スロージョギングと写真のブログ

ウォーキング、ジョギング、ママチャリで出あった季節の花や風景写真で日々の出来事・雑感をつづっていきます

リフォーム、その後

2018年04月23日 | その他の事、未分類

住まいのリフォームが終わった。

40年余住んでの経年劣化!!

おそらく最後になるであろう今回のリフォーム箇所は、

「玄関・洗面所の床&壁」、そして「浴室」。
(キッチンは自前でやった)

メインは浴室の更新だった。

思い立って3か月。

2~3月は、ネットやショールームで関連の事前調査、

そして「東京ガス、タカラスタンダード、個人業者」の3業者へ見積依頼した。

前2業者はシステムユニットを勧めてきたが、補修をしないでもよい箇所をそのままにリフォームできる提案をした個人業者に仕事を依頼した。

3月中旬に地域のおよび近隣居住者の承認を得て、工事は1週間で完了した。(4/16~4/23)

火、日曜日はお休みでしたが、工程順に工事概要を振り返ると、

<玄関・洗面所 壁床工事> 

・床 既存はがし撤去

・床 コンパネ張 クッションフロアー張替

・壁の塗装

<浴室工事> 

既存(東京ガス工事分)の撤去処分~給湯器&浴槽交換工事

交換後は、

・ガス給湯器 リンナイRUF-HV162A 

・浴槽 FRP1100

浴室すのこ工事~出入口のドア工事

・TOTO 浴室すのこ EWB470

・浴室ドアの交換・補修

撤去した給湯器と浴槽は、問題なく使用できていたのですが、なにせ給湯器が15年、錆などなく外観がきれいだったステンレス浴槽は35年も経過していた。

旧浴槽の高さは70cmぐらいだったが、今回の洗い場嵩上げ工事で高さは50cmになった。

浴室は、高齢になる今後を考えてのリフォームだった。

 

ひと段落ついて美浜公園周回のジョギング、夕方5時前スタート!

・9:04~8:25~8:31~7:42~7:07/40:49

ジョギングが終わって、ゆっくり風呂に浸かった。

ジョギング後に風呂を沸かして(15分)入浴、夕食、と過ごして午後7時になった。

高齢期のリフォーム後は、引き続き作業半ばの「終活の生前整理」を行いたいが、

遅くとも今年中に終わらせたい!!

美浜公園周回  5km
                               
   月間累計 71km

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボタン、シャクナゲ

2018年04月22日 | その他の事、未分類

昼過ぎは、Sコミュニティセンターの例会に参加。

6月の千葉市ハーモニープラザでの写真展準備、

コミュニティセンターロビーの展示作品の更新など、

いつもより早く終わり散会。

夕食後は、久しぶりの夜ラン(ジョギング)。

美浜公園を5周回した。

・10:05~9:56~9:49~9:37~8:19/47:46

カスミストアは零時まで営業なので、その灯りがコースを照らし走りやすい。

途中にTスポーツセンターの花壇がありますが、

シャクナゲが満開だった!

まだ少し蕾もあるので

明朝は、K公園のフジの花、

スポーツセンターの花壇の花、

再度シャクナゲを撮ってみたい。

記事の上の写真は、昨日の朝の千葉公園のボタン。

蕾の花壇も広く残っていた。

サラソウは咲いていたが、見ごろが過ぎ花びらが傷んでいた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スロージョギングと写真のブログ まとめ 2(2016~)

2018年04月03日 | その他の事、未分類

 (更新年月日:2018年 4月 1日)  

1.

(1-2  デジカメ写真の日記(2018~)  

 (1)-1   デジカメ写真の日記(2016~2017)

2 安全で快適なジョギングライフを送るには(20062015

3 千葉市美浜区を中心としたランニングコース(2006~2015 

4  ラン&スイムの各年度累計 19892016

5 自己ベスト(19882010

6 大会参加の記録(1989~2016

7-2  マラソン大会など参加の記録(2016

7 -1 マラソン大会など参加の記録(1990~2015)

8 -2   ランニングの風景(20132015

8 -1  ランニングの風景(2005~2012 

9  ウォーキング大会参加の記録(20072016 )

10-2 70歳からのウォーキング&ジョギング風景(2016~)

10 -1 70歳までのウォーキング風景(20072015

11-3 70歳からの大会参加の記録(2016~)

11-2 60歳からの大会参加の記録(20142015

11-1 60歳からの大会参加の記録(20062013

12 スイミング大会参加の記録(19871992 

13 -2  スイミングの風景(2016~) 

13 -1 スイミングの風景(2005~2015 

14 トライアスロン大会参加の記録(1989年~1993年、2007年~2008年)

