弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設8周年!
今後とも宜しくお願いします。

【商標】「アマビエ」の商標登録出願

2020年07月05日 10時02分27秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
やや重たい雲が空に漂う、今朝の@湘南地方です。

さて、掲題の件。
D社さんが出願したということで界隈をにぎわせているようです。
(出願内容はこちら

多くはあまり好意的ではないコメントのようです。
たとえばこちらのブログ

[原則論として]
まあ、こういうアレルギー的な反応が出ることを織り込んででもなおプラスの意味があると考えているから出願しているんでしょうし。
他の人だって、先願主義なんだから他人に取られたくなければ自分がいち早く出願すれば良い話なので。

毎度このテの話のたびに言っているのが2点。
(1)商標は「選択物」。なので、既存の概念や言葉を出願することそれ自体は別に非難されるべきことではないです。
 自分の商品/サービスの特性を伝える、またターゲットとなる需要者層に刺さる言葉を選択することは
 むしろ普通のこと。
 ※推測ですが、「広告代理店」であるD社の出願が非難されているのは“自己の商売のため”ではなく“他人の自由を邪魔するため”と思われているからかも、と思います。
  実際「アマビエ」にまつわる出願は、コロナ禍発生以降で本件の前にも何件か存在します。
  (指定商品「菓子」「酒類」「化学品(アルコールが含まれる)」「薬剤」など。いずれも、それぞれを本業として取り扱うと思われる企業さんの出願です。)


(2)商標って「言葉狩り」の道具ではないので、仮に上記の出願が登録になったとしても、
他の人が「アマビエ」という言葉を使っちゃだめ、ということではない点はよくよく考えていただきたい。
商標権取得の効果として得られるのは、指定商品/役務についての『商標としての』独占的使用であって、それ以上ではないです。

商標としての使用とは、(やわらかく言うと)
そのマークがどこの商品であるか、ということを示すような態様で商品に貼ったり宣伝に使ったりすることを言います。
「Web向け対策啓発の広報アイコンアマビエのイラストを使うこと」や「寺社の護符に描くこと」は権利の範囲外です。

[そうは言いつつも]
…とは言ったって、まあ登録されている言葉を使うことには抵抗が出てしまうのも事実。
影響力の大きさを考えたら、適切な出願行動だったのかなぁ、とも思ってしまいます。
かつての「ギコ猫」騒動(注)を思い出してしまいます。

(注)商願2002-19166。タカラが2ch内のパブリックドメイン的キャラクターAAの名称をタカラが勝手に出願したことで“炎上”。
 炎上の3日後にタカラは出願取下するに至った。


“「みんなのもの」をひとりじめしようとするなよ”
という思い。そのあたりを軽視してしまうと事案が複雑化してしまいがち。
法律も規範。商道徳も規範。ネット時代の商道徳は、公明正大のウエイトが以前よりもぐっと高まっているように感じます。
コメント

【商標(海外)】香港の改正商標条例が成立

2020年06月28日 12時57分29秒 | 実務関係(商・不)
こんにちは!
激しく降っていた雨もようやくあがった@湘南地方です。

さてさて、香港がマドプロ加盟に向けて大きく前進したようで。

JETROビジネス短信より引用)
==============================
香港の改正商標条例が成立、国際商標登録制度の導入に向けて前進

香港政府は6月19日、「2020年商標(改正)条例」を成立させ、官報に掲載した。今回の改正では、香港において「標章の国際登録に関するマドリッド協定の議定書」(以下、マドリッド議定書)を適用する内容が盛り込まれた点が注目される。

マドリッド議定書に基づく国際商標登録制度とは、世界知的所有権機関(WIPO)の国際事務局に国際登録をすることによって、加盟国においては異なる手続きや言語を経由しなくともそれぞれの国で保護を求めることができる制度だ。日本や中国をはじめ100カ国以上が加盟しているが、一国二制度の下で中国本土とは異なる商標制度を有する香港には適用されていなかった。この適用により、香港の出願人が香港の登録商標を基礎として海外で商標を取得しやすくなるだけでなく、日本など海外の出願人にとっても香港での商標登録が容易になる。

なお、2018年の香港における海外(中国含む)からの商標出願件数は約2万5,000件(総数は約4万件)、うち日本からの出願件数は約3,000件で、日本からの出願先として香港は中国、米国、韓国、タイに次ぐ5位でEUを上回っている。また、改正条例には、マドリッド議定書に関する内容のほか、香港税関当局に商標条例に基づく刑事執行権限を付与する内容なども盛り込まれている。

改正条例は、マドリッド議定書に係る箇所を除き、6月19日から施行されている。マドリッド議定書に係る箇所については、詳細な手続きを定める規則や情報システム整備などの準備作業が完了し、中国の中央政府による了解が得られた後に施行される。香港政府によれば、早ければ2022年~2023年ごろに施行との見込みが示されている。

==============================
(引用終わり)

現状中国は加盟しているけど香港・マカオはしていない(なので商材によっては結局HK,MOは別途個別に出願しないといけない)
という状態だった。速やかに加盟なのかな・・・とおもったら、まだこれから2,3年かかるのね。
現状の加盟国についてはこちら。カナダは去年加盟しているのね。

