弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設8周年!
今後とも宜しくお願いします。

【マネジメント】起業のリスク

2019年11月06日 08時39分53秒 | マネジメント
おはようございます!
今日も快晴な…たぶん武蔵小杉近辺。

はい、朝からお出かけ中です。
というか、今日はこれから出張です。その前にちょっと思い立って弁理士会に立ち寄ろうかと。
毎度毎度行き当たりばったりな自分に嫌気がさしますが、
でもまあそれも自分の味と思って上手に付き合うしかないな、と思うようになった40代後半戦。

さてさて、ちょっと気になったこちらの記事

さすがに今の時代にあって自分が「おじさん」であることは自覚していて、
そんな「おじさん」の目線からすれば
“いやー、まずは一旦はちゃんとした企業に就職して、社会人としての基礎を身に付けて…”
なんてことを言いたくなることもあるけど、

実際のところ、「新卒後に就職せず起業」という選択肢を採る方にお会いする方が多い。
そういう方が経済・社会的にどういう状態にあるのかを研究したとの記事。

研究を行ったのは、リクルートワークス研究所。
“30歳以上の男性で、「初職において就業形態が会社役員だった人」と、「初職が正規の職員・従業員だった人」を比較した”
とのことで、そのデータがまとめられている。

(以下「事業構想」より引用)
==============================
統計学的な分析で、年齢をコントロールしてもなお、初職起業における正の影響が出たことから、経済面では継続的に良い影響が出ている可能性がある。また、この研究ではストックオプションなど、起業家向けの報酬はカウントしていない。これを加算すると、初職起業者の経済状況はさらに良くなるかもしれない。

「注目したいのは、年収50万~100万円の層については、初職が正規社員だった人の方がむしろ割合が高く、年収50万円未満の人ではどちらもあまり変わらないという点です。一般に信じられているよりは、初職で起業して大失敗し、貧しい暮らしを送っているという例は少ないのかもしれません」。

==============================
(引用終わり)

確かに、身の回りの起業家の方々を思い浮かべても肌感覚的にそう違和感はない
(まあ、身の回りにいる時点である程度フィルターがかかっているという面もあるが)。

近年だと、起業のリスクよりも就業におけるメンタルヘルスのリスクの方が高いんじゃないかな、と思ったり。
どれだけ自己決定をできるか、という意味では起業してしまった方が、余計なところで心身削がれない分良いパフォーマンスができて好循環を作れるんじゃないかな、と思ったり。

ただその前提として、やっぱり社会で生きていくための基本的な立ち居振る舞いを、その前の段階で身に付けておく必要はあると思うんだよなぁ。
…とおじさんはやっぱり思うのです。
そうした修養は、たぶん起業したとしても就職したとしても同じように自分の身を守るスキルなんじゃないかな、と。
コメント

【マネジメント】「強みを磨く」か「弱みを補う」か

2019年07月24日 08時43分55秒 | マネジメント
おはようございます!
ようやく…ようやく夏がやってくる、のでしょうか?
そろそろ本気出すぞ!というやる気が感じられる太陽が覗いている今朝の@湘南地方です。

さて、今日は雑感。
標記の件で常々思っていること。昨日お客様とのミーティングの中で得られたヒントがあったので書き留めておきたい。

強みと弱み。戦略としては「強みを活かす」というのが基本。
だが、本来的に強み/弱みは絶対的なものというよりは相対的なもの。
個別の要素間でも相対的だし、他者との関係で捉えても相対的。角度を変えればたちまち強みは弱みに、また弱みは強みに変換され得る。

だとすれば分析方法としては順番が逆で、
「私の(当社の)強みは○○だから…する」
というよりは、
「…するにあたって私の(当社の)○○は強み/弱みになる」
という考え方の方がしっくりくる。

極力シンプルに考えた方が良い。

・資源(リソース) :持っている素養・能力
・目標(ゴール)  :達成したいこと
・行動(アクション):目標達成のための取組み

仮に、保有リソースでゴールにたどり着くためのアクションが容易に実行できるなら、それはただの「作業」。
見積、つまり、保有リソースを活用して試行錯誤してゴールにたどり着けるかどうか、を測ることは大事。
現状のリソースでは辿り着けない場合に、その要因が「強みの磨き方不足」なのか「弱みの露呈によるドボン」なのか、
を見極めることが必要になってくる。

当初見積では辿り着けないとされていたゴールに、辿り着くことができるようにするための工夫が、
・リソースのグレードアップ なのか
・外部リソースの調達 なのか
・環境要因の変化 なのか
さまざまなんだと思うけど、
ここで「強みを磨く」だけしか選択肢がないのは、いかにも窮屈。
むしろ「弱み」と思っているところを、何かしらの手段でカバーしていくことを考えた方が、目標達成型の思考法としては近道なんじゃないかな、と。

一方で、何らかの機会に恵まれるためには、「強み」が目立つくらいに飛び出していないと難しい。
目標達成型の思考法の中では「強み」の発揮は自然と、それこそひょひょいとできてしまうもの。
いざ実行にあたって必要なのは、常々「弱みを補う」術を模索していること。

「強みを磨く」のは、機会獲得のためのアドバルーン的な意味合いが、ことCGM全盛の今の時代では強いのではないか?

よく「強みを磨きぬくこと」の重要性が語られることが多いけど、それだけでは不十分。
むしろ、「強みを磨く」ことを「嫌なことから逃げること」と混同しているケースもしばしば見受けられる。
何らかの一職業人であるためには、最低限のツールセットというか、期待されている見識と良識というものもある。
全てをできるようにする必要はないし、「なんでもできます」と思っているよりは自分の凹凸を知っておいた方がよいけど、
凹を凹のままにしておくことが許容されている、わけではない。
もちろん、自分一人で解決することがマストでもなく、“何らかの手段でカバー”していければ良い。

なんか最後迷子になったっぽいけど、今日はこんな感じで。
コメント

【知財戦略】知財戦略事例集

2019年06月25日 07時57分03秒 | マネジメント
おはようございます!
スッキリしない空模様ではあるものの、今日は雨は降らずに済むのかな…?といった今朝の@湘南地方です。

さて、今年もでました。
経営における知的財産戦略事例集」(★ちょっと重たいのでご注意)

毎年同様のテーマのものが出ているのだけど、、、今年は何かテイストが違う。
なんというか、よく言えば洗練された外観のレポート。
…あー、PwCさんなのね。

中身は、「数で勝負!」といった感じ。
個々の事例についてはわりとあっさりと。現場の「汗と涙」的なことには言及は皆無。
確かにスライド1枚にまとめられない戦略は、実行も難しいよな。
面白いな、と思ったのは、企業の規模やステージにもよるのだろうけど、
知財セクションの位置づけやミッション、或いは知財に対する考え方が「百社百様」だということ。
自社に参考になる事例は、この中から自分で見つければよい、という感じ。

「経営に活かしてこその知財」を掲げている弊所としても、大いに参考にしたいところ。
週末じっくり読み込むとします。
コメント

【マネジメント】歓送迎会

2019年06月08日 12時11分17秒 | マネジメント
こんにちは!
空気はやや湿っぽいけど気温はそれなりなのでまだ過ごしやすい今日の@湘南地方です。

さて、昨夜は事務所の歓送迎会でした。
6年近くにわたって貢献してくれていたメンバーが今月末で退職。
一方、今年2月に加入してくれたメンバーの歓迎会がまだできていなかったので、両方を兼ねて。
札幌のメンバーも呼んで、フルメンバーでの宴。

歓送迎会の前に、いつもより長めの会議も実施。
足元の実績についての話が半分、景気動向や業界動向も踏まえた中長期的な在り方についての話が半分。
賛否あると思うけど、所長をやっていて今考えていること、迷うこと、意見が欲しいことを率直に共有。
メンバーの思っていることもなるべく積極的に話してもらって。

