スロージョギングと写真のブログ

ウォーキング、ジョギング、ママチャリで出あった季節の花や風景写真で日々の出来事・雑感をつづっていきます

養老渓谷駅前を基点とした坂道練習のパターン

2010年08月28日 | LSD

■ 坂道練習の探索を兼ねて、今回も、また、比較的長いアップダウンを走れる養老渓谷へ向かう。

コースは、7月末と同じ。

前回の7月は、天気予報は気温がやや低くだったので電車利用でしたが、今日は暑さを避け、早朝に車で出かけました。

■ 5:10出発。

6:26養老渓谷駅前に到着。

車は、駅の駐車場に停めて、6:45スタート。

7時ころより暑くなってきましたが、会所の交差点を右折する8:30ころは、緑陰が多く、吹き抜ける風が気持ちよく走りやすくなってきた。

頂上の妙法生寺で、頭から井戸水をジャ~ジャ~かぶり、体とランシャツを洗い、給食・給水、20~30分ほど休憩する。

時間が昼に向かい、更に気温が上がりますが、星井畑をまわる下りは木陰が多いので小田代までは、そう苦にはならない。

途中、地元の農家のおばあさんと話をしたり、養老渓谷の温泉街で冷たい足湯に入ったりして(嵯峨和の手前にあり、無料)、昼過ぎに駅前にゴール。

上りも、下りも、約8:30/kmペース、4:25/31kmでした。

■ ゴールの後は、

駅前の水道で体を洗い着替え、再び足湯に入り休息(駅前駐車場を利用すると、足湯は無料)。

昼食は、駅前のお土産やの「あさひや」を利用。

冷たい山菜そばを食べる。

主のおばあちゃん手作りで、地元で採れた山菜がいっぱい入っていて美味しい。

お店は、24人くらいの席があり、食事はそば類だけですが夕方まで営業、自転車も置けるので、なにかと便利。

■ 今年のように暑い夏は、暗いうちに千葉を出発し、夜明けとともにスタートたほうがよさそうだ。

養老渓谷駅を基点にしたロード主体のアップダウン、途中にトイレ、自販機があるコースですが、

清澄寺への自然道を利用すると、27km、31km、39km、42kmの3コースが可能です。

また、今日は、麻綿原天拝園の頂上付近で石尊山に連なるハイキングコースの入り口を見つけましたが、房総丘陵トレイルランニングレースの梅が瀬渓谷に続いているルートなのでしょうか?

ここも試走してみたいですね。

帰りは、行きと同じ道路、勝浦街道~市原埠頭~14号道路を通って、午後3時に帰宅でした。

今日のラン&スイム        
      
     養老渓谷  31k 
           当月累計 R=282k S=1k  年間累計  R=1483k  S=20.3km  

コメント

秋の気配かすかに

2010年08月23日 | ジョギング

■ まだまだ、今日も各地で37、8℃などの猛暑が続く。

花の美術館の噴水

7:00ころより、海辺の夜ラン。 

復路の美浜大橋過ぎ、海浜大通り沿いの草むらでは、秋のこおろぎ、鈴虫などの鳴き声が聞こえる。

 
睡蓮(同上)

進路前方40度の高さに昇った満月の光に照らされながら、

12:27~14:07~6:27(33:02)//6:50(39:52)~6:42(46:35)~6:26(53:01)~12:38(1:05)/10km

土曜日のLSDの後遺症は消え、体調がよいけれど、暑さ続きや、翌日の仕事があるので、10kmとほどほどにする。

今日のラン&スイム        
      
     アバホテル  10k 
           当月累計 R=235k S=1k  年間累計  R=1436k  S=20.3km 

コメント

七五三

2010年08月22日 | 千葉市美浜区 街の風景

■ 夕方以降は、七五三の写真撮影に合流の予定が入ったので、夜ランは不可、朝ランに変更する。

木陰を選んで、花見川サイクリング道路の途中折り返し、12kmを行う。

6時40分にスタートしましたが、昇る陽が日陰を少なくする前、8割ほど日陰のうちに、なんとかフィニッシュしました。

20:30~7:41(28:14)~7:21(35:35)~7:11(42:47)//6:54(49:41)~6:33(56:14)~6:19(1:02)~7:04(1:09)~12:50(1:23)/12km

■ 夕方、娘の夫のご両親と七五三写真撮影に合流。

前回から、はや五年、光陰矢の如しです。

双方のジジババ加えての家族写真撮影は一回でしたが、当の本人たちは、アレコレ写真を撮りまくられていました。

姉も生後まもなくいろいろ、弟もアレルギー性皮膚炎などで悩まされていたようですが、七五三の節目を迎える時点では、それらのことがウソのように消失、無事な節目を迎えることができたようです。

今日のラン&スイム        
      
     花見川サイクリング道路  12k 
           当月累計 R=225k S=1k  年間累計  R=1426k  S=20.3km 

コメント

筋肉痛は翌日に発生

2010年08月20日 | ジョギング

■ 昨日のLSDの感触から、秋には、フルの大会など、なんとか走れきれそうです。

50歳代は走った当日に筋肉痛を発生、60歳を過ぎると翌日に筋肉痛が最大となるようです。

今日は、昨日の影響の太ももの張りをほぐすために、マリンスタジアムを折り返した。

23:07~8:04(31:12)~7:44(38:56)~7:32(46:28)//7:14(53:43)~7:14(1:00:57)~6:47(1:07:45)~6:49(1:14:35)~13:23(1:27:59)/12km

ストレッチの後、シャワーを浴びると、痛みこわばりはだいぶ和らぐ。

日中は残暑・猛暑が続いていますが、夜ランでは暑さを感じなくなりました。

今日のラン&スイム        
      
     マリンスタジアム  12k 
           当月累計 R=201k S=1k  年間累計  R=1402k  S=20.3km 

コメント

久々に弁天橋を越えて

2010年08月19日 | ジョギング

■ うんざり猛暑の連ちゃんで、練習もままならない。

はじめて最高気温が30℃止まり、空の天気予報だった。

というわけで、久しぶりに、検見川陸橋経由で「道の駅やちよ」(38km弱)折り返しを目標にした。

朝食のご飯2杯後、カロリーメイト4個、アミノバイタル1500cc持参で早朝の4時30分ころスタート。

夜明けの涼しい朝風に吹かれながら、スロー・ジョギングでウォーミングアップ。

結局、途中でフルをやりたい気持ちが生じてきたので、ちょっと負荷をかけ、道の駅を越え、橋のたもとにウナギ屋の長五郎がある「神尾橋」(42km)を折り返した。

以下は、その概要です。

(1)気象の状況

往路の八千代橋付近までは、風もあり、走りやすかったですが、それ以降は雲間から時々青空がのぞいたり、時間の経過にしたがい気温が上昇。特に、野鳥の森を抜けた10時過ぎは、青空が拡がり、風もなくなり、熱射ジリジリ。アスファルトの路面からの照り返しもプラスして31、2℃のような感じ。危うくなってきたので、日よけ帽をかぶり、水をかぶり、給水しながら、ペースを落として無事ゴール。

(2)コース沿いの風景

天戸大橋~野鳥観察の森の約4kmは、いつ走っても気持ちがよい区間、早朝の散歩やサイクリングの人たちがたくさんいた。

村上橋の両岸に、たくさんのテントが設営されていた。8月21日(土)に、八千代市の花火大会が開かれるとのこと。

以前走りに行った時は無かったですが、道の駅の横に「原生水産」という鮮魚店ができていた。

(3)給水・給食等

コース沿いは、トイレ、自動販売機が点在していますが、今回利用したポイントは、

①長林寺(約6km):頭から井戸の冷水をかぶり、給水。ランシャツを洗い絞り着なおす。自販機、公衆トイレも、このポイント前後にある。

②花島橋(約9km):観音様の下の水道で同上。自販機、公衆トイレも同様。

③村上橋(約14.5km):自販機あり。

④道の駅やちよ(約19km):すべてあり。

③までに、カロリーメイト2、スポーツドリンク1500ccを消費。村上橋の自販機でアクエリアス追加。

道の駅やちよで、カロリーメイト残2消費。自販機でエネルゲン追加。パンとかオニギリとかを補給したかったけれど、駅のレストランは、9時から営業。この後、空腹のままでは、ガス欠でエンストしそう!!

目の前に「原生水産」が見えたので、一か八か、お店に入る。鮮魚、干物、貝など海産物ばかり。かろうじて、鴨川産の20cm長の「びわ羊かん」を売っていたので、それを購入。半分食べて、エネルギーを充填。

復路は、残りの半分の羊かんで走りきることができた。

給水は、往路で利用したポイントで適宜補給。

小銭1500円ほど持参で間にあいました。(道の駅で食事をとる場合は別)

(4)タイムなど

 0/(スタート) ~ 52:50/6km(亥鼻橋) ~ 22:14(1:15)/9k弱(花島橋) ~ 26:22(1:41)/12km(弁天橋) ~ 21:24(2:02)/14.5km(村上橋) ~ 31:32(2:34)/18.5km(道の駅やちよ) ~ 22:26(2:56)/21km(神尾橋)// ~ 23:31(3:20)/道の駅 ~ 34:35(3:54)/村上橋 ~ 20:37(4:15)/弁天橋 ~ 26:28(4:41)/花島橋 ~ 22:32(5:04)/亥鼻橋 ~38:21(5:53)/42km・ゴール 

走りの後の脚の筋肉痛は、ほとんど感じなかったですが(明日どうなるか不明)、ランパンの股ずれが発生し痛い!(ワセリンをぬらなかった)。

■ 疲労回復のため昼寝をしかかっていたところ、恐れていた電話の呼び出しだ!!

孫台風襲来!!

ヨットハーバーの3階にガッシュがあります 

アクアリンク千葉で泳ぎ終えたみんなが、

海沿いの眺めのよい、イタリアンレストラン「カフェガッシュ」が、今日半額サービスの営業だというので、アッシー方お誘い。

ボロネーゼ

岩のりのクリームソース?ワサビがきいていて夏にはおいしい!

白身魚のムニエル

食べた後、眠くなったのに、引きつづいて向かいの「サイクリングセンター」だ。

変り種自転車に興じる子供たちを眺めながら、木陰で休む。

今夜は、夕飯をはやめ、キュ~バタン、はやく寝ることにする。

今日のラン&スイム        
      
     神尾橋  42k 
           当月累計 R=189k S=1k  年間累計  R=1390k  S=20.3km

コメント

ランニングと自由

2010年08月15日 | ジョギング

■ 今回は、ランニングについて、折にふれ心に触れた言葉を記してみた。 

○ ランニングは、遊びであり、創造であり、かぎりない開放感と自由がともなう。

『遊びは、ゆったりとした、あるいはゆとりのある行動であって、日頃の仕事から離れて自由に行われ、利害をともなわない』
                       (ひ弱になる日本人の足、近藤四郎、草思社)

○ 『 自由こそランニングにふさわしい。

何もいつも指定されたコースを走らないでもいいではないか。

いつも大勢の人々と一緒でなくともいいではないか。

一歩外へ出たら、そこが走る舞台。

好き勝手にその時の気持ちのままに山でも海辺でも走る。

10kmでも50kmでもいい。

必死にやっても、だらしなくのろのろやってもいい。

そうしながら、2本足の行動半径がいつの間にか拡がっていることに気づくのだ。』
(鏡の国のランニング、江本嘉伸著、窓社)

○ 『第一次南極越冬隊長の西堀栄三郎さんという80歳半ばを迎えた人が、こんなことを言った。

「あのな~江本君、長生きしたかったらなあ、一年にいっぺんだけ、ぎりぎりまで自分を追い詰めることやってみるんや。
フルマラソンでも断食でも何でもええ。
死なんまでも相当きついことをな。
そいであとは普通にしていればええのや」』
(同上)

○ 『なんらかの制約が正当化されるのは、それが生存の安全保障に必要なかぎりにおいてのみなのです。

以上の考えから導かれることが一つあります。

それは、我々が個人や集団のあいだの差異が個人や諸集団のあいだの差異に寛大であるばかりではなく、まさにその差異を歓迎し、それを我々の生存を豊かならしめるものとみなすべきだということです。

これが真の寛容のすべてに通じる本質です。

このもっとも広い意味における寛容がなければ、真の道徳性という問題もありません。』
(アインシュタイン)

■ 今日は、私の年令と同じ、65回目の終戦記念日。

戦争について、さまざまなTV・ラジオ番組が流されている。

悲惨でおぞましい戦争の悲劇を繰り返してはならない。

世の中平穏なれ!

です。

自由に走れる平和な日本に感謝!!

今日のラン&スイム        
      
     マリンスタジアム 12k 
           当月累計 R=147k S=0k  年間累計  R=1348k  S=19.3km  

コメント (2)

森の夏祭り

2010年08月14日 | 地域活動(環境)

■ 夏の自然観察会に参加した。

 今日は、バスを乗り継いで、どうやら準備のお手伝いに間に合う。

生息している動植物について解説をしてもらいながら、森の小みちを歩く。

最終的に50人くらいが参加したようです。

今年の猛暑と雨の少なさで、群生している姿は見ることができなかったものの、 

 

森の水路側斜面に、夏を彩どるキツネノカミソリが、しっかりと花開き、ひときわ目を惹いていました。

ビオトープの冷たい水辺に集まる昆虫。



参加者のなかには器用な方がいます。

水辺の雑草で、バッタを作ってしまいました!!

11時すぎ、参加者にカキ氷をふるまい、木陰のシートで懇親。 

参加者が帰った後、片付け間際

生まれ育った幼少期が、山深い田舎であっても、長いあいだ都市の生活をしてきていると、動植物や気象や生態系など、人間もその一部分として生かされているはずなんですが、効率とピード優先、便利さ、開発や競争などに幻惑されて、

空気や水や土など、人が生きる上で一番大切な基本的なことを忘れて暮らしてきたような気がする。

数回の自然観察会に参加して、ふとそんな想いが浮かんだ。

午後は、爆睡。

夜、「ロッテ-楽天」戦をやっていた千葉マリンスタジアムを折り返す。

夜は、だいぶ涼しくなったけれど、あくまでのんびりペースを保って走ることを意識した。  

今日のラン&スイム        
      
     マリンスタジアム 12k 45:32/43:00(1:28:32)  7~8分/kmペース
           当月累計 R=135k S=0k  年間累計  R=1336k  S=19.3km 

