弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設8周年!
本ブログがKindle本になりました!「アマゾン 三色眼鏡」で検索!!

【書評(20-09)】「絶滅危惧職、講談師を生きる」(神田松之丞(聞き手 杉江松恋))

2020年07月26日 12時11分57秒 | 書評
こんにちは!
雨上がりの陽の光が眩しい@湘南地方です。

さて、4連休最終日。
結局成し遂げためぼしいこともなく、ただ掲題の一冊を読み、
YouTubeで「グレーゾーン【真打披露目ver.】」を発見して観る、そんな講談な連休。

神田松之丞、てっきり講談の一門の家に生まれたのだと思っていた。
少年期の父の自死が人格形成に深く影響を与えているであろうことは想像に難くない。
芸人として生きる覚悟を決め、神田松鯉に弟子入り。
講談会、演芸会にとって幸運だったのは松之丞がこの人格者を師匠としたことなのだろう。
唯一無二の親友「植松」との出会いも含め、個性的な他人との出会いが
ともすれば“コード”を外れがちな本人を救っているように見える。

講談、たぶんこの人が出てこなければ人生で触れることもほぼなかったであろう芸能。
自らを業界のアイコンとして位置付け各種メディアにも出張ることで、講談会のプレゼンスを高めようとしている。
マイナーな業界での奮闘ぶりになぜか共感する部分も少なくない。

上記新作講談なんかもそうだけど、
放送コードとか業界の暗黙の了解だとかそういったことスレスレのことをやる資格のあるウィットに富んだやり方。
「話芸」があるからできること。野暮なやり方ではこうはいかない。

若くしての真打昇進は、果たして福音なのか苦難の道の始まりなのか。
意志ををもって世の中を変えようとする人だと思う。見守りたい。
コメント

【書評(20-08)】「デキる二代目社長は知っている 事業承継5つの鉄則」(鈴木宏典)

2020年06月29日 08時58分32秒 | 書評
おはようございます!
梅雨の晴れ間な今朝の@湘南地方です。
TOKYO FMからもおあつらえ向きに星野源の「SUN」が流れております。

さて、もうすぐ2020年折り返しなわけですが、書評、まだ8冊目…。
いや、もうちょっと読んではいるんだけど、書評書いて無いなぁ。

ともあれ、掲題の一冊
弊所も今後の重点分野として「第二創業の支援」を掲げていく。
その中で、事業承継を支援している士業の目線を知ってみよう…と思って読んでみたら
ご自身(税理士)の事業承継物語だったでござる。。最後の方に少しだけ他社事例を書いてはいたけれど。

まあ、それはそれで心情を赤裸々に語っているので、かなーり参考にはなった。
先代との確執から相互理解までのプロセス、どこの会社にもあるんだろうなぁ、と想像するにつけ知っている後継者社長の方々の顔が頭に浮かぶ。

「先代とのコミュニケーション」と
「古参社員との位置取り」と、異なる角度の課題に同時に取り組まなければいけないのが後継社長。
「自分史」を書いて客観化する。先代の「自分史」も書いてみて客観化する。
客観化することで、それこそ“客観的に”、“冷静に”関係性を眺められるようになるのだと理解。
事業そのものというより、親子承継のヒューマンな側面の難しさに関する示唆が多かったかな。
フレームワーク自体はまあ、目新しいものがあるわけでもなく。
むしろこれを、先代の時代における最適解の分析と自分の時代におけるそれとを対比させて、
見える化したものを社内で共有していく、という方がより役に立つ分析になるんじゃないかなとも思ったり。

同世代の士業経営者として、引き続き参考にさせていただきたい。
コメント

【書評(20-07)】「黒猫の小夜曲」(知念実希人)

2020年06月18日 08時46分08秒 | 書評
おはようございます!
きのうまでとはうってかわって梅雨の空気に逆戻り…?な@湘南地方です。

医療ミステリーの名手である著者が、かなりファンタジーに軸足を置いた
「優しい死神の飼い方」の続編。なので興味ある方はそちらから先に。

死んだ人間の魂は「道案内」に導かれ、「我が主様」の元へ行く、という設定、
現世に未練を残している魂は地縛霊になってしまうところ、これを説得し未練を解消して導くべく
現世に召喚された(自称)「高位の霊的存在」。
その「高位の霊的存在」が現世で黒猫の肉体を器に、数々の魂を救済していく。
その過程で浮き彫りになっていく一つの大きな闇。

著者の作品は、シリアスなものの中にもほっこりした描写が織り交ぜられるのだけれど、
本シリーズは基本がほっこり、ときどきシリアス、くらいなバランス。
個人的には、がっつりシリアスな方が好きかな。

ショートストーリーがいくつか続くのかな?と思っていたら、
実は相互に関連する長編だった、という、著者の作品には珍しい構成。
医者でもある著者の死生観も垣間見えて良い。ちょっとだけ特許の話もでてくる。

「役に立たない」本を読むことも、長い目で見れば役に立つ、と思う。

コメント

【書評(20-06)】「野村ノート」(野村克也)

2020年06月08日 07時00分00秒 | 書評
おはようございます!
久々の@札幌です。
出張に参りました。

そんな出張のお供に一冊。

「中心なき組織は機能しない」
「指導者の重要な仕事は人づくりである」

どこぞのオーナーがかつて”たかが(野球)選手が”とのたまったが、
どんな道であれ極めれば他の道にも相通ずる真理にたどり着くものなのだな、と思う。
考えて野球をする。単にボール投げて打って走って、だけで飯が食えるわけがない。

江夏、江本、赤星、宮本…往年の名選手に関するエピソード、
或いは「ギャンブルスチール」の裏話などはそれはそれで読みごたえがあるが、
ノムさんの人間学というか人間哲学というか、そこにグッとくる。
現代の兵法書、と言うと言い過ぎだろうか。
コメント

【書評(といっても漫画)】「アオアシ」

2020年06月05日 08時50分50秒 | 書評
おはようございます!
快晴!ですが、空気は何ともベタっと湿気を帯びている今朝の@湘南地方です。

FBのタイムラインに載る広告に時々時間を奪われるので広告設定の変更をしているのですが、
それでも最近つい“釣られて”しまったのが掲題の件

実際のスポーツ(観戦もやるのも)だったらサッカーじゃなく断然野球なのですが、
そんな人間でも、惹き込まれる作品。
無料版から入って気が付けば最新刊まで購入。

主人公の出身地が愛媛であること(高校の仲間との別れのシーンはJR下灘駅。日本一夕日がきれいな駅で有名)に親近感が沸いた、というのもある。
実際のプレー中の時間にすればほんの0コンマ数秒の間の心理描写を詳細に丁寧に描いている、というところもある。
それでいて試合それ自体のスピード感と迫力がある、というのもある。

だけど、たぶん惹き込まれた理由はきっと一つには、
「人を描くのが上手い」
ということなのだと。
絵的に、という意味じゃなく、心情の表現とか。機微が描かれているので入り込みやすい。
プレイヤーだけじゃなく、いやプレイヤーよりもむしろ監督、コーチの人物描写の掘り下げ具合がとても丁寧なので
描かれている世界にリアリティを感じる。

主人公が持つ「俯瞰能力」。
正直サッカーについては詳しくないのでこれがどの程度「チート」なのかよくわからないけど、
リアリティを著しく欠くような設定ではないから没入ができる。

もう一つは、ときどきキーワードの用に出てくる「コーチング」。
業務で組織構築にあたってときどきぶち当たっている壁だったりする。

誰かに答えを与えられれば目先の課題は解決できるけど、本当の意味で理解をしないままになってしまいかねない。
そうではなく、考えさせて、その答えを言語化させること。
そうやって、自分でつかんだ答えなら、一生忘れない。

できる存在だから認める、じゃなくて
認めて信じて、できるようにする(もちろん相手は選ぶわけだけど)。
そうやって導くスキルを身に付けていきたい。
コメント

【書評(20-05)】「この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本」(経営戦略研究会)

2020年05月09日 10時19分26秒 | 書評
おはようございます!
少し雲が広がりだした@湘南地方です。
お天気は下り坂なのかな?

