弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設6周年!
今後とも宜しくお願いします。

【知財記事(商標(海外))】食品の味と商標保護

2018年11月15日 09時48分11秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
曇天模様の@札幌です。

朝からお仕事一つ終えて一息ついているところです。
さて、今日はこんな記事

(REUTERSより引用)
=============================
食品の味は商標保護の対象とならず、EU裁判所が判断

オランダのチーズメーカーが自社製クリームチーズの商標登録認可を求めて起こしていた訴訟で、欧州連合(EU)の最高裁に当たる欧州司法裁判所(ECJ)は13日、食品製品の味は商標保護の対象となる条件を満たさないとの判断を下した。

(中略)

ECJは、7月にオランダの裁判所が下した判決を支持し、「特定の食品製品の味が商標保護の対象となるのに適さない」と判断。法務官らは、文学や絵画、映画、音楽作品と異なり、食品製品の味を正確さと客観性を持って特定することはできないうえ、味は製品の味見をする個人や年齢、好み、環境などに左右されるとした。

=============================
(引用終わり)

商標で保護できる = 半永久的に独占排他権を有する、ということだものねぇ。
結論については当然に「そりゃそうでしょ」と思っちゃうところなんだけど、
むしろその判断理由の、
“食品製品の味を正確さと客観性を持って特定することはできないうえ、味は製品の味見をする個人や年齢、好み、環境などに左右される”
というところ。
より機械的な製法ないし品質管理で画一的に味を再現できる場合、保護の対象となる余地がある、というふうにも読める。

まあ確かに、
ハッピーターン独特の塩味とか、
マックのピクルスの独特の酸味とか、
味の記憶で出所を想起するケースはあるにはあるけど。
けどそのことと、だから独占排他権を認めるべき、ということとは結び付かないなぁ。
より自由に他者が再現できるべきものだと思うし、そもそもそういった独自の品質を示す標章としてマークやらネーミングやらがあって、そこに信用が化体しているから保護するんであって、特定の品質そのものを保護するわけじゃない。

実務家的には、どういう願書で出願していたのかが気になります。

さて、今日は午後からお客様2件です。それ以外はひたすらお籠りで溜まっている案件を少しでもこなしていきます。



コメント

【知財記事(商標)】「祝祭広場」

2018年11月07日 08時39分58秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
雨も上がり、気持ちの良い空気が流れる@湘南地方です。

さて、今日はこんな記事

(NHK NEWS WEBより引用)
===============================
「祝祭広場」の名称 使用中止を

大分市がJR大分駅前の土地に整備を進めている新たな広場を「祝祭広場」と紹介していることに対し、「祝祭広場」の商標権を持つ大阪の大手デパートから使用をやめるよう求められていたことがわかりました。
大分市は、JR大分駅前にある大型商業施設の跡地を23億円余りで購入し、市民や観光客が利用できる広場として整備する計画で、その広場について住民説明会などで「祝祭広場」と紹介してきました。

ところが、この「祝祭広場」の名称について、商標権を持つ大阪の大手デパートから大分市に対し、使用をやめるよう申し入れを受けていたことがわかりました。

===============================
(引用終わり)

大分市の「祝祭広場」に関するリリースがこちら

で、記事中にもあるけど、この広場をめぐってはシンボルとなる橋形クレーンの安全性について疑問の目が投げかけられていた。
(例えばこんな記事

最終的に橋形クレーンは無くしたようだけど、計画が色々混乱続き。
指摘の元となった登録商標がこちら。


…ちょっと検索すれば出てくるんだけどな。
例えばこんな感じで現に使用もしており、ぐうの音も出ない状態。
少し前のベルばら風キャラを広報掲載した札幌市もそうだけど、自治体の知財リテラシーに問題がある事案がここのところちょこちょこ見受けられる。
判らなければ専門家に訊けばよいのに。
というより、アンテナ自体が立ってないということが一番の問題。





コメント

【知財記事(商標)】元号の商標登録は不可…?

2018年11月06日 08時28分06秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
なんだかここんとこグズつき気味な天気の@湘南地方です。

さて、今朝はこんな記事

(時事ドットコムより引用)
===============================
元号の商標登録は不可=新旧ともルール明確化

皇位継承に伴う来年5月の改元に向け、政府は同2月に商標審査基準を改定し、新旧の元号を含む商標は原則登録できないことを明文化する方針を固めた。ルールを明確化し、新元号を事前公表した場合に便乗商法が広がるのを防ぐのが狙い。ただ、国民に広く知られている「明治ホールディングス」などのケースは引き続き認める。
===============================
(引用終わり)

