弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

事務所開設10年目!
本ブログがKindle本に!「アマゾン 三色眼鏡」で検索!!
※テンプレートが変わりました。

【農水知財】「みやぎサーモン」、ベトナムで地理的表示登録

2022年10月06日 08時32分27秒 | 農水知財
おはようございます!
急に気温の下がった@湘南地方です。

といいつつ執務室内では袖まくりしてやってますが…
まあ10月だものなぁ。多少は涼しくなってくれないと。

ということで、今日はこんな記事

(VIET JOより引用)
================================
日本の「みやぎサーモン」、ベトナムで地理的表示登録

日本の地理的表示(GI)産品である宮城県の「みやぎサーモン」が、ベトナムでGIとして登録された。「みやぎサーモン」は、海外において直接申請により初めて登録された日本のGI水産物となる。
これにより、ベトナムにおいて「みやぎサーモン」の模倣品について行政上の救済手段や輸出入における水際措置の活用が可能となり、現地でのブランドの保護に寄与することになる。
(以下略)
================================
(引用終わり)

記事によれば、水産物も含めた産品としては「鹿児島黒牛」「市田柿」に続いて3例目とのこと。
あれ、直接申請? ベトナムとのリスト交換(相互保護規定)ってまだ成立してなかったんだっけ…?と思って調べてみたら
こんな記事にあたった。
改正農林水産物・食品輸出促進法の施行が11月とのことなので、そこからそう遠くなく協定締結されるのだろう。

GIは「海外輸出」の保護には特に効果的だと思う。
商標権の権利行使(エンフォースメント)はなんやかんや労力がかかるのに対して、GIの場合は政府による取り締まりが行われる。
単純に、権利行使コストに差がある。
…とはいえ、海外での権利行使って実際のところどういうプロセスを経て行われるのだろう?
例えばこちら=「日EU・EPA解説書」の06頁なんかには「EUで日本のGIを保護」と抽象的に書いているけど。
日本の場合農水大臣から措置命令が出され、応じない場合には刑事罰の対象にもなる旨規定されているけど、諸外国でも同様の規制なのだろうか?
…そうやって考えると、まだまだ勉強足りないこと多いなぁ‥

ともあれ、生産者が連綿と作り上げてきた品質を守ることは、本人だけでなく需要者にとっても利益のあること。
そのための仕組みとしてGIが有効に機能することを望む。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【趣味】戦力外通告

2022年10月05日 06時44分15秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
いつもよりちょっと早めのご出勤。
やることやらなきゃやることやらなきゃ。。。

さて、この季節になると出てくる掲題の話題
最後引退試合で華々しくユニフォームを脱ぐ選手がいる一方で、
ひそやかに肩たたきされる選手もあまた。

21歳とか、わずか3、4年で戦力外通告とかされたりするわけで。
プロって、そういうこと。

ビッグネームでいけば、中日平田、楽天福井、川島慶三あたりは物寂しさも感じる。
まだもう一花咲かせられるんじゃないかな?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【趣味】レギュラーシーズン終了

2022年10月04日 08時23分55秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
今日も今日とて快晴な@湘南地方です。

寝不足でなんとなくフラフラしますが、まだ火曜日。
頑張らねばなりません。
…てか、このフラフラは、もしかしたら眼鏡が歪んでいるのかな…??
ちょっと後で眼鏡屋さんに行ってこよう。



さて、今季最終戦。苦しみの果てにやっとでた56号。
最終打席、それも2打席目の自分のヒットで作り出したラストチャンス。
(※首位打者との絡みで、3打席凡退までしか許容されないところ、自力で4打席目に立つチャンスを得た)

忘れがちだけど、まだ22歳の若者ですよ。
三冠王に日本人最多本塁打。
これからどれだけ育っていくのか。期待しかない。

あと、下世話な話ではあるけど、推定年俸1億円※今年は2.2億円でした の選手の一振りに懸けられた、3億円の家。
プレー中にそれを意識することは無いだろうけど、でもまあ冷静に考えたらとんでもないわ。
全てのプレッシャーに打ち克ったメンタルに脱帽。

一方で、坂口、内川、嶋の3選手が引退。
皆、紆余曲折を経てヤクルトにたどり着いた往年の名選手。
数字で貢献した人もいるけど、技術面や精神面で支えた人たちばかり。
むしろ来シーズン以降が少し心配…だけど、内山、丸山、長岡、…若手は確実に育っているし、
理想的な新陳代謝とも言える。

