スロージョギングと写真のブログ

ウォーキング、ジョギング、ママチャリで出あった季節の花や風景写真で日々の出来事・雑感をつづっていきます

寛平さん放射線治療はじまる

2010年04月29日 | ジョギング

■ 寛平さんのアメリカでのガン治療がはじまった。

寛平さんがアースマラソン途上で^ガンに気づいたころ、当方も頚椎障害の激痛が発生した。

治療や復活に向けての情報がHPにアップされると思いますが、わが身にひきあてて関心が持たれます。

治療がうまくいって、はやく再スタートされるといいですね~。

■ 今日は、クラブの朝練に合流、10km/コストコ折り返しで止める。

7:00~6:14~5:50~5:30~5:15//14:03~6:35~6:04~5:55

㌔6分をきって走ってしまったけれど、

走る前に感じていた首の違和感は、なぜか走っている途中から終了後とほとんど感じなくなっていた。

今日のラン&スイム        
      
       R= 10+4=14k コストコ
           
当月累計 R=103k S=6k  年間累計  R=481k  S=9.1k  

コメント

神場公園折り返しのジョグ

2010年04月26日 | 頚椎椎間板ヘルニア闘病記

■ 快復の具合をみたくて、午後は久しぶりに検見川陸橋のアップダウンを経由し、

畑町を抜けて、花見川サイクリング道路に出る。

神場公園を折り返す。

建設が始まっていた花園中学の新校舎は、ほぼ出来上がっていた。

川沿いの田んぼは、土を耕し、水をはり、田植え前の状態です。

里山は新緑に萌え、カエルの鳴き声や鳥のさえずりも聞こえる。

35:03~10:02~7:27/52:33(神場公園7km)//7:27/1:00~9:48~31:51/1:41

ジョギングのあとの違和感はない。

この程度のジョグや、1kmくらいのスイムが普通にできるようになれば、

時間や気持ちの自由度が増した、人生の第4ステージ(60歳~80歳)を

有意義に輝かせることができそう。

障害と上手につきあい、体を動かしながら快復をはかり、様子をみながら運動をステップアップしていきたいです。

今日のラン&スイム        
      
       R= 14k/1:41  神場公園
           
当月累計 R=89k S=6k  年間累計  R=467k  S=9.1k 

コメント (1)

野菜に元気をもらう

2010年04月25日 | 週末菜園

■ 菜園に行く。

快晴で暖かい。

前回、空き畝にタネを蒔いてから、冬に逆戻りの低温が続いた。


今日の畑

雪が降ったり、日照不足も繰り返していた。

薄くおおわれた土の下のタネ、芽を出し始めたばかりのジャガイモなどに被害がないか気がかりだった。


このところの直売場人気で、朝方はラッシュアワー

直売場に寄り、JAで玄米を買い、菜園に到着。

  

最初にまいたホーレンソー・コマツナは、寒さで成長が遅いけれど順調。

ジャガイモも芽を出し、少し大きくなっていたので芽欠きをする。

心配していた、時差マキのホーレンソー、コマツナも、あの冷たい雨・寒さをくぐりぬけて芽を出していました。

菜園は、比較的風が強く吹くところですが、玉ネギも風雨にへし折られず、しっかりと根を張っていた。

自然の中の営みって、すごいですね!!