15 ウルトラマラソン(1993199720072014

16 トレイルラン、登山マラソン参加の記録(1992199720072009

17 フルマラソン(1991200120072015

18-2 ハーフマラソン(2016~)

18 -1  ハーフマラソン(1991200120072014

19-2  10kmマラソン 2016~)

19-1  10kmマラソン 1990200120072015

21 -2  5kmマラソン 2016~)

21 -1  5kmマラソン 19912002

22 男の料理の日記(20112017

23-2  自然観察などの日記(2016~)

23 -1 自然観察などの日記20052015

24-3  旅の足跡&ある日のスポット(2016~)

24-2  旅の足跡&ある日のスポット(20122015

24 -1  旅の足跡&ある日のスポット(20052011

25 野菜づくり教室(20112013

26 野菜づくりの風景(20052013

 27 絵手紙・映画・絵画・音楽・自転車(2016~)   

2. 暮らし

1  リタイアメントライフ(2005~2016)  

(2) -2 健康づくりの栞(2016~)

(2)-1 健康づくりの栞 (2005~2015)  

3 頸椎椎間板ヘルニア闘病記(20102016

4-3  千葉市美浜区 街の風景(2015~2017)

4 -2  千葉市美浜区、街の風景(2012~2014)

4-1  千葉市美浜区 街の風景(2005~2011)

5-2  環境・自然再生・地域活動(2016~)

5-1 環境・自然再生・地域活動(20052015

6 -3  交遊の断片(2016~) 

6 -2  交遊の断片(20112015

6 -1  交遊の断片(20052010 

3. その他

1 未分類(20052017 

※ 2015年以前の記事 「 スロージョギングのブログ まとめ 1(2005~2015)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 リタイアメントライフ(2005~2018) 

2018年04月03日 | その他の事、未分類

※ 「老い、創造、生命の躍動

老後の一日、千金にあたるべし… …

老後一日も楽しまずして、空しく過すは惜しむべし

是非の初心忘るべからず

時々の初心忘るべからず

老後の初心忘るべからず


命には限りあり

能には果てあるべからず 

(世阿弥)

 

※ 「七つの社会的罪」

①「理念なき政治」
         ②「労働なき冨」
                 ③「良心なき快楽」
                          ④「人格なき教育」 
                                   ⑤「道徳なき商業」
                                            ⑥「人間性なき科学」 
                                                      ⑦「犠牲なき宗教」   ( ※ ⑦の犠牲→自己犠牲のこと)
                                                      
                                                       (ガンジー)

 

2018年

3/30   リタイアメントライフ

2/26 四万十・いのちの仕舞い

2017年

 
 

2016年

11/3 菊の花を撮る、自分らしい生き方と亡くなり方

10/29 あなたもなれる“健康長寿” 徹底解明 100歳の世界  10/28 生活習慣病予防と健康の秘訣、どういう最後を迎えたいか  10/3 千葉県国際総合水泳場、スロージョギング&スイム&デジカメ写真 

9/8 老いの道標

7/3  現代社会の死と葬送 

5/12 遺言書

2015年 

12/16  ナニコレ珍百景 85歳が50キロを挙げる

9/17   新宿御苑の撮影会、老衰死 穏やかな最期を迎えるには     9/5 稲毛海浜公園のサンドアート  9/4  99歳・100歳の本、ニコンカレッジ品川校   9/2 花島公園折り返し ウォーキング 

7/8 阿蘇カルデラスーパーマラソンのゼッケンNO1   7/4   老前整理、健康寿命   

4/30 Sさん、美浜大橋、配偶者の突然の死 4/10 ウォーキング ~歩いて延す!健康寿命~

3/25  27年度高齢者福祉講座受講申込結果、「呼吸法と健康づくり」当選  3/20  超高齢社会時代の医療とあなたの生き方のヒント   3/8    高齢者孤立化防止県民シンポジウム、老いの自立、断捨離

2/10  老、病、死、…、70歳前の元気なうちに読む本  2/9  見えず聞こえずとも…

1/10 認知症予防とスロージョギング、速歩 

2014年 

12/27 小椋佳・生前葬コンサート 

11.05   老前整理、断捨離、廃車、妻の役割交代、…

7.19  輝いて生きるための“終活” ~葬儀・墓・生前準備~

9.30  終活を考える~最後まで自分らしく~

5.14  遺影写真が届きました

5.03  遺言、遺影写真、終活 ~ 昭和の森のつつじ        5.02   終活セミナー、遺言、遺影写真 

2013年

12.18  終活のポイント

7.29 99歳のスーパーおばあちゃん スイマー  7.5  99歳、楽しい楽しい私(わたし)のシンプル「満足生活」

7.4 腰痛改善運動の最新情報

6.16  あら、もう102歳

2.26  習い事  2.23  終活のフィニッシュ⇒千葉市斎場

1.24 確定申告  1.9  三浦雄一郎氏、80歳でエベレスト挑戦! 

