大賀ハスのふるさとの会

東京大学からハス見本園の管理を引き継ぎ、観蓮会の開催・ ハス文化の継承と普及を行うため組織されたボランティア団体です

2024年5月18日 活動報告 ハスの花芽がつきました!

2024-05-20 18:19:58 | 日記
今日は気温24℃、初夏の陽気のなかでの活動となりました。ハス品種見本園の藻取り、下草刈り、修景池のボートの移動などを行いました。

今年初のハスの蕾が出ています! バケツに植えてある小三色蓮(しょうさんしょくれん)です。他にも喜上眉梢(きじょうびしょう)、紅領巾(こうりょうきん)に蕾が。

昨年最初に花芽をつけたのは淀姫(よどひめ)でした。下の写真は2023年7月29日に咲いた淀姫です。

そして2024年のハス見本園の開放日が決まりました! 
開放日は7月13日、14日、21日、28日の4日間。
開門時間は、午前6:00-10:00となります。
7月13日と14日は、花園ハス祭りのイベントとして観蓮会も行います。

ポスターができましたら、あらためて告知させていただきます。

ハスを美しく咲かせるには、一年を通じてお世話をする必要がありますが、特にこの時期の藻取りは重要です。ハス見本園には木陰がないので、このような下を向く作業は、すぐ背中が熱くなり汗ばんできます。

見本園では、花つきが良いハスを育てるために様々な工夫をこらしています。例えば、鶏糞と牛糞のどちらが肥料として合うのか。大賀ハスなどいくつかのハスで比較実験を行うことにしました。


ようやく紅黄蝶(べにきちょう)を植え替えることができました。時期が遅れましたが、ハスの植え替えは力作業であり、経験や知識も必要なので慣れた男性ボランティアを中心に行っています。


アメリカ原産の黄色いハス、バージニアの生育が芳しくありません。なんと水中に巻き葉が一枚あるだけです! 例年ですと、この時期には浮葉がマスに広がっています。

水中の暗い影がバージニアの葉です。元気がありません。


アブラムシが大量発生しています。ハスは養分を吸い取られて葉も茎も曲がってしまいます。薬品をまいて対処します。


大賀一郎博士の奥様である大賀歌子さんの「すみれ花壇」にマリーゴールドなどを植えました。ハス見本園のとなりにあります。


すみれ花壇で咲き終わったすみれたちは、近くに移植しました。


修景池では、大賀ハスの立葉が元気よく茂っています。ここ数年、池に日が当たるように周りを整備し、水草や藻を取り除いていた効果が出ています。


修景池のボートを少し山のほうに移動しました。池のまわりのアクセスが良くなりました。


修景池の壊れた橋です。修理して、大賀ハスを眺めながら池のまわりを散策できるようにする予定です。


修景池の奥ではコウホネが咲き始めています。


ロータリーの皇帝ダリアは、エリアを広げて支柱を増やしました。メキシコやグアテマラ原産の皇帝ダリアは、5メートルの高さに成長するので、今のうちに竹で支えをつくっておきます。

今日の報告は以上です。

(担当: れい)
コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年5月11日の活動報告

2024-05-13 08:57:56 | 日記
今日は第二土曜ですが、先週はゴールデンウイーク最中だったのでお休みにして、活動日を一週ずらしました。臨時活動日なので、参加者が少なく、13,4名でした。今月はこれから毎土曜日に活動する予定です。

午前9時で気温22度。すっきりとした青空が広がっています。朝9時前のハス見本園の様子です。
今日はマスの中の藻とり、通路の草刈り、周辺の整備などを実施します。
思い思いのスタイルで、藻取りです。すでに立ち葉がたくさん出ている品種もありますね。


藻がびっしり生えているマスです。水中に光が差し込むように、藻を除去しますが、藻を掬い上げるとその中にヤゴが絡まっていることがあります。これから羽化するので、そっと水の中に戻します。

通路の芝草も伸びているので刈り取ります。


今日はトンボがたくさん飛んでいます。真っ赤なショウジョウトンボ、小さなイトトンボ、シオカラトンボ、オニヤンマ?など。シオカラトンボとオニヤンマ?は動きが早すぎて、とても撮れませんでした。イトトンボは頭が緑で尻尾が青で、とても綺麗です。


これは紅黄蝶のマスです。植え替える予定ですが、作業できる人とタイミングが合わずにまだ終わっていません。


ロータリー広場の外側にある、皇帝ダリアを植えてある道路際です。今年は株分けして、数たくさんの苗木を植え付けました。竹の棒が伸びている先の方までたくさん並べて植えました。初冬には皇帝ダリアの壁ができるでしょうか。


ハス見本園の奥の方には、スイレンとアサザのマスがあります。そこではもうすでに赤と白のスイレン、そして黄色のアサザの花が咲いていました。



今日の活動報告は以上です。
(担当: えむ)










コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月20日の活動報告

2024-04-21 19:30:56 | 日記
4月2回目の活動日です。だいぶ暖かくなりました。
今日の作業は、ハス見本園のマスの藻および枯葉とり(枯葉というのは先日強風が吹いたため、周辺の木々の葉がマスの中にたくさん落ちているので)、鳥よけの糸をハスのマスに張り巡らす作業、裏門からの道路上にたくさん落ちているスズカケの実を拾うなど、たくさんありました。
また新しいボランティアメンバーが2名増えました。仲間が増えるのは嬉しいですね。

久しぶりに修景池の様子をご覧にいれます。
すでにたくさんの浮き葉が見られます。先日の強風による細かい落ち葉もたくさんありますね。今年はもう少し修景池の手入れをしたいものです。

作業前のラジオ体操。暖かくなってきたので、参加人数もだいぶ多くなりました。正面のソメイヨシノはすっかり葉桜になっています。


藻取りの作業です。とってもとってもまた出てくる藻。なかなか取り切れません。浮き葉がたくさん出てきているので、注意して作業します。

ご覧ください。B列の大賀ハスのマスです。枯れた茎に何がついているのかと思ってみたら、このようにヤゴの抜け殻が二つ重なってついていました。


鳥よけのテグスを張る準備をしています。細い竹を切り出してマスのすぐそばの地面に立てます。


裏門からの道路上に大きな倒木がありましたが、このようにすでに細かくカットされていました。週の合間に作業をしてくれた方々、ありがとうございました。ハス見本園の開放日には、お客様が座れる椅子のように利用できるかもしれません。


その奥で作業しているのは…。

こちらは道路上に落ちたたくさんの実を集めています。

少しトゲトゲのある実です。これはプラタナスの実でスズカケの実とも呼ばれます。あとで細工をして利用しようと考えています。たくさん集まりましたね。

鳥よけのテグス張りもだいぶ進みました。鳥がハスのマスの中にいるオタマジャクシやカエルなどを狙って、水の中に嘴をつっこんでくることがあります。そうするとせっかく出てきたハスの芽を折ってしまうので、それを防ぐためにテグスを張り巡らしています。


いろいろな花が一斉に咲きだしました。


今日の作業終わりごろ、東屋の温度計は日陰で22度を示していました。


今日の作業報告は以上です。
(担当: えむ)












コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月6日の活動報告 残りの植え替え作業、ハス池の藻とりなど

2024-04-10 21:02:51 | 日記
今年も4月となりました。早朝には細かい雨が降っていたので、集まったメンバーはヤッケのフードをかぶったり、ポンチョを着用したりして作業をしました。

今日の作業は、瑞穂小学校の大賀ハスの鉢を入れ替えること、植え替え作業が残っているAラインの大賀ハスのマスにレンコンを植え付ける、気温が高くなると藻が繁殖してくるのでそれを取り去る作業、などがありました。藻取りの際には、すでに芽が出ているハスもあるので、十分注意するようにとの連絡がありました。

Aラインの大賀ハスのマスです。水を抜いてから新しいレンコンを植え付けます。みんな濡れないようにしっかりと防水ジャンパーなどを着込んでいます。


こちらはDラインで藻を取っています。


瑞穂小学校の大賀ハスは昨年あまり花付きがよくなかったので、ハス見本園にある大賀ハスの大きな容器と交換してきました。軽トラックが活躍します。


立ち葉が出てきた千弁連と艶陽天。その他にもいろいろなマスや桶で立ち葉が見られます。

周りにあるツバキの枝を刈りこみました。その時の枝を挿し木にしています。うまく根が出て成長してくれるといいですね。


ハナズオウです。東屋のそばに生えていて、毎年濃いピンクの印象的な色を見せてくれます。


見本園奥の梅の木です。毎年赤と白の花を咲かせてくれます。今はもうこんなに実が鈴なりになっていました。

待ち遠しい一葉桜(イチヨウ)です。やっと一輪、花が開きました。


ロータリー広場手前の林の中では、白い花のサクラが満開でした。手前にはフキの葉がびっしりと生えていますね。朝方の小雨に濡れて、緑が鮮やかです。


今日の活動報告は以上です。
(担当: えむ)



コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年3月23日 花ハス栽培講習会が開催されました。

2024-03-24 14:35:44 | 日記
今日は雨が降って気温5度という真冬のように寒い中、2024年花ハス栽培講習会が開催されました。事前に申し込みされた30名の皆さんが、冷たい雨の中参加されました。

講習会開始前の準備です。数日前から少しずつ準備していましたが、この雨のために急遽屋根のある事務所前で植え付け講習をすることになりました。用意していた、参加者にお持ち帰りいただくバケツ(土・肥料込み)とレンコンは、倉庫前のスギ木立の下に移動しました。ここは樹が大きいせいか、案外雨に濡れない場所なのです。事務所内ではスライドなどの準備です。


いよいよ講習会が始まりました。大賀ハスのふるさとの会会長の挨拶のあと、千葉市のハス守りさん養成講座終了生でもあるボランティアが、大賀博士がハスの種を発掘した経緯を説明しました。そしてふるさとの会の顧問をしていただいている、旧東大緑地植物実験場で勤務されていた南定雄先生にハスの様々なことをご講義いただきました。受講生の皆さんは手元の資料を見たりスライドを見たり、とても熱心に話を聞いていらっしゃいました。





いよいよ寒い表に出て、植え付けの実演です。参加者は南先生を取り囲んで、手元を真剣に見ています。

あまりの密集具合に、後ろの方から「見えないので、少し前を開けてください」という声がかかるほどでした。



皆さん熱心に南先生の説明を聞いていらっしゃいます。

講習が終わって、下のようなバケツをお持ち帰りいただきました。用土と肥料と種レンコンのセットです。種レンコンは小型品種です。お家で植え付けて、数か月育てて、真夏には立派な花を咲かせてくださいね。


今日、参加者の皆さんにはご覧いただけなかったハスの圃場です。

事務所から東屋の方角です。いかにも寒々しい空模様ですね。


ここ旧東京大学農学部付属緑地植物実験所ではツバキがたくさん咲いています。左上:鴇白(ときじろ)、右上:日暮(ひぐらし)、下:浪花潟(なにわがた)

鴇白は真っ白ではなくて、ほのかにピンクがかっています。まさしく鴇のようなのですね。

帰り道、正門の方を見ると右手に赤いツバキ、イチョウ並木の左手、大通側にピンクの乙女椿が満開でした。


今日の活動報告は以上です。
(担当: えむ)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする