Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

二輪レーンまで踏み込んで寄せるべきか

2019-01-16 23:19:01 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

道路の一番左側の通行帯が
二輪車用(または自転車用)となっている道路があります。

そんな道で左折しようとするとき、
左に寄せるには、二輪レーンに踏み込むことになりますが、
そうして良いのでしょうか。

これについては、
基本は(例外もあるものの)、
二輪レーンに踏み込んで左側に寄せるのが正解です。

と言うのも、
そもそも左折前に左に寄せる最大の目的は、
自車の左側に二輪車が入って来ないようにすることでした。
ですから、
二輪車が走行できるスペースを空けてしまっては意味が無いのです。
基本に立ち戻って、“左寄せ”の意味について
知識を整理し直しておくと、納得しやすいと思います。

もちろん、これは車線変更を禁じられていない所での話です。
黄色のラインで通行帯が区分されている場合や、
「二輪車用通行帯」ではなくて「歩行者専用路側帯」であった場合などは、
そのラインを越えずに、
普通車が走れる通行帯の中で最も左に寄せるしかありません。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


「啓蒙する」に違和感

2019-01-14 12:09:16 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

ネット上で「啓蒙」という表現を見掛けて
その用いられ方に違和感を覚えることがあります。
例えば(例えばです)、
「教師が生徒を啓蒙する」というような用いられ方。

辞書には、
《「啓」はひらく、「蒙」はくらいの意》
人々に正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと。
(goo国語辞書より)
と書いてあり、
「偉い人が劣った人に教えを施す」という意味ですよね。

だとしたら、
“偉い人”(上の例では「教師」)の側が
能動的な行為として「啓蒙する」を用いるのは
少なくとも日本人的には、おかしいのだと思います。
上記の例も、「私は○○先生に啓蒙された」と、
謙遜を込めて受動的に用いるなら、おかしくないでしょう。

こうしたことから、
行政機関や議員さんたちは(戦前はともかく、現代では)
住民に対して“啓蒙”ではなくて、
“啓発”という用語を用いるのだそうですね。
ただ、これが、
心の底では「教えを施す」なんて思っているとしたら、
それは言葉の置き換えで済む問題ではないでしょう。

このことは、
教習所の指導員が教習生に対する態度にも
通じるものがありそうですね。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




無免許での運転経験など無いに等しい

2019-01-12 16:59:08 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

もうずいぶん前の話になりますが、
パイロットアカデミーへのお問い合わせのお電話で、
「運転の経験が有ります」と切り出した方がいました。

実は、小生は「あれ?」と思ったのです。

「過去には運転免許を持っていました」とか、
「昔は運転していました」と言う方は多いのですが、
「運転“経験”が有ります」とは、普通は言わないからです。

少し不自然な言い方だったので、よくよく聞いてみると、
案の定、無免許運転(公然かつ常習的に)をしていたようです。

それを聞いて、即答しました。
「無免許での運転経験など、無いに等しいです。」

ちなみに、その方は、
パイロットアカデミーでの教習を受けてから
府中試験場で一発試験を受け、
結果として、仮免・本免とも、すべての試験に1回で合格できました。
教習料(受験料・取得時講習費を除く)は10万円かからずに修了でき、
ご本人はかなり満足していたようです。

もっとも、
教習を受けようと電話を入れてきた殊勝な心掛けは、
その辺の、練習なしで受験して失敗する“運転経験者”とは、
違っていたのでしょうけどね。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




「警音器は無いもの」と覚えて問題なし

2019-01-10 14:59:44 | Weblog



←※投票よろしくお願いします!