2012年

3.23 晴耕雨読  3.21 大往生したけりゃ医療とかかわるな

2.17  葬儀のトラブルに遭わないために

1.26 確定申告  1.1 元旦に地震!!

2011年

2.26 時を輝いて生きる  2.18 最近心にとまった詩  2.14 時間の質 

1.29 失敗しない遺言書作成のポイント  1.24 確定申告  1.18  日々是好日  1.15 死、葬儀、墓(その2)     1.14  千葉市生涯学習センター   1.13  死、葬式、墓(その1)  

2010年

12.30  柴田トヨさん-はじめるのに遅すぎるということはない

4.23  日野原重明さん

1.9  定住漂泊

2009年

12.20  暇へ、閑へ

11.11  第4の人生

5.4  老いの楽しみ―命荒々しく自由に

4.25  適量の酒

2006年

11.14  会維持の原則  11.15  命には限りあり。能には果てあるべからず。

2.24  年金の裁定請求

2005年

8.23  ニューエルダーシチズン大賞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未分類(2016~2018)

2018年04月03日 | その他の事、未分類

■  未分類の記事のまとめ

2018年

1/7 朝刊エッセイ~おじさん図鑑を読んで

2017年

12/31 大家さんと僕、夕暮れのウィンドサーフィン  12/26  生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉

8/31  パソコン内のワード、エクセル、写真の整理

5/8  M君の訃報、世相

2/23 アンドロイドタブレット講座の受講が終わりました

2016年

10/31 Excelで作ろう!写真入りカレンダー    10/26 稲毛海浜公園2周ジョグ、アンドロイドタブレット講習

7/14 稲毛浅間神社 大祭、Windows Liveメールエラー Ox800CCC‥ 7/14 9条より怖い「国家緊急権条項」の新設  7/13 永田町の敵を「江戸」で討つ  7/1  「アベノグラフィックス」の誤誘導 

6/30  毎日でアベ支持率逆転  6/29 大橋 巨泉 最後のお願い  6/28  株に投入した年金、どうするつもりか  6/27  なぜこんなことに  6/26  大変です!改憲が・・・。  6/24 自民党の憲法はこわい  6/23 アベゾウリは党首討論を恐れている  ‥ ‥ 3/1 私たちは怒っています!

※ 過去の記事⇔

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リタイアメントライフ

2018年03月30日 | その他の事、未分類

今朝の新聞を見た妻から、

「お父さんが見なくちゃいけない記事だよ!」

「うん?」、

 

ま~、

仕事を引退後6年ほど、月に1回ですが「男の料理教室」に通った。

先生は経験豊富な女性の先生、料理の種類は家庭料理で、計60弱のレシピになった。

先生が高齢になった昨年の春に散会した。

レシピは、自分一人でも作れるように写真入りで整理しておいた。

ファイリングして他の趣味三昧に専念し、その後料理から遠のいていた。

若干後ろめたい気もしていたが、

上の新聞記事を見たのをきっかけに、生活習慣の優先順位を見直すことにしたい。

う~ん、下の新聞記事についても、同様に逐次断捨離を行ってきた。

が、まだ整理ができていない事も残っている。

母の亡くなった年齢に到達し、せめて父親の亡くなった年齢以上までは健康寿命を保ち

老春を全うしたいと考えていますが、

いずれにしろ一気に断捨離の残りを完了したい。

『 老後の一日、千金にあたるべし… …

老後一日も楽しまずして、空しく過すは惜しむべし

是非の初心忘るべからず

時々の初心忘るべからず

老後の初心忘るべからず


命には限りあり

能には果てあるべからず 

(世阿弥) 』 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミサオおばあちゃんの「笹餅」

2018年02月09日 | その他の事、未分類

「おかげさまで、注文の多い笹餅屋です」(2018/1/22発行、小学館)

という本を、子供から妻がプレゼントされた。

一晩で読んでしまい、興味を持って

さっそく注文した。


ミサオおばあちゃんの「笹餅」

今日届いた。


千葉公園のハス池~生涯学習センターの「パワポで電子アルバムづくり」講座受講の帰り道にて~

 笹の葉の香りと自然な甘さがとても美味しかった。

写真のような笑顔で、

90歳のミサオさんが作っているのを想像しながら食べた。


同上

ミサオさんありがとうございます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朝刊エッセイ~おじさん図鑑を読んで