さてさて、GW中にちょっと知識のブラッシュアップを、と思い手に取った掲題の本
新しい知識の習得、というよりは、「どの場面でどのツールを用いて考えていくべきか」がきれいに整理されている。
今の自分には、かなり有益。

クライアントの事業に関して検討していくための物差しとして、という側面と、
自分の事務所、事業に関して見直ししていくための物差しとして、という側面、両方に機能しそう。
ひとまず、中期経営計画見直しにあたって知識の再整理はできた。
現状を当てはめていくことでフレームを身に付けつつ、自己の事業の改善と展望構築にも活かしたい。
コメント

【書評(20-04)】「屋上のテロリスト」(知念実希人)

2020年05月05日 09時25分36秒 | 書評
おはようございます!
今日はちょっと蒸し暑いくらいですね。良い天気の@湘南地方です。

走りに行きたいんですけど、マスクして走るのイヤなんだよなぁ、息苦しすぎて・・・。
真夜中か早朝のどちらかに走りに行くことにするかなぁ。人がいなけりゃまあ迷惑もかけないでしょ。

さてさて、掲題の本。
医療ミステリーを主戦場とする作者の、いわば「守備範囲外」と思われる作品。
とはいえ、ミリオタなのかな?兵器関連のディテール描写がなかなか凝っている。

話はというと、投身自殺を図ろうとしていた主人公「彰人」が、屋上で出会った不思議な少女「沙希」に
「バイトする気ない?」
と誘われる場面からスタートする。しかしそれはただのバイトなどではなく、壮大なテロ計画だった…。

うーん。設定自体は世界各国の史実を織り交ぜているものの、荒唐無稽感が否めない。
ミステリー、じゃないな。ファンタジーだな。
エンタメものとして読む分には十分読みごたえはある。

まあGWだし、こういう娯楽系もあってよいかな、うん。
…というか、ここんとこ娯楽系ばっかりだな。

コメント

【書評(20-03)】「なぜ倒産 -平成倒産史編-」

2020年04月27日 09時08分10秒 | 書評
おはようございます!
曇り空の@湘南地方です。

Stay Homeな中、少しでも鬱屈感を減らすべく、
今日はブラインドを全オープンで開放感を演出して仕事中。

さて、思い出したかのように書評の連投。
以前神奈川県中小企業家同友会の例会で報告者の方が紹介してくれていた掲題の本

…まあタイトルからもわかるように、総じて明るい話じゃあない。
生命保険を決済に充てるために自死した例なんかもあって、気持ち的にいっぺんには読めない。

多くの事例に共通しているのは、
確かに環境的に苛烈な時期(バブル崩壊とかリーマンショックとか震災とか)であったという「不運」はあるものの、
仔細に見ていくとその前から経営の綻びが見えていたところ、環境をきっかけにそれが噴出した、というのが実際のところ、という点。
事例によっては、倒産までを記者が時系列でドキュメント的に綴ったあとに
「会社を潰した経営者の告白」
として、関与した経営者のインタビューを載せているものもある。
その両者のコントラストが面白くもあり読んでいてツラくもあり。。
一番厳しい言い方をすれば、
“ああ、その見方だから潰れてしまったんだよな”
という。
だいたい、「環境が悪かったんだよね」から入る。

もちろん自分が同じ立場だったとして同じ轍を踏まない自信があるかというと厳しいのだけど、
当事者として目先の危機を超えなければいけなくて、自分の視点だけから思いつく選択肢を辿っていったら
行きつく先が破綻だった、、ということなんだろうなと。

で、じゃあ頼りになる番頭や外部人的リソースを頼ればいいじゃないかと思うけど、
それも簡単じゃない。渡る世間は鬼ばかり。事業承継で先代を慕っていた幹部は流出。。
落ち目になるとなぜか寄ってくる、怪しい投資話。

中でも職業柄ちょっとピクッと反応してしまったのが、
「ふきこぼれない鍋」のヒットで一大ブームを巻き起こした「セイコー製作所」。
冒頭の元社長の一言がこちら。

「経営のミスもあったが、日本の旧態依然とした知的所有権政策に押し潰された。」

旧実用新案法での出願(=実体審査もある時代)。不服審判まであがったので登録までに8年を要した。
その間に競合の参入を防ぐことができず、安価な模倣品に市場を乱され、
新商品開発に手を出したが期待通りの売れ行きにはならず在庫を抱えて資金繰りが悪化。

ざっと検索してみると、問題の鍋のほかにも数十件単位で出願している…のだけど
事業の参入障壁として機能するような戦略的なかたちだったのかはやや疑問。

商品の性質からいって、8年経ったらブームなんてとっくに終わってるよなぁ。
知財の権利化については、現在は早期審査も充実しているので、時代が違えば…という側面もある。

ただまあ、(少なくとも当時は)「そういう制度であること」を念頭に置いて事業も進めなければいけなかったんじゃないかな、と思う。
と同時に、そうした事情を外部有識者がちゃんと伝えていたか。
判断するために必要な情報を伝えなければ、選択を間違える。
PEST分析でも何でもよいけど、多面的に情報を捉えなければ、
極端な話1つの得られるべき情報が欠如していただけで真逆の結論にもなり得る。
決断をするのはクライアント、そのために必要な情報を提示するのが外部支援者の役割。

コメント

【書評(20-02)】「螺旋の手術室」(知念実希人)

2020年04月26日 11時10分29秒 | 書評
おはようございます!
今日も気持ちの良い青空が広がる@湘南地方です。

さて、、、うわ、まだ書評2本目かー。
いや、ちょこちょこ本読んでいるはずなんだが、メモに残していないのと読破していないのと。

というわけで、昨夜夜更かしして一気読みした掲題の件
知念実希人さんは、医師兼小説家。
「天久鷹央の推理カルテ」シリーズを代表とした医療ミステリーをハイペースで世に出している。
「神酒クリニックで乾杯を」はドラマ化、「仮面病棟」は映画化もされていたな。
親子で気に入っている作家さんの一人。

大学病院の教授選にまつわる人物が次々と不審死する。冴木裕也の父であり教授選候補者の一人であった冴木真也も術中に死亡。
長年父との確執を抱えていた真也はしかし、父の死の謎に迫るべく動き出す。そこで手にした真実とは…

医療ミステリーと家族の愛のかたちとが絡み合いつつ加速していく後半の怒涛ぶりに引き込まれる。
多少強引さも感じる点はあるものの、伏線の回収が鮮やか。
「天久-」シリーズで出てくる名物刑事桜井がこちらの世界にも登場してくる。
…たぶんそのうち、桜井刑事を主人公で一本書くんだろうな。

そういや、先週も知念さんの本一冊読んだんだった(「白銀の逃亡者」)。
どれ読んでてどれがまだなのかちゃんとわかってないのが悔しいな。
作品チェックリスト、とか作ると良いのかな。

コメント

【書評(20-01)】「ドラッカー教授 組織づくりの原理原則」

2020年01月26日 12時10分35秒 | 書評
おはようございます!いやもうこんにちは!
雨の@湘南地方です。

さて、色々とご縁が重なって拝読した標記の本。
これから更に組織を拡大させていくにあたってとてもタイムリーでした。

“そうそう、そういうことを普段感じているんだよね”と経営者なら感じることが、
13の実例(「物語」)とともに提示されている。

“原理原則とは、それに従っているとうまくいくとは限らないが、それに反していると必ず失敗するという性質をもっています。
 ドラッカー教授のマネジメントは原理原則が多く含まれています。”
との一文には納得。
わたしはまだ、原理原則を「知ること」のステージだなと思っている。
ただゼロの状態で外部から供給される情報ではなく、これまでの実践の中で感じてきたことを文字化/可視化してくれる働きを
この本はしてくれた、と思う。

経営理念を仲間と共有していくことが必要なのだけれど、
どこから考え始めればよいかな。いろいろ思案中。
その思案に先立って必要な情報の整理が行えたと思う。
コメント