酒酒楽楽

酒店のオバちゃんが、商工会活動や家族のことなどをマイペースで綴っていきます。

定期検査と市内巡り 

2016-09-24 17:47:48 | 健康

最近ブログ編集画面に向き合うことが少なくなくなり、投稿が滞っております。

で、いざ書こうと思うと、いろんなことを一つにまとめて書きたくなり、

そのためにカテゴリーと標題でさらに悩むことになります。

結局いい加減なテーマやカテゴリーになってしまうのですが。

 

 

久し振りの郡山駅前、 丸井ビルの跡地に新しいビルが建ってました。

駅ビルの垂れ幕に

祝 日本遺産認定 

未来を開いた「一本の水路」

~ 大久保利通 最期の夢と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代 

とあります。「安積疎水(あさかそすい)」のことですね。

安積疎水

あこがれの湖 安積原野へ

因みに、1枚目の写真 右端のモニュメントも安積疎水に関係あり。

 

 

さて、21日は6月末以来の通院日でした。

採血検査の結果は特に変わりなし! 正常値を保っているということです

食事療法もですが、毎朝のウォーキングとラジオ体操、もう絶対に欠かせません。

「ダイエットのために歩く」のではなく、ご飯を美味しく食べたいがために歩いているのです。

勿論、

娘と待ち合わせてのお昼ご飯、うなぎ 大伴のうな重(並み)が美味しかった~

 

 

合同庁舎の近くに新しくできたカフェで大好きなカプチーノを補給した後は 、

伯母(義父の姉)の眠る如法寺へ。

 

 

 走行中(娘の運転)の撮影

 

実家へ寄り、すべての用事を済ませての帰路。

稲穂が大分色づき、刈り取りも間近になりましたね。


ここは小中時代の通学路で、真正面に見えるのは、母校の高瀬小学校です。

ぐるっと見回せば、磐梯山、安達太良山、郡山市街地も見えます。


しかし、それにしても雨の日が多いですね。

田畑にも影響が出ているようです。早く何とかして!


     

 

 加登屋酒店HPはちら 
 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。    
  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら  「第3回 下の区商店 出店のお知らせ」   
 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

筑波海軍航空隊記念館

2016-09-15 20:22:12 | 商工会関係

茨城県立近代美術館から水戸芸術館アートタワーをパシャッと。 


今年度のスタンプ会招待旅行は茨城方面でした。

茨城県立近代美術館から筑波海軍航空隊記念館、そして最後に那珂湊の寿司食べ放題へ。

 

横山大観の日本画や企画展の「乙女デザイン」を時間一杯ゆっくりと堪能し、

楽しみにしていた那珂湊の「50分間寿司食べ放題」も大満足でしたが、

でも、やはり心に強く残ったのは、

~特攻起源の地~筑波海軍航空隊記念館です。

昭和13年に建てられたこの建物は、老朽化して取り壊しの危機に。

維持費や管理費等の財政的な問題で、茨城県と笠間市が協議中とのことですが、

 戦争を体験された方が日に日に少なくなっていく中、

このような遺構は残しておくべきと切に願っております。

 

さて、戦後生まれの我々団塊世代もいよいよ70歳代間近になってきました。

健康長寿を保つには日ごろの無理のない適度な運動での体力作りが求められます。

8日は女性部の3B体操でした。

↓に 事務局のIさんにお願いして撮ってもらったうちの2枚を掲載します。

 

 

  

ようやく敬老会のプログラム(栞)300部が完成しました。

ミスがないか心配ですが、事務局長(Hさん)と実行委員長(夫)が見てくれたので、きっと大丈夫!

9月1日現在の75歳以上の招待者187名を

41名の実行委員がお世話し、

小学生の作文発表と余興(カラオケ、踊り、お琴の演奏など)で花を添えます。

 

<酒屋のミセサキ市のお知らせ>

明日16日(金)から19日(月)まで、加登屋酒店の店先でミセサキ市を開きます。

今回で2回目となります。 娘が何やら準備中!

お時間ありましたら、どうぞ覗きにおいでください。

 

    

 

 加登屋酒店HPはちら 
 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。    
  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら  「酒屋のミセサキ市」   
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

郡山市総合防災訓練

2016-08-27 21:03:25 | 地域活動

今日27日に行われた郡山市の総合防災訓練。

田村会場は地元の谷田川小学校です。

地元の女性たちに参加を呼びかけた結果、朝早くから20名以上の女性たちが駆けつけてくれました。

私達の担当は、応急給食訓練、つまり「炊き出し」です。

30キロのコシヒカリを4升炊きのガス釜と1.5升炊きの電気釜で何回かに分けて炊き、

約400個のおにぎりを握りました。

 