東南アジアではインドネシア、タイ、マレーシアなんかもここ数年で加盟し利便性が高まっているところ。
あと主だったところとしては台湾なんだけど…まあ色々難しいよな。

マドプロルートの手続を熟知しておくことの重要性がますます高まってくるなあ。





コメント

【商標】地域団体商標の登録状況とか、審査着手状況とか

2020年05月15日 09時35分00秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
今日も気持ちの良い天気! な@湘南地方です。
金曜日。もうひと頑張りですな。

さて、特許庁HPのリリースから商標関係2件ご紹介。

(1)知らぬ間に地域団体商標の関連ページがリニューアルされていたようで。

地域団体商標制度に関するトップページはこちら
直近の登録案件はこちら

実務で触れていても審査官がかなーりユーザーフレンドリーだし、
ユーザビリティがだいーぶ向上されているなぁ、というのが正直なところ。
法域に関わらず基本的に審査官が“やさしく”なっている、という側面はあるけど、
地域団体についてはそれに輪をかけて、という印象。

(2)商標審査着手状況

クライアントさまからのお問い合わせランキングトップは、
「前出願したあれ、今どうなってるの?」というご質問。

そりゃ、気になりますよね。

特許庁の方も常時情報を開示しています。
それがこちら

分野によって若干の差はあれど、概ね1年前後かかっている。
業界どっぷり浸かっちゃってるので不思議に思わなくなってるけど、
初めて出願されるお客様とかだと、
「えーっ?!なんでそんな時間かかるなの?」
と驚かれることが多い。

要件を満たせば早期審査も可能だし(要件は色々ある)
比較的ハードルが低いショートカット策として「ファストトラック審査」がある。

このあたりも、AIが審査に導入されると一変するのかなぁ。。



コメント

【商標】名前の由来と商品名の選び方と

2020年05月07日 08時09分19秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
雲一つない空ひろがる@湘南地方です。

さて、GW終わりました。あんまり実感ないですが。
別に生活リズム普段と何も変わらないので、今日からも淡々とやっていきます。

さて、緊急事態宣言の解除先送りは結構切実な問題で、
新型コロナウイルス、日本国内での勢いは多少沈静化の方向に向かっているのでしょうか?
だといいな。

ところでこの「コロナ」の名前、Wikipediaによると
「この名称は電子顕微鏡によるビリオン(感染性を有するウイルス粒子)の特徴的な外観に由来する。ビリオンは大きな球状の表面突起の縁をもち、樹冠や太陽コロナを思わせる像をつくる。」
とのこと。

また「コロナ」の語自体は多義的で、
ラテン語で「王冠」(=crownの語源)を意味したり、
「光冠」(太陽を同心円状に囲む光の環)のことを指したり、
「かんむり座」を意味したり、と
“円+放射状の線”といった意味合いを表す語のようです。

つまり、もともとは黎明、光、栄光、といったような連想をさせる、ポジティブな意味合いだった語が、
今回の感染症拡大によってネガティブに捉えられてしまうようになってしまった、というわけで。

御存知の通り、「コロナ」の名を冠している商品や会社は複数あって、
今回の騒動を機に連想される/されてしまうわけです。
たまーにZoom飲みで“飲んでコロナに打ち克て”的な感じでコロナビールを飲んでいる方も見かけますが、
多くの「コロナ」にとっては不測の不利益なわけです。

もっとも、ネーミングにあたっては、想定していないネガティブな意味がないか、という点も
チェックするのが通常です。
弊所が商標調査を受任するときも、
「商標として法律的に採択可能か」 という観点はもちろんのこと
「ネガティブな意味合いを想起させないか」
「他の業種(例えばエロ系や反社系)で使用されていて、商品イメージにマイナスな影響を与えないか」
という観点でも併せてチェックを行い、意見を差し上げることもあります。
そうした調査の際は、
“現状問題ないか” という観点のほかに
“過去にどのように使われていたか” + “将来こんな使い方をされるのではないか”
という観点も併せて見通すことを心掛けています。
この辺りは、「杞憂に終わればそれはそれでよい」という感覚で広めに拾うようにしています。

商標調査って、検索かけて終わり、じゃないと思うんですよね。
コメント

【商標】100日後に死ぬワニ

2020年03月24日 08時44分54秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
快晴!快晴!快晴! な@湘南地方です。

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

…とうたったのは在原業平ですが、
今年に限って言えば、桜が(少し早めとはいえ)いつもと同じように咲いて、
なんとなくほっとしてしまう人も多いのではないでしょうか?

