弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設6周年!
今後とも宜しくお願いします。

【商標】形式上、どこまでを同一人とみるか、の話(商標法第4条第1項第11号)

2019年04月05日 08時47分43秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
すっかり春模様な今朝の@湘南地方です。

バタバタしていて久々のブログ更新。
今日はマイナーネタ。審査便覧の改定のお話。

「出願人(申請人)の同一認定に関する取扱い」が改定。少し緩くなる。
これは4条1項11号(=先行する他人の同一/類似商標)に関するお話。

商標の登録要件として、先に他人の同一/類似の登録/出願が無いか、というのがある。
裏を返せば、例え同一/類似の先行商標があってもそれが本人のものであれば障害にはならない、ということ。
今回の話は、「他人」とみるか「本人」とみるか、の話。

例え出願人名が同一でも、住所が異なる場合、審査上は「他人」として取り扱われるのが原則。
なので、本社移転などをした場合には、商業登記だけでなく登録商標についても表示変更の手続をしておくべき。
でないと、自分の過去の商標登録を引用されて出願が拒絶されてしまうことがある。
(もちろん拒絶理由通知が出てから表示変更により対処することもできるけど、じゃあ前もってやってた方がスムーズ)

このように、登録上「同一人」とみるかは、商標権者の名称だけでなく住所の一致も見る、というのが原則。
ただ、
例えば外国の出願人/商標権者の場合、日本語の音訳がビミョーに異なることがある。
或いは、日本の出願人/商標権者でも、行政区画の変更により表示が変わるケースもある。
さすがにそんな場合に四角四面に「表示が違うから他人ね」とやっていると特許庁の事務だって煩雑になるので、
一定のアローワンスを設けている。そのアローワンスが広くなる、というのが今回のお話。

これまでも、
「オーストリア」と「オーストリヤ」とか、
「カンパニー」と「コンパニー」と「コムパニー」とかは同一人として取り扱っていたし、
「カンパニーリミテッド」でも「シーオーエルティーディー」でも同一人として取り扱っていた。

ただ、そうしたアローワンスは、審査便覧に例示されているものに限られていた。
今回の改定で、
「正式名称の音訳とは形式上異なるものの、辞書等で確認できるときは、実質的に同一人として取り扱われることになり、その旨が明記されました」
とのこと。

なので、外内案件で変な11号拒絶を受けて、現地に説明するのが厄介、ということは無くなるかな。

とはいえ、方式審査における識別番号付与(特許庁のCIF番号)においてはそこまで融通は利かさないのは変わらないらしいので、(出願ではない)申請手続きにあたっては気を付けないといけません。


コメント

【自己啓発】一日の中の自分に掛ける時間

2019年03月13日 08時13分15秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
花粉は気になりますが良い天気なので朝から窓全開にしてます、@湘南地方です。

さて、ここんとこ自分でタガが緩んでいると思うのでこんなタイトルのエントリ。

「仕事を通じて学ぶ」というのはあるのだけど、それとは別に純粋に自分の能力向上のために時間をかけて学ぶことが必要。
恥ずかしながら、多忙にかまけてそこにあまり時間を掛けられていない現状がある。
この行動の結果は、じわーっと、後になって出てくるんだよなー。知ってる。

意識して朝の時間、ほんの僅かではあるけど関連書籍を読んだり、判例読んだりはしているのだが、
絶対量が足りない。

今一度、生活リズムのチューニングをする時期にきているなぁ。
コメント

【著作権法】違法ダウンロードの対象拡大(2)

2019年02月20日 08時23分25秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!


うねうねと凹凸の筋が連続して入っている様子を見て思わずパチリ。

こういうの、結構好き。


さて、くどいようですが著作権法改正の話。
のだめの生みの親もこんなことをつぶやいておられる。
元記事も呼んでみたほか、有料記事なので一部だけだけどこんな記事も。


「著作権侵害のものだと確定的に知っている場合」
というのと
「一般市民の悪気の無い行為」
というのは互いに排他的でない、ということは当然判っているでしょうに。

明確に誰かの著作物であろう挿絵が入った画面をキャプチャしてSNSで発信する行為。
“まあ、これぐらいいいじゃん”という感覚はあるし、それがコンプライアンスに反するとも思えない。

善悪二分論はやめようよ、というのが一番言いたいこと。
今回の法改正、どんだけ薄いグレーでも「黒」とするものに見える。
抑止する対象と抑止する手段、両方とも煮詰まってない、ように思える。

それに「知っている」は主観的かつ個々人による差が著しく大きい。
「確定的に」って何よ?
法の不知を宥恕せず、じゃなかったっけ?