写真はありませんが、大小様々、形も様々、緊急事態を想定していますから贅沢は言えませんね。

予定時間内に約480個のお結びが完成、しかもとっても美味しくできたのです。

 

きゅうりの漬物、茄子漬、味噌漬を提供してくれた人もいて、

地区外から参加された人たちにも満足してもらえたものと自負しております。

 

ゆとりの時間には地元の人たちとの交流も。

普段忙しい日常を送っているので、久しぶりに顔を合わせて懐かしさに話が弾みます。

これはある意味防災訓練のもう一つの目的でもあると思います。

 

以下は、本日の訓練の様子です。遠くから写したので見えにくいと思いますが。

消防自動車と救急車が待機しています。 

雨が降ったり止んだりの生憎の天候にもかかわらず、他の地区の方々や介護施設の入所者も参加してくださいました。

 

 「火事だ~火事だ~」の声に初期消火活動が始まります。

左端にあるのは、地元の大工さんm茂さんに作ってもらった木造の家屋。

建物火災を想定した消火活動 バケツリレーも。

消防団の放水訓練 

 

炊き出し班の画像はこれ一枚のみ

小学校の教職員と児童も参加

二学期が始まってすぐの土曜休日ですが、特別に登校日となっています。

閉会式の模様  消防団の機敏な行動に感動

 

地元の人たちの団結力を身に沁みて感じた一日でした。   地元万歳‼ 


明日はスタンプ会で茨城方面へ。

筑波海軍航空隊記念館と茨城県立近代美術館とお寿司の食べ放題(これが一番の楽しみ)

 

  

 

 加登屋酒店HPはちら 
 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。    
  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら  「あさひ と きらら」   

  

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

防災訓練とスタンプ会旅行と他にもいろいろ

2016-08-18 21:48:55 | お知らせ

ある朝の霊峰宇津峰

毎朝こんなところを歩いております。時折ウシガエルの鳴き声を聞きながら。

 

今月27日の郡山市総合防災訓練、翌日のスタンプ会招待旅行(茨城方面)

9月18日の地区の敬老会等々の準備で忙しくなっています。

見通しが立つまで、しばらくの間お休みさせていただきます。

    

 

 加登屋酒店HPはちら 
 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。    
  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら  「あさひ と きらら」   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェイスブックのご縁に感謝‼

2016-07-30 21:30:08 | 高瀬中学校関連

今朝の宇津峰山(撮影2016.7.30)

 

福島民報新聞に「県内の現状伝える アナウンサー大和田さん ハワイで講演

という見出しの記事が掲載されたのは 今月24日(日)のことでした。

以下、本文そのままです。スキャン出来なかったので、写真はカットします。お許しください。

 

福島市のフリーアナウンサー大和田新さんは米ハワイ・ホノルルで講演し、

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から5年4ヶ月が経過した福島の今を伝えた。

郡山市出身で1年前からホノルルに住む桑名あつ子さんが

2月にニューヨークで開かれた大和田さんの講演会の評判を聞き、

「ぜひハワイで講演してほしい」と大和田さんに依頼した。

講演会は18,19日の両日(現地時間)、

ホノルルの寺院や福祉施設、ヨットハーバー会員限定クラブの3か所で開かれた。

合わせて日系人約80人が参加した。

大和田さんはスライド写真を交えて被災者のインタビューなどを紹介。

通訳を務めた桑名さんが大和田さんの話に感極まって言葉を詰まらせる場面もあった。

各講演会の終了後、「来てくれてありがとう」などの感謝の言葉が寄せられた。

「ハワイに住んでいる私たちに出来る支援は何か」と質問された大和田さんは

「最大の支援は、忘れないこと」と答えていた。


この新聞記事は、元ラジオ福島のアナウンサー(現在フリーアナ)の大和田新氏のFBで知りました。

桑名あつ子さんは、恩師K先生の娘さんです。

「拝啓Y.F先生」の一部に恩師K先生のことが書いてあります。

ブログ掲載につきましては、あつ子(Atsuko Kuwana)さんの了解を得ております。

 

 

全国をまたにかけ更に国外にまで進出してお仕事をされている大和田さんのお陰で

Atsukoさんの近況についても知ることが出来ました。

フェイスブックをやっていなければ、

20年以上も前にラジオでちょっとだけ話をしたことのある大和田アナに出合うこともなければ、

ホノルル在住のAtsuo Kuwanaさんと再会することもなかったでしょう。

 

本名で登録するフェイスブックに当初は不安を感じておりましたが、

今ではフェイスブックで繋がるご縁に感謝しております。

 

     

 

 加登屋酒店HPはちら 
 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。    
  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら  「あさひ と きらら」  

  

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加