さて、正直99日目くらいまでまったく知らんかった(けど時々twitterには現れていて“なんじゃこりゃ”と思っていた)、
掲題の件。「死まであと〇日」のように明示されていてちょっとスパイシー。
徐々に話題になり最終的には「ステマ」だと炎上する、という、なんとなくこれまでにもあったようなパターン。

で、商標検索してみた。



35日目くらいには出願していたことが分かる。メディア展開を始めた時期とも符合するもの。
そりゃ生業ですもの、走り出してみて「行けるな」というタイミングで権利確保しておかないと。
クリエイターに対して求められる清廉性?のレベルが高すぎるなあ、と思う次第。

コメント

【商標】ここ5年の出願件数推移

2020年03月02日 08時56分34秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます。
朝靄かかる今朝の@湘南地方です。
自転車通勤が心地よい。

さて、具体的な知財ネタを取り扱いたいなあ、と思いつつ、まずは統計的アプローチ。
今日は商標。
JP-NETを用いて過去5年間の出願件数を調べてみた(出願日検索、公開商標公報発行ベース)。
2015年 131,680件
2016年 156,947件
2017年 164,627件
2018年 157,484件
2019年 170,487件

出願件数が増えるのは悪いことではない。
ただ増加の要因、これと言って思い当たらないのだよなぁ。
世の中の知財への関心が少し高まった、とみるのが正しいのか。
…と思ったら、一昔前に話題になった例の会社の出願がえらい増えていた(18年→19年で約1万件増)

そうとすると、実需としてはほぼ横ばい、ということか。
コメント

【商標】キャッシュレス決済(「〇〇PAY」)

2020年01月28日 08時35分26秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
雨がなかなか激しい、今朝の@湘南地方です。

ここのところ、外で小銭を使わなくなって久しい。
特に近所のスーパーでの決済にもクレジットカードを使うようになってからは、自販機でお茶買うときくらいかなぁ。
あ、あとは飲み屋か。

特に軽減措置があるから、というのが理由ではなく、
単純にラクだから。ついつい使い過ぎて後でビックリ、ということは実はほとんどなく(そもそも少額の買い物ばかりなので)、
むしろその少額の買い物をどれだけやっているのかが後でまとめて把握できる、ということのメリットの方が大きい。

それでいて、「〇〇PAY(ペイ)」といったものには全く手を出していない。
経験上ひとつくらいやっておいた方が良いのだろうなぁとも思うけど、単純に面倒くさい。

そう。判断基準は「ラク」か「面倒くさい」か、なのだよな。
一旦使い始めちゃえばそれがラクになるのだろうけど、初期登録のハードルが高すぎる。
キャッシュバックやらなんやらで誘導されても、そんなに胸がときめかない。

というわけで、興味本位で「〇〇PAY(ペイ)」ってどれくらいあるんだろう?
と思って調べてみた。


決済関係は第36類なのでそれで縛りをかけて検索したところ、、

445件  ヒット。そのうち2018年以降の出願が301件。
時代のものだねえ、やっぱり。
果たしてこれらのうちのどれだけが生き残っていくのか。




コメント

【商標】ファストトラック審査(運用変更)

2020年01月24日 08時35分18秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
お天気イマイチですな、、、な@湘南地方です。

Official髭男dismの「イエスタデイ」を5分タイマ代わりに聴きながら。

さて、昨日標記の件のリリースが出されました(こちら)。
要件を満たすと通常の約半分の期間(通常約12か月→6か月)で審査結果を得られる、という「ファストトラック審査」。
※これまでも「ファストトラック審査」自体はあったのだけど、“短縮期間”としては2か月程度だった。
2月出願以降が新たな運用の対象となる模様。
ということは、後願なのに先に審査結果が出る状況が頻発する、という意味でもある。

ともあれ、商標については
「前出したあの件、どうなってるの~?」という問い合わせがしばしばある状況なので、
試行的な運用とはいえ早めてくれるのはありがたい。
ただ、積極表示(=審査基準規定の記載以外の指定商品/役務の表示)をしたい場合には適用にならないので注意が必要。


コメント

【商標】いや、「奥義」じゃ困るんだけどなぁ

2020年01月23日 08時59分40秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます。
雨の@湘南地方です。
関東地方はしばらくお天気ぐずつくみたいですね。。。。はい、お出かけします。

さて、同業者がすでに取り上げているんだけど、
特許庁が予算消化のために啓蒙活動のために作成したこの動画

「商標拳」って…
まあ、四角四面な発信ばかりじゃ伝わらないからこういうテイストもありですが。。
でも

「パクられてからじゃ遅いのよ」

という、一番大事なメッセージが伝わらないんじゃないかと危惧。
「奥義」ではなく、普段からのケアが大事ですよ。
コメント

【商標】地域団体商標出願状況

2020年01月14日 08時20分29秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
今日も快晴っ!な@湘南地方です。

ここのところの出願状況どうなのかな?と思ってみてみた地域団体商標。
トータルの出願状況はこちら
累計では1258件。
2019年の出願件数=31件(ただし出願公開公報発行されているものだけなので、年末出されていたら何件か誤差はあるかも)。

上位都道府県トップ3は、京都、兵庫、北海道。
地域資産を活用する意識が高いエリア、ということができるだろうか。

これまで関与した案件を通してみても、
制度導入当初からは審査基準も大幅に変更になり、運用も柔軟になっている印象。
運用には時代による波というかゆらぎがある。地域団体商標を活用するとしたら今は良い時期なのかもしれません。


コメント