アイ・ラブ みどり

逆境にもめげず、けなげに生きるみどり達がいとおしくてなりません。

イソギク

2018年11月12日 | うちの庭では
イソギクは海浜植物ですが、かつては海で、湖岸に貝塚が出土する霞ヶ浦には、イソギクが自生しています。我が家のイソギクも霞ヶ浦湖岸で採取したものです。最初は花弁のない原種そのままの形でしたが、やがて小さな花弁がつき始め、それも黄色と白に分化し始めました。我が家には、無花弁、黄花弁、白花弁の3品種が混在することになりました。花言葉は「感謝」です。 一つの人物分類法として、「利己主義」と「利他主義」があ . . . 本文を読む
コメント

ヤツデ

2018年11月11日 | うちの庭では
ヤツデは伝播力の強い木で、庭のあちこちで生えてきますが、自宅の東側の一本だけ、2.5メートルほどに育てております。この木には、液体をなめる唇弁という口を持つアブやハエ類が集まってきます。現在雄花だけが咲いていますが、遅れて雌花が咲きます。花言葉は「健康」です。 健康な時分は、「健康」は空気みたいなもので大切さを感じず、かなり無茶な生活をしていましたが、79歳となって故障が目立つようになると、その . . . 本文を読む
コメント

2018年11月07日 | うちの庭では
11月に入ると、土浦では亀城公園で菊まつりが始まります。我が家でも続々と菊が咲き始めました。宿根性で毎年同じ花が咲きますが、種でも繁殖するようで、時々新しい種類の花が咲くのです。菊科の種は風で運ばれますので、恐らく、近所の庭から飛んで来るのでしょう。菊の花言葉は「あなたはとても素晴らしい友達」です。 褒め言葉ではありますが、おだて言葉の場合も多く、意識的にあおり立てその気にさせようとする作戦です . . . 本文を読む
コメント (2)

ツワブキ

2018年11月01日 | うちの庭では
今年は異常気候続きの1年で、先月は各地でサクラが咲いたとのニュースもありましたが、我が家では昨年と同じ時期にツワブキが咲きました。ツワブキの体内カレンダーは正確に動いているようです。体内時計は主に、気温と日長により動かされているようです。花言葉は「困難に負けない」です。 人生に困難はつきものです。困難により、人は鍛えられ、逞しくなり、人格が磨かれるのです。しかし、世の多くの親は、かわいい我が子に . . . 本文を読む
コメント (1)

ヒメツルソバ

2018年10月25日 | うちの庭では
2000年3月、私は農林水産省の出先機関から三重大学に出向しました。与えられた旧久居市の宿舎の近くの農家の石垣に群生していたのが、ヒマラヤ原産のこのヒメツルソバでした。一般の野草には厳しい石礫地やコンクリートの割れ目などを好んで生育する蔓草です。気温が下がるとともに、ヒマラヤの気候に近づいたのでしょうか、ピンクの花色が冴えてきました。もう少しすると紅葉が始まるはずです。花言葉は「愛らしさ」です。 . . . 本文を読む
コメント

キバナコスモス

2018年10月22日 | うちの庭では
近所で高齢者クラブが作っている花壇にキバナコスモスが咲いています。メキシコ原産の野草で、草丈が2メートルにもなるので、剪定ばさみで60センチくらいに刈り込んで、小さく仕立てています。矮星種や赤味が強い栽培種も開発されています。特定外来種に指定されているハルシャギクと同属・異種で繁殖力の強い植物です。花言葉は「野生美」です。 私の庭作りは「野性的」を旨とし、自生を大切にしています。栽培種でも、種が . . . 本文を読む
コメント

ローズマリー

2018年10月21日 | うちの庭では
ローズマリーは、集中力や記憶力の増進 ・抗菌・抗真菌・消化促進・抗酸化・老化防止・血行促進など様々な効用があり、西洋では昔から薬草として利用されていたと言います。花粉症緩和にも効果があり、私は特効薬として、ハーブティーにして飲用しています。我が家のローズマリーは、2010年、高齢者クラブでバス旅行したとき、立ち寄ったレストランでもらった枝を挿し木したものです。花言葉は「あなたは私を蘇らせる」です。 . . . 本文を読む
コメント

ピラカンサ

2018年10月21日 | うちの庭では
10年ほど前、庭の片隅で芽生えたピラカンサが今年初めて開花し、橙色の実がつきました。桃栗3年柿8年といいますが、ピラカンサの場合は10年と言うことでしょうか。これから年ごとに花実は多くなるのではないでしょうか。花言葉は「美しさはあなたの魅力」です。 この花言葉は、一種の褒め言葉です。褒め言葉は教育の奥義で、人を暗示にかけて大きく成長させてしまうのです。テニスの大坂なおみ選手は急成長し、4大大会の . . . 本文を読む
コメント

2018年10月19日 | うちの庭では
庭で茶の花が咲いています。同時に、昨年の実も枝にぶら下がり、実と花が同時共存しています。茶は中国雲南省あたりが原産地で、保健成分に富んでおり、かつて僧侶が持ち帰り、生薬として利用していたようです。最近日本では、紅茶や中国茶に押され消費が落ち込んでいるようですが、欧米での抹茶ブームで見直されているそうです。茶の薬効にあやかり、少しでも長生きしようと、私は粉砕機を購入し、自家製粉茶を常飲しています。花 . . . 本文を読む
コメント

セイタカアワダチソウ

2018年10月18日 | 緑の季節
近くの空き地の片隅で、セイタカアワダチソウがひっそり咲いていました。15年前こちらに引っ越ししてきた頃は、背丈を超えるセイタカアワダチソウが鬱蒼と茂っていたものですが、いつの間にかすっかり勢力を失ってしまいました。平家で語られる「盛者必衰」の理を見るようです。花言葉は「元気」です。 「元気」は、精神状態が活発な状態を言います。私のように脳梗塞に罹り、びっこを引き障害を持つ身でも、意欲が衰えなけれ . . . 本文を読む
コメント