相変わらず記事の書き方にちょっと違和感。。
これだと、「元号」自体が「不登録事由」(4条)であるかのように読める。
しかしそうではなく、
実際のところ産業構造審議会で議論されている審査基準の改訂は、商標法第3条第1項第6号=商標としての「登録要件」に関するもの。
そもそも現状「元号」について言及しているのも同じ条項の審査基準。

現行の審査基準における「元号」に関する言及は以下の通り。

=====
4.現元号を表示する商標について
商標が、現元号として認識される場合(「平成」、「HEISEI」等)は、本号に該当すると判断する。
=====


で、改正案がここ何回かで色々揉まれているところなのだけど、直近の第26回で議論された改定案が以下の通り。

=====
4.元号を表示する商標について
商標が、元号として認識されるにすぎない場合は、本号に該当すると判断する。
元号として認識されるにすぎない場合と判断する考慮要素としては、例えば、元号が会社の創立時期、商品の製造時期、過去の出来事の日付・期間を表示するものとして一般的に用いられていることが考えられる。
=====


それで、議事録を読むと、
・特に「過去の出来事の日付・期間」という用語が、商品・役務との関係では全く書かれておらず、歴史上、過去に起きた出来事の日付とか期間を表示するものとして一般的に用いられているものも全てここに含まれて全部拒絶されてしまうという懸念がある
・「一般的に用いられていること」であって、過去でない、将来の出来事、予定している出来事などに関する出願も考えられるから、もし「出来事」という文言を残すのであれば、「過去の」という限定は要らないのではないか
・「考慮要素としては……が考えられる。」という言い方になっているので、そこについては、はっきり「判断する。」とか「考慮する。」という形で言い切ってもらったほうが審査基準としてわかりやすい

等と言った意見が出ており、更に修正が図られる模様。

そうだよなー。「元号」って言っちゃうと嘉永とか天保とかも元号だもんなぁ。
というか、そもそも「商標が、元号として認識されるにすぎない場合」なので、
元号とその他の識別力がある語との結合なら基本的には問題ない。

とはいえ、次の元号を“予測”して行われる出願について、通常ベースの審査が行われた場合のファーストアクションが出るのは、たぶん元号が変わってから。
なので仮に審査基準改定が追い付かなくても査定/審決時には「現元号」になるんだろうけどね。

ともあれ、いまどきの商標採択にあたって元号周りのネーミングを狙う、という姿勢も正直どんなもんかなぁ、と思ったりします。
逆にダサカッコ良かったりするのかな。
コメント

【知財記事(商標)】本物がニセモノに…

2018年11月02日 09時48分01秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
突き抜ける秋晴れ!な今朝の@湘南地方です。

さて、今日はこんな記事

(EPOCH TIMESより引用)
=============================
無印良品、中国でパクリ会社に提訴され一審敗訴 「本物が偽物に負けた」とネット騒然

中国でパクリと終わりの見えない戦いが続く生活雑貨店「無印良品(MUJI)」。親会社である良品計画は中国の会社に商標を侵害されたとして訴えられた。一審裁判で同社が敗訴し、現在控訴中。複数の中国メディアの報道を受け、中国のネット上で物議をかもしている。

(中略)

タオルや寝具など織物(第24類)における「無印良品」との商標権が2001年に中国の海南南華公司に登録され、2004年8月に北京棉田に譲渡された。有効期限は2021年までになる。
良品計画は2001年から、中国で問題の商標権の取り消しを求め、複数回異議申し立てや訴訟を行ったが、いずれも認められず却下された。一審と二審は敗訴、12年に最高裁が「日本側の関連商品は中国市場での知名度を確認できない」として上告を退ける決定をした。

その結果、無印良品はやむを得ず中国市場向けの一部の織物商品の商標から漢字の「無印良品」を取り除き、「MUJI」のみを表示する対策を講じた。

しかし、無印良品はパクリとの戦いは終わることなく、事態は思わぬ展開を見せた。北京棉田および傘下の北京無印良品投資有限公司は昨年、類似商品の販売で商標権を侵害されたとして良品計画とグループ会社である無印良品(上海)商業有限公司を提訴した。
北京知的財産権裁判所は同12月15日、損害賠償など約62万元(1000万円相当)の支払いと実店舗およびネットショップで30日間謝罪文の掲載を命じる判決を下した。良品計画は一審判決を不服として控訴し、裁判は泥沼化の様相を呈している。

(以下略)
=============================
(引用終わり)

無印良品って、中国でも結構支持されているのだそうで(例えばこんな記事)。
まあ、だからこそ模倣品も出てくるのだろうし、ずっと知財に対してユルユルだった中国当局、そのひずみがこんな形で今になって表れてきていると見て取ることができる。
しかしまあ、“後発”の方が訴えてくるというのもなんとも不遜だよなぁ。