おかげさまでというか、今日は気持ちが凄い軽い。
全てが順風満帆というわけではないけど、視界はクリア。

…あれなのかな?やっぱり集合写真とか取っとくものなのかな?
個人的に苦手なので基本やらないのですが。。
コメント

【マネジメント】連絡/情報共有ツール

2019年06月04日 08時31分09秒 | マネジメント
おはようございます!
少しずつ空気が湿気を帯びるようになってきたと感じる今朝の@湘南地方です。

事務所内外のコミュニティと同時並行的に色んな階層の情報のやり取りをしていると、
どうしたってメールという単一のツールでは限界が出てくる。
ていうか、メールはジャンクメールの割合が結構な度合いであって、その削除も面倒くさいレベル。

一方で、お客様からの連絡もまたメールだけではない。
メッセンジャー、LINEでのやりとりとなることもしばしば。

以前の○○の件なんですけど…で関連する情報をメールなどから探すのも一苦労。
検索機能はあるものの、やっぱりノイズが多数出る中から目視で探していくのは、老化の進むこの眼には酷というもの。

そんなわけで、チャットツールを導入している。
導入したのは一年以上前の話で、その時は「チャットワーク」「slack」の両方を試してみたが、結局「slack」に落ち着いている。
チャットツールを導入した理由はもう一つあって、
複数拠点あるうちの事務所にとって“皆で一緒に仕事をしている感”は大事で。
ひとところにいる場合だと社員同士の会話も無意識に耳に入ってくるのだけど、隔地だとそうはいかない。
なので、それを疑似的に再現できるように、と思っての導入。

実際、別ところにいる人間同士が同じプロジェクトに取り組む場合に有効に機能するなぁ、と思っている。
場所による情報ギャップは生じないし、検索性は高い。
当然に誤送信やジャンクメールもないのでストレスは少ない。
メールで受け取ると「これはこの集まりのこの案件の情報だから…」という仕分け作業が生じるが、
slackなら最初から該当するチャネルに入ってくる。
できれば、所内だけじゃなく外部の集まりでも使いたい。

ただこのあたりのツール、セキュリティが云々で公的な団体だとなかなか導入が難しい様子。
…ハックされるよりはメール誤送信の確率の方が高いと思うんだけどなぁ。
コメント

【マネジメント】業務フローの見直し

2019年01月18日 12時54分56秒 | マネジメント
おはようございます!いやもうこんにちは!ですね。
雪降りしきる@札幌です…帰れるよな…?

とか書いているうちに晴れ上がってきました。これならきっと大丈夫。

さてさて、長年同じお仕事をやっていると、仕事の段取りが自然と身についてくるもの。
なのでいちいち「今はこのステップ」ということを殊更意識しなくてもするーっと進んで行く。

ところが、初めてやる類の仕事の場合、これはなかなかそうはいかない。
例えば今までつくったことのない料理を作るとき、レシピとにらめっこしながら手順に従って作っていく。
「手順」というものは、効率よく、抜け落ちなくやるために確立されていくもので、
レシピ片手にやるときはその段取りの意味が解らないままやってしまうことも少なくない。

お仕事だって基本は同じで、効率よく抜け落ちなくやるためには「手順」にそってやることが重要。
ただ、その「手順」が一般的に確立されていないものもある。
或いは、同じ職業人であっても人によって力点の置き方や得意苦手は異なるから、自ずと手順の順序や軽重が変わることもある。
ただいずれにしても、“目隠しして歩けるくらい”に慣れてない限りは、
今自分がどのステップの作業をしているかを意識しながら作業をしていくことが大事。

そしてそれは、他の人と業務分担して共同作業を行う場合にはなおのこと重要。
そもそもどこまでが完成していて、どこがリレーゾーンなのかが判らないと、結局振出しからやり直すという愚を犯すことになる。

自分が行っている仕事の業務フローについて、例え熟達している業務であったとしても、
人に伝えるときには、やはり可視化/客観化をしなければならない。
そこでは、自分独自のショートカットや省略事項はひとまず例外的なこととして補足的に説明し、
基本に沿ったやり方を伝える必要がある。

業務フローを共有知化するにあたっては、やはりある程度の熟達した箇所は切り落とさなければいけないのかな、
と感じる。まるっきり切り捨ててしまう、ということではなく、基本を押さえた次の段階として伝えないと混乱してしまう。

というのと、もう一つのやり方としては、
スタートとゴールだけを設定して、その過程について倣う側に逐一可視化してもらう、ということが考えられる。
一見非効率に見えるけれども、結局業務フローの共有知化の過程においては
「この作業はムダ」「このやり方よりはこっちの方が良い」といった部分も、一度はムダであろうと体験してもらわないと
それがムダであるということに気が付かないまま時が過ぎてしまう。

ま、その「ムダさ加減」に応じて本当にやらせるかそうじゃないかは決めるべきなんだろうけど、
最終的に“レシピの無い料理”的な業務をこなしていかなければならない我々は、
その「ムダさ加減」についてもあるていど感覚で見積もることができないと、山盛りの食材を前に頓挫してしまう。

業務フローの見直し、といっても、マニュアルを厳格にしていくことではなく
実務担当者が都度頭で考えて行って、最低限踏むべきステップを確認する作業なのだよな、と。

今日は、なんとなくそんな独り言。


コメント

【マネジメント】新陳代謝

2018年10月02日 07時10分37秒 | マネジメント
おはようございます!
見事な秋晴れが窓の外に見える、今朝の@湘南地方です。

昨日は台風の爪痕があちこちに&秋なのに30℃オーバーという異常な暑さでしたが、何はともあれ秋です。

身近なところでも、球界でも、芸能界でも、人の動きが激しい季節です。
・転職をする人
・戦力外になる人
・グループを卒業する人

組織である以上新陳代謝は不可避なのですが、そこは人が絡んでいるがゆえに意のままに行くとは限らない。
人には、ひとりひとり夢があり、生活があり、人生がある。
組織も、ひとつひとつ理念があり、計画があり、ミッションを帯びている。

それぞれに向かうベクトルがあり、置かれた環境や年齢、キャリアで変わっていくもの。
人と組織、相互のベクトルのズレが許容されるのはどの程度までなのか。
人と人も、同じか。

もちろん、離れていくベクトルだけでなく、新たに合流するベクトルもある。
そうやって組織は生きながらえ、成長していくのだと思いたい。

大事なのは、環境にしなやかに順応しながらも目指す先は変わらない強い気持ちと「背骨」のようなもの。
例えるなら、吹く風に合わせ帆の向きは変わっても舳先は変わらないための強靭な帆柱。

そんなことを、下半期スタートにあたって考えたりしてみた。

コメント

【マネジメント】何のために経営をするのか…?

2018年06月20日 08時00分21秒 | マネジメント
おはようございます!
一転、絶賛梅雨模様な湘南地方です。

昨夜は日本中で盛り上がったようですね。
私は全く関係ないことで盛り上がっていましたが…。

さてさて、ここのところ、標記のことを考えることがしばしばあります。
夢や理想のためなのか、お金や生活のためなのか…。
「経営」を「仕事」に置き換えても、まあ成り立つ普遍的な問いでもあるのだけど、
やらされる「仕事」ではなく自ら進んでやる「経営」を始めているのだから、
広狭はあるにせよ、身の回りの「世界」に影響を与えられることをしたい。

夢や理想の実現のためには資金もいるし生活基盤もしっかりしている必要がある。
逆に、金銭的なものだけ追い求めても心が枯れて持続できない。

互いが互いの手段であり目的なんだよな、と思う。
大事なのは、そのサイクルをどれだけ早く、太く回せるか。
不必要に悩まず、恐れず、倦まず、自信をもって決めていくこと。
そのサイクルの中で、自分の中を通り抜けていくさまざまなスループットから
自らの視野を広げ、意義のある問題提起ができるだけの思考を身につけ、
心が耕され、人格が磨かれること。

何のために経営するって、“自分がなりたいもの”の方向性を自分で決めるため、な気がする。
いや、思ったよりもその障害も多くてたまに辟易するのだけど(笑)

