弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設8周年!
本ブログがKindle本になりました!「アマゾン 三色眼鏡」で検索!!

【業務日誌】ちょっとトラブル

2021年04月19日 09時25分03秒 | 業務日誌
おはようございます!快晴の@湘南地方です。
はい。出張から戻ってまいりました。

昨日の日中は、下のムスメと近くの公園で遊んだりちょっとドライブしたり。
久しぶりに湘南の海を見ました。
お天気も良く、富士山までばっちり見えました。風は超強く、飛散する砂でほっぺたが痛かった。。




さてさて、夜からお仕事(夕方の「推し事」は、ここでは触れない)と思ったら、
どうも上下水道とも水が流れない。。。昨夜の暴風雨の影響なのか、断水している模様。
それが今現在まで続いています。
さしあたり連絡がつく所員は在宅勤務に急遽切り替えていただきました。

先ほどトイレ借りがてら近所のヨーカドーでお昼ご飯を買ってきたところ。
早期復旧すればよいのですが。。。

コメント

【業務日誌】出張日誌21-04②

2021年04月15日 10時51分51秒 | 業務日誌
おはようございます!いやもうこんにちは!
曇り空の@札幌です。

本当はゴルフ予定だったのですが諸般の事情でリスケになったので粛々とお仕事を進めています。
却ってこれでよかったのかもしれません。着実に堆積していたので…。

昨日は、お客様をご紹介いただいて「イノベーションと知財」に関するプチセミナー。
もともと2時間でしていた内容を25分にまとめたので、かなりかいつまんだ説明。
でもこういう訓練大事。勘所が、うまく伝わっていればよいなぁ。

そんなこんなで今日はおこもりさま。ZoomMTGはちょこちょこと。
頑張ります。
コメント

【知財記事(特許)】AI特許関係もろもろ

2021年04月14日 09時28分53秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
今日はお天気の良い@札幌です。出張継続中。

さて、AI関連特許について以下のような記事が出ていました。

(CRI onlineより引用)
===================
中国のAI特許出願件数は世界一、世界全体の74.7%

2020年度の中国人工知能(AI)産業年次総会が11日、蘇州市で開催されました。総会で発表された「中国人工知能発展報告2020」によりますと、過去10年間のAI関連の特許出願件数で中国は世界一となっています。

報告書によりますと、過去10年間の世界のAI関連特許出願件数は52万件を超えています。中国の特許出願件数は38万9571件で、世界全体の74.7%を占めています。また、中国は自然言語処理、チップ技術、機械学習など10以上のAIサブ分野の科学研究産出レベルで世界の先頭に立っていますが、ヒューマンコンピューターインタラクション、知識工学、ロボット、コンピューターグラフィックス、計算理論の分野ではまだ努力して追いかける必要があります。
(以下略)
===================
(引用終わり)

ほぼ3/4を中国が占めている、という事実は、相当脅威ですねぇ。この世界では「量が質を生む」という側面は確実にあるわけで。


一方その頃日本(その1)。

経産省Webサイトより引用)
===================
AI関連発明に関する審査環境の整備を開始しました

近年、深層学習を中心に、AI関連技術がめざましく発展しており、AI関連技術に関する発明(以下、「AI関連発明」)の特許出願は様々な分野で増加しています。
これを受けて、特許庁では、AI関連技術に関する審査事例の追加・公表や、その審査事例に基づく日米欧中韓の五大特許庁実務者によるシンポジウムの開催等を通じて、国内外におけるAI関連発明の審査の透明性や予見性の向上等に向けた取組を推進してきました。
AI関連技術は代表的な融合技術であり、AIに関する技術水準の把握のみならず、様々な技術分野におけるAIの応用状況などを的確に把握する必要があることから、各審査部門が担当する技術分野を超えて連携することの重要性が増しています。
そこで、特許庁は、AI関連発明の効率的かつ高品質な審査を実現するために、以下の通り審査環境を整備することとしました。
===================
(引用終わり)

国策として審査の精密性を優先させるのかね。それ自体がNG、とは思わないけれども。。


一方その頃日本(その2)。

特許庁サイトより引用)
===================
漫画審査基準 ~AI・IoT編~

特許の専門家でない方も特許審査に親しんでいただきたい、より多くの方に審査基準に興味を持っていただきたい、審査基準を理解していただくためのハードルを下げたい、そんな思いから、世界でも類を見ない新たな試みとして、特許の審査基準の基本的な考え方を漫画化いたしました。社会的関心の高いAI・IoT関連技術を題材として取り上げましたが、特許審査の基本的な考え方は他の分野とも共通するため、AI・IoT関連技術以外の分野に興味のある方も是非ご覧ください。
===================
(引用終わり)

…漫画っていうか、挿絵付きの解説書、といったところ。
一番最後のエピローグのところにリンクがまとまっていて、それは便利かも。


コメント

【雑記というかメモ】今思っていることを徒然と

2021年04月13日 10時20分03秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
ややお天気が微妙な@札幌です。出張継続中。

今日は取りとめもなく思ったことを書き連ね。
・我々の仕事って、情報の非対称性に基づいた商売なのよね。
 ものを作って売る方々も究極的にはそうなのだけど、情報商材とかソリューションとかを売り物としている以上、そこの価値は「相対的」に決まる。
・で、一方で、価値の把握には一定程度のリテラシーが必要。サービス業の適正対価は、上記の「価値」とはまた別のファクターも入ってブレる。
・誠実でありたい、といつも思っている。それは仕事に対しても、お客様に対しても、自分自身に対しても。
 そこがブレると、価値や対価の物差しがブレブレになってしまう。
・自分という商品に対する「値付け」と、これに対する客観的評価とがある程度近似しないと、取引は成立しない
・自分という商品の価値を高める営みは、とても大事。
 一方で、価値を高めることで自分の中での各サービスの適正対価は低減する方向に働く。ここは、ちょっとジレンマ。
 それでも、競争の中で価格見直しを余儀なくされる不健全さよりはまし。
・「完全競争状態」など世の中には存在する余地もなく、また世の中はまだらに徐々に変わっていく。
 求められる誠実さはどこまでかは、結局自分の「正義論」に依存することになる。
 そこの判断に他者との比較が介在すると、最終的に割り切れない結論に到達してしまう。

ま、この辺をもう少し整合的に消化していくと良いのだろうな、と思っている。
コメント

【業務日誌】出張日誌21-04

2021年04月12日 10時32分10秒 | 業務日誌
おはようございます!
快晴の千歳近辺です。
昨日から札幌入りしております。
まあ色々やらにゃならんこともありますが、昨夜は気になっていた
「シンエヴァンゲリオン劇場版」を観てきました。
…ネタバレは避けますが、まあ、これで良かったのかな。良いエンディングじゃないかと思います。
この世代に生まれた以上、エヴァとONE PIECEは最後まで見届けないといかんかな、と思い。

そして松山英樹のマスターズ優勝。
さすがにリアルタイムでは観られませんでしたが、まあ素晴らしい快挙ですよね。
世間のゴルフ熱もきっと高まるというものです。

そんなこんなでお仕事と全く関係ないことを書き連ねているこの日誌ですが、
今日は今日で結構色々と大事な用事が詰まっております。頑張ります。
コメント