20分くらい向こうの山里)の土地の柿が大量に生っている、
と近所の人から連絡が入ったから、
今から母と二人で採りに行って来る、
と。

えー、そうなのー。

と思いながらテストを作っていましたが、
作りながら考えました。

柿が生ってるはいいが、
80代後半の母と、行動派だとは言え体の丈夫でない妹とでどうやって収穫するというのか?

父が生まれ育ったその土地には、
もう家などは何もないのだけど、
数本の柿、花梨、柚子などが生えていて、
誰も手入れをするわけでもなく放置状態なので、
毎年それらが勝手に実をつけるか、つけないか。

頃合いを見て、タイミング良く私が帰れる時には車で行って、母と採れるものだけをそこここ採って来るか、
親戚のS兄ちゃんが気を利かせて行ってくれるか。
そんな行き当たりばったりな感じですf^_^;

今年は妹がいて車が使えるので、
S兄ちゃんに頼まず、どうも2人で行ったらしい。
でも柿が大量に採れたらどうするの?

その土地は、今は私と同じ市内に住んでいるY叔母(父の妹)の出里でもあるので、
Y叔母は、毎年そこで採れたものを届けるととても喜んでくれます。

柿が採れたら、律儀な母は、
私やY叔母、妹の東京の家、
ひょっとしたら今東京出向中のうちの娘にまで宅配便で送ると言い出す騒ぎにもなりかねない。

収穫という重労働の後にそれはあまりにもであろう…。



などなどなどなど、あれこれ考えいるうち、
これは私が2時間の道を帰った方が話が早いに違いない、
と思い始めましたf^_^;

でもテスト…(゚∀゚)


いや、今回は早めに作り始めていたのと、
その朝も早くから起きて作業していたので、
幸いほぼ見通しが立ったところでした。
時計を見ると昼前の11時。
翌日は普通に2時間目からの授業だけどここは、

帰るしかない!



私にしては珍しくガンガン、
実家に一泊する用意と翌日出勤する用意と家の片付けをして、
2時間の道を実家に向けて出発


実家に着いてみると、玄関がこの状態でした↓






選別農家か⁉︎


3本ほどの柿の木から、近年稀に見る豊作だったよう。

いったいどうやってこんなに採ったのかを聞くと、
連絡をくれた隣の土地の住人であるK君(実家の昔馴染みで、もうかなりのおじいさんのはずだけど…f^_^;)が、
さすが田舎の人だけあって手慣れており、
木に登って採ってくれたのだとか!


個々の鑑定とあちこち送ったりあげたりするための選別作業のあと妹が数えたら、
その数約260個‼︎‼︎‼︎

なにそれーー( ̄▽ ̄)

この他に、数十個の柚子と、
K君がくれたというでっかいリュウキュウが7、8本。


夕方は実家で、
私が途中で買ってきたものなどで簡単に夕食。



私がたまたま前日に下ごしらえしていたヒレカツと、残りのキャベツの千切りなどが役立ちました(^^)

その他は、
だし巻き卵(地元有名店の)、
小平子(こひらこ。この時期のイワシの子の干物)、
ポテサラ&かぼちゃサラダ(妹作)、
具沢山豚汁。

しかし、なんかお皿が寂しい。

…と思っていたら、
肝心のこれを作っていたのを思い出したのが夕食後↓



四方竹(しほうちく)の煮物。

四方竹は、この時期だけのタケノコです。
下から見た時に四角になっているからその名が。



仕方がないのでそれは翌日用。
私はタッパーに入れて持ち帰りましたf^_^;



翌17日(木)、

私は5時起きで実家を出て、直接職場に。
大量の柿、柚子、リュウキュウを職場にも持って行ったらとても喜ばれましたf^_^;

職場も割合田舎にあるので、
皆今の時期こんなものは珍しくないだろうとも思ったのですが、
中でもリュウキュウは大好評。
職場の外国人も興味津々f^_^;

ちなみにリュウキュウとはこんなもの↓



少し前、満天レストランでやっていましたf^_^;

それ用の里芋の茎を、スライスして酢の物などに。
歯ごたえが老人には辛かったりして、うちではあまり好きな人がいないのだけど、
一般的には、地元では好きな人が多いです。


その日は職場からY叔母の家に回って、
この前代未聞の量の柿と柚子を届けたら、
案の定Y叔母は大層喜んでくれました(^^)

