弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設5周年!
今後とも宜しくお願いします。

【雑記】スマホ適齢期はいつなのか…?

2017年04月06日 08時13分00秒 | 名作シリーズ(笑)
おはようございます!
気が付けば窓を開けて仕事をする季節になった…いや、まだちょっと寒いかな?
な感じの湘南地方です。


昨日は午後少し職場を抜けて上のムスメの中学校の入学式をチラ見しに…
いや、チラ見で済まそうと思ったら体育館のドア扉閉められて中途退出できないし。。

まあ、おかげで学年主任?の先生の話も聞けた。
いかにも“それらしい”感じの、しっかりとした先生然としたしゃべり方。

でも、気になったのがスマホに関するくだり。
曰く、
「いじめは決して容認しない態度で臨んでいきます。
 しかし最近は、ネットの中でのいじめといいますか、そういうことも起きています。
 学校生活では責任感のあるしっかりとした生徒が、ネットの中でいじめをしていたという事例もあります。
 表の顔と裏の顔を使い分けるんですね。」
「LINE、SNSとかチャットとか、まだ中学生には早いんじゃないかと思いますけどね。
 現実の世界での友達付き合いを広げていくことが大事。
 (スマホを)持たせるのなら、ご家庭の責任で、しっかりと管理をしていただきたい、と。」


そりゃ、そもそもネットの中のやりとりは「学校生活」の中ではない。
のだけど、ちょっと現実から目を背けすぎなのでは?という危惧を感じた。
スマホを使ってやりとりをする相手は、主に学校の仲間でしょ。
部活の連絡にLINEを活用する、という話もしばしば聞く。

ことの是否はともかくとして、ツールとしてのスマホ/携帯電話の普及率は、
中学生世代ならどれだけ少なく見積もっても70%は下らないと思う。。

気になって調べてみた。
青少年の体験活動等に関する実態調査(平成26年度調査)」によれば、
中学2年生のスマホ/携帯電話の所持率は53.9%。
ちなみに高校2年生になると95.5%なのだそうだ。
調査実施時期が平成27年2月で、そこから2年ほど経っていることを考えれば、
上記肌感覚の数字はそんなに外れていない、と思う。



この先子供達が生きていくにあたってスマホ/携帯電話を手にしないことは、まずないだろう。
“火は使い方を間違えると危ないから、子供は使ってはいけない”というのは教育ではないでしょ。
“自転車乗ると転んだり事故にあったりするから乗っちゃいけない”とは言わないでしょ。
間違えるとどう危ないか、道具として便利に正しく使うには何を気を付けなければいけないか、
それを身につけさせていくことの方が大事ではないか、と。

小学校の家庭科の授業でガスコンロを使い、
自転車だって小学生も高学年になれば普通に公道を走る。
スマホの適齢期って、いつなんだろう?
私としては、ツールが既に存在し普及している以上、ある程度監視/制限できる状態で
早い段階から慣れた方が良いんじゃないか、と思うのだが。。
世の中は、キレイな側面ばかりではないことを知ることにもなるけど。

「現実の世界での友達付き合い」と「ネットの中」とは、別に切り離されてなどいない。
表の顔/裏の顔 なんてなく、どちらも本人の本当の姿。
それに表裏を使い分けるなんて、ツールの有無関係なく昔からいたでしょ。

“厄介なツール”が無かった方が「教育」はしやすかったのかも知れないが、時は巻き戻らない。
責任を押し付ける気はないけれど、
それでも時代に合った指導を期待したいなぁ、と思った春うららかな午後なのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

便利さを追求するあまり不便になる…?