海外進出するときの「備え」として、ブランド保護も欠くことはできない。
無印にその点の対策未整備があったのか、回避可能だったのかは何とも言えないところだが、多品種を取り扱う業態ゆえ手続に負担感はあったのかなとも思う。
こうした事例も参考にしつつ、自社が海外展開する時は未然にトラブル防止することを心掛けたいものです。



コメント

【知財記事】裾野を広げる知財教育

2018年10月24日 07時40分49秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
薄曇りですね、今朝の@湘南地方です。

さて、今日はこんな記事

(奈良新聞より引用)
==========================
学生が商標登録 - 大学公式キャラ 実務に挑戦、無事完了/奈良佐保短大

奈良佐保短期大学(奈良市鹿野園町、馬越かよ子学長)の生活未来科ビジネスキャリアコースの学生が出願していた、同大公式キャラクター「なほちゃん・さらちゃん」の商標登録が、完了した。特許庁から学生たちの手元に商標登録証が届いた。
実学が同大の教育方針。同コースでは将来さまざまな業界で活躍できるように、ビジネス全般で必要となる知識や技術の習得を目指している。

==========================
(引用終わり)

上記に関する大学のリリースがこちら
で、登録情報が下記。




どんな中身であれ、成果が手元に届くという経験をすると、そこから更に興味が湧くというもので。
座学だけをやっても身につかないものなあ。授業の一環で弁理士が講義を行ったことをきっかけに、学生が自発的に調査研究、
弁理士の指導を受けながら自力で出願したとのこと。

同業者が色んな所で草の根活動をしてることに刺激を受けつつ、
これから始まる当職の「セミナーシーズン」でもなるべく手を動かして自分で頭を使う時間を多く取った講義を展開したいなー、
などと画策中。

コメント

【知財記事(商標)】出願書類の作成支援(グレーゾーン解消制度)

2018年10月23日 08時30分03秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
肌寒く、グズグズ気味な空模様の今朝の@湘南地方です。

さて、今朝はこんな記事

(SankeiBizより引用)
==========================
【生かせ!知財ビジネス】特許庁、商標出願書類の作成支援で見解

一般事業者が「利用者が自己の判断に基づいて自ら商標登録出願書類等を作成することを支援するソフトウェアを有料で提供する」ことが弁理士法第75条(弁理士又は特許業務法人でない者の業務の制限)に違反するか-。特許庁所管の法令に関する初の「グレーゾーン解消制度」を活用した照会で、特許庁は「当該事業は、弁理士法第75条に違反しない」(特許庁弁理士室)との見解を示した。この見解によれば、今後、知財制度を活用する一般利用者の利便性向上に向けた民間サービスの開発がしやすくなりそうだ。

(以下略)
==========================
(引用終わり)

記事によれば、確認申請者は「Cotobox」の五味和秦社長(←弁理士資格も保有しているそうだ)。
自前で出願したい人が簡単にできるようなサイトを提供している。

弊所の事業からしてみたら、まあ“競合”なわけですが(笑)
脅威を全く感じないかというとウソになるけど、
正直、「ユーザーフレンドリーになっていくのは良いことじゃない?」と思う。
コストと労力をなるべくかけずにとりあえずは商標登録をしておきたい、というスタートアップ企業にはマッチすると思う。

自分の商売をしばしば食品産業に例えることが多いんだけど、
自炊する人(自社出願する人)に「なんで外食しないの!?(専門家に依頼しないの)」って営業することにはあまり意味が無くて。
けど例えば冠婚葬祭だとか、そこまで格式張ってなくても何かの記念日とかに、「今日は外食にしよう」という場面で選んでもらうことに注力すべき。

このメタファーで言えば、上記の業者さんは“中食”業者さん、或いはインスタント食品の製造業者さん。
買って帰って温めるだけ/お湯を注ぐだけで美味しいご飯が食べられる。
選択肢があるって素晴らしいし豊かなこと。ご飯炊いている暇も外食するお金も無いなら一択。

そうやって、大小問わず企業が商標登録することが当然になっていくのならば良いこと。
我々“レストラン”はお店に足を運んでいただけるための文脈を作って行けばよい。
いや、「やっぱりラーメンはラーメン屋じゃないと」と思ってもらうくらいなカジュアルさが良いかな。
生姜焼きも懐石料理も、求められたらどっちだってできる、という“レストラン”であるべき。

ご飯を作るのは日々の営みだけど、人様に召し上がっていただく料理を出すのはそれなりに熟練が要る。
それと同じことだと思う。
コメント

【知財記事(商標)】商標の審査、民間調査を活用…?

