弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設5周年!
今後とも宜しくお願いします。

【雑記】今年も前半戦終了。

2017年06月30日 08時41分38秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
雨模様な湘南地方です。梅雨本番ですね。

早いものでもう今年も前半戦最後の一日。
ということは、開業から丸5年、ということです。


…ここんとこバタバタし過ぎてて、そんな感慨も実感もないなぁ。
それでよいのかもしれないけど。

明日は土曜日ですがブログ更新予定。
弁理士の日企画、今年も参加です。

月末なのでいろいろやらないといけませんね。
主に経理(銀行回り)と営業の〆。
総務担当の方もいた方が良いのかな。。。

ま、てきぱきとこなしていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【業務日誌】例によって、動くと動く。

2017年06月29日 09時12分04秒 | 実務関係(著作権・価値評価・周辺業務)
おはようございます。
はっきりしない空模様の湘南地方です。

昨日まで出張でした。ブログ書くのも少しご無沙汰。。。
昨日昼頃には関東戻ってたんですけどね。

例によって、出張するとそれまで動いていなかった案件が動き出す、
という現象(そして手元にファイルがないので慌てる、という)。

最近はその因果関係もなんとなくわかってきて。
出張前にリマインダするんですよね。なので、そのリアクションで指示をいただくケースが多い。

…んじゃ、出張出る1週間前くらいにリマインダしておけばいいんじゃないか、という
こちらの段取りの問題だな。。

ま、そこらへんは改善事項ということで。
今日も午後から外出。お天気が崩れませんように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【業務改善】メニューを見直してみる

2017年06月23日 13時05分36秒 | 実務関係(著作権・価値評価・周辺業務)
おはようございます!じゃないな。もうこんにちは!だな。

♪な・つ・だっ! って感じの湘南地方の空です。
すでにアポ一つ済ませてきました。

器用貧乏、というか、
ここのところ事務所のサービスラインナップが拡張傾向にあります。
人も増えたからできることが量も質も向上した、というのはあるとは思いますが。。。

でも自分のスキルを振り返ると、
領域が広がり過ぎて薄まっているのではないか…?
カバーしていなければいけない情報が抜け落ちているのではないか…?
という疑念にかられることがしばしばあります。

専門領域を狭めていけばこの恐怖からはある程度解消されるのでしょうが、
そうすると多面的な手法での解決が求められる場面に対応できないかも、という
別の恐怖が生まれます。
あと、そもそもその領域だけで食べていけるのか、という恐怖も(笑)

組織としてできること
自分としてできること
ここは切り分けていかないと、気持ちがしんどくなるなぁ、と感じる昨今です。

自分の動作確認の意味も兼ね、サービスメニューを一度見直すのが良いのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【体力づくり】無理やり運動

2017年06月22日 11時14分12秒 | 生活改善
おはようございます!
今は雨の上がっている湘南地方です。

どうにもここんところ体が本調子じゃない。
いや、別に病気だとかそういうことじゃなく、
動きが重いというか、意のままに動いていないというか。


「加齢です」


という声は聴こえないふりしときます。



そんでまあ、動きが鈍いからといってそのままにしていたら悪循環なので、
合間の時間を縫って無理やりジムで運動。

運動した直後は、疲労もあるけど却って動きは軽快になっている、気がする。
毎日少しずつできれば良いのだけれど、今の生活リズムではそれも難しい。
せめて2日にいっぺんくらいは、まとめて一時間くらいがっつり汗をかく運動しないとなぁ。

健康管理も仕事のうち、という都合の良い解釈をすることにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【商標】特許庁、ついに「冒認出願」対策を打ち出す

2017年06月21日 08時45分08秒 | 実務関係(商・不)
おはようございます!
梅雨の雨、雨、雨 な湘南地方です。

さて、たまには知財記事書かないとコンセプトブレまくりなので、
今日はこんなネタ

(日経新聞より引用)
================================
無関係の商標出願に対策 特許庁、却下待たず次の審査

タレントのピコ太郎さんの「PPAP」など、当事者とは関係のない第三者による商標出願が相次いでいるのを受け、特許庁が対策を打ち出す。現行制度では先願者の申請が却下されるのを待つ必要があるが、今後は却下を待たずに審査を始める。問題のある出願で実際に商標を活用する企業などが不利にならないようにする狙い。

