大賀ハスのふるさとの会

東京大学からハス見本園の管理を引き継ぎ、観蓮会の開催・ ハス文化の継承と普及を行うため組織されたボランティア団体です

2020年2月1日 活動報告 環境整備と強風のあとの倒木被害

2020-02-03 22:07:44 | 日記
2020年2月1日の活動は、気温8℃、乾燥した曇り空のもとで行われました。主な作業は、蓮の見本園の藻とり、そして敷地の道路整備でした。

入口の坂を彩る椿が咲いていました。小ぶりの淡いピンク色の花が可愛らしいです。
蓮の見本園では、今年初の氷が張っていました!
張った氷の厚さは、気温の上昇とともに溶ける程度。今年は暖冬です。
氷が張っていない蓮のマスから藻をとりはじめました。
マスのなかの藻や苔は、冬でも日当たりが良いので増え続けます。とても重いので、マスの外に掻き出して、乾燥させてから移動します。
漁山紅蓮の実がマスの中から出てきました。見本園では、蓮根からの繁殖と開花を行っているので、実はすべて処分します。実から発芽した蓮は、他の品種と交配している可能性があるからです。


蓮の見本園へとつづく道路はいくつかありますが、ふだん利用していない奥の道を整備することにしました。
道路のうえを枝や落葉が覆っていて、アスファルトがまったく見えません。
まずは枝を道路わきに寄せます。すごい量です。

数メートルですが、アスファルトが見えてきました! 幅4メートルの道なので、きれいになれば車が一台とおります。

山の上のロータリーから整備をはじめ、やっと坂の下の門まで人が通れるほど開通したところで、今日の作業は終了です。屈強の男性メンバーたち、お疲れ様でした。


この冬の強風で倒れた桜の木です。根元から森のほうに向かって倒れています。道路に向かって倒れず、ほんとうに良かったです。倒れた枝先に桜の蕾がついているので、むき出しの根元に土をかけてあげました。果たして咲くのでしょうか?
椿の道の近くの森では、松の木が強風で半分に折れていました。下の写真では分かりづらいと思いますが、中央の松が右にぐにゃりと折れ曲がっているのが分かります。

下の写真は、ロータリー近くの別の木が折れたあとです。こちらは根元が残っています。


整備がすすんだ道の足元には、ユキノシタが。
今は大ぶりの紅い椿が満開です。

東屋の奥の河津桜の蕾がほころび始めています。
青空をバックに、よく見ると、河津桜の花がひとつだけ咲いていました! 春の訪れを実感しました。
その河津桜の幹にハラビロカマキリの卵が。このなかで数十匹ものカマキリの赤ちゃんが育っているのでしょうか。
最後にマンサクがきれいに咲いていたのでご紹介します。黄色い花を見ていると元気になりますね。
今日の活動報告は以上です。

(担当: れい)
コメント (1)

2019年12月21日 活動報告 年末の大掃除

2019-12-24 06:06:10 | 日記

2019年12月21日の活動は、気温9℃の曇り空の下で蓮の見本園のまわりの年末大掃除が行われました。

この時期、見本園は静まり返っています。蓮たちに動きがないように見えますが、冷たい水のなかでエネルギーを蓄えつづけます。

蓮のマスにたまった枯葉や枯茎、藻などを掻き出して運び出します。
これでマスの中も外もきれいになりました。

冬の間も蓮のマスには水を張っておきます。

秋の終わりまで生い茂っていた草は、刈ったあとに一輪車にあつめて見本園わきに掘った穴に運びます。すべて山の土に返します。

温室の周辺の草刈りも行いました。春から長くつづいた草刈りも今年はこれで最後です。

秋の台風の後始末が継続中です。剪定した枝などはトラックで運びます。
東屋のあたりの足元がすっきりとしました。敷地が広いので大きな熊手が大活躍です。

台風で倒れたしまった木は、運びやすく切断しました。持ち上げるには重いので、まだしばらく乾燥させることに。
森の中では黄色いイチョウの絨毯が広がっていました。
白い椿がいっぱい咲いて、いっぱい落ちていました。これからは椿の季節です。
今年も無事に蓮のお世話を終えることができました。ありがとうございました!


