和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

ザ・レポート

2021年06月04日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ザ・レポート
---The Report---
2019年(アメリカ)

監督:スコット・Z・バーンズ
出演: アダム・ドライバー、アネット・ベニング

「スター・ウォーズ」シリーズや「マリッジ・ストーリー」で活躍するアダム・ドライバーの主演で、CIAが行っていた拷問に関する実態を調査した報告書に関する実話をもとに描いたポリティカルドラマ。
9・11同時多発テロ事件後、アメリカ上院職員のダニエル・J・ジョーンズは、CIAの拘留・尋問に関するプログラムの調査を命じられる。
さまざまな資料をもとに調査を進めるうちに、CIAが「強化尋問プログラム」と称して拷問を行い、その事実を国民にひた隠しにしていたことなどが明らかになっていくのだが……。

共演に「20センチュリー・ウーマン」のアネット・ベニング、「マッドメン」のジョン・ハム、「アントマン」のコリー・ストールら。
監督・脚本はスティーブン・ソダーバーグの「インフォーマント!」「コンテイジョン」などの脚本を手がけてきたスコット・Z・バーンズ。製作にソダーバーグ。(映画.comより)

 

 
      
-------私のひと言-------
お家鑑賞。(Amazonプライム)
 
見たいリストに上げておきながら後回しになってて、やっと鑑賞しました。
ポリティカルドラマというカテゴリーはハマると興味が次から次へと湧いてきますが、記事にするのはちょっと面倒。なので興味が湧かないと縁遠くなります。
ここしばらくこういう重いテーマは見てなかったので、見たいリストのずっと下の方に沈んでいました。
しかし見てみるとなかなか良かったです。

 ダイアン・ファインスタインという女性議員をwikiってみて、アネット・ベニングがあまりにうまく役を作っていたかにびっくりしました。まるで本人出演?と思うほどでした。
CIAはその存在の大きさから事実の暴露も含め、いろいろな映画の題材にされていますね。
その是非は私達には分かりませんが、映画として興味深いのも面白いものです。

日本未公開の映画で、ポスターで赤く塗りつぶされた部分は「TORTURE」という言葉で意味は「拷問」。

 
       
 
 
 
 
 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« メッセージマン | トップ | ボルグ/マッケンロー 氷の男... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アネット・ベニング (こに)
2021-06-05 15:48:51
最初はどこに出ているのか分かりませんでした。
実在の人物を演じるのは大変なんでしょうね。
こういう内容のはたまに観るのがちょうど良いですね。
拷問のシーンは早送りしちゃいました<m(__)m>

https://blog.goo.ne.jp/mikawinny/e/09605964f936424372d97397ded9da40
こにさんへ! (小米花)
2021-06-05 21:34:43
久し振りにポリティカルドラマ見ました。
以前は好きで好んで見ていた感じもありましたが、
今はたまに見ると、刺激があっていいですよね。

アネット・ベニング の役作り、さすがでした。

コメントを投稿