こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オリエント急行殺人事件

2018年05月30日 | ア行
『オリエント急行殺人事件』
---MURDER ON THE ORIENT EXPRESS---
2017年(アメリカ)

監督: ケネス・ブラナー  
出演: ケネス・ブラナー 、 ペネロペ・クルス 、 ウィレム・デフォー、 ジュディ・デンチ 、 ジョニー・デップ 、 ミシェル・ファイファー
 
アガサ・クリスティーの名作ミステリーをジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォーをはじめとする一流キャストの豪華共演で映画化。
大雪で立ち往生したオリエント急行を舞台に、密室の車内で起きた殺人事件を巡って、容疑者である乗客全員にアリバイがあるという難事件に挑む名探偵エルキュール・ポアロの活躍を描く。
監督はポアロ役で主演も務める「から騒ぎ」「シンデレラ」のケネス・ブラナー。

エルサレムで華麗に事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー )は、イギリスでの事件解決を依頼され、イスタンブールでの休暇を切り上げ、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。
ほどなくアメリカ人富豪ラチェット(ジョニー・デップ)から、脅迫を受けているからと身辺警護の依頼を受けるが、これをあっさりと断る。
ところが深夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまったオリエント急行の車内でそのラチェットが何者かに殺害される。
鉄道会社から調査を依頼されたポアロは、列車は雪に閉ざされており、犯人は乗客の中にいると確信、一人ひとりへの聞き込みを開始する。
しかしやがて、乗客全員にアリバイがあることが明らかになるのだったが…。
(allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


アガサ・クリスティの作品は本当に数多く映画化されています。
ご本人の伝記ものの映画も作られてますし。。。
 
1974年の作品も豪華な俳優陣が揃っていますが、こちらも負けてはいませんでした。
サスペンスのドキドキ感はないのですが、キャストにドキドキしました。
 
ラスト、カイロに向かうポアロ。
ナイル殺人事件へと続くのでしょうか。
 
アガサ・クリスティ作品、昔の映画をもう一度見直したくなりました。
でも、時間がないなぁぁ~~。
 
 
         

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« マネーモンスター  | トップ | ドライビング Miss デイジー »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アガサ・クリスティ作品 (NAO)
2018-06-01 15:50:43
1974年版は、小学生だった私も真剣に観ていた記憶があります。
当時、原作を知らずに映画を観たので、あの結末は
かなり衝撃を受け、以来、図書室でアガサ・クリスティ作品をむさぼるように読んでいたなぁ・・・。

今作も結末知っていても、見応えありましたね。
役者があれだけ揃うと、なかなか壮観です。
最後、トンネルで全員が座っている様は「最後の晩餐」を彷彿させます。

あの終わり方をみると、たぶんナイルに死すもリメイクするんでしょうね~。
NAOさんへ! (小米花)
2018-06-04 10:53:20
お返事遅くなってごめんなさい~。

最近映画見られてません、、、。

結末を知っててもドキドキ楽しめるって、演劇に近い感覚ですね。
そうですか、「最後の晩餐」かぁ。。
オリジナルの映画にも会ったのでしょうか、そのシーン、、、覚えてないのですが。

ナイルの方も見てみたいですね!
オリジナル (NAO)
2018-06-06 14:35:45
最後の謎とき明かしシーン、オリジナルは車内で行われました。

今回は、トンネル出口という斬新な演出に驚きました。

オリジナルは、オール車内。今回は、外のシーンもあったのも新鮮でした^^

ナイルに死すでは、どういう演出するのか?楽しみです^^
NAOさんへ! (小米花)
2018-06-08 22:35:25
謎解き明かしシーンのこと、教えて下さってありがとうございますっ。

そうそう、車内でのシーンですべてが終わっていたんでしたよね。

ナイル、、、の方もケネス・ブラナー 監督作品で見たいですね~。

コメントを投稿