コメント

昨日は虹、今日は亀

2010年08月13日 | ジョギング

■ 昨夕、台風4号の余波、風は弱かったけれどのなかを花島橋までジョギング。

雨があがった、午後6時20分ころ、

復路の給水で長林寺の井戸に寄った際、左の地平から寺の棟にかけ弧を描く七色のキレイな虹に出逢った。

少し進んで、食料雑貨店のマルコウ付近で再び空を眺めると、地平の左手から頭上の天空を貫いて、大きな半円を描く虹の全体が見渡せた。

虹の一部分を見ることがあったけれど、あんなに大きな半円丸ごとを眺めたのは、ずいぶんと久しぶりだった。

■ 今日は、盆休み。

昨日の走りの影響で寝坊をしてしまう。

夏場の日中の走りはいやなんだけれど、30℃近い気温、薄のなかを弁天橋に向かった。

亥鼻橋から花見川沿いのサイクリング道路に入るが、川を吹き抜ける向かい風がほどよく吹いていて、暑さうんざりの気持ちを変えてくれた。

ここを過ぎてまもなく、先ほどまで右の空にあった黒雲が近づいてきて、中ランになる。

野鳥観察の森を抜けて弁天橋を折り返すまで体冷却・恵みの

雨が止む。

花島観音で頭から水をかぶり、シャツを洗い、給水。

花島橋でカワセミを観察、撮り終えた爺さんが、なにやら川にパンの切り身を投げていた。

走るのを止めて、しばらく話す。

橋の下には、30cm近い大きな亀がパンを求めて泳いでいる。

その数、30匹弱。

亀の下から、ものすごいスピードで浮かび上がって、魚がパンを奪っていった。

ブラックバスのようだった。 

今日のラン&スイム        
      
     弁天橋 24k 
           当月累計 R=123k S=0k  年間累計  R=1324k  S=19.3km

コメント

夜は少しずつ涼しくなる

2010年08月11日 | ジョギング

■ 午後5時30分すぎ、亥鼻橋折り返しのジョグに向かう。

汗が噴出すけれど、台風4号の影響か風が吹いていて気持ちがよい。

5km過ぎ右手にある長林寺に寄り、

冷たい井戸水で顔を洗い、発汗の水を補う。

12kmくらいの走りだと、途中で自販機に寄ることが多いんですが、今日は寄らないで済んだ。

体も走りに慣れてくる。。

37:13/(畑町消防署)~9:49(47:03)/亥鼻橋 // 9:58(57:01)~32:05(1:29)

これくらいの時間帯に走ると、

長林寺あたりでも外灯がなくても明るいし、宵に入るうころには街中なので足元はもっと明るい。

タイムを追わないスロージョギング、時に寄り道、立ち止まりのジョギングは、長い距離が走れ、楽しめる。

走り終えたのは、午後の7時10分。

夜がふけると、鈴虫の声が聞こえてきた。 

今日のラン&スイム        
      
     亥鼻橋 12k 
           当月累計 R=82k S=0k  年間累計  R=1283k  S=19.3km

コメント (1)

市民の森~サマーソニック~花火

2010年08月07日 | ジョギング

■ このところ、頻繁に孫台風が襲来。

休日といえど暑さの日中は、室内から出ないようにしていたが、昼過ぎに電話がかかってきた。

姉ちゃんとパパは、キャンプで泊まり。

弟孫は自由満喫のチャンス。

午後の3時ころ、暑さを避けて市民の森へ。

みんながビオトープ周辺で遊んでいるあいだ、森の丸太の階段、土の自然道をジョギング。

坂道練習と思って走りはじめたが、一周もしないうち、ひざやふくらはぎを蚊に攻められて退散。

みんなと合流。

「滑らないように、足元に注意して!!」

と言っていたのに、

虫に気を奪われ動きまわっていた弟孫は、

置石に足を滑らせ、生まれてはじめてめて冷たい水にドボン、横倒しになった!!(カメラは妻に預けてあったので、残念ながら、この瞬間をとらえることができなかった)

森を育てる会のみなさんのおかげで、生物が生息しやすい環境が保たれ、トンボがとび、蝶が舞っている。

虫も鳥も樹木や花も、森の生態系バランスのなかで生きている。

森の中で憩い、遊ぶなかで、自然や環境の大切さを教えてあげたい。

■ こどもたちが帰ったあと、自転車の妻とマリンスタジアムへ。

サマーソニック2010。

見るつもりはないが、知らないもの見たさ、好奇心から、外部の飾りつけや雰囲気をみて折りかえすつもり。

市民の森で頓挫した12kmジョグのノルマを果たしたいし。

美浜大橋を過ぎたところで寄り道。

海に向かってドラムを叩いている爺さんに逢い、2人でしばらく聴き入る。

サマーソニック会場に向かう若者たち

マリンスタジアム館外に、ロックミュージックのメロディー、観客の喚声が聞こえてきた。

午前11時から翌日明け方の4時ころまでやっているらしい。

矢沢永吉は、今日の午後3時ころの出演だった。

マリンスタジアムを折り返し、再び幕張の浜へ。

海風が吹く海浜大通り、午後7時過ぎ。

稲毛海浜公園~美浜大橋~千葉マリンスタジアムの4kmほどの海辺は、いつもにない賑わいをみせている。

浜からは、東京や浦安、習志野などあちこちで打ち上げられている花火が見渡せた。

今夜は、千葉市も花火大会

稲毛海浜公園入り口は、夕涼みがてら花火を見物する黒山の人だかりでした。

今日のラン&スイム        
      
     千葉マリンスタジアム 12k 
           当月累計 R=70k S=0k  年間累計  R=1271k  S=19.3km  

コメント