弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設6周年!
今後とも宜しくお願いします。

【著作権】盗作騒動、結着。

2019年02月28日 08時33分20秒 | 実務関係(著作権・価値評価・周辺業務)
おはようございます!
今日は一日雨の予報。春の雨は落ち着く。出かけなきゃいけないのでうっとうしいけど(どっちやねん(笑))

さて、昨年話題になった映画「カメラを止めるな!」。
昨年末のインドネシア出張の際に飛行機の中で観ましたが、

実は公開後に“盗作騒動”が起きていたんですね。
最終的には「和解」で終結した模様。
(記事はこちら
(公式HPにおけるリリースはこちら

記事の中にもあるように、本件の場合はもともと映画の監督と劇団の劇団員との間に親交があり、
一度はそこで映像化計画が持ち上がっていたが頓挫し、最終的には別の形で公開に至ったもの。

「原作」の方を観ていないから実際のところどれくらいの要素がトレースされているのかとか判らないけど、
こちらの記事にもあるように、映画の方の魅力は
“観た人に「どんな人にも、持ち味がある。誰でもみんな、自分の役割がある」と感じさせてくれる”という点じゃないかな、と。

お金の問題なのか、創作者の矜持の問題なのか、部外者には何とも判りませんが、
折角の珠玉の作品が人の目に触れられなくなってしまうような事態にならなかったことは良かったと思います。


【著作権】としておきながら、著作権的視点で全くコメントしていない件…。
いや、事実関係判ってないとこれはめったなことが言えない奴です。
ただ本件については、少なくとも両当事者の視点が過去の資産の果実の奪い合いではなく将来を向いているのだから、これはこれで良いんじゃないかなー、と。
創作をしつづけてこその創作者ですもの。

コメント

【知財記事(特許)】特許取得が株価に与える影響

2019年02月27日 08時11分48秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
今日はちょっと冷えた空気の@湘南地方です。

さて、今日はこんな記事

(WBSサイトより引用)
============================
特許取得でストップ高 焼却灰から貴金属回収

きょうの東京株式市場で、リサイクル事業を手掛けるエンビプロ・ホールディングスの株価はストップ高まで上昇しました。

…(中略)…

機械に焼却灰を入れるとおよそ30分で砂状のものを回収。およそ7%の割合で貴金属を含んでいるということです。

============================
(引用終わり)

エンビプロのリリースがこちら
意外と?淡々としたリリース。

そんなエンビプロの1か月の株価推移がこちら。なるほど、今週になって急にはねている。


(Yahoo!ファイナンスさまから拝借しました。)

スクラップの再資源化って、結構昔から課題とされていた記憶があるけど、実用化レベルに至った、といってよいのかな。
こういう事例だと、知財が企業価値にダイレクトに影響していることが目に見えて良いですね。

コメント

【商標】立体商標(『氷結』容器)

2019年02月26日 07時57分01秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
コートの前を止めずに自転車乗っても寒くない。春が近づいているなー、な@湘南地方です。

さて、今日はこんな記事

(朝日新聞デジタルより引用)
============================
キリン「氷結」立体商標に ダイヤモンドのような凹凸

キリンビールのチューハイ「氷結」の容器に使われる凹凸模様の「ダイヤカット缶」が、商品の形状に商標権を認める立体商標に登録されることが決まった。2001年の発売から19年目での登録で、同社は「ブランドとして高く認知されている証し」としている。
(以下略)
============================
(引用終わり)



こちらですな。

2001年から発売して、累計130億本だそうで。
まあ継続は力なり、というか、継続した力業というか(いや、悪い意味ではなく。ブランド定着させるキモは不変・継続)。
一般に容器の形状について登録を受けるためには、要件としても「使用による顕著性」(3条2項)のハードルがある。
どの会社でもできるという類のものではない。

出願したのは2015年頭のこと。拒絶査定不服審判を経ての登録(の模様。JPlatpatではまだ確認できない)。
審査段階で3条2項で登録になるケース(3条2項的主張ではなく、本当の「3条2項適用」)って、全体の何%程度なんだろうなぁ…?
自分の経験では…あったかな?あったような気もするけど、6号非該当の主張で認められたケースだったような気も。。
基本審判に上げないと無理(そりゃまあ例外的なものなので審査段階で認めるのは難しいのでしょうけど)。

すみません最後の方は“楽屋ネタ”のような感じですが。
コメント

【雑記】薬を飲む。

2019年02月25日 07時26分46秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
今朝はちょっとお湿り気味の@湘南地方です。
おかげで、多少花粉はマシかなー。
alexaがFMヨコハマ推しで困ります。何回「TokyoFMにして!」といってもFヨコしか流してくれません。。。

そうそう。ここ数年結構な花粉症で。
で、先日別件で病院に行ったときに時候の挨拶的に
「いやー、花粉症がぼちぼちはじまりました」
とお医者さんに言ったら
「薬要る?」
と間髪入れず。。いや、そういうつもりじゃなかったんだけど
(原則あらゆることでなるべく薬は飲まない派なので)、