2017年01月17日 08時20分23秒 | 名作シリーズ(笑)
おはようございます!
今日も快晴、乾燥した空気の湘南地方です。

今日はこんなニュースから。

(日経電子版より引用)
=====================
宅配効率化へ補助金 ボックスまず500カ所
政府 ネット通販で再配達急増

インターネット通販の拡大で深刻化する物流業者の人手不足や交通渋滞を解消するため、官民が受取人の不在時にも荷物を預けられる宅配ボックス(総合2面きょうのことば)の普及に取り組む。政府は4月から設置費用の半額を補助する制度を新設し、業者が駅やコンビニに宅配ボックスを設置するのを後押しする。再配達を少なくして配送効率を高め、ネット通販の拡大に欠かせない物流網の維持をめざす。

=====================
(引用終わり)

なぜか金曜日にamazonで買い物をしがちな自分としては、
どうしても申し訳ない気持ちになることも。
…土曜日、いつも事務所にいるとは限らないからね。

事務所をやりだしてから、amazonに限らずネット通販への依存率は格段に上がった。
一年目の頃は、日中は殆ど事務所に誰もいなかったから、自然と不在票を貰うことも多く。
当時はエレ無し4階だったので、大変申し訳なかったなぁ、と。

大荷物や重たいもの、あとクール便でなければ、近場の集配場なら取りに行くんだけどね。
現に引越し前の事務所の時はすぐ近くにクロネコの集配場があったので、
よく取りに行っていた。

玄関まで届けてもらうのはとても便利なのだけど、時にオーバースペックなサービスという気も。
徒歩5分圏内なら、普通に取りに行くけどね。

配送担当の人も、個別の家まで訪問するんじゃなくて、
昔よくいた“車で売りに来るパン屋さん”みたいに近所までやってきて、しばらく滞在してくれてたら良いのに。
近場のお届け先の人にはメール等で
「お届けの荷物を持って近所まで来ています。取りに来てください。」
みたいな感じで。

ゆうパックでも持ち込み割引なんてのがあるんだから、
「取りに行く割引」的な感じでやってみたら、どうだろう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁理士試験合格発表に際し思うこと、いろいろ。

2016年11月10日 08時27分42秒 | 名作シリーズ(笑)
おはようございます!
日を追うごとに肌寒さが上積みされている感のある湘南地方です。

さて、昨日は弁理士試験の最終合格発表がありました。
296人の合格者の皆様、おめでとうございます&弁理士業界へようこそ。

わが身を振り返れば、合格から12年か…そりゃ歳もとるわけだ、
あの頃とは置かれている立場も全く異なる。ちゃんと前に進めているのだろうか?たぶん進めている、のだろう。

特許庁のHPに結果についての情報が載っている。
合格率自体は7.0%と略例年並。にしても、平成20年をピークに受験者数の減少が激しいなぁ。ほぼ半減だもの。

これって、他の士業でもそうなんだろうか…?
と思ってちょっと検索してみたら、TACにこんなまとめがあった。
この資料には2006年から2015年までの受験者数の推移が掲載されているのだが、

公認会計士・税理士・不動産鑑定士・建築士・司法書士・行政書士なんかが軒並み大幅に(▲30~70%)受験者数が減少している。
新司法試験は10年間の伸び率としては4倍増だけど、2006年には旧司法試験が普通にあったので対比の対象としては適切でない。
むしろ旧司法が廃止された2011年以降でみれば20%以上の減少だ。


逆に増えているのは、中小企業診断士と公務員(地方上級)。
診断士は、企業に所属していながら自己啓発で取得するケースも多いだろうことを踏まえると、
今どき「資格を取って独立!」なんてのは時流に沿わない、のかもしれないな…。
(※ただ、2011年と少し古い情報だが、プロコンとして独立している診断士の割合は増加傾向(ソースはこちら)の様子。)

リスクを取りづらい時代、なのかなぁ、やっぱり。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4勝3敗くらいでちょうどよい。

2016年05月10日 06時48分55秒 | 名作シリーズ(笑)
おはようございます。
昨日に続き今にも雨が降りそうな湘南地方です。

今日は、以前ムスメに話したネタ。

習い事もそうだし、受験勉強もそうだけど、
一定期間継続して努力しなければいけないものごとの心構えとして、
こんなことを話したことがある。

(1)習いたての頃は、身近な人で自分よりうまい人を目標にする。
   そして、目標にした人の立ち居振る舞いをまねる。
   体の動かし方から声の出し方、表情まで真似てみる。
   勉強だったら、ノートの作り方、発表の時の話し方や言葉遣い、
   授業を聴くときの姿勢も。
   ペンの色の種類や使うツールも、まずは真似てみるのが良い。