悩みもありつつ、メンタルやられない程度にしっかり向き合って、
歯を食いしばって前に進んで行くしか、答えは無いのだよなぁ。
今に飽き足りないこと、大事。

なんか独り言メモみたいになっちゃったけど、今日はこんな感じ。
コメント

【マネジメント】世代間差

2018年06月07日 07時28分28秒 | マネジメント
おはようございます!
梅雨入りしたら雨が止む。毎年繰り広げられるツンデレ天気の下の湘南地方です。

さて、今日はこんな記事

(NEWSポストセブンより引用)
=============================
宮本慎也×石井琢朗コーチ「若手選手をやる気にさせるには」

昨年は「96敗」という歴史的大敗を喫した東京ヤクルトスワローズ。立て直しを託されたのが、宮本慎也ヘッドコーチと石井琢朗打撃コーチの両氏である。同い年でともに名球会入りを果たした2人は、どのように現状を把握し、チームを再建しようとしているのか。

…(中略)…

石井:僕たちの「昭和」の時代はやれと言われたらやり続けるしかなかった。理由なんてありませんでした。
宮本:今の子たちには「説明」がいるからね。
石井:厳しい練習を課すにも、なぜその練習が必要なのかを説かないといけない。
宮本:さらにやる気にさせる必要がある。「頑張ろうね!」って(笑い)。
石井:言葉も選ばなければいけない。ヘッドは相当、我慢していると思いますよ。
宮本:そりゃあ、「昭和」と言われる男が、バリバリの「平成」スタイルでやってるんだから。悩みは尽きないけれど、現役時代から悩むのは午前0時までと決めています。そうしないとキリがないですからね。
石井:突き詰めると選手自身がやるしかない。でもどうやってその気持ちにさせるかは永遠のテーマですね。
=============================
(引用終わり)

プロの世界で切ったはったやってる選手ですらそんな感じなんだねー、というのが結構驚きで。
どの世界でも大成する人って、
「自分の頭で考える人」
「自己承認を適切にできる人」
だと思うんだけど、そこに至るまでの教育というかプロセスにも時代の波がきてるのかなぁ。

時代が進んで行くことは、自分がベテランになっていくことでもあって。
“あの人「昭和」生まれだからねー。だからあんな頑固なんだよ。”なんて言われてしまうのだろうか。
そして、気が付けば来年から新しい年号。加齢を認めつつ適応していくよりほかはなく。

あと、赤文字部分。見習いたいものです。習慣として決めておくのはありだな。


コメント

【マネジメント】情報発信について

2017年08月17日 08時16分40秒 | マネジメント
おはようございます!
なにやら気温が上がらず秋の気配すら感じてしまう今朝の湘南地方です。

さてさて、予定からだいぶずれ込んでしまいましたが、
「あさかぜ便り」vol.11、今週配信します。
商標ネタはJPlatPatを使った調査の仕方。
普段ご依頼いただいている調査をどういう検討プロセスでやっているかを
実例を踏まえながら公開しています。


一応の情報発信のポリシーとしては、

本当にちょっとしたつぶやき =twitterでの発信
日々のとりとめのないこと(仕事無関係)=Facebookでの発信
知財記事とかちょっとした知財関連の小ネタ=本ブログでの発信
ある程度まとまった考察で、お客様にプラスになるようなこと=あさかぜ便りでの発信

という階層分けをしています。
けど、そこまで厳密ではなく、例えば本ブログでも知財関係以外のカテゴリでも結構書いているのはご存知の通りです。

知財ネタ、ちゃんと誤解のないように伝えようと思うとそれなりのボリュームになるんですよね。
毎日ブログでそれをやっていると、正直通常業務に差し障りが出る。
なのであさかぜ便りはある程度時間をかけて書いています。

…今回は、時間かけ過ぎました(笑)。分量も多くなってしまったので
商標ネタは次号にも分けて掲載。
あんまり間を空けてしまうと中身を忘れてしまうので、
次号は来月には出したいな、と。

コメント