活動報告は以上です。
(担当: れい)

 


コメント (2)

番外編2:東南アジア タイの蓮

2019-10-22 20:51:08 | 日記

タイ バンコクから番外編2をお送りします。

今回はホテル・コモ・メトロポリタンのハスです。

タイは仏教国でいたるところに仏像があります。

ロビー前の池には大きなオブジェが。間違いなくハスの葉ですね。

お部屋の中のティーバックはハス茶(ミント ロータスティー)。

 枕元にはハスの絵葉書が。まさにハス三昧です。

突然ですが、皆さんにお知らせがあります。

私=りゅうは、1月からタイのバンコクに赴任することになりました。

大賀ハスのふるさとの会の活動はしばらくお休みさせて頂くことになってしまいました。

また皆さんと活動できる日を楽しみにしています。皆さんもお元気で。

ハスの咲く時期になったらタイからレポートしますね。

(担当: りゅう)

コメント (2)

番外編: 東南アジアのタイの蓮

2019-10-08 13:00:06 | ハス
東南アジアの仏教国であるタイには、蓮池が数多く点在します。今回は番外編として、大賀ハスのふるさとの会の会員Y氏がタイの首都・バンコクで見た蓮をご紹介します。
 
バンコク市の中心部にあるホテルバンヤンツリーのロビーです。蓮の形の模型の樽に、生の睡蓮の花を浮かべているそうです。アジアンムード満載!
 
学術的にはハス科(Nelumbonaceae)とスイレン科(Nympaea)に分かれていますが、タイでは睡蓮と蓮が同じように親しまれているようです。
 
ホテルの客室フロアの奥にも、大きな写真が掲げられてます。
 
お隣のザ・スコタイホテルの庭には、蓮が大きな鉢に植えられています。残念ながら9月末なので、蓮の花は咲いていません。このオシャレな大きくて深い鉢、植替えが大変そうですね。(ついお世話する人の目線になってしまいます…!)
 
ザ・スコタイホテルの玄関前です。水生植物に迎えられるとリラックスできそうです。
 
一輪咲いているのは、ピンクの睡蓮でしょうか。やさしい色です。
 
世界中で愛される蓮。今回はタイの蓮をご紹介しましたが、たとえばインドでは、国が広いこともあって、3月から11月までが開花期となります。インドでも睡蓮はよく蓮と並び称されるとか。そして蓮も睡蓮も、なんと一番のにぎわいを見せるのが、秋だそうです。
 
レポートは以上です。
 
(担当: れい)
コメント (3)

2019年9月21日 活動報告 台風一過の蓮の見本園

2019-09-23 15:34:12 | 日記
2019年9月21日の天気は曇り、気温は22℃でした。9月9日に台風15号が千葉県を通過したため、見本園とその周辺の姿は一変していました! 今日の活動内容は、台風のあとの大掃除となりました。

入口の門のイチョウ並木では、大きな枝がぽっきりと折れていました。
折れた枝、落ちた枝などは扱いやすい長さに切ってから集めます。

手作業で小枝も葉も集めて一輪車にのせて運びます。
おじさまパワー全開で、きれいになりました! 
大きな枝は、トラックで坂の上の穴まで移動しました。大変な力作業が終わり、さらに坂の上の作業へ向かいます。

山の上の見本園を見下ろす東屋のあたりでは、木が倒れていました。
蓮たちは、台風を無事にやりすごしたようです。

蓮の花たちは咲き終わり、秋の空気が漂っていました。

マスから蓮の折れた葉、枯れた葉などを取り出しました。

これからは蓮根のほうに栄養がいくので、葉は役目を終えて黄色になって枯れていきます。
暑い夏を彩った蓮の花たちは果托に変身しています。果托には実がしっかりとついていました。
カラスがつついて、蓮の実が割れて発芽していました。それとも割れて発芽していたので、カラスがつついて食べようとしたのでしょうか? 蓮の実はとても栄養価が高く、古くから人間も食べていました。
蓮たちには、今年も美しい花を咲かせてくれてありがとうございます、という気持ちでいっぱいになる活動でした。

今日の報告は以上です。

(担当: れい)
コメント (2)