(2)ある程度慣れて来たら、ライバルを作る。
   自分と同じくらいか、少し上の実力の人が良い。
   ライバルより、少しだけ努力する。
   ライバルが素振り100回してるなら、101回はする。
   ライバルが毎日2時間勉強しているなら、2時間10分だけやる。
   200回する必要はないし3時間も4時間も勉強しなくてよい。
   ほんの少しだけ多くやる。
   同じだけやっていたら追い付かないけど、あまり張り切りすぎても続かない。

(3)そうやって目標やライバルを作る、というのは、
   自分の努力の“ものさし”を作る行為。
   目標の人そのままになることやライバルに勝つこと自体が目的ではない。
   自分で、「こうなるんだ!」「ここまでやるんだ!」というゴール設定。
   結局は、決めた自分にウソをつかない、ということ。
   最終的に戦うのは自分自身。自分に克つこと。

(4)で、決めたことを毎日クリアできればもちろんすごいことなんだけど、
   人間、やる気のムラはどうしてもある。
   弱い自分に負ける日もある。てか、大人になっても結構ある。
   偉い人は、負けを許さないかもしれないけれど、
   それは指導する立場上そう言わなきゃいけないだけで、
   いきなり常に己に克つなんてムリ。
   だから、例えば一週間あったら、勝ち越しできる「4勝」を死守する。
   そして、自分に負けるときも“ぼろ負け”しないようにする。

(5)自分との戦いで、上手な負け方も身につけておかないと、
   自己嫌悪して負け犬根性がみについてしまう。
   思い通りにできた自分も、そうでない自分も、同じように認めてやらないと、
   長い道のりで自分が嫌いになってしまう。
   最初から負けることを考えてちゃだめなんだけど、負けることがだめなんじゃない、
   ということ。このあたりのあんばいが難しい。

そんなことを語りながらも、
自分も子供の頃継続的な努力って苦手だったなー、と思い。
自分の性格を乗りこなすためにも、こんな考え方を、
そのうち下のムスメにも伝えてあげた方が良いのかなー、
なんて考えている。

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホスピタリティ。

2015年11月24日 06時55分30秒 | 名作シリーズ(笑)
おはようございます。
グズつき気味の湘南地方です。

日曜日、自分が受験時代にお世話になった吉田ゼミの合格祝賀「飲み会」に参加。

祝賀会、という格式ばったものではなく、多国籍料理のお店での、ホントに飲み会。
本年度合格者、OBが入り混じってざっくばらんな感じ。
合格者、OBとも年齢はまちまちだし、知財業界のキャリアもまた同じなので、
ある意味カオス。

数年ぶりだろうか、吉田先生とサシでお話。
「いやぁ、いまだに合格したときの中山さんがくれたメールは憶えていますよ。」
(…エッ、、すみません書いたこっちが憶えていません)
「『受験に必要な知識はもちろんですが、クライアントに尽くすということがどういうことかを教えてもらいました』って
 書いてくれたんですよね」
と。

そう言われて思い出した(汗)。
この先生は、生徒一人ひとりの個性を憶えているんです。
その上で、その人その人に合ったものの伝え方、教え方、導き方をするんです。それも先生独自の「味」で。
受験時代、どれだけその恩恵を受けたことか。
「ホスピタリティ」という言葉がもっともしっくりくる。

昔話に花を咲かせながら、週の頭から終電ギリギリまでゼミの延長戦に参加していたことを思い出した。
あれはもう11年前。。。暇さえあれば条文集、青本、レジュメ…もう、今はできないなぁ。

祝賀会は、転職活動/求人活動のチャンスでもある。
うちも、そろそろ新戦力を…と思っているので、ここのところ積極的に動いている。
のだけれど、それももちろん大切なことなのだけれど、
クライアントに対する姿勢、という最も基本的なことを思い出させていただいた。
この貴重な機会に心から感謝、です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【はじめての】8020【抜歯】

2014年11月04日 23時57分29秒 | 名作シリーズ(笑)
こんばんは?おはようございます?微妙な時間帯。

こんな時間にブログなんか書いてないでさっさと寝て明日に備えろよ!
という声も聞こえてきそうですが。。


11/1~3の連休の出来事=親知らずの抜歯。
歯のワイルドさに比べて顎がシュッとしている(!?)ワタクシ。
下の親知らずが2本とも横向き=隣の歯に向かって生えている。

そのことは、昔銀行勤めのときにひょんなことから取ってもらった口腔レントゲンで
すでに知っていた。



あれから18年…
たまたまお客さんのアポも、11月1週はちょっと空いていたので、
“もし腫れても大丈夫なところはここしかない!”
と思い、やってもらいましたよ。
…いやはや、なかなか難儀でした。1時間を超える格闘。
麻酔が十分に効かず、大の大人が痛みで叫ぶ事態。

親に感謝すべきなんだろうけど、これまで虫歯ってほとんどなく、
歯医者さんに行ったことってほとんどなかったんだわ。
………いやー、正直、もう行きたくないわ。
片方だけ抜くってのはバランス悪いのかも知らんけど、
ちょっと心が折れるわ、あの痛み。

連休初日に抜歯し、2日目は痛みで気力が全く起きず、終日うなりながら寝てましたよ。
さすがにこれで連休を終わらせるのは父親という立場的にまずいので、
腫れまくって左右アンバランスなほっぺたを晒しつつ最終日は家族で「ソレイユの丘」に行きましたが。


でもまあ、
抜歯の前に2回ほど通って、そこで歯石のクリーニングなんかやってもらったんだが、
あれは気持ちよいというか(汚れを他人に見られて)恥ずかしいというか…。
カバになった気分。
定期的に行った方が良いんだろうなぁ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詰め込み教育の意義を考える。

2008年06月24日 09時18分25秒 | 名作シリーズ(笑)
Web2.0って言葉がすでに古臭く感じる程のスピードで世の中は進んでいる。
・・・いや、「進む」にはポジティブな意味があるから、必ずしも適切ではないか。少なくとも動いている、ように感じる。

けれども、わが身を振り返ってみると、氾濫する情報に時には興奮し、時には辟易するも、結局あまり変わることなく日々をおくっている。世の中の過半の人間はそうじゃないのだろうか?

前にもちょっと書いたけど、世の中に流通している情報量は、ここ数年で25倍にもなったのだそうだ。玉石混交の「石」の方がその数を膨張させて。
一方で、ちょっとアレを調べたいな、と思ったときの手軽さといったら、10年前の比ではない。Wiki、はてな、あるいはちょっとググればたいていのことは書いてある。

こんな『共有知の時代』に、知識偏重型の教育はナンセンスだ、
と主張される方も多い。が、私はそうは思わない。
以下その理由を述べる。

1.キャパシティの拡張

PCであれば、メモリ拡張するにはボードを買ってきて差し込めば良い。
ところが人間はそうはいかない。
メモリ(=作業領域)は、訓練しないと広がらないのである。
頭脳と肉体を対置して捉えることが多いが、こと“訓練”という観点からは肉体と頭脳とは共通している。鍛えないと衰えるのだ。

なお、ここでいっている「キャパシティ」とは、もっぱら「メモリ」の方の意味であって、HDD(=ストレージ)の方ではない。

メモリが増すと何が起きるか。
頭の中で知と知の融合がおきるのである。
人間が知識を頭の中で整理するとき、それをまるはだかで“ディスク”に書き込むことはしない。むしろフォルダを作って、場合によっては以前に作った、他の知識分野におけるフォルダの階層構造を参考にしつつ整理する。一般的にはこれを“アナロジー”といったりする。
その過程で、外部から吸収した知を自分のものとして再解釈するのだ。
この営みは、Wikiにも載っていないしGoogleでも調べられない。
こういう作用を生じさせるためには最低限必要なキャパシティというものがあり、それは鍛えないと身につかないのだ。

2.『眼鏡』を手に入れる。

よく、「色眼鏡で見る」などという表現を使う。往々にしてあまり良くない意味で。

しかし世の中とのかかわりを持つとき、複数の『色眼鏡』を持っておくことは大事だ。

世に起きている事象は、決して単色ではないし、事物のありのままの色であらわされているわけでもない。それに、色のフィルタをかけることによって浮き彫りになってくる真実というのもある。
『算数』の目、『歴史』の目、あるいは『マネジメント』の目、『経理』の目・・・
色々な視座から事物を捉える訓練をする必要がある。

そのためには、その『色眼鏡』で見えるものをあらわす「コトバ」を知っておかなければならない。英単語を知らなければ英語は話せないし、そのコトバを操って生きている人たちの思考回路はわからない。


そんなわけで、詰め込み教育にはそれなりの理由がある、と私は思っている。
もちろん、それは手段であって目的ではないことは、よくよく理解しておくべきだ。それこそ無目的に憶えること(憶えさせること)は、青春の浪費以外のなにものでもない、と思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入園狂想曲

2007年11月01日 00時55分15秒 | 名作シリーズ(笑)
今日は早々にご帰還。

というのも、いよいよ

入園申込日をあさってに控え、
ぼちぼち並びに行かなければならないのであります(今の時刻は22:00)。


うちの地域は、「先着順」なのだそうで。
抽選とか試験とかなら、ここまで気張らなくても良いんだけど。

少子化が叫ばれる昨今、わが地域は例外的に子供があぶれているようす。というか、良い幼稚園とそうでない幼稚園の格差が、嫁さんいわく、結構あるようで。そうなると当然良い幼稚園には早くから列ができる、というわけです。

もう少ししたら、一度下見にいって、誰かいたらそのまま並びスタート。

って、いたよ!

で、一番目のお父さんと会話。
「こんばんはぁ。年少さんですか?」
「はい、そうです。たびたび見に来るくらいならならんじゃおうと・・・。」
「そうですか、、ではわたしも荷物を整えて又来ます。今晩は宜しくお願いします(笑)」
「こちらこそ宜しく(笑)」
-あわてて荷物を取りに戻り、とんぼ返りで再び幼稚園の入り口へ。

22:15 『並び』開始。2番目。

22:30 3人目のお父さんが到着。お互い自己紹介(笑)。

-ここまで野天に並んでいたのだが、夜半から天気が崩れるらしいとの話題があがり、入り口の軒下に移動。

23:00頃 立て続けに3組ほどの夫婦がやってくる。うち一組は、うちの嫁さんから「並び始めたよ」情報を聞きつけたお知り合い。

-“あんまり早くから並んでると、『帰ってください』とか言われるらしいね”“ご近所の迷惑になるからね。”とのことで、ヒソヒソ話。

0:00頃 雨がポツポツと落ちはじめる。これとともに気温も徐々に低下
・・・なかなか厳しい環境に。

-PC持参で仕事してたりしたのだが、雨で断念(軒下とはいえ吹き込んできてPCイカレても困るので)。雑誌、本などを読み漁る。

1:00頃 雨あがる。読書も飽きてきたので、ラジオ(ヤマダ電機のポイントで当日に買った)を聞き出す。オールナイトニッポンなんて10何年ぶりだろう??この日のパーソナリティは、くりーむしちゅー。ラジオも久々聞くと、新鮮!

2:00頃 ラジオ聞きながら、横になってウトウト・・・。ウィンブレ+ダウン&フリース地のズボンでほぼ完全防備。ただ、もたれかかることができる入り口のドアの蝶番が背中に当たってイマイチ寝心地は良くない。

3:00頃 再び雨がっ! ここで嫁さんが購入していたemergency blanketの存在を思い出す。だだっぴろいアルミホイルみたいな感じなんだけど、防寒防水の優れもの。ただ「ガサガサ」「シャリシャリ」の音が大きく、周りでお休み中のお父さん方に若干迷惑だったかも・・・。そんなわけで、一度みのむし状態でくるまれたあとは、極力音をならさないようにじーーーっと。