警音器(=警笛、ホーン、クラクション)は、
危険が迫っている時か、標識で指示されている時にしか使いません。
前の車の発進や加速を促したり、歩行者をどかせたり、
知り合いへの挨拶や道を譲ってくれたお礼などのために、
鳴らしてはいけないことになっています。

実際、“音”というものは指向性が無いので、
誰に向かって、どういう意図で発せられたのか、
その真意は、鳴らしたドライバー本人でないと分かりません。
歩行者に道を譲るつもりでホーンを鳴らしたら、
減速していた前の車が自分が鳴らされたと思い込んで加速してしまい、
歩行者を撥ねてしまった、などという笑えない話もあります。

そういったことを踏まえて改めて考えてみると、
少なくとも試験中は、
本当に警音器が必要な場面は「無い」、
と言い切ってしまって問題ないでしょう。

技能試験を受験される皆さんは、
「警音器は無いもの」と思って運転していて大丈夫です。
で、本当に危険な場面に遭遇したら、
ホーンを鳴らすより前に、とにかくブレーキを踏んでください。

もっとも、「危険を感じたら即ブレーキ!」は、
警音器がどうこう言う以前に、基本中の基本ですけどね。

ところで、40代以上の人(小生を含め)は、
警音器のことを「クラクション」と呼ぶ人が多いですが、
「クラクション」という言葉は、
「ホチキス」や「マジック」と同様、商品名なので、
教習で用いるのはあまり適切ではありません。

しかし、
教本で用いられている通り「警音器」と言うのも堅苦しく、
また、「警笛」とか「ホーン」と言っても意味が通じにくいため、
つい「クラクション」と言ってしまうことがあります。
そんなときは、
「ああ、『警音器』のことね」と理解して、
笑って許してやってください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




「ミラーは無いもの」と覚えるわけでない

2019-01-08 19:59:03 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

進路変更の前には、安全の確認が必要です。
その際には、ミラーだけでなく、
必ず、直接そちらを見て確認してください。

ところで、
パイロットアカデミーではありませんが、
「サイドミラーは無いものと思って、目視だけでしっかり確認してください」
と教える指導員もいるそうです。

でも、それってどうなんでしょう?

サイドミラーが見えない状況なら仕方ありませんが、
見えているなら、付いている装備は活用すべきと小生は考えます。

と言うのも、
目視確認中は、前方から視線を外しているわけで、
言ってみれば“わき見”をしているのと同じなので、
その時間は、極力短くしたいからです。

ミラーを見るのだって、わき見には違いありませんが、
首を前に向けたままチラッとミラーを見るのなら、
前方の様子は視界に入っていますし、
何か不測の事態が起きたら確認の動作を中断するのも容易です。
しかし、目視のために首を横に向けると、
前方で何が起きているか分からず、
また、再び前を見るまでの時間も車は走ってしまいます。

目視による安全確認は不可欠ですが、
安全確認に時間を掛けてしまって事故を起こすようでは、本末転倒。
ドライバーがわき見をする時間をできるだけ短くするためにも、
ルームミラーやサイドミラーは上手に活用しましょう。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




不立文字

2019-01-06 15:41:35 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

「不立文字(ふりゅうもんじ)」とは、
禅宗の基本的立場を示した言葉で、
「悟りは言葉によって書けるものではないから、
言葉や文字にとらわれてはいけない」という意味だそうです。(『大辞林』より)

このことは、自動車運転にも当てはまる話で、
教本や当ブログ(それはそれで有り難いのですけど)を読んだだけで、
「分かったつもり」・「できたつもり」にならないでください。
真の運転技能は、
自分でハンドルを握って体得しなければ身に付かないのですから。

もっとも、では「文字には意味が無いか」と言えば
そんなこともありません。
現に、曹洞宗の開祖・道元禅師にしたって、
文字を使って『正法眼蔵』を著しているわけですし。

ですから、教本などは、やはり読んでいただきたいと思います。
ただ、文字では伝えきれないことがある(多い)のも事実なので、
それだけにとらわれない、という姿勢が大事でしょう。

ついでに言うと、
教習課題として指導するべき項目の他にも、言葉にできない、
例えば、「安全運転がいかに大切であるか」とか「他の車や歩行者への心遣い」とか、
もっと踏み込んで言うなら「自動車を運転するにあたっての心構え」といったものを、
実際に車を動かしながら覚えてほしいのです。

この「言葉にできない事」こそが、
自動車運転教習の最大の目的のようにも思えます。
これについては、
「不立文字」に続く「教外別伝(きょうげべつでん)」という節に通じますね。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



「危険!即ブレーキ!」が当てはまらない場面

2019-01-04 15:59:02 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

運転中、危険を感じたら、
四の五の言わずに、即、ブレーキを踏むのが鉄則です。

後方の安全を確認する必要もありません。
本当に危険なら、
後続車が来ていたってブレーキを掛けなければならないですし、
車間を空けるのは先行車ではなく後続車の責任だからです。

「地震だ!火を消せ!」
(昨今は「地震だ。まず身の安全。」と言うそうですがそれはさておき)のごとく、
基本的には「危険! 即ブレーキ!」と覚えてもらって結構です。
そう。基本的には。

ただし、これには例外があります。

それは、
「凍結路面」での走行中です。

積雪路面なら、まだタイヤのグリップが効きますが、
凍結しているとタイヤは簡単にロックし、すぐに制御不能に陥ります。
スタッドレスタイヤを履いていても過信は禁物です。

なので、凍結路面では、エンジンブレーキを活用して、
不用意なフットブレーキを踏まないようにしましょう。

そもそも、積雪路であれ凍結路であれ、
急ブレーキが必要になるほどのスピードを出さなければ良い話です。

ここ一両日は、関東の平野部でも朝方は氷点下。
気を引き締めて走りましょう。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)

指導員は鑑でなくてはならない

2019-01-02 17:59:02 | Weblog


←※投票よろしくお願いします!

「子は親の鏡、親は子の鑑」という言葉があるそうです。
子どもは親の言動を見て育つので親に似るものであり、
親は子どもの模範となるよう言動に気を使わなければならない、という意味。

なるほど。
この言葉は、自動車運転の教習における、
指導員と教習生の関係にもあてはまりますね。

教習所で複数の教習車が走っているのを見ていると、
同じ教習車(同じ指導員が乗っている)は、
運転している教習生が変わっても、同じような運転をしているのに気が付きます。
まさに、「教習生は指導員の鏡」と言えるでしょう。

だからこそ、
指導員は、教習生にとっての“鑑”たらねばならないのです。

それは、教習中に限らず、プライベートな場面であっても、
模範的な運転を示さなければならない、ということでもあります。
お正月ですが、飲酒運転など、以ての外です。

正月早々、お説教くさくなってしまいました。
本年も宜しくお願いいたします。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


適度な摩擦によって車は走る

2018-12-30 10:59:05 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

意外に思われる方がいるかも知れませんが、
世の中に摩擦というものが無かったら、車は走れません。

リニアモーターカーのように宙に浮いて動くのなら別ですが、
タイヤで地面を蹴って走る以上、
地面との摩擦が無かったら、
タイヤが空転してしまい、車は進んでくれません。

とは言うものの、
車の推進力以上に摩擦が大きすぎると、
やっぱり車は進んでくれません。

適度な摩擦があるからこそ車は走るのです。

またお得意の“人生訓”になってしまいますが、
仕事も、人間関係も、
適度な摩擦があった方が進展するんじゃないでしょうか。

今年1年、いろんな“摩擦”がありました
(殊に今年は多かったように思います)が、
すべて、来たる年への糧にして、前進して行きたいと思います。
「前見て加速!」で。

今年もお世話になりました。
来年も宜しくお願いいたします。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




合格おめでとうございます!

2018-12-28 20:59:08 | Weblog


←※投票よろしくお願いします!

18119K様

本免技能試験合格のご連絡ありがとうございました。

年内最終日の受験で合格できましたね。
本当は年明けの日程で技能試験を予約していたのを
キャンセルが出たため今日に変更できたそうで、
ラッキーでしたね。
取得時講習も、近いところで受講できるとのこと、
それも良かったです。

今度の免許は更新忘れのないように気を付けてください。

おめでとうございました!


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)