2018年10月17日 08時03分15秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
気まぐれで朝から軽くジョグをしてきて(というか昨夜走る予定が走れなかったのでその埋め合わせ)、既にエンジンがかかっている@湘南地方の私です。

さて、今日はこんな記事

(日本経済新聞より引用)
==========================
商標の審査、民間調査を活用 特許庁

特許庁は商標の審査に民間の弁理士などを活用する。2021年度までに60人程度の調査部隊を組織し、審査に必要な報告書作成などを委託する。デザイン分野を重視する企業が増え、商標の出願件数が大幅に増加。出願から登録までにかかる時間が5年前の1.5倍になっており、今後も増加が見込まれるため審査体制を強化する。

現在、商標の審査官は約130人。19年度に民間の弁理士や弁護士を委託事業者として認定し、21年度までに約60名の調査部隊をつくる。出願された案件にまつわる過去の審査結果や実際の用途など、審査に必要な事前調査を報告書にまとめて特許庁に提出する。
(以下略)
==========================
(引用終わり)

相変わらず「国内でデザインなどを商標として登録できる…」など、配慮の無い記事の記載ぶりではあるけど、今日はそこまで突っ込まない。

審査の単価って幾らくらいなんだろうなぁ。出願印紙代が12,000円(1区分の場合)だから、外注するとしてもせいぜい5,000円程度?
100件単位で受注しないと見合わないような。

それくらいなら、審査用のデータベース開放して、早期審査事情説明書でレポート付けさせた方が審査迅速化には資するのではないか?
早期に登録したいユーザのニーズにも合うし、出願代理する立場としてはもともと調査作業はやっていることが多いのだから、そのアウトプットを有効活用できる。
レポートを作成した弁理士の信頼性について特許庁側で格付けしておけば、審査にあたっての信頼度も予測できる。


まあ、そもそも上記記事のソースがどこなのかよくわからないのだけど、枠組みにはまだ検討の余地がある気がする。
コメント

【知財記事】特許庁の「デザイン経営」

2018年08月11日 09時53分30秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
おー、真夏の光線が降り注ぐ今朝の@湘南地方です。

さてさて、今日は経済産業省のこんなリリース

(以下引用)
===============================
特許庁の「デザイン経営」がスタートします

平成30年8月9日、特許庁は、行政サービスの品質の向上を図るため、「デザイン統括責任者(CDO)」を設置し、その下に「デザイン経営プロジェクトチーム」を立ち上げます。これにより、ユーザー目線で行政サービスを刷新し、幅広い利用者にとっての利便性向上に努めると同時に、これからの世界において競争力の源泉となる知的財産の強化を支えます。

(以下略)
===============================
(引用終わり)

デザイン経営とは、“デザインの力をブランドの構築やイノベーションの創出に活用する経営手法”なのだそうな。
うん。わかるようなわからんような。
思考停止せずにワークフローをマーケットイン思考で見直し続ける、くらいな感じ?

先ず隗より始めよ、ということですかねー。
こういうことを言うのもなんだけど、お役所はお役所らしくあってくれた方が予見可能性もあって良い面もあるのですけど…。
コメント

【知財記事】新興企業の知財戦略立案支援

2018年07月24日 08時40分38秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
曇っていて多少ほっとする@湘南地方です。
…いや、どうせ容赦ない暑さになるのでしょうけどね。

さて、今日はこんな記事

(日本経済新聞より引用)
===============================
新興企業の知財戦略立案を支援 特許庁

特許庁は、スタートアップなど新興企業が知的財産を有効に活用できるよう支援に乗り出す。新設する「知財アクセラレーションプログラム」に基づき、8月にIT(情報技術)、ものづくり、医薬バイオ分野などのベンチャー企業約10社を選定し、知財の専門家が知財戦略を助言する。

(以下略)
===============================
(引用終わり)

その具体的なリリース内容がこちら…って、ベンチャー企業側はもう公募終わってるのね。
専門家の方は募集開始したばかりか。。。なんとなく、若干“民業圧迫”なニオイがしなくもないけど…。
要検討。




コメント

【知財記事?】夏休みこども見学デー

2018年07月23日 09時21分19秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
猛暑の@博多です。
このあと市場見学行ってきます。

さてさて。
世間では既に夏休み突入したお子様もいらっしゃると思いますが、
毎年恒例の霞が関イベント。
特許庁もやるようです。
なんとなく、既存コンテンツ依存な感も否めないですが…。

特許庁だけでなく中央官庁では色々とやるようで。
毎年、これに子ども連れて行こうかな、と思いつつ行けてない。
暑くて心が折れちゃうのよね。

ともあれ、新しい一週間の始まりです。
ネジ巻いてまいります。


コメント