弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設6周年!
今後とも宜しくお願いします。

【高校野球】「タオル回し」、そんな話題になるほどだったのか…

2017年08月24日 08時33分41秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
ちょっと一休みいただいていたブログ、今日だけちょこっと(たぶん明日は書かない、というか、書けない)。

甲子園も花咲徳栄が優勝。埼玉勢が夏を制したのは初というのがちょっと意外。

…こうなると夏の終わりを感じてしまいます。頭の中には森山直太朗が流れる(笑)
開会式の件(プラカード女子の件)とか、仙台育英×大阪桐蔭の一件とか、
中村の新記録とか、なかなか話題の多い第99回大会でしたね。

そんな中、あんまり認識してなかったのが掲題の件。
基本ネットで確認している身としては現場の応援のスタイルとかには疎いものです。
結構、“賛否両論”な状態になっているのかな。Yahoo!検索で約187千件ヒットする。

ところでこのタオル回し、そもそも「起源」はいつ、どこなのか…?
と思ってちょっとググってみたらこんなブログがありました。
これによれば
・会場が一体となってタオルを回すのは日本だけ
・レゲエバンド「Fire Ball」が“ライブで客との一体感が欲しくて”始めた
・2003年の横浜レゲエ祭りが最初
のようす。

また、「Yahoo!知恵袋」によれば
NFLのピッツバーグ・スティーラーズが元祖で、1975年のこと
との話もあり。
NPBでは1999年のマリーンズが元祖とのこと。

甲子園では、いつからなんですかね。
それもアルプスではなく一般の観客席で。
過去の記事で確認できるのは去年くらいからなんだけど。


以下、個人的所感。

いや、ね。アルプスとかならいいと思うんですよ。何なら応援団も一緒になって戦ってるわけだし。
この記事によれば、むしろ「各校の応援団にタオル回しを控えるよう要請した」とのことだけど)
あと、プロスポーツなら全然ありだと思うんですよね。贔屓のチームの応援の一環だし(でもやる場所は応援席で、というのはマナーだと)。
もちろん音楽ライブなら会場の一体感を醸し出す有効なツールだと思う。

けど、一般の観客が、それも例えばバックネット裏でやるのはおかしい。
正直感覚が理解できない。

観客は観客。舞台にあがっちゃいけない。マナー以前の問題として分をわきまえないのなら観戦の資格がないと思う。

アマチュアスポーツにおいて観客に許されている意思表示は、
・頑張っている姿への「応援」か
・好プレーや頑張りへの「賞賛」だけだと思う。
仮にどちらかのチームの贔屓であるとしても、相手チームの好プレーにだって自然と賞賛の気持ちは湧くものじゃないかな。
「圧力」になるような意思表示の仕方は控えるべき。
ヤジとかは、もってのほかだし、この「タオル回し」だって、選手によってはかなり脅威に感じるだろう。
少なくとも集中力を乱すような行為をする資格は、観客には無いと思う。

プロは人に見せるためにやっているけど、アマチュアスポーツって何なら勝手に観に行っているだけだからね。
そこで傍若無人な振舞いしちゃいかんと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【地域知財】自治体の知財活... | トップ | 【著作権法】時事の事件の報... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-06-20 18:42:26
戦時中の学徒出陣映像にタオル回し(帽子?)のようなシーンが・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=tZdHEEU_WPU
4分6秒過ぎです。
歴史は古いのかもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

趣味・その他諸々の雑記」カテゴリの最新記事