Y叔母の庭からは、
私一人の食卓のためにいろいろな野菜をちょっとずつもらってきました(o^^o)



そしてその晩は、
お一人様の、結構ちゃんとした夕ご飯です(^^)



物心ついた時から食べ慣れている父の実家の柿は、
放置状態なので見た目は別として、
やっぱりおいしい(*゚▽゚)ノ




10/15 和風の控えめ弁当と、ちゃんとヒレカツの夕ご飯

2019-10-16 01:18:25 | うちごはん
あっという間に10月も半ば。
中間テストが近づいており、
例によって担当授業の全てのテストを毎回個々に作らなければならない私は、
今回も四つのテスト、鋭意?作成中(゚∀゚)
目が〜〜( ̄∇ ̄)
手にも良くなーーいヽ(;▽;)ノ

今日のお弁当↓



はじめに、前日の塩サバの残りありき。
そして、厚揚げを焼いて食べたい気分で、照り焼き風。
前夜に切っていた野菜で野菜炒めが付け合わせ。

ここ2日くらいずっと胃の調子が変なので、
味付け量ともに控えめにしました。


帰りに寄ったスーパーで、
お安い豚ヒレ肉発見!
カナダ産だけど、見た目やお値段との兼ね合いがgood。

お一人様だけど一本買って、このところ切らしている冷凍の作り置きおかずにしておくことにしました。

帰宅後はすぐに調理開始。
小さい一本のヒレ肉(たしか300円台!)で、
カツがこれだけできました↓



そして、お一人様の夕飯↓



久しぶりにかなりまともf^_^;

ヒレカツやわらか

うちはあまりヒレ肉は買ったことがなく(もちろんお高いからf^_^;)、
カナダ産という手段も、娘がいた頃にはあまり使っていませんでしたが、
なかなか侮れないカナダ産ポーク( ´∀`)
こりゃ娘に食べさせられなくて残念ですf^_^;

少し脱水気味&野菜不足の気がしたので、
実はヒレカツより先にミネストローネが決まっていたのです。

しかしこのミネストローネ、
最後にマカロニを入れすぎて、それに水分持って行かれたのがちょっと予定外でしたf^_^;

手前のおにぎり、卵焼き、厚揚げ一切れは朝の残り。

10/12〜14のうちごはん

2019-10-15 00:48:51 | うちごはん
10/12(土)のブランチ↓



こないだの作り置きピザ小を味見に追加↓



夕ご飯はキムチ鍋もどき↓




そして10/13(日)、
朝からずっと調子が変、

…だと思っていたらとんだ突発事で(←省略(-。-;)、
夜までご飯が食べられませんでした。
脱水気味なので仕方なく、
水分が多そうなラーメン(チャルメラ1/2)f^_^;




そして10/14(月)のブランチ↓



そして夕ご飯に↓



水分、栄養素ともに足りてなさそうな昨今なので、
お味噌汁は具沢山で頑張って作ってます。
各材料、ものすごーくちょっとずつチマチマと刻み入れてf^_^;


ここ2週間くらいの食べ過ぎが、
どうも胃に来たようです(-_-)

「私の体調不良は食べ過ぎから起こる」。

娘がいなくなって食生活変わり、
危うく忘れかけていた。

娘も向こうでどんな食生活やら、
という段階ですが。


ここ3日、こんな感じで、
それでもずっと家にこもってちゃんとテストを作っています^_^

そう、今は私の最繁忙期、テスト作りの期間。
家に一人なので、
考えてみたらこの3日間、玄関ドアは一度も開閉されていない!
おそろしや〜(゚∀゚)

10/11 ハマチフライのお弁当、麻婆豆腐の夕ご飯。複文が苦手な生徒(-_-)

2019-10-12 13:27:23 | 英語、日本語覚え書き
またまた日記が遅れ気味。
結局今日も、お弁当と夕飯一挙掲載ですf^_^;



代わり映えしないけど、
引き続き、作り置きのハマチの一品がメイン。
昨日はフライ、お味薄めでした。

ご飯は定番になりつつある?冷凍ご飯活用の卵ご飯で、
他に、
厚揚げ、しめじ、小松菜の煮物、
りんご、
甘い紀州梅(最後の1個)。

一人分のお弁当も、はやマンネリ化しつつありますが、

持って行くことに意義がある(*゚▽゚)ノ



昨日職場にて。

国語のN先生が、例のお子ちゃま高3クラスの授業の後、
興奮気味に私や大御所M先生のところにやって来ました。

言葉を知らないのは言うまでもなく、

「複文」が全然ダメッ!
だから、書いてある内容が全くわからない!

