弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設7周年!
今後とも宜しくお願いします。

【知財記事(特許)】ASEANへの出願、特許庁が連携強化

2019年08月15日 10時14分26秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
曇り空の@…野洲川あたりです。

結局、大阪ワンタッチで帰路。まあ、お天気には逆らえません。
お仕事・プライベートでそれぞれ会うべき人には会えたので良しとします。

さて、今朝はこんな記事

(日経電子版より引用)
=============================
ASEANへの出願、特許庁が連携強化 翻訳ミス対応の議論加速

特許庁は日本企業が東南アジア諸国連合(ASEAN)に特許を出願しやすくする環境を整える。ASEAN諸国の特許当局トップと連携協力の強化で合意した。日本企業が取得した特許の権利を翻訳のミスを理由に正当に行使できない問題の解決へ議論を進めることでも一致した。

(以下略)
=============================
(引用終わり)

出願中だけでなく、権利化後に誤訳訂正が認められるようになる、ということなのかな?
メジャーな言語ならともかく、現地語への翻訳の正確性をチェックすることは、なかなか容易ではない。
日本語からの翻訳の場合、おそらく一旦別言語(英語)に翻訳してから現地語に翻訳するケースが多いだろうと思われる。
(少なくとも、英文明細書が作成されているのならば、日本語よりも英語により重点をおいて参酌すると思われる)
伝言ゲームではないけど、1度目の翻訳、2度目の翻訳それぞれで誤訳リスクはある。

そんなことを書きながらふらふらと検索してたら、こんなレジュメを拾った。
制度の悪用は結局制度利用者の不利益になって帰ってくる。気を付けなければいけません。
コメント