21日に公表し、同日から運用を始める。これまでの運用では、申請却下を待つため、登録まで最大で通常の審査期間の2倍となる1年弱かかっていた。民間からの改善要望を受け、特許庁は今後は同じ商標で先に出願者がいても却下を待たずに審査を始め、先願者の出願が却下された段階で登録する。

(以下略)
================================

特許庁もやっとこさ運用を変えますか。
この件については本ブログでも過去に取り上げた(例えばこちら)。
私の意見が採用された …そんなわけないか(笑)

年間の出願の1割が“無銭飲食”なら、そりゃ対策組んでしかるべきで。
なんならその分の行政コストを「特定の一人とその関連企業」に請求すればいいんじゃないかと思う。
約2万5千件の処理(実体審査に至らずとも受理業務はされる)だって公費を浪費しているわけで。
過誤で不納付の出願人は救済しても故意に支払わないでシステムにただ乗りするのを看過するのは
行政の公平取扱いの原則に照らしても妥当ではないと思う。

さあ、これで少しは「PPAP出願」は沈静化するのか…
不納付で却下されたとしても行服法に基づく不服申し立て…はしないのだろうな。
出願費用を後追いで納めることも、しないか。ビジネスとして間尺に合わないだろう。
どのみちこの事態は本人も想定していただろうから、既に次の手は考えているのかな、と予想。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【知財全般】「知財ビジネス評価書」の作成申込受付開始

2017年06月20日 08時29分10秒 | 実務関係(著作権・価値評価・周辺業務)
おはようございます!
だんだん梅雨っぽい、湿気の多い空気になってきた湘南地方です。
明日あたりから本格的に雨続きかな?

そんな頭もあり、昨夜は少し早く仕事を切り上げ、久しぶりにジョギング(といっても4,5キロばかし)。
いや体の重いこと重いこと。
できない自分もちゃんと見つめて向かい合わないと、それを超えていくこともできないからねぇ。

おかげで、今日は幾分体のリズムが良さげ。
いつもより階段一段高い位置に立っている感じ。

さて、今年度も昨日から
「知財ビジネス評価書」の作成申込が始まりました。

知財活用金融の一つの在り方。今年で3年目。
かつて研究していたことが定着してきたのは素直に嬉しいことです。
評価書作成実績が積みあがっていけば知財活用ビジネスの評価手法も確立されていき、
それが広く知られるようになれば
スタートアップ企業にとっても知財活用法のセオリーがより身近になっていくのではないでしょうか。

「同じ商売」をやっても儲かる会社とそうでない会社がある。
目に見えないもので差がついている。
その目に見えないものを“見える化”する、という試み。

根拠のない未来を予想することはできないけれど、
根拠としての知財に基づいて少し先の未来を予測することはできる。
引き続き注目していきたい枠組みです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【業務環境】コマンドプロンプト画面が一瞬開いて閉じる…

2017年06月19日 08時57分35秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
だんだん青空が広がってきた湘南地方です。
風が涼しくて気持ち良いです。

さて、ここ一月弱?かな。
PC作業中に、ときどきコマンドプロンプト画面が一瞬出ては消える、という現象が生じています。
何かの見間違えか、と最初は思いましたがどうも何回か確認できる。
といっても一瞬なので中の文字なんかはわからない。

…ウイルス的なやつ?と怖くなってきたので検索してみたら、
全世界的に皆さん同じ現象を目撃してるのね。
(参考にしたサイト及びブログ→こちらとかこちらとかこちらとか)

ひとまずヤバい奴ではなさそうなのでこのまま様子見ようかと思うけど。
なんか気持ち悪い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【雑記】若い力を引き出す環境

2017年06月16日 08時37分18秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
やや曇りがちですが明るい空の湘南地方です。

将棋の藤井聡太四段、すごいですね。「破竹の勢い」とはこのこと。
実際のところ将棋のことはよくわかりませんが、それに人生を賭けている人同士のやり取りの中で
これだけ白星を積み重ねるというのは、何か根本的なところでの違いがあるんでしょうね。