ここまで議論がまとまってないのに改正案が通るとしたら、怖い世の中だなー、と。








コメント

【知財記事】地方ベンチャーが成功するための知財戦略とは

2019年02月16日 20時38分54秒 | 実務関係(特・実・意)
こんばんは!
今日はなんやかんやバタバタしていてようやくのエントリです。

さて、今日はこんな記事

(ASCII STARTUPより引用)
================================
「IPナレッジベース」コミュニティーイベントin福岡レポート
地方発ベンチャーが成功するための知財戦略とは

ASCII STARTUPは2018年12月7日、スタートアップと知財関係者を対象にしたセミナーイベント“「IPナレッジベース」コミュニティーイベントin福岡”をFukuoka Growth Nextにて開催した。当セミナーは、スタートアップが知財を活用するための情報提供と専門家とのコミュニティーづくりを目的としたイベント。特許庁によるベンチャー×知財関連施策についての講義と、ゼロワンブースターの合田ジョージ氏とQB Capitalの坂本剛氏によるパネルディスカッションを行なった。

最初に、なぜスタートアップにとって知財が重要なのかについて説明。信用や資金力のないスタートアップは、破壊的技術やアイデア、尖った人材、行動力が強み。つまり企業価値≒知的財産といえる。しかし、日本のスタートアップは、米国のスタートアップに比べて、特許の取得数が少なく、知財への関心が低い傾向がある。

「知的財産権」としては、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権などが該当するが、「知的財産」は、ブランド、営業秘密、ノウハウなども含めて考えていく必要がある。

知財の機能としては、「独占」「連携」「信用」の大きく3つ。「独占」は、競合他社の模倣を防ぎ、事業の差別化を図るものだ。「連携」は、大企業との事業提携などをする際、交渉力を維持するうえで特許は重要になる。「信用」は、資金調達やM&Aで知財が評価に大きく影響する。

続いて、スタートアップが最低限やっておくべき知財対策として、1)社名・サービス名の商標のチェック、2)知財の体制構築の2つを挙げ、特許庁のJ-PlatPat検索サービスを利用した商標のチェック方法、CIPOを設置するなどの具体策を紹介した。

(以下略)
================================
(引用終わり)

ニワトリが先か卵が先か、じゃないけど、
知財はコストがかかるけどスタート段階で保護しておかないと意味がない、だけど予算がない。
という。

“あらかじめ知財費用を見込んで資金調達をしておくことが大事”
そう、そのとおり。
それを投資家の方に理解していただくことが大事なのよね。
そういう活動もやっていますよ、はい。

こっちのスピード感も大事なんだよなー、と思いつつ。
どこまでアクセル踏めるかな。
コメント

【雑記】お掃除の効能

2019年02月07日 08時27分34秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
なんだか今日も「春本番」くらいな暖かさになることを予感させる今朝の@湘南地方です。

さて。木曜日。
気持ち的には結構追い詰められています。
こういうとき、執務スペースも結構荒れ放題な感じになります。

荒れ放題な感じが、心の殺伐感を助長します。
がっつりお掃除をしたいところですが、それはさすがにムリ。
なので、お湯が沸くまでの間、とか、印刷が済むまでの間、とかの隙間時間を利用して
ちょこっと机を拭いたり、床を拭いたり、ファイルを整えたり。

仕事が減っているわけではないのだけど、気持ち的にはストレス低減の効能はあり。
お掃除、好きなんだけど、好きなことを我慢してやってないだけ…といっても説得力がありませんわね。
でも、お掃除好きなんですよ、ホントに。
コメント

【実務関係】意匠制度改正説明会

2019年02月05日 07時55分50秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
「春うらら」という言葉が季節外れにぴったりだった昨日とはうってかわって、季節相応の寒さが戻ってきた今朝の@湘南地方です。


さて、昨日は「平成30年度 意匠制度の改正に関する説明会」に参加してきました。
対象が弁理士だけではなく一般の方にも開放されていたので、内容としても知財制度の概要から…、
ということで前半戦はそれなりな感じで聴講。

後半のポイントをかいつまむと以下のとおり。

[審査基準の改定について]※施行済
1)「一物品」の考え方について =緩和
 ・複数の構成要素からなる物品で、すべての構成要素が特定の用途・機能を果たすうえで必須でなくても、
  ①一つの形態としてのまとまりの有無
  ②社会通念上一体的に実施されるものか
  を考慮し判断する

2)「意匠に係る物品」の欄の記載 =緩和
 ・省略した物品の区分については、普通名称化していないものに限り拒絶理由に該当することを審査基準に明記
 ・形状、模様、色彩に関する名称(例:「白いテーブル」)を付した場合に、直ちに拒絶理由とはしない

3)「組物の意匠」の構成物品の緩和
 ・組物の意匠として認められるのは施行規則別表第2記載の56種類のみ(←ここは変わらない)
 ・構成物品について自由度が増した(例:「一組のゴルフクラブセット」として、アイアンのみのセットでもOK)