と。

が、それを聞いて私はちっとも驚きはしませんf^_^;

例えば、

「彼はテニスが上手い。」

という文なら何の話か(主語が何なのか)まあわかるけれど、

「私は、彼はテニスが上手いと思う。」

では途端に主語述語がわからなくなり、

「私は」「彼は」と、「2回 “〜は” が出てくるのはおかしい」、
「この文はまちがっている」

と言い出します。
(いや、間違っているのはアナタヽ(;▽;)ノ)

ひどい場合、
「テニス」がこの文の主語だと主張する生徒も。

もちろんこれは例えです。
授業中やっている高3レベルの英文は、
さすがにもっと長くて内容も複雑なのですが、
しかし要するにその根本的なところがわかっていないところに、
長い文、複雑な文、難しい内容の文が出てきて理解できるはずがありません。

英文経由なので困難な部分もあるのだろうと割り引いて考えていた部分もあったのに、
「やっぱり」国語でも同じだったか_| ̄|○


最近の生徒の傾向:

そもそも言葉(母語)を知らないのに加えて、

単文は何とかなるが複文が苦手。

つまり、等位接続詞 and くらいならまだ何とかなるが、従位接続詞はダメ。
修飾関係作って文を複雑にする関係詞などの構造も苦手。

普段きちんと系統立って、しかも内容のある文章を読んだり聞いたりする機会が少なくて、
友達との会話は中身のない「単文」で済んでいることが多い、
ということか。


こういうことを書き始めると、
私自身の中では全て、

「勉強するってなに」
「教育ってなに」、

それだけならまだしも、
言葉ってなに、とか国の教育政策云々のような、
自分でも数十年生きてきて真っ向から言い切る自信のない深すぎるところに繋がっているので、
ここではこのへんにf^_^;



夕ご飯。
お豆腐消費の必要の麻婆豆腐f^_^;



使ったのは、買い置きの木綿豆腐の2/3くらいなのですが、
それでも、
どう考えても見ただけで量が多い(*_*)

でも私は、作ってお皿に盛ったものを残すのは嫌いなので、
頑張って食べてしまいましたf^_^;

さすがに、食べ過ぎで夜まで苦しかった(-_-;)


娘が東京に行く前、
なんだかんだで豪華な?外食も多かったのと、
行ってからは行ってからで、
どうもまだ、一人分ちょうどの量の食事の用意に慣れていません。
そのためにどうしても、どちらかと言うと「食べ過ぎ」に傾いています。

こないだかかりつけの病院でいつものように体重を計ったら、
1キロ以上増えていた!

BMIなどから言えば全く問題ないので、
看護師さんも全然問題にはしていませんでしたが、
夏ごろまで、わずかながら、でも全体的には徐々に体重が増えない体質に傾いていた私にとってのその1キロ強は、
潜在的には、実はとても大きいんじゃないかと本人は思うよ…?


昨日、台風前の夕焼け。




10/10 刺身の漬け焼きのお弁当、パンとグラタンのワンプレートの夕ご飯

2019-10-10 23:14:43 | うちごはん
結局今日、
お弁当と夕飯一緒の日記ですf^_^;

お弁当は、



この前下ごしらえした、
ハマチの刺身の漬けを焼いたもの、
定番ねぎ入り卵焼き、
ポテサラ、
小松菜のおひたし、
りんご。

普通のお弁当ですf^_^;

少し特筆に値したのは漬け焼き。

しょうゆ+酒に漬け込んでいたハマチの刺身に、
片栗粉をまぶして竜田揚げ風に焼いただけですが、
身が、ものすごーーく柔らかくてホロホロでした(^^)



今日職場は、ノーベル科学賞のことで盛り上がっていました。
と言っても、お隣の席のM氏中心f^_^;

仕事中の私に「リチウム」の語源は何かと尋ねられるので、
仕事の手を中断して調べましたよf^_^;

まあ、ギリシャ語の「石」から来ている、という意外な発見もあり、
私も勉強になりました。

そして、電池の仕組み云々のこととなると、
文系の私もM氏も今ひとつ疎いのですが、
反対側のお隣には理科の先生が。
素人の疑問に即座に答えて下さるのでスッキリ(^^)

こういうのは学校の良いところ。
各方面からの話を突き合わせたり、
割合専門的な説明をすぐに聞いたりすることがまあ可能。

ただし、ある程度見識ある教員が揃っていればの話。
今教員のなり手が少なく、その質が落ちているのではというのが問題になっています。
この先世代交代が進めば事情は変わるかも(-_-)


今日の仕事帰りは、処方のためのいつもの病院受診でした。
予約してあるのに、いつものように2時間もかかった(゚∀゚)

昨日ピザをたくさん作って冷凍してあるのに、
私が今日食べたかったものは、ピザでなく「普通の食パン」(ワガママσ(^_^;))

帰りにパン屋さんで3枚入りの食パンを買って来たけど、
だめにしないように気をつけないと。

作り置きのもの、残り物をいろいろ乗っけて、
まるで朝食か昼食かというワンプレートの夕ご飯でした(^^)



グラタン(昨日取り分けたもの)、
トースト、
ポテサラ+大豆水煮+かいわれ、
ハマチの漬け、
りんご。

グラタン、トースト、漬けの3つを、
オーブントースターで同時に焼きましたf^_^;

10/9 いろいろ家事の日、グラタンのブランチとピザの夕ご飯

2019-10-09 23:40:43 | うちごはん
今日は家でたまっている用事を片付ける日でした。

娘が行ったあと、残っている夏のおしゃれ着やシーツ類を洗いたかったり、布団を干したかったりしたのですが、
また台風が近づいている今、今日しかないかも!
だったから。

布団やシーツなどのメンテナンスは、力もいるし腱鞘炎の手にはツライ。
家事の中では一番嫌い(>_<)

かけるべき電話も何件かたまっていたし、
部屋の整頓や、教材作りなどなど、
いろいろを同時進行で。

そして酔狂にもこんな中わざわざ、
ブランチにグラタンを作りましたf^_^;



本当は昨日の夜にグラタンのつもりだったのが、
刺身と一緒は変だしなぁ、と保留したからf^_^;


明日のお弁当も見越してポテサラを同時進行で作ったのですが、
ポテサラ用のじゃがいも↓



その上から同じくポテサラ用のにんじん↓



さらにその上からグラタン用のじゃがいも↓



と、三層構造にして、時間差で一度に煮上げる強硬策に出ました。
これはお一人様用、または時短のための裏ワザたり得るかも!f^_^;



そして夕方、
また酔狂にも突然ピザを作ることにしました。

ふと目をやったキッチンの棚の上にあった強力粉。
油断して賞味期限を切らしていたのは知っていたけど、
アレルギーの気のある娘にそれを出すのもねー、
と躊躇されて、使わずにいたからです。
私一人なら、
まあ何かなっても自己責任f^_^;


いつか買った(笑)ホームベーカリーは、
実はあまり使わずにいます。
その訳は、長くなるのでまた別に書くとして、
ピザ生地くらいなら手こねでも、
と思ったのがまた間違いだった。

強力粉をこねるのは、とても力がいります。

しかも!
また間違えてしまったのです。

レシピの、
「カップで250mlの強力粉」
というところ。

これを、250gと間違えた。

他の材料はグラム数で書かれてあるのに、これだけ容量とはフェイントだ〜(>_<)
クックパッドのレシピですが、なぜみんなこれで間違えないのだろう??

前にも間違えて、
どう考えてもコッチコッチの生地を、
おかしいなぁ、と思いながら相当な時間こねくり回し、
手首の痛みをぶり返させる羽目になったことが何度かありました。
今日も、またそれをやってしまったのです!

(ちなみに、250mlの小麦粉は、たぶん約125g。それを250gでやったら、水などの他の材料が倍足りない計算…orz)

そしてその修正に時間がかかってしまいましたが、
何とかできました。



ピザ台・中×2と、小×4。



もちろん、この先の手抜きのためのひと頑張りですf^_^;
中1枚は素焼きのまま、小さい4個のピザと一緒に冷凍しました。

そして今日の夕食はこんな感じ↓




…娘は、
まだちゃんと自炊してないだろーな〜´д` ;

10/8 ハマチの刺身で夕ご飯。夕焼け空は…

2019-10-09 20:12:26 | うちごはん
1日遅れです。

最近ブログの書き方で迷っていました。

始めた頃には、「お弁当」と「うちごはん」とその他の話題を分けたかったので、
時間のある時に小分けにして、
時には一日に3〜4項目の日記をアップしていました。

最近、それは多すぎると反省し、
なるべく一日のことを一つの日記で書くようにしていたのですが、
それではやっぱりお弁当も家でのご飯も外食もごちゃごちゃ。

しかも、一日の終わりにまとめて書こうと置いておくと、
夜、布団に入ったらやっぱり一日の疲れでスマホを持ったまま、
(老眼の)メガネをかけたまま寝落ちている、
必然日記が遅れる、滞る…f^_^;

この形態は私には不向きであろうことが次第に明らかになって来ましたf^_^;

そこで、ぼちぼち書き方を元に戻します。
沢山の雑文はお目汚しですがお許しくださいm(._.)m


で、
遅れている昨日の夕飯f^_^;



ハマチの刺身と小松菜のお浸し。

実はこの他に納豆ご飯を食べました^_^


仕事帰りのスーパーで見つけたお得なハマチ(^^)



一人分にはもちろん多いけど、
これを今このお値段で買っておいて、いろいろ下ごしらえしておくのは、
時間的にも経済的にもお得なの間違いなし。

ということで、

3つに分けて、刺身と、漬けと、フライに変身!



天然ものなので脂の乗りは少なかったけど、
新鮮さに間違いはなく、美味しいお刺身でした(^^)


昨日の夕方、
ほんのりピンクになったベランダの方に出てみると、

南の空はターナー風(*'▽'*)




西の空は全然違っていました。
強いて言えばムンク風かな?(゚∀゚)


10/8 えびチリ弁当とその深い?わけf^_^;

2019-10-09 08:36:01 | お弁当
珍しく、えびチリ弁当でした↓



なぜ珍しいのか。

それは、娘がえびアレルギーだったから(^^;;

いや、娘とて元来えびは好きだった。
好きだったから、大学時代に私が荷物を送る時、
この際だから、と本来ならば家族3、4人で食べるくらいの量のえびチリ(いつものスーパーで売ってるブラックタイガーまたはバナメイエビ2パック分で作った)やえびマヨを、
荷物到着後に娘が

「当然小分けにして冷凍する」

ことを想定して、まとめて送っていたのです。
(送料高いしf^_^;)

しかしえび好きの娘はどうも、
この、本来なら家族分あるえびチリやえびマヨを、
一人でほぼ一気に食べていたらしい⁉︎

えびに限らず、元々アレルギーを引き起こす要素の強いものを大量に、持続的に摂っていると、
はじめはそれに対して体が反応を起こさなかったものが、ある日一気に、
コップから水があふれ出るように、
アレルギー反応を起こすようになってしまう。

今まで大丈夫だった人がある日突然花粉症を発症したりするのもこんな感じですね。

そんなわけで、因果にも、
好きだからこその「えびアレルギー」になってしまった娘。
肌の敏感な人は、辛いものでも発疹が出て痒くなったりするので、
えびチリって、娘にとってはかなり鬼門です。

二人の生活では、
私もえびは好きですが、我慢して避けていました。
使ったとしてもお鍋や中華飯の中に2〜3匹、とか。
えびチリは、この間家では作らず、
市販のものを1、2度食べただけだった気がする。

しかし、
娘がいなくなったからと言って即一人でえびチリ三昧って、
私としてはなんか良心が咎める(笑)

しかしそれを私に解禁する引き金となったのは、
その前日だったかに、娘がラインに送って来た画像です。

この春うちの方にも遊びに来ていた大学時代の親友が、
今の娘の出向先近くまで訪ねてくれ、
一緒にご飯を食べている写真。

「しっかりえびチリ食べてるやないかぃ⁉︎」

結構辛かったそのお店のえびチリのせいで、
やっぱり直後に発疹が出たらしいけどf^_^;

親の心子知らずで?娘が勝手にえびチリを食べていたので、
私は「大手を振って」のえびチリ弁当\(^o^)/


しかし。
やっぱり、一人分だけのえびチリを作るというのも、
それはそれで難しいことが判明しました^^;