ちなみに、次戦の対戦相手である藤岡隼太さんはどうやら中学・高校・大学の後輩らしいです。
こちらもまだ19歳。若さ同士の戦いにおじさんはただ興奮するばかりです。

卓球も、ここのところ立て続けに「新星」が名をとどろかせていますね。
先日の世界卓球で丁寧に惜敗した平野美宇選手、伊藤美誠選手
13歳の張本智和選手。
→女子選手についてはこんなまとめもありました。

いつだって時代を変えていくのは若い力、なのだけど、
ここのところの目覚ましい若手の台頭の背景には「常識の放棄」もあるのかなぁ、と。
いや、良い意味で。
「常識」って、往々にして年功序列の秩序を守る成分が混ざっている。
それは「長幼の序」という決して忘れるべきではない考え方もあるのだけれど、
競技それ自体においては何らの価値ももたない。

少子化の結果一人当たりに掛けられる費用と時間が増えた、というのもあるのかな。
指導法そのものが進化した、というのもあるだろうし、
テクノロジーが練習方法を変えた、というのもあるのかな。

「若さ」って相対的なものだとも思っていて、
結局その台頭によって立場を脅かされるかもしれない年長者が変な邪魔をしなければ
若い力はより引き出されるのかな、と思う。
もちろん、席を空けてやる必要なんぞないので、全力で壁になってやることが必要だけど。

何にしても、若い力はその周囲を明るくする。
うちもぼちぼち若い労働力を調達するかなぁ。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【発明?】動機付け

2017年06月15日 09時12分29秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
雲の合間に少しだけ青空が見える湘南地方です。

少し疲労が蓄積した木曜日。
ふと目に入ったこんなニュース。

ニコニコニュースより引用)
==================
「パイナップルピザ」発明者が死去

賞賛と呪詛に晒され続けながら、人類の歴史にたしかな1ページを書き加えた男性、
サム・パノプロスさんが83歳で亡くなった。パイナップルピザを発明した稀代の「先見者」である。

(中略)

2017年2月には、アイスランドの大統領から「できればパイナップルをピザの具に使うことを
禁止にする法律を作りたい」と言われてしまうほど、嫌いな人には嫌われているが、
カナダの首相のように「I have a pineapple. I have a pizza.南西オンタリオの生み出した
おいしい食べ物を私は支持する」と熱烈な支持者も確実に存在している。

==================
(引用終わり)

あったかいパイナップル、って時点で私も好きじゃないです。。。
連想されるのが「酢豚にパイナップル」ってやつですよね。
食べられなくはないけど必然性は感じない。

パイナップルの酵素(ブロメライン)がお肉を軟らかくする、という話もあるけど
そもそも缶詰のパイナップルって加熱されてるから酵素失活してるじゃん。。。

とはいえ、パイナップルの缶詰を料理に使おうとするなんて果敢な挑戦、
常人には到底動機付けがない。いやはや、ご冥福をお祈りします。

常識にとらわれるとイノベーションはない、と言われても、
やっぱり自分が食べるものは安心できる定番が良いなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【つぶやき】他人を「納得」させるもの

2017年06月14日 09時02分37秒 | 趣味・その他諸々の雑記
おはようございます!
なんだか連日涼しい湘南地方です。

唐突ですが、
他人を「納得」させるものって、なんでしょうね?

権威?      >> 従うとしても納得するのとはちょっと違う、かな。
正しさ?     >> そもそもそれぞれの物差しによって「正しさ」って違うしな。
満たされること? >> でも人の欲望って限りがないよね…

ワガママ言っても許されちゃう子もいれば、
ちょっと自己主張するだけで抑圧されちゃう子もいる。

…かわいさ?
やっぱり「かわいさ」が正義なのか?(笑)

この間街中を歩いているときに、
“あー、もう一回人生やり直すとしたら、「かわいさを真剣に研究する研究者」になろう”
と夢想していました。
いるのかな、かわいさ研究家…と思ったら、いた

あーとりとめのないブログ。
もうちょっとマネジメント寄りのことを書くつもりで書き始めたのに(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加