[近日中に運用変更予定の項目]※“来年度中には”とのコメント
4)「開示されていない範囲の扱い」
 (これまで)6面図が整っていなければ意匠不明確として拒絶
 (これから)開示された範囲で意匠の創作が特定できれば意匠が具体的なものと判断する

5)説明のみで意匠登録を受けようとする部分を特定することは認められない。飽くまで図面等による特定。

6)物品の特性次第で、物品全体の形態を示さなくとも意匠の創作を特定可能とする(例:ゴルフクラブの“部分意匠”としてドライバーのヘッド(実線)+シャフトの一部(破線)のみを図示)

⇒上記4)-6)の根底にある、考え方の変更として、
「部分意匠」という出願方法が無くなる。
これに伴い、
 ・“全体意匠”と“部分意匠”の間でも先後願判断を行う
 ・全体と部分の関連意匠も認められる

その他、
7)意匠登録を受けようとする物品以外のものの図示を許容
8)中間省略の図示方法の緩和

部分意匠の考え方の変更に関連して、検索の便宜は維持すべく実線/破線の書き分けがあるものや開示されていない範囲のある出願についてはそれぞれDタームを付与する方向で検討中とのこと。


意匠の類似範囲(=似ている、といえる射程距離)には実務上色々物議もあるけれど、
一見把握容易性(=パッと見て侵害品を捉えやすい)という点はやはり強みだと思う。

要件緩和をユーザにとってよりプラスにできるよう、アドバイザーの目線から色々研究しなければいけません。
コメント

【特許】特許料等の減免制度、刷新。

2019年02月01日 08時32分53秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
昨日とはうってかわって、すかっ晴れの@湘南地方です。

さあ、今日から2月。月が替わればツキも変わる。
前向きに、前向きに。

さて掲題の件、昨日特許庁のHPで公表されていました。

まあ色々と変更があってややこしいですけど、要点は以下のようなところでしょうか。

1)現行の減免制度(“旧減免制度”)と新しい減免制度(“新減免制度”)のどちらが適用されるかは、「審査請求日」を基準に判断する。

2)単純に費用負担の損得で考えると、旧減免制度の方が減免の幅が大きい場合がある。
 ☆例えば産業競争力強化法66条に基づく場合、
  旧減免制度は2/3オフ なのに対して 新減免制度は1/2オフ。
 ※ただ、「小規模企業」に該当する場合は、減免幅は旧減免制度と同じく2/3オフ。
  「小規模企業」=常時使用する従業員の数が20人以下(商業又はサービス業に属する事業を主たる事業として営む者にあっては、5人以下)で、大企業に支配されていない

3)証明書類の準備の手間を考えると、新減免制度の方がラク。
 ☆新減免制度は、基本的にエビデンス不要、かつ減免申請先は特許庁に一本化。

4)中小企業の定義は、基本的には中小企業基本法の規定に沿うもの。
 ※但しゴム製品製造業、ソフトウェア業、情報処理サービス業、旅館業については緩和措置あり。

法改正の場合、いつも問題になるのは経過措置。
今回は「審査請求日」基準。特許庁側の実務としてもやりやすいんでしょうね。
我々サイドの実務としては、エビデンス不要になるのはラクになります。


相変わらず外は良い天気♬
さあ、月初めのスタートダッシュを決めてみよう。


コメント

【商標】確定日付では商標登録出願の代わりにならない。

2019年01月30日 08時40分02秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
空気が非常に乾燥していることを顔から粉を吹いていることで感じる今朝の@湘南地方です。
保湿しなければ。。このままじゃ顔がおじいちゃん。


さて、twitterでこんな説が流れていることを知りました。
2万件前後のリツイートといいねが付いているようで、結構広まってしまっている様子。

この件については、栗原先生も既にコメントしている(というか、呼ばれて書いている…ってすごいな)ように、確定日付をとったところで対策としては殆ど意味がないです。
先使用を主張するための周知性の証拠収集でさえ、商標登録出願よりも遥かに手間もコストもかかるわけで。

繰り返します。
確定日付を取ったところで、商標登録出願の代わりになることはありません。


根本的な勘違いは、商標法は「創作を保護する制度」ではないということ。
先に思いついていたから保護されるべき、という先入観でいるから色々とヘンな話になる。
商標を使用した結果生じた業務上の信用を保護し、競業秩序を維持するための仕組みとして出願登録制度があるのだから、そこに乗っかるのが最適解なわけです。

これとは対照的に、
例えば新規技術やデザインを開発したけど公開を望まず、だけど先行開発の事実を立証する手段を講じておきたい、という場合、
図面等について確定日付やタイムスタンプを取っておくことには意味があります。
(例えば特許庁もこんなパンフで啓蒙しています。)
創作法(特許法/意匠法)においては周知性は先使用権の要件ではないからです。