 この頃、更に並びに来た方が数名。偵察も数名。

5:00頃 アルミホイルが暑くて眼が覚める。ずーっと同じポーズだったので、腰もややギシギシといっている。立ち上がってしばらく体操。

5:40頃 雑誌をタラタラと読んでいるところに嫁さん登場。バトンタッチ。

6:00頃 実家に帰ると、娘既に起きている。母親がいなくてさみしかった様子。仮眠しようと思ったがそんな状態ではなさそうだ。まだ幼児教育番組もやっていないので、ネットで動物園サイトのハシゴ。走行しているうちに朝ごはん。

7:30頃 一旦自宅に帰還。仮眠をとる。10:00には駅に祖父祖母を迎えに行かなければ・・・・ zzzzz

10:05 仮眠で二度寝してしまい、父母との待ち合わせに若干遅刻。。タクシーで嫁実家に寄ったあと、現地へ。

-並びの列が、幼稚園入り口から駐車場へと移されていた。今日が平日であることを思い出した瞬間(平日どころか、月末なんだよなー。銀行時代だったら有休とるなんてNo Wayだったよなー)。
ここで並び要員を「嫁⇒父親」に選手交代。ムスメがおかーしゃんに抱きついて離れなかったため。。。わが父、このことも予期してか、自分ひとり分だけの弁当とお茶を持ってきていた!なんという先見の明!

11:00 残りの大人とムスメのお昼ご飯を買いに、駅前へお散歩に。

-この時点ですでに私は意識モーロー。せめて栄養だけでも取ろう、との本能が働いたか、「焼肉とハンバーグ弁当」という、“ルフィーの海賊弁当”ばりの食の偏り全開メニュー。

12:00 父(じいじ)以外でお食事を済ませ、私は仕事+仮眠のために再び自宅へ。。。。野宿で体のふしぶしが痛いし、温泉にいってカラダほぐしてくるかな・・・と思っていたら。。

13:00 メール&電話で嫁さんから呼び出し!「願書のコピーをわたさなきゃいけないんだって!すぐ幼稚園戻ってきて!!」うへーっ。このあたりから何もかもめんどくさくなり、独りなのにタクシー。なんとかコピー提出はOK。・・・もう温泉いいや。家でバスクリン入れて雰囲気だけ味わおう。。
この頃から、園内のホールを開放してくれ、そこでいすに座って待てるように。コーヒーやらお菓子やら出ていて、至れり尽くせりの状況。これならじいじばあばにもそんなに負担じゃないよな、と安心して自宅へ。。

14:00 風呂もすませ、ぼちぼち仮眠取るかな・・・と思ってたら、事務所から緊急メール。
・・・半ばヤケ気味にこなす。気が付けば15:30。とりあえずちょびっとだけ寝るか・・・。

・・・気が付けば、外が暗い。もう18:00前。いかんいかん、交代に行かなければ!
慌てて家を出て、嫁実家へ。じいじばあばがムスメとしばらく遊んでくれていた様子。
「そろそろ帰るよ」じいじばあばがいっても、言うことを聞かない。「交渉」に時間をとられ、交代時間がずるずると後ろ倒しに。。。あーー、嫁さん怒ってないかな・・・

19:20 じいじばあばをバス停までお見送り、ようやく交代に。おそるおそる行ってみると、ママ友達と爆笑トークを繰り広げている嫁の姿発見。・・・なんだ、こんなことならそんな慌てなくてよかったんじゃん。

-で、ラジオで日本シリーズを聞きながら床に座り込んでこまごまとした仕事をテケテケとこなしつつ、22:20。あと1時間40分。そろそろお仕事終了にして、のほほんと過ごすかな。

で、日付が変わると共に受付開始。整理番号2番の私は早々に手続完了し帰路に。今0:45。手続をすませ、家に帰り着きました!



で、納得いかないことが一つ。




結局、枠25人に対して今並んでいる人は、20人・・・!
『定員割れ』じゃーーーーーん!!!!!
結果論だが、並ばなくても良かった、ということかいっ!!
ま、無事入園できることが確定しているということで、よしとしよう。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加