フライパンの面積とえびの兼ね合いで、かえって熱効率悪いような↓





たれも、すごく気をつけて小さなボウルでちょっとだけ作ろうとしたのに、
やっぱりこういう、いろいろな種類のものを混ぜる調理は、量が多くできてしまいがち。

しかも、
そんなに大きくないえび6匹を使って作りましたが、
お昼になって食べていると、
たったこれだけのお弁当箱のスペースの中から、
何だか次々出て来るえび、えび、えび。
「たった6匹」のつもりが、結構多い。

たぶん娘といた時には、
使ったメイン食材の数を「10」とすれば、
私が食べていたのはそのうち「4」くらいだったのだろう、
と自分で状況を分析するf^_^;


ご飯部分は、恒例冷凍ご飯での、
祖母直伝(笑)の卵ご飯、
他には、
小松菜のおひたし、
キウイ、
自家製生姜の甘酢漬け。


お弁当の画像を撮る時に、
下にオサレな?ランチョンマットを敷いてみました^_^

娘と二人分の時には時間的、物理的にもそんな余裕なかったというのと、
一人になったら、キライな弁当作りが更に嫌いになるだろうことが予測される自分自身を鼓舞するためです(^_^;)

10/7 中華飯弁当と、その展開の夕ご飯

2019-10-08 07:44:04 | お弁当
考えてみたら約30年ぶり、
つまり結婚前以来の一人暮らしです( ̄∇ ̄)

「満喫している」
と言う感じは…
残念ながらまだないなぁf^_^;

職場が遠いのは変わらないとしても、
なんと言っても食材が大変です。
私はこれでも結構少食なので、
一人の一食分のおかずは、かなり少ない。

娘といた時にも、元々あまり作り置きはせず、
その都度食べきるくらいの料理を作るようにしていたので、
これが一人分&一回分の量となると、その少なさは自分でもびっくりするくらい。
沢山の食材を使うような料理だと、
うっかりしていると、あれこれ取り合わせているうちに結構な量ができてしまいます。

昨日のお弁当の(出ました!)中華飯はまさにそうで、
作り過ぎないようかなり気をつけていたのに、
小さいフライパン(15センチくらい?)にできた量は、
一人分のお弁当には多すぎました。

これなら10センチくらいの(目玉焼き用?)フライパンを買い足す必要があるかも⁉︎

ところがお一人様の食事作りの難点は、
少量で済むからと言って、
それは食材の数が少なくて済むということでもなく、
揃えなければならない野菜などの種類はある程度必要だということです。

無駄にしない工夫、
常に気をつけているエネルギーみたいなものがいる気がするf^_^;

娘は出向先で、
まだ本格的に生活の体制も整っていないだろうから炊事はしていないと思うし、
この先も仕事も忙しいだろうから、きっと大した料理はしないでしょう。
(そもそも、なぜか炊飯器だけが付属していないという家具付きマンションに、半年間炊飯器を買わないつもりで入ったよ…?f^_^;)

たぶん学生時代と同様、一人の食生活、
しかも物価の高い都会では(お金さえかければ別かもしれないけど、)不自由なことでしょう。


…そんなわけで昨日、
せめて食材数を揃えるために、と思って作った(あまりにいつもの!)中華飯弁当は、
上にかける餡の部分が多くできてしまい、
仕方ないから夕方に取っておくか、
と別容器に取り分けておきました。




昨日は、今学期に入って初の、
「怒涛の6時間授業」の日。
まあ私もそこそこ年季が入って来たし、
ある程度麻痺して来たので(というか、自分で自分の感覚を麻痺させ誤魔化す技術を習得した、とでもいうのか)、
淡々とこなし(手を抜いている、というのではないですよf^_^;)、ラッシュの道を帰って来ます。

そして夕ご飯は↓



つまり、ここでの「公式」はこう↓f^_^;



「中華飯+(この前の)0.3チャルメラの麺+α=中華飯弁当+餡かけラーメン+α」

(数学不得意だけど、式合ってる⁈
いや、そもそも文字では無理があると思うけどf^_^;)


今後このブログの性格は、

「お一人様のための食材の効率的利用と料理の展開例」

とかになったりして⁉︎ f^_^;