弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設6周年!
今後とも宜しくお願いします。

【雑記】書店

2018年06月19日 08時46分12秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
梅雨の合間の晴れ間(このセリフ、何回書いたんだろ?)な今朝の湘南地方です。

さて、今日は気になったこんな記事

(ビジネスジャーナルより引用)
=============================
立教大学の書店、なぜ店員は一斉に辞めてしまったのか? 某大手書店の「振る舞い」

立教大学の池袋キャンパスに、「丸善キャンパスショップ立教大学池袋店」がある。運営するのは、丸善雄松堂。文化施設の建築・内装、図書館業務のアウトソーシングなども手がける大手書店だ。

昨年の秋から今年の春にかけて、この書店に10~20年勤めていたベテラン書店員がほとんど辞めてしまった。新たに入った新人も数カ月で辞めていった。大学の書店であるから、もっぱら講義で使われる教科書を売るのが、10年ほど前までの同店の姿だった。学生たちがやってくるのは、ほとんど4月と9月のみだった。

(以下略)
=============================
(引用終わり)

詳細はリンク先をお読みいただきたいのだが、
・顧客目線に立った店員たちが店を盛り上げ、本を通じた顧客とのコミュニケーションが生じていた
・改装(店舗縮小)を機に方針が変わり、自分たちの意向が抑えつけられたベテラン書店員たちが辞めて行った
とのこと。

街の書店が消えていっている、というのは叫ばれて久しい。
例えばこんな記事もある。

本屋を徘徊するの、結構好きなんだよなー。
待ち合わせの時間調整とか、だいたい本屋にいくことが多い。
立教大学の書店の話は、いわば“常連客”への対応を徹底していた地場のお店がフランチャイズ化されて独自性を奪われた、ような話。
後のリンク先の記事は、書店のこだわり、独自性を出して差別化により生き残りをかける話。

お目当ての本があって検索して購入するなら、AmazonやKindleに遥かに分がある話で。
そうではなく、「本の専門家」の目線からの好みとかお勧めとかの情報を提示してもらえるのが本屋の良さだと思う。
世界を広げてもらえる感、大事。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【生活改善】梅雨時の運動習慣

2018年06月18日 08時42分02秒 | 生活改善
おはようございます。いかにも梅雨時な色の空の下の湘南地方です。
今週はずっとぐずつき模様らしいですね。

関西の方の地震、大事に至らないことを祈ります。
ここのところちょこちょこと地震が続いていましたし、気になりますね。


さてさて、金曜夜に出張から戻ってきたものの、生活リズムがかなりぐちゃぐちゃ。。
恐ろしく寝不足なのになんだか昂って寝られない。
昨日は殆ど眠れぬまま朝から野球の審判に出かけた、という。
リズムを元に戻すには、しなければならないお仕事はするとして、
なんにしても運動。身体を披露させて深い眠りにつくことが肝要。
出張で元の木阿弥になったウエイトの調整にも入らなければ。
正直今の体格だと、走っても足を痛める。

ということで、今週は積極的にプールに行こうと思う。
たぶん1km泳いだら1kg痩せる(適当)。
天候に左右されることなく続けられる運動でもある。

文武両道、頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【雑記】駅前開発と人の流れ

2018年06月13日 09時25分56秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
降りそぼる雨に煙る札幌です。

…北海道に梅雨がないって嘘やん。

ま、今日はひたすらお籠り仕事の予定(突如のアポなければ)。
てか既に執務中で合間にこのブログ書いてるわけですが、
ふと目に留まった地元の新規物件

おー、またずいぶん立派なのができるんだなー。
人の流れも結構変わるんだろうな。

自分としては、今の、ちょっと昭和の香りの残る地元の街が
居心地が良くて好きなのだけどな。
新しくできるマンションの人たちも、地元のお祭り参加するのかな?

ほどほど都会、そこそこ田舎な感じの今の街であって欲しい、というのは
むなしい願いなのですかね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【雑記】散漫にならないように

2018年06月12日 11時18分30秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!、というか、もうこんにちは!ですね。
梅雨を避けて来たはずなのになぜか雨模様の千歳→札幌移動中。
“逆修造”なのか?

昨日は、海外勤務中の仲間が一時帰国してきたのあわせて
大学のサークル仲間とひさーしぶりに再開。
日本食に飢えているということで、そばやで一杯。

結構遅くまで旧交を温めたわけですが、何とか無事出張に飛び立てている今。
アポイントもそれなりに入ってますが、今回は半分は“籠ってお仕事”が目的。
散漫にならないように、自分を追い詰めて。
密度の濃い時間にしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【書評】「デジタル時代の基礎知識 ブランディング 『顧客体験』で差がつく時代の新しいルール」

2018年06月11日 08時40分31秒 | 書評
おはようございます!
台風の影響なのか、刺激された梅雨前線が活躍中な今朝の湘南地方です。

さて、今日は書評。
デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール

頭では“わかっているよ”ということを上手に説明しようと思うと、なかなか難しい。
この本はそれをやってくれている。

先日よんだ「農業のマーケティング教科書」もそうだったけど、
文字通り「教科書的」な使い方が良いと思われる。
具体例がやや少ない印象はあるものの、それは自分の経験で補っていけばよいわけで。

ここのところ、新しい知識を得るために本を読むというよりは、
これまで順不同に触れてきている情報を一旦“ラベルを貼って整理する”ために本を読んでいる、
という感覚が強い。
体系的にモノを学ぶ機会が最近あまりない以上、自分で体系化していくことは必要、なのだけど、
知識のマッピングを自力でやるのは容易ではない。
ノウハウとして丸のみするのではなく、地図代わりに使う。
もちろん、今まで知らなかった概念も多少出てくるので、それは追っかけで補う。

自分の興味領域自体のマッピングも、しないといけないなぁ。
どこまでいくのか、どこはいかないのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加