雑草を抜き、

玉ネギに最後の追肥と中耕を施す。

エンドウは、6月が収穫期ですが、実をつけていた鞘を4つほど収穫、今夜の味噌汁に入れる予定。

寒さで巻かないキャベツ。

畑のクロで採ったノビルを、

直売場で買ったゆず味噌に混ぜて、昼のオニギリのおかずにする。 

コメント

「頑張って走る」ことをやめる

2010年04月24日 | 千葉市美浜区 街の風景

■ というより、タイムを追って走ったり、他の人と競って走るのは止めた。

ま~、頚椎の障害発生にともない、悪化・再発させないためにそうならざるを得なくなったわけですが、

自然の風景・四季の移り変わりを楽しみながら、限界点をしっかり見きわめマイペースでジョギングすることにした。

心身がリラックスでき、走ったあとになんともいえない気持ち良さが残ればよい、首に無理がなければよい。

今朝はクラブの朝練に合流して、コストコまで走り、折り返す。

最後尾のKさんと話しながらのラン、6~7分/km、それでも速いような気がする。

症状が消えるまでは、仲間につられて併走しようとする心を抑えなければならない。

会長から、平成22年度の千葉陸協の会員登録をしてもらいましたが、大会に参加するあてもない。

年末くらいには、大会復活ができるでしょうか(タイムより、楽しむこと完走することが主眼になりますが)。

■ 朝練後の青空宴会を失礼して帰宅すると、Kさんから昼食の誘いの電話が入った。

某学院に就職が決まり、4月の給料が入ったので、いかがですか?とのこと。


「奈のは」海浜幕張店

Aちゃんは2年生で学童保育、Hちゃんは保育園に入り、子育て主婦から社会での自己実現に一歩を踏み出した。

相方も良さそうだし、今までの経験が活かされるようなので、頑張ってほしいものだ。

今日のラン&スイム        
      
       R= 12k コストコ+α
           
当月累計 R=75k S=6k  年間累計  R=453k  S=9.1k 

コメント

日野原重明さん

2010年04月23日 | 健康のしおり

■ 今日も終日寒さと雨、こんな時は、裸でもあったかい新習志野のプールに行く。

ゆっくりと、50m×20回=1kmを泳ぐ。

帰りに郵便局に寄り、インターネットで注文して届いた「首の痛み」の本代(NHK出版、今日の健康)を振り込む。

昼過ぎは、日野原重明さんの本、「健やかないのちのデザイン」と「老いと死の受容」を読んだ。

体と心の健康やセルフケアなど(① どうよく生きるか ② どうよく老いるか ③ どうよく病むか ④ どうよく死ぬか)について、人の生と死を、半世紀以上にわたり臨床の場で見つめてきた名医が語っています。

みずからのより良い終末に向けて、今の生き方を変えていくための、心に響くメッセージが載っています。

頚椎の障害に出逢わなければ、棚の奥に積んだままで読もうという気にならなかったかもしれない。

いつも走り回っていて、いつまでも健康で元気でいて、自分が病になるとか、死ぬとかはまったく考えなかったかもしれない。

しかしよく見てみれば、遅かれ速かれ、誰でもすべての人が、老い、病み、死を迎える。

ということで、このところ、リハビリのかたわらエンディングに際しての身の回りの整理・整頓をしている。

日野原重明さんといえば、いつか、やはりNHKの今日の健康で語っていた内容で、心に残った次の言葉があります。

<長寿を保ち、心豊か、さわやかに生きるための指針>

・ 老いは、「成熟」。

・ 心の状態と健康は深い関係があります。今日は楽しくさわやかに生きよう、と前向きに行きなさい!

・ 「治療より予防、予防より さわやか健康づくり」で~す!!(より良い生活習慣を実践、無理なく続けていくこと)

・ 年をとると、しなびていくのでなく、内なるものが豊かになるように、心に充実感をもつように、成長し続けているんだと、そのように行きなさい。

60歳~:人生の後半が始まる(折り返しではない!)
      腹八分の食。筋力の維持(脚力、腹筋とか背筋とか)。

70歳~:新しいこと、やったことのないことを始める
      腹七分の食。

80歳~:筋力が落ちないように、よく歩く。若い人と好んで接する、会話をす
            る。

90歳~:心のおもむくままに行動し、道理に違わず。

100歳~:良い友を持ち、あるがままに生きる。

新老人の会のスローガン

いくつになっても愛し、愛されなさい。
そこに生きがいを感じながら生きていきましょう。

いままでやったことのないことを勇気をもって創りなさい。
自分の可能性を広げるのに遅すぎることはない。

つらいこと、苦難には、心を持ち直して耐えなさい。
つらいこと、苦難を体験することで、不幸な人の気持ちが理解できるし、そばに行ってなぐさめてあげようという気持ちも生まれてきます。
自分の悲しさから、人の悲しさを感知することができるようになります。
そういう気持ちで耐える。
年をとると、いろいろつらいことにも遭いますが、それによって感性が磨かれ、人間として成熟してゆく。

■ 順境や逆境など、また元気であっても病にあっても、どんな状況にあっても、今日一日、より良い一日になるように努め、充実させていくことでしょうか。 

今日のラン&スイム        
      
       R= 6k (9分/km)千葉西高  S=1k  新習志野プール
           
当月累計 R=63k S=6k  年間累計  R=441k  S=9.1k

コメント

八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソンのNOカードが届く

2010年04月19日 | 大会参加の記録

■ 今日は、第16回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンのNoカードが届きました。

これで、NOカードが届くのは最後になります。

昨年の11月にエントリー、宿も申込み済みでした。

観光協会に宿がどこになるか確認しますと、スタート・フィニッシュ会場に近いではありませんか。

条件がよい!!

でも、頚椎の障害が治っていないので、無理はできません。

昨日の「かすみがうらマラソン・フル」までは、代○してくれる人がいましたが、100kmはね~。

現地まで行って、八ヶ岳の自然を味わいながら応援ウォーキングですかね。

今日のラン&スイム        
      
         12k  千葉マリンスタジアム(12:24~7:07~7:12~6:50~7:18/6:47~6:58~6:42~6:41~12:30
           
当月累計 R=57k S=5k  年間累計  R=435k  S=8.1k

コメント

休み茶やの草だんご

2010年04月18日 | ある日のスポット

■ 寒暖晴雨、お天気のアップダウンが続く。

今日は、ウレシイことに暖かく快晴!!

用事があって、車で茨城県の古河市に行く。

いつものように関宿は久世街道沿いの休み茶や、日本一せんべい処「 喜八堂 」に寄る。

草だんごをいただく。



12年ほど前に、古河にいたときの 妻の友人Tさんとも会う予定なので、おみやげに“やわらかいせんべい久助”を買う。

境大橋を渡ると、利根川の河原は「菜の花まつり」の最中だった。

高瀬舟も運航している。

用事を済ませたあと、

市役所裏の中央運動公園に行く。

妻とTさんの長話しが終わるまで、

25mの温水プールで時間つぶし。

水もキレイで、人もそんなにいない。

透きとおった天井から陽光が降りそそぐ下で、25m×40回=1kmを泳ぐ。 



泳ぎ終わっても、2人の話はまだ続いているので、

古河にいたころ利用した公園周りの、周回ランニングコースをゆっくりグルグル。 

 

帰り際に、磯辺の某寺にお参りし、

庭のしだれ桜を見て帰る。

今日のラン&スイム        
      
        スイム 1k 中央公園温水プール
           
当月累計 R=45k S=5k  年間累計  R=423k
  S=8.1k

コメント

41年ぶりの雪

2010年04月17日 | 水泳

■ 河津桜が散り、ソメイヨシノが散って4月半ば、雪が降った。

昭和44年4月17日以来、41年ぶりという。

この年は、記憶がある。

実社会に出て、入社したばかりの時だった。

神田川沿いのみごとな桜が散り、会社への通り道の 面影橋 には春の雪が積もっていた。

■ 雪からみぞれに変わったころ、3連ちゃんで新習志野のプールに出かける。


新習志野のプール(帰りぎわにパチリ。雪→みぞれ→雨があがった)

首がネック(?)ですが、他は良好。

いつものように50m×20回=1kmを泳いでプールを上がる。

体が泳ぎに慣れてきたのか、上腕の動き、体の線に勘が戻ってきた。

連ちゃんで、泳ぎに行くなんて、これも20年ぶりだ。

今日のラン&スイム        
      
        スイム 1k 新習志野プール
           
当月累計 R=45k S=4k  年間累計  R=423k
  S=7.1k  

コメント

寛平さん、アースマラソン中断!!

2010年04月16日 | ジョギング

■ 先ほどTVを見ていたら、地球一周ラン完走をめざしていた間寛平さんが、アメリカでガン治療のためアースランをいったん中断する、というニュースがあった。

1月ころにわかった時は、ショックで7日ほどそうとう落ち込んだらしい。

注射をしたり薬を飲んで、治療をつづけながら走ってもよいというお医者さんのアドバイスに気をよくして、今まで走り続けてきたとのこと。

走るのが大好きな間寛平さん!!

大きな夢をめざし追い続けている時、自身が突然の病を知らされることは、ショックでもあり無念でもあったと思います。

今年の9月の大会めざしスタートした1月に、突然の激痛を発症した自分と重ねあわせ、そのショックと無念さが思いやられた。

無常迅速

思いがけないことが起こるものです。

4月14日に日本をスタートして484日め、走行距離は32500km、トルクメニスタンに入っての決断だった。

アースマラソンを完走するためにも、また自身のためにも続行を中断して、アメリカできちんと放射線治療などを受け再出発をはかりたいということでした(彼のホームページでも、このことを発表しました)。

無理をしないで治療に専念し、再びトルクメニスタンに立つことができますように、

寛平さん、ガンバレ!!

