こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

ドリームガールズ

2007年11月25日 | タ行

『ドリームガールズ』
---DREAMGIRLS ---
2006年(アメリカ)

監督:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス ビヨンセ エディ・マーフィ ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ ダニー・グローバー

モータウン(デトロイト市に設立されたソウル音楽やブラックミュージックを中心としたレコードレーベル)によってブラック・ミュージックが白人文化へと広く浸透していった60年代から70年代のアメリカ音楽シーンを背景に、女性ボーカル・グループが辿る波瀾万丈のサクセスストーリー。

 1962年、アメリカの自動車産業の中心地、デトロイト。
エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)の3人は音楽での成功を夢見て“ドリーメッツ”というグループを結成し、新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。
中古車販売会社のカーティス(ジェイミー・フォックス)はそんな彼女たちに大きな可能性を見出し、マネジメントを買って出る。
そして、地元で抜群の人気を誇るジェームズ・アーリー(エディ・マーフィ)のバック・コーラスに抜擢されると、彼らのパワフルなステージはデトロイトのみならず全米中の注目を集め、一躍スター街道を歩み始めるのだったが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------



とにかくジェニファー・ハドソンの歌声が素晴らしかったです。
解説にもありますように、60年代から70年代、ブラックミュージックが浸透していくアメリカ音楽の背景というのにも、とても興味惹かれます。
ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ、ダニー・グローバーなどそうそうたるメンバーで迫力満点でした。
音楽がお好きな方なら、尚更オススメします。



コメント (6)   この記事についてブログを書く
« サイレンサー | トップ | ブレイブ ワン »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シュープリームス! (moondreams)
2007-11-25 14:13:03
小米花こんにちは。
ジェニファー・ハドソン好かったね、アカデミー賞受賞も文句なし。
あとエディ・マーフィが僕は凄くよかったと思います。エンターティナーだな~と歓心しきりでした。
moondreamsさんへ! (小米花)
2007-11-26 14:36:52
TB&コメントありがとうございます。
音楽界のサクセスストーリーは、あまり好きではありません。だってドロドロしてて・・・。
でも、この映画は良かったですね~。
歌声が素晴らしかった!!

エディ・マーフィもジェイミー・フォックスも、歌ったりピアノ弾いたり(この映画ではないですネ)なかなかのエンターティナーですよね!
お気に入り (ジュン)
2007-12-03 00:59:19
私この作品べた褒めしちゃってます。
劇場観賞2度しちゃったしサントラもすぐさまGET
相当気に入って2月の段階で今年のナンバー1って
書いてしまっているんですが、実はその後もっと
いい映画あったんですよね^^;
でも感想を書き直さずにそのままなので
ちょっと気恥ずかしい気分もありますが。。。
ジュンさんへ! (小米花)
2007-12-03 21:08:39
お気に入りの映画だったんですね~。
きっと大スクリーンでは、迫力の歌唱を聞けたことと思います。

映画感想は、そのときの感動が一番大事ですもの。
ジュンさんの正直な感想はどうぞそのままで!
DVDとスクリーンでは受けた感動も違いますから、
そんな感想を読ませていただくのは嬉しいです。
おじゃまします (ピロEK)
2007-12-04 12:37:49
おじゃまします。
基本こういう暴露本的な内容の映画って鬱陶しくて好きじゃないのですが、この作品は歌の迫力があったお陰で割と楽しめました。
いっそ歌だけだったらもっと良かったかも…その場合は観ない可能性が高いですけどね。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
ピロEKさんへ! (小米花)
2007-12-05 13:45:47
特に音楽関係の内部事情物語は、女性と薬とお金・・・。
うんざりすることが多いです。
一部を強調しすぎてしまうのかもしれませんね。

この映画は歌自体の魅力が素晴らしかったですネ♪

コメントを投稿