…まあ形はどうであれ、この分野に世間の関心が注がれること自体は悪い話ではないと思う反面、“であれば正しい情報を発信するのが専門家の義務”とも思うので無粋ながら一言申し述べた次第です。


コメント

【特許】審査請求費用の改定

2019年01月10日 08時20分35秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
今朝は一段と冷え込んだ@湘南地方です。

アイドルの自宅に「ファン」と称する男が押しかけたり、その背景にグループ内のメンバーが住所や帰宅時間の情報をリークしていたとの話が流れたり、被害者本人が一連の経緯を必死の思いで発信した動画が途中でBANされたり、更にはその後のtwitterも都合の悪いツイートは削除されたり、被害者と運営の言うことが食い違っていたり、このニュースを取り上げている地上波や新聞もメディアごとに報道の中身に意図的な情報の歪みがあったり。

裏が取れていない情報も一部入っているようですが、矛盾する事実ならそれこそ明らかにしていただければ。
単なるスキャンダルとは全然性質の違う話なわけで。黙ってほとぼりが冷めるのを待つ、というのは無しでお願いしたいです。
そこまで世間は間抜けではないですし、そんなおぞましい世の中だとは思いたくない。
ムスメを持つ父親の身としても、これがまかり通る世の中だと思いたくない。
これは単なる芸能ネタではなく、この国の「治安」の問題。


さて、今日の本題。
2019年4月から、特許の審査請求費用が改定(引き上げ)されます。詳しくはこちら
出願日ベースでの判断なので、今年3月までの出願については旧料金、4月以降の出願は新料金、ということになります。

ただ一方で、同時に(のはず)全ての中小企業を対象に特許料等の一律半減制度(→こちらの6ページ)が導入されるので、中小企業にとっては負担減、ということになります。
中小企業の出願を促し、競争力を強化することが狙い、ということなのでしょう。

全体としての「収支相償」の観点からの料金引き上げ、とのことですが、上記資料の5ページによればいわゆる「内内」出願の件数は約26万件、うち大企業が85%。
ということは、
[増収分]=@2万円×26万件×85%=4,420百万円
[減収分]=@8.9万円×26万件×15%=3,471百万円
 (※特許行政年次報告書によれば平均クレーム数=約10)
…ん?結果的に特許特別会計、差引増収なんじゃん?上記には現状の中小企業の減免制度も考慮しておらず、また平均クレーム数を引き上げているのは大企業と考えられるのだが。。
いや、まあいいんですけどね。

とまあ、こんなわけで春から大企業にはちょっと負担増、中小企業には負担減になります。




コメント

【商標】類似商品・役務審査基準[国際分類第11-2019対応]

2019年01月08日 07時37分02秒 | 実務関係(特・実・意)
おはようございます!
冬らしいカラっと乾燥した冷たい空気の@湘南地方です。

…昨夜は、窓が開いていることに気が付かず寝てしまいました。。。
どうりで寒かったわけだ。でも大丈夫です、元気です。

さて、たまには知財ネタ。
指定商品/指定役務の類否関係、或いはどういった指定商品表記が認められるか、について、
通常の審査基準とは別個の審査基準として定められています。それが標記の「類似商品・役務審査基準」(「類否基準」ということにします)。

で、[ ]の記載からも判るように、この類否基準は国際的な議論(=ニース国際分類専門家委員会)を踏まえて、毎年“アップデート”されています。
その切り替わりが、毎年1月1日(出願日ベース)。

なので、去年までOKだった表記がNGになったり、その逆だったり、
或いは区分が変更になっていたり、
更にはこれまで類似商品とされていなかったものが類似になったり
といったことが起こり得ます。

そのあたりが、特許庁のこのページの「変更点一覧」に列挙されています。
まあ、代理人に依頼する場合は通常代理人としてはバッチリ把握しているので、心配は要らないです。
主に自社出願の場合ですかね、気を付けるべきなのは。

とはいっても、今回の変更点でそんなにドラスティックなものは無い印象。
(過去の32F06の一部商品が30A01になったりした年と比べたら、ですが)

実務的に気を付けたいポイントとしては、
・「愛玩動物」の表現は全て「ペット」に
・「靴下止め」などの「○○止め」の表現は全て「○○留め」に
・「整体」の表現が正式に認められるようになった(第44類)
・「レザークロス」の類似群追加、区分変更
・「日本酒」「泡盛」の位置づけの変化(※この点は以前取り上げましたね)
あたりでしょうか。
今回は「版の見直し」ではない(5年に1回あると言われています)ので、大きな変更はないですが、
過去の出願を参考に願書を作ってしまうとワナにハマるので注意したいところです。

とまあ、今日は細かいお話でした。




コメント