今日のラン&スイム        
      
        スイム 1k 新習志野プール
           
当月累計 R=45k S=3k  年間累計  R=423k
  S=6.1k 

コメント

スピードウォーキング

2010年04月15日 | 頚椎椎間板ヘルニア闘病記

■ 夜、8時30分からの番組「きょうの健康」で、メタボリックシンドロームの改善に効果的な「スピードウォーキング」の放送をしていた。

エクササイズウォーキング、スーパーウォーキングとか、スロージョギング、ニコニコペースのジョギングとか、いろいろ似た言葉があるので、どんな違いがあるのかの関心もあり、視聴してみた。

簡単にまとめると、スピードウォーキングとは、 

・息がはずみながらも、会話が可能で

・年令、体力に応じ、無理なく歩ける最大の速さで歩き

・1日30分以上、週5日以上歩くと効果的(理想は、1日60分)

⇒できれば、長期間続け、歩く時間を延ばし、次にスピードを上げていく、といいますから、スロージョギングに近くなりますね。

時速でいうと、6~7km/時でしょうか。

ポイントは3つ、

① ウォーキングの直前に、ストレッチを行う
 ・股関節の伸び、つま先の蹴りをよくするストレッチ
 ・腕の振り(肩の動き)をよくし、呼吸をしやすくするストレッチ

② よい姿勢で歩くことを心がける
 ・あごを引き、5m先を見、背筋を伸ばし、耳・肩・大転子が一直線になるような姿勢で歩く

③ ふだんより1足分広い歩幅でしっかりと腕を振って歩く
 ・ウォーキングシューズを使って、脚や腰の負担を減らす
 ・かかとから着地し、地面をける

でした。

■ 今日の午前中は、新習志野駅前のプールで、ユックリスイミングを約1km/1時間弱行う。

外は寒く、雨が降っていましたが、泳ぎの最中、泳ぎ終えたあとも気持ちがよい。

今日で、発症後3ヶ月目ですが、残っている首のハリも泳ぎの効果で薄らいでいくようです。

ゆっくりの全身運動、泳ぎの時の無理のない首まわりの筋力運動など、

A 基本的なストレッチ、筋力運動

B ゆっくりジョギング(スピードウォーキング)

C ゆっくりスイミング

A、B、Cなど楽しみながら続け、自然治癒をはかっていきたい。

飲み薬は止めて間もないですが、泳いだ後に 湿布のテープ (経皮吸収型鎮痛消炎ラプスター剤)をはると、首のハリはほとんど気にならない。

[再掲] 

1. 高齢者も可能で、安全で効果的な走り(泳ぎ)

・ややきついと感じるあたりのレベルであること

  ① 自然な呼吸

  ② うっすら汗をかく

  ③ 自然な腕ふり

  ④ 不自然であるが会話ができる

  ⑤ 気持ちよく走れる(泳げる)  

・体や気持ちを解きほぐすように、気持~ちよく、リラックスして…

2. どの程度の運動量がちょうどいい

  ① 少し疲れるくらいの、日常生活より強い運動をすること

  ② 運動をやめれば、体力は急速に衰える(体力は貯金できない)

  ③ 狙った効果を上げるには、それに適した運動がある

3. トレーニングの原則

  ① 心身のバランスのとれた発達を運動の目的とする

  ② トレーニングの目的や方法を自覚する

  ③ 初めは、軽い運動から、徐々に持続時間、回数を増やしていく

  ④ トレーニングは、持続すること。上達するに従って回数を増やす

  ⑤ 本人の体力や健康状態に合った方法や強度を選ぶ

  ⑥ 安全な時間帯、安全な場所、安全な用具 を選ぶ

4. スポーツ障害の予防

  ① 胸痛、動悸、息切れ、めまいは要注意

  ② 急にスピードを上げない 

  ③ 十分なウォーミングアップ、クーリングダウンを行う

  ④ ストレッチ(筋肉を反動をつけず、ゆっくり伸ばす)、ヨーガ体操

  ⑤ 補助運動(腕立て、腹筋、背筋、スクワットを各20回)

  ⑥ 炎暑、寒冷時は運動しない。または十分な対策(たっぷりな給水、寒冷対策の服装)

  ⑦ スポーツマッサージ

  ⑧ アイシング

今日のラン&スイム        
      
        スイム 1k 新習志野プール
           
当月累計 R=45k S=2k  年間累計  R=423k
  S=5.1k 

コメント