色々訊いてみたら、
・一日1回でよい
・眠くなるかどうかは正直人次第だが、“私も飲んでるけど私は眠くならない”とお医者さん
なので、じゃあまあ試してみるか、と。

毎食後3回とか、まず忘れるもんなぁ。
その点朝1回だけでよい、というのは助かる。
但し、
・空腹時に飲むこと。
・服用後1時間は物を食べないこと。
と言われており、特に後者がちょっと制約あるなあ。
とはいえ、だいたい朝布団の中で“暖機運転”が30分くらいある(要は、すぱっと起きられない)ので、
目が覚めたときにまず薬を飲めば事実上制約はゼロ。

なんとなく薬の効果も感じている、今日この頃です。
コメント

【業務日誌】帰り道のつれづれ

2019年02月24日 10時26分16秒 | 業務日誌
おはようございます!
良い天気@京都、を出たところです。

関西出張も終わり。今から帰って続きのお仕事です。
新しい出会いもあったり、久しぶりの出会いもあったり、刺激を受けたり、
実りのある4日間でした。

人と会うということは、その人を通じて自分を見つめ直すことに他ならないなあ、
と思います。
「初顔合わせ」の人と会うときは、他流試合のような緊張感もあり。
なんせ予想していないような角度からのぶっこみが来たりもするので。
あまり戦い方に自分の「型」を持っていない身としては、スタートは様子見から入ることが多いんですけどね。

「お久しぶり」の人と会うときは、過去の自分と異同、成長、変化、
相手の/自分の過ごしてきた時間に想いを馳せる。
「会わなかった時間の長さ」だけは平等で、きっと過ごした時の流れの速さも濃さもそれぞれに違う。
競争ではないのだけど、気を緩めていたら次にお会いできるチャンスがないくらいに相手が駆け抜けて行ってしまうかもしれない。

でもまあ、やっぱり人と会っての「学び」が、一番大事だなあと思います。
人間性を磨くのは自分自身の意思ひとつなので、その動機を得るために人と会うのかもしれません。

そんなこんなで、そっち方面の充電が少しできました。
勢いのある人に煽られることなく、あせらずやっていくしかありませんな。
自分は自分らしく。
コメント

【業務日誌】出張中。

2019年02月22日 13時44分53秒 | 業務日誌
こんにちは!
良い天気だけと花粉舞う@大阪です。

昨日から関西に来ております。
昨日は京都で産学連携案件の打合せ&卒業する学生さんのお祝い会。

今朝は、まだ多少お酒感の残る身体を感じながら下鴨神社、御所あたりをお客様と共にラン。


もう梅が咲いている。


からの移動。人生初の京阪乗車。なにこの特急のラグジュアリー感。
さ、日中頑張って仕事します。

コメント

【商標】商標登録を前提としたネーミング 

2019年02月21日 08時21分09秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
今日も曇り空。



今日はやや厚めの雲。それでもこれから晴れるらしい。

さて、今日はこんなご紹介
「日本カワイイ計画。with みんなの経済新聞 Vol.178」

「ネーミングクリエイター」 前田るり さん。
古舘伊知郎さんに、現職に至るまでの経緯を掘り起こされる。

“内圧からの開花”には多少古舘節が混ざっている気がするけど、
進路選択にあたって芸術系に行きたかったにもかかわらず親に反対された、という一節について思うこと。
確かに我々の頃って、親から「安全路線」を勧められた。それも結構強めに。
自分が法学部行ったのも、“つぶしがきく”という両親の勧めが無関係だといったらウソになるものなぁ…そしてある意味その通りの人生を歩んでいるのだろうし。

でもまあ、結局子供は自分の心が向かう方に進んで行くのだものなあ。
そのためには「生きていくチカラ」も必要だし、ある程度の「運」も必要。
自分の子供とはそのあたりどう話をしようかな、とか思いながら聴いていた。

それはさておき。

私のお仕事である「弁理士」とはいわば隣接業種である前田さん。
大学同期である彼女に10数年ぶりに再会したときに「ネーミングクリエイター」をしている、と聞いて、
“そんな仕事があるのかー!”
とそのときは思った、正直。
だって「ネーミング」なんていう、最も思い入れの入る、面白いところを外注するの!?
というふうに思っていたので。

その一方で、既に知財屋として働いていた身として
“いや、その名前はさすがにないんじゃない?商標法的に、っていうよりも、なんというか…伝わらないでしょ!?”
という事案に接することも少なくなかった。
私は結構自分の職分を超えて「ネーミング的には、どうなんですかね?」とご意見することも少なくなかったけど。

そんなこんなを経て、色々直接話も聞いたりして思ったのは、
“ネーミングは、伝える技術だし、専門性強いわ”
ということ。
社名や商品名に対する思い入れも良いけど、伝わらなきゃ独りよがり。
法律的に使えなきゃ尚のこと無意味だし←こっちは当職の守備範囲。

極めて制限された文字数や表現技法の中
作り手の思いを、受け手に伝わる形に「翻訳」する仕事、だなあ、と。


コメント

【著作権法】違法ダウンロードの対象拡大(2)

2019年02月20日 08時23分25秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!