2018年01月07日 | その他の事、未分類

今朝の朝刊からの抜粋転載です。

 

私たちが感じていて、誰も表立って言わないことが多いなか、さらりとエッセイにしている。

上記のエッセイに共感しつつ、今の日本の状況と重ね合わせ、かつて心に響いた抜き書きを以下に再掲しました。(故人2人)

<池波正太郎>

 還暦に思う人生(昭和58年)

・これは、太平洋戦争に若い自分が直面し、その前途が五分五分に生死に賭けられていたからだろう。

だが、戦場で戦うこともなく、海軍の航空基地から復員したときは、生還の僥倖を喜ぶよりも、日本の敗戦により、一夜のうちに変わった時代と、戦死した少年航空兵の顔が重なり合い、一年ほど虚脱してしまっていた。
‥ ‥
おのれの健康をほこる気持ちは、いささかもない。生と死は、いつも、隣り合わせになっているのだから……。

60年生きて来て、いまさら感じることは、我欲のない人ほど幸福になっていることだ。

むろんのことに、これは金銭とは別のもので、いかに我欲を貼って財産を得たところで人間は満たされない。その実例を、数え切れぬほどに、私は、この目で見てきた。

恐ろしいのは、我欲と傲慢の結果が、すぐにあらわれずに、一国家、一団体、一個人それぞれに、我欲の芽がふくらみ、長く潜伏していて、これが表にあらわれ、はっと気づいたときには、手遅れになっていることだ。

私の我欲が薄いといっても、ないわけではない。

その残存する我欲を一つ一つ取り除くことを、こころがけて行きたい。
‥  ‥
私は、政治や経済のうごきについては、ジャーナリズムを信用しない。できない。

これは、終戦のときの、一夜にして白が黒となり、黒が白となった衝撃が尾を引いているからだ

私が信用するのは、自分の目でとらえた「一個人が表現しているもの」のみである。 

 すべて簡素に、簡明に(昭和59年)

・こう書いてくると、まだまだやりたいことはいくらでもあるわけだが、私は欲張らない。

仕事と生活の上において余分なものは一つ一つ切りとって行き、もっとも簡素な生き方をしたい。

戦後の私は、あまり人付き合いのよい男ではなくなってしまったけれども、これからはなおさら義理を欠き、付き合いの時間を減らしていくつもりだ。

それも60歳を超えた私には許されることだと思っている。

これからは、人も世も、国家も、すべて簡素に……簡明にである。  

<茨木のり子>

1975年(49歳)、四半世紀を共に暮らした夫が先立ち、以降、31年間にわたる一人暮らしが始まる。

2年後、彼女は代表作のひとつとなる『自分の感受性くらい』を世に出した。それは、かつて戦争で生活から芸術・娯楽が消えていった時に、胸中で思っていた事をうたいあげたものだった。

自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

その後、 弟が先に他界し、かつての同人仲間が1人、2人と世を去るのを見送った。だが、彼女は孤独感をものともせず、1999年に73歳で『倚(よ)りかからず』を発表するなど、詩への創作意欲は衰えなかった。

●倚(よ)りかからず ※73歳の作品

もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくはない
ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある
倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ

2006年、自宅で脳動脈瘤破裂によって急逝した彼女を、訪ねてきた親戚が発見する。きっちりと生きることを心がけた彼女らしく遺書が用意されていた。「私の意志で、葬儀・お別れ会は何もいたしません。この家も当分の間、無人となりますゆえ、弔慰の品はお花を含め、一切お送り下さいませんように。返送の無礼を重ねるだけと存じますので。“あの人も逝ったか”と一瞬、たったの一瞬思い出して下さればそれで十分でございます」。この力強さ。享年79歳。

戦争への怒りを女性としてうたい上げた「私が一番きれいだったとき」は多くの教科書に掲載され、米国では反ベトナム戦争運動の中でフォーク歌手ピート・シーガーが『When I Was Most Beautiful』として曲をつけた。彼女の心の声が国境を越えて人の心を打ったのだ。人生を明るく、そして清々しくうたう茨木の詩は、没後も多くの人を魅了し、晩年の『倚りかからず』は詩集としては異例となる15万部のベストセラーになっている。エッセイ本も多数。 韓国語を学んで出した『韓国現代詩選』(1990)では読売文学賞を受賞している。

●わたしが一番きれいだったとき茨木さんは15歳で日米開戦を、19歳で終戦をむかえた

わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがらと崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが一番きれいだったとき
まわりの人達が沢山死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

わたしが一番きれいだったとき
誰もやさしい贈り物を捧げてはくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差だけを残し皆(みな)発っていった

わたしが一番きれいだったとき
わたしの頭はからっぽで
わたしの心はかたくなで
手足ばかりが栗色に光った

わたしが一番きれいだったとき
わたしの国は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた

わたしが一番きれいだったとき
ラジオからはジャズが溢れた
禁煙を破ったときのようにくらくらしながら
わたしは異国の甘い音楽をむさぼった

わたしが一番きれいだったとき
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしはめっぽうさびしかった

だから決めた できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように ね

冒頭の朝刊エッセイに関連して、

この5年間で、特定秘密保護法(25/12/13)・安保法(28/3/29)・共謀罪法(29/6/21)などの重要法案が成立し、今年度は憲法改正!!メディアを通じてのプロパガンダというか、世論操作に惑わされないようにしたい。

432円の文庫本「日本国憲法」(講談社学術文庫)から主要な箇所を抽出してみた。

他の条文も大切なのですが、とりあえず。

冒頭のエッセイの一文をお借りすれば、

今年こそは国民一人ひとりが「正気」を保って、平穏な世の中がず~っと続くようにしていきたいですね!!

美浜公園10周/昼過ぎ 約10k (9:27~9:50~9:36~9:58~8:51~9:22~9:35~9:21~8:57~8:13/1:33)
                               
   月間累計 44km

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉

2017年12月26日 | その他の事、未分類

今日のテレビで初めて知った本!

幻冬舎から2017/9/27発刊で、タイトルの本が出版されていることを知った。

著者は、日野原重明さん。

以前から尊敬する方で、影響を受けることが多かった。

明日、本屋で探して、ちょっと読んでみたいですね。

以下は、ネットのアマゾンの内容紹介記事からの抜粋転載です。 

『 内容紹介

「人間は弱い。死ぬのは僕もこわいです。」105歳の医師、日野原重明氏が、死の直前まで語った、希望と感謝の対話20時間越。最後の力を振り絞り伝えたかった言葉とは。生涯現役、渾身最期の一冊。

「死ぬのは僕でも怖いんだよ。」だからこそ、朝起きて自分が生きていることが、心から嬉しい。105歳になっても尚、僕にはまだ自分でも知らない未知の自分がたくさんあると感じているのです。
今、最後の力を振り絞って私がしたいのは、あなたとの対話です。人生の中で、いつも私と共にあったのは言葉でした。
私が言葉によって支えられてきたように、迷い傷ついたあなたへ、私の最期の言葉を伝えたいのです。(本書より抜粋)

2017年7月18日この世を去られた日野原重明さん。2016年年末からはじまった本書のインタビューは、亡くなる直前まで、時にはベッドに横たわりながら20時間以上行われました。言葉を軸にしながら、死と生、病と健康、出会いと別れ等々、人生の深淵について語ります。
【本書の内容】
第1章 死は命の終わりではない
第2章 愛すること
第3章 ゆるすことは難しい
第4章 大切なことはすぐにはわからない
第5章 未知なる自分との出会い

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万年カレンダー

2017年12月10日 | その他の事、未分類

昨年末に生涯学習センターで教わり、初めて作ったエクセル活用の万年カレンダー!

年数と月数を変えていくだけで、

たちまち12か月分のカレンダーの曜日が自動表示される。 

開始曜日が自動表示、

日、祭日、家族の誕生日を赤で指定すると、各月自動的に赤で表示、

 祝日表

土曜日も同様に青で表示される。

前月と次月の日付を非表示にできる。

2017年度分は、そうやって作った花のカレンダーでした。

 

年の瀬が近づきました。

万年カレンダーを元に、2017を2018に変更し、

シートのコピーを行い、12か月分を作り

月数を1、2、…11、12と変更記入した。

2018年カレンダーの下半分(1か月の日にちと曜日の表)が簡単に出来上がった。


※ 記入余白の上2行は午前中の予定、下2行は午後の予定を記入します

 

上半分には、今年撮った写真を挿入して

2018年度カレンダーが完了!!

毎年、なにも考えずに簡単に自動的に作ることができる。

上半分は、ハガキ絵、水彩画、絵手紙などの挿入でもよい。

自分の好きなカレンダーが出来上がります。

デザインもいろいろ変えられる。

 

さて、8日の携帯電話の故障ですが、

原因は、下の写真の通り!!

auショップに行って見てもらったら

ACコードの携帯電話の受け台接続部か?、電話器本体の電源接続部の不具合?

ケーブルは良好だったので、「受け台」を取り払って「micro SD受け口」側から電源を供給することで

充電できることがわかった。

当面は、一件落着です。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加