弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設6周年!
今後とも宜しくお願いします。

湘南国際マラソン ~初フル、娘との絆を想う~

2011年01月25日 00時48分51秒 | 生活改善

1/23、第5回湘南国際マラソン。

自身初のフルマラソン出走、です。

日の出。

年末年始にやや体調を崩したり、多忙で思うように練習ができなかったり…

って、言い訳にしかならん。

ま、ともあれ、無事スタートラインに立てた。それだけでもまずはよし。

午前9時、スタート!

…っても、実際にスタートラインを通過したのはその15分後。

ま、途中の関門で時間制限にかかることは、今までの練習を考えればない、ハズ。

 

前半は、予想以上に順調。

初めてのマラソンを楽しむ余裕もあった。沿道の応援がありがたく、気持ちいい。

いろんなコスプレのランナーがいるし(笑)。

サッカーボールとか、ハットリくんとか、修行僧とか…何回フル走るとあの境地に達するんだろう??

 

第1折り返し地点(およそ19km地点:江の島入口)で職場の後輩が応援してくれていた。

わざわざこのために来たらしい。ありがたい限り。

30kmあたりまでは、当初予定(キロ6分)をわずかに上回るペースを維持。

 

しかし、、

 

後半、30kmを通過するあたりから、足が前に出なくなる。。。

気持ちは走ろうとするのだけれど、足が止まる。。

それでも、沿道の人から元気をもらい、何とか走ったりまた歩いたり…。

 

西湘バイパス入口(34km地点)からが、本当の勝負どころ。

沿道の声援はなくなり(高速道路なので)、周りのランナーも疲労困憊。

正直途中歩いたり止まったりだけど、

それでも走り出そうとする自分がいることに、少し驚く。

まだこんな気力が残っていたのかと。

 

37km、ゴールである大磯プリンスを横目に、

第2折り返し地点である二宮ICを目指す。ここが精神的に一番こたえた。

たとえて言うなら、空腹で死にそうなのに好物のニオイだけかがされる感じ。

 

38km、後ろから救急車のサイレン。脇を通過し、視界の少し先で止まる。

通り過ぎるとき、まさに倒れた人を搬送しようとしているところを目の当たりに。

なんというか、気持ちが滅入る。

 

そんなとき、前日娘からもらってポーチに入れていた手紙に、

そっと右手をあてる。

思いがけず涙と、勇気が湧いてくる。

そうだ、ちゃんと無事に帰ろう…!

 

最後の1kmは、走ってるんだか競歩だかよくわからない足取りで、

でも無事ゴール!

5時間5分40秒。

タイムは決して満足いくものではない。

でも、良くも悪くも、積み上げてきたものが出るんだなぁ、と実感。

これは今日一日の結果じゃなくて、ここまでのすべての積み重ね。

(ちなみに、、一緒に参加したご近所さんは、日ごろの鍛錬の成果で

 初マラソンでsub4(=4時間切り)!! 素晴らしい。)

 

まあ思えば、痛風対策(笑)から始めたジョギング。

気が付けばこんなとこまで…というのが実感。

自分がフルマラソン走るなんて、それまで考えたこともなかったもんなぁ。

 

この秋、もう一度、挑戦しよう。

 

コメント (1)