うねうねと凹凸の筋が連続して入っている様子を見て思わずパチリ。

こういうの、結構好き。


さて、くどいようですが著作権法改正の話。
のだめの生みの親もこんなことをつぶやいておられる。
元記事も呼んでみたほか、有料記事なので一部だけだけどこんな記事も。


「著作権侵害のものだと確定的に知っている場合」
というのと
「一般市民の悪気の無い行為」
というのは互いに排他的でない、ということは当然判っているでしょうに。

明確に誰かの著作物であろう挿絵が入った画面をキャプチャしてSNSで発信する行為。
“まあ、これぐらいいいじゃん”という感覚はあるし、それがコンプライアンスに反するとも思えない。

善悪二分論はやめようよ、というのが一番言いたいこと。
今回の法改正、どんだけ薄いグレーでも「黒」とするものに見える。
抑止する対象と抑止する手段、両方とも煮詰まってない、ように思える。

それに「知っている」は主観的かつ個々人による差が著しく大きい。
「確定的に」って何よ?
法の不知を宥恕せず、じゃなかったっけ?

ここまで議論がまとまってないのに改正案が通るとしたら、怖い世の中だなー、と。








コメント

【雑記】しゃきーん!ぱわわぷ

2019年02月19日 08時33分49秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
今日はお天気下り坂であることを空全体で伝えてくる今朝の@湘南地方です。

さて、今日はこんな記事

(デイリースポーツより引用)
================================
おかあさんといっしょ・よしお兄さん14年間「やり切れた」体調管理で苦労

NHKが18日、人気長寿教育番組「おかあさんといっしょ」(Eテレ・月~土、前8時)の体操のお兄さん・小林よしひさ(よしお兄さん)と、パント!のお姉さん・上原りさ(りさお姉さん)が3月末で番組を卒業すると発表した。よしお兄さんはうたのお兄さん、お姉さんと共通しても歴代最長の14年間出演した。NHK放送センターで行われた発表会見では、「やり切れた」と思いを語った。

================================
(引用終わり)

14年同じ番組で同じテンションで、、、って、尊敬しかないなぁ。
ムスメ二人ともよしお兄さん世代だわ。

ある意味、14年のスライド幅と親子両方(場合によっては祖父母世代)への発信という意味で幅広い世代に広く浸透してる“パフォーマー”だよな。
ありがとうございました、お疲れ様。

…今後は、佐藤弘道さん路線、で行くのかな?
コメント

【知財記事(商標)】電流爆破マッチ

2019年02月18日 07時51分00秒 | 知財記事コメント
おはようございます!
今日は結構あったかめ。だけど代わりに花粉が…な@湘南地方です。

さて、今日はこんな記事。

(東スポWebより引用)
================================
大仁田厚が電流爆破戦乱発にクギ 商標登録出願

邪道・大仁田厚(61)が11日、都内で、1月8日付で特許庁に電流爆破マッチの商標登録を出願したことを明かし、日本マット界での「乱発」に改めてクギを刺した。

大仁田は電流爆破について出願中の書類を公表し「海外では(自身が)レジェンドとして認知されているし、大事なコンテンツ。米国、豪州、英国からもオファーが来ている。女子を含めて電流爆破が無許可で乱発されている現状をどうにかしたい。“プロレス界における筋”さえ通してくれれば僕はいいんです」と説明した。

登録が正式に認められるまで法的措置に出ることはないものの、発案者としての立場がないがしろにされている現状を嘆いて他団体に“警告”を発した。
================================
(引用終わり)

はい。ときどきこういうニュースがあります。
賢明な本ブログ読者さまならだいたいお分かりかと思いますが、
仮に登録が認められたとして、
「有刺鉄線に電流を流し、なおかつ小型爆弾を設置したリング」でプロレスをやったとしても、そのこと自体は商標権侵害になるわけではありません。
同じ名前=「電流爆破マッチ」を使って興行をしたらもしかしたら侵害になる可能性はありますが。
※審査されてみないと分かりませんが、品質表示として3条1項3号で拒絶される懸念が高いのではないかな、と予想。

今のところ、「大仁田厚」名義で検索したところ上記出願のデータは集積されていない(「FMW」について共同名義でかつて登録があったのみ)。

ちなみに、昔実用新案登録はされていた模様。


(実用新案登録第3009589号)

こちらも、2000/09/29 に権利消滅しており、独占権を主張することはできない。

“プロレス界における筋”を求める手段として商標登録の効果を誇大的に用いるのは、あんまり好きじゃないな。
場外乱闘というか、文字通り「邪道」というか。

コメント