これでペナントレースが終了と思うと、頬に感じる秋風も相俟ってさみしさを感じてしまうが、
まだこれからCS、そして日本シリーズが待ち受けている。
どうなるだろうかなー?ファーストステージで横浜がある程度「消耗」してくれて、やっと勝負になるかなぁ。
ソトの調子が上がってきているのが気持ち悪いなぁ。
まあでもこっちも対横浜の最終兵器、キブレハンが好調だからなぁ。
いずれにしても、あと少しだけ楽しめる2022シーズン。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【知財記事(商標)】商標出願急増の裏にAmazon

2022年10月03日 09時00分38秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
今日はやや雲が空に漂う@湘南地方です。

さて、本格的に10月スタート。
2022年も第四コーナーに差し掛かる。
そろそろ追い込みをかけていかないといけません。

そんな中、今日はこんな記事

(日経電子版より引用)
===============================
商標出願急増の裏にAmazon 知財制度の啓発効果 (西野杏菜)

横浜市のみなとみらい特許事務所で「アマゾンのため」の商標出願が増えている。足元で寄せられる出願依頼の1割程度を占めるという。「1社のサービスだけで商標登録の出願数が急増するのは異例」と同事務所の弁理士は驚きを隠せない。

米アマゾン・ドット・コムは出品者が自身のブランドを登録できる制度を設け、利用を呼びかけている。模倣品の販売など出品者の権利侵害が起きるのを防ぐのが狙いだ。登録すると一部の目立つ広告が出せるようになったり、権利侵害があった場合の対応を求めやすくなったりするメリットがある。

この制度は日本では2017年に始まった。開始時から必須の条件としてきたのが公的なブランド保護の仕組みである商標の登録だ。
(以下略)
===============================
(引用終わり)

ECサイトに出品する業者さまからのご依頼が増えたなぁ、と肌感覚で感じた時期は、上記記事と一致する。
出願依頼の1割、とはいかないけど、年間数件レベルの上積みはあるかな。

まあ、ECサイトに限らず小売業者が店頭に置く商品については、知財も含め種々のチェック項目があるわけで。
むしろECサイトにおいて模倣品が横行してきてサイト自体のイメージが棄損されてしまうことを未然に防止する、
という意味ではあって然るべき対処。

こういう出願は、一時的には弁理士業界にとってもプラスに作用するとは思う。
ただ一方で、カジュアルな(ここでは"どういう指定商品を保護すればよいかが分かりやすい")出願については、代理人を介さず行うようになる日は、
そう遠くなく来るだろう、と思う。
決して悲観的なスタンスではなく、なんなら当職の師匠が20年以上前からそういっていた。

じゃあ代理人はどこで機能するのか?
というと、「事業計画との整合性が取れた出願行動のアドバイス」なのだと思う。
現在の事業、将来の事業。
現在のブランディング、将来のブランディング。

単に目先、今使っているマークを今売っている商品についてだけ保護する。
それでよいなら、それでよい。
ただ、それで事業が継続する可能性は、残念ながら低いのではないかと思う(事業分野にもよるが、ECでモノを売る商売ならばそう)。
自社の事業計画を言語化できて、それを既存のフレーム(ここでは「商標の審査基準」が該当するだろう)に当てはめられる能力がある人は、自力でできると思う。
しかし、だいたいのケースでは、そこは外部化してしまった方が、一時的にコスト負担が発生しても、トータルで効率が良いことが多い。
往々にして、自己の考えの言語化には壁打ちの相手が必要。その相手が専門的知識を有していることで、適切な結論に至る。
専門性は、そこで初めて価値を発揮する。

我々としても、事業成長をサポートするケースを如何に積み重ねるか、が、生き残りのための命綱となっていく。
その危機感は感じている。
単に統計上の出願件数が増えた減ったで一喜一憂している場合ではないな、と思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【業務日誌】9月末

2022年09月30日 08時49分18秒 | 業務日誌
おはようございます!
快晴っ!の@湘南地方です。

例年だと半期末の駆け込み的な案件がちらほらとあったものだけど、
今年はそうでもないなぁ…。
売上的なことを考えるとあまり望ましいことではないなぁと思いつつ、
まあでも半期跨ぎの案件が処理できてなくて色々あったりするので、そちらを頑張らなきゃいけない感じで。

というのと、気が付けば今年もあと3か月。
今年のうちに成し遂げたいと思っていたことでまだできてないことがチラホラあるので、
そのあたりちゃんとネジ巻いて実行していかないと、やるやる星人になってしまう。
てか、何もしないで歳とってジジイになってしまう。

いかんいかん。時の流れに身を任せている場合じゃない。
逆らえ、抵抗しろ、踏ん張れ、食いしばれ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする