Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

いきなり来るバッテリー上がり!

2020-01-18 12:59:20 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

まさに昨晩のこと。

新規の教習生さんを同乗させて練習コースへ行き、
「さあ、これから教習を始めましょう」という時に、
エンジンが掛からなくなりました。

初めは、
教習生が(運転経験のある方とは言え)
ハイブリッド車の始動方法が分からないのかなと思って、
「ブレーキペダルを踏んでいますか?」とか、
「一度手を放して、もう1回ボタンを押してみてください」とか、
いろいろ試してみましたが、まったくダメ。
小生が代わってエンジン始動しようとしても、やっぱりダメ。

結局、パイロットアカデミーの教習車ではなく、
その練習コースで用意してくれた別の教習車を使って、
教習しました。

昨晩の教習生さん、
初回からこんな目に遭わせてしまい、申し訳ありませんでした。

一夜明けた今朝、調べてみたところ、
バッテリーが完全に上がっていることが判明しました。

いや、でも、練習コースまでは運転して来たんですよ。
それで一旦エンジンを切って、
再始動しようとするまでの5分ほどの間に
バッテリーが上がるものでしょうか?

どうも、そうらしいです。
ネットには、
「銀行ATMへ立ち寄ったらバッテリーアップしてた」
なんて声もありました。

それで、つい先ほど、車をディーラーへ持ち込み、
バッテリー交換と電気まわりのチェックをしてもらった次第。
金壱萬参阡参陌参拾弐圓也。

それにしても、昔の車なら、
「エンジンの掛かりが悪くなったな」のような前兆があったのに、
いきなりバッテリー上がりが来るので、怖いですね。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


合格おめでとうございます!

2020-01-16 06:29:41 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

19112G様

外国免許切替審査合格のご連絡ありがとうございました。

慣れない日本語での教習と受験に苦労されましたが、
無事に合格できて、良かったです。

今後、一層のご活躍をお祈りしています。
合格記念品(本革製パスケース)をお贈りしますので、
ぜひご活用ください。

おめでとうございました!


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



車から離れる時にはエンジンオフ!

2020-01-14 12:48:41 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

試験が終わって車から降りる際には、
必ずエンジンを切ってください。

あ、「車から降りる」までが試験ですから、
まだ試験は終わっていないですね。

さて、教習では、
降車の際にエンジンを切ることを教えています(教えているはずです)から、
まず切り忘れは無いのですが、
試験になると、緊張も手伝ってか、
エンジンを掛けたまま車から降りてしまう人もいます。

エンジンを掛けたままドアを開けると信号音が鳴る車もありますが、
それに気づかないのか、
あるいは、この時季はエンジンを冷やさないようにと気遣って、
わざわざエンジンを掛けっぱなしにしているのでしょうか。
でも、
すぐにまた運転するのでない限り、エンジンは切って降車するものです。

過去に運転経験の有った人(特に教習を受けずに試験に臨んだ人)に
この傾向があるようですから、注意しましょう。

ただ、同じ運転経験者でも、
二輪に乗っていた人は、エンジン切り忘れが少ないですね。
エンジンを掛けたままバイクから離れるのは危険なのが分かっているので、
きっと、その感覚を普通車にも活かせているのだと思います。

どうであれ、
エンジンを切らずにドアを開けることに“違和感”を持つようになれば、
切り忘れはなくなるでしょう。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



今日のところは遅刻してください

2020-01-12 18:08:39 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

車での移動は、所要時間が読めないものです。
ちょっとした渋滞でも、
普通に流れている時の2倍以上の時間を費やすことは珍しくありません。

ですから、
通常30分で到着するなら1時間前に出発、
通常1時間で到着するなら2時間前に出発、
を心掛けましょう。

もし運転中に約束の時刻が迫ってきたら、
危険な運転をしてまで間に合わそうとせずに、
今日のところは遅刻してください。

もちろん、先方にはきちんと連絡を入れて。
もちろん、運転しながら通話したりラインを送ったりしないように。

そして、次の機会には、あと5分早く出発するようにしましょう。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


日本語での教習になります

2020-01-10 11:59:26 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

パイロットアカデミーの教習は、すべて日本語で行います。
外国人も教習を受けていただくことは可能ですし、
教習中にも難解な言葉は使わないつもりですが、
でも、まったく日本語の聴き取りができない方には、無理です。

「通訳を同乗させたい」とのご要望をいただくこともありますが、
例えば「危ない!」というのを、咄嗟に伝えられるのでしょうか。
指導員が「Danger!」とか言えば良いだけかも知れませんが、
咄嗟に英語で指示するのなんて、こちらが自信がありません。

また、通訳であろうと、友人であろうと、
教習生でない人が同乗するのは、
運転者(教習生)の気が散るのと、
1人分の教習料で2人を教えることにもなるので、
(パイロットアカデミーでは)お断りしています。

では、日本語がまったくダメな人はどうしたら良いかと言うと、
外国人専門のスクールが都内に数校あるようですので、
そちらへ問い合わせてはいかがでしょうか。
在日同邦人のコミュニティには、そういった情報が流れていると思います。

※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


「猫ふんじゃった」のままにしない

2020-01-08 23:53:53 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

カーブでは、ハンドルを回し、
持ったままでは切り足りない場合は、
右手と左手を持ち替えて切り足すことになりますが、
その際は、
「送りハンドル」では効率が悪く、思うように回ってくれませんから、
持ち替えが必要な場面では、必ず両手を交差させて持ち替えてください。
この動作は、俗に、「猫踏んじゃったハンドル」とも呼ばれます。
(ピアノで『猫踏んじゃった』を弾く時に左手が右手の上を越える動作をすることから)

さて、ハンドルの持ち替えは、そういうわけで「猫踏んじゃった」を使うのですが、
カーブの中では、そのままにしておかないでください。
腕を交差させたままにしておくと、
その先でカーブの曲がり具合が変わったりした場合に対処できなくなるからです。
ですので、カーブの中でハンドルを固定する瞬間(1~2秒)は、
両手は、基本の「10時10分」の位置で握っているようにしましょう。

そのためには、
カーブの縁石やラインを(前輪の描くであろう軌跡を)
車が曲がり始めた早い段階で把握してしまって、
早めにハンドル固定の状態を作っておくと良いでしょう。
慣れてくれば、
「このくらいのカーブはこのくらいハンドルを回す」
というのが分かってくると思います。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



「節句働き」の錯覚

2020-01-06 18:59:04 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

まだ松の内ですが、世の中は、
今日から仕事始めという会社が多いようですね。
もっとも、かく言うパイロットアカデミーは、
元日だけ休んで、1月2日から営業していますが…

ところで、
他の人がのんびりしている時に自分だけ仕事をしていると、
何か仕事が捗るような気がしますが、それは“錯覚”です。

車の運転に例えるなら、
住宅街や商店街をスピードを出して通り抜けるようなもの。
混雑している所を縫うようにすり抜けて行くと、
車が速く走っているような気がしますが、
それほど早く到着できるわけでもなく、ただ危険なだけだったりします。
むしろ幹線道路でしっかりスピードを上げた方がよほど効率的でしょう。

お正月も同じで、
普通の人は、正月を休むために、年末に忙しい思いをしていたはずです。
正月を忙しくしているのは、年末に頑張らなかった分の皺寄せであって、
結局トータルでの仕事量は同じぐらいだったりします。

本当に正月返上で働かなければならない職業の方もいるでしょうが、
いわゆる「節句働き」になるのは、できるだけ避け、
脂が乗ってフル回転できる状態でこそ、全力疾走したいものです。

そんなことを、
(逆に)狭い道で無茶な運転をしている車を見て、思いました。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



孟子の言う「君子の三楽」の三つ目

2020-01-04 11:59:03 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

念のため申し上げておきますが、
“君子”の三楽ですから、
「飲む・打つ・買う」じゃありませんよ。

さて、本家・孟子によれば、

父母倶存兄弟無故一楽也
(父母倶に存し兄弟故無きは一楽なり)
仰不愧於天俯不☆於人二楽也 (☆印は「作」の偏の部分が「りっしんべん」になっている字)
(仰いで天に愧(は)ぢず俯して人にはぢざるは二楽なり)
得天下英才而教育之三楽也
(天下の英才を得て之を教育するは三楽なり)

の3つが君子にとっての楽しみだと述べています。

このうち3つ目に関しては、
運転指導という商売も、
人に物を教える仕事ですから、「教育」の一種でしょう。
そして、
「天下の英才」を“やる気のある者”と解釈すれば、
まさに、これに当てはまります。

教習生は皆、
「免許を取りたい!」または「運転できるようになりたい!」と
意欲のある人ばかりですから、
そういう人たちと同じ時間を共有するのは、本当に楽しいです。

もっとも、そうは言っても商売なので、
もう少し儲けを出すことを考えてもよいのでしょうけど、
その辺りに、
「君子たるべし。されど君子たりえず。」といった葛藤があります。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



わが母校、花園で2勝!

2020-01-02 19:39:38 | Weblog

※今日の記事は自動車の運転とは関係ありませんが、
どうしても書きたかったので、どうかお付き合いください。


今、花園ラグビー場で、
第99回全国高校ラグビー大会が開催されています。

わが母校、埼玉県立浦和高校もその一員として加わり、
昨日行われた対桐蔭学園戦では強豪相手に3勝目は逃したものの、
花園に一大旋風を巻き起こしました。

スポーツ推薦も無い公立高校で、
ほとんどの部員が中学までにラグビー経験無しというチームが、
そして、県内屈指の進学校で勉強と部活を両立させている彼らが、
ここまで勝ち進んだのは、
全国の“普通”の高校生たちすべてに、勇気と希望を与えたことと思います。

ところで、その2戦目、
年末12月30日に行われた青森山田高校との対戦では、
勝利したことももちろん嬉しいのですが、
それ以上に、“浦高らしい試合運び”に胸を打たれました。

青森山田が、外国人留学生2人を中心に、縦に突進してくるのに対し、
わが浦高は、ディフェンスを厚くしてそれを防ぎ、
オフェンスにおいては、お得意のモールで押して行く戦法で、
終わってみれば、大方の下馬評を覆し、33-28で勝つことができました。
必死のディフェンスも、モールで押し込んでのトライも、
選手みんなの力を結集したもので、
「スーパースター不在のチーム」ならではの持ち味と言えるでしょう。
そこが、感動的であり、また、誇らしくもあります。

ベスト8には手が届きませんでしたが、
わが母校の初16強入りを心からお祝いしたいと思います。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


二輪車に関する知識も必要

2019-12-30 14:39:04 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

本免許の学科試験は、
普通車も自動二輪車も大型特殊も、
(一種免許は)すべて共通です。

なので、いずれかの免許を持っていれば
学科試験は免除になります。

ということは、逆に言うと、
普通免許を取得するために受験するのであっても、
二輪車に関する知識も問われる、ということでもあります。

例えば…
・バイクのエンジンの掛け方
・アクセルやブレーキの操作方法
・カーブや交差点での曲がり方
・クラッチと変速操作
 (これはAT限定の人がMTのことを勉強するのと同じです)
・二輪車の分類と必要な免許の種類
 (これは法規の問題なので、教本を読めば対応できます)
・二人乗りその他、二輪車ならではの制限事項について
 (これも法規の問題か) etc.etc...

これらに関しては、
二輪車には乗るつもりが無くても、
常識的な範囲で結構ですから、勉強しておいてください。

なお、「大型特殊免許」も学科試験は共通なので同じ扱いになりますが、
注意を要するのは「後輪操舵の車両では内輪差ならぬ外輪差が生じる」ぐらいで、
それ以外の、エンジンの掛け方やアクセル・ブレーキの操作方法等は、
普通車と同じなので、
あんまり意識しないでも対応できるんじゃないでしょうか。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)