酒酒楽楽

酒店のオバちゃんが、商工会活動や家族のことなどをマイペースで綴っていきます。

薄氷を踏む!(・・;)

2017-02-10 17:09:54 | 日記

 

今年初めて 店の中にお雛様を

 

3年ほど前まで富山の薬屋さん(Sさん)が我が家を定宿としていて、

2階の客間に飾りたくても飾れないし、茶の間は狭いし・・・

お酒を飲みながら冗談交じりに「早く出さないと、お嫁に行くのが遅くなるぞい」

なんてからかわれておりましたが、

今年は思い切って店内に飾ってみました

 お客様とお雛様談義で盛り上がります

 

2008年3月3日の記事はこちら雛(ひいな)の笑顔に会えるまち 

 


昨日は一日細かい雪が降ったり止んだりで、夕方からは本降りになり、

朝の通勤通学時間帯の道路状態を気にしながらの就寝でしたが、

しかし、心配したほどではなく、順調に通行できたようです。

 

すみません、↓は12月の画像です。

 

「薄氷を踏む」なんて言葉がありますが、本来の意味とは違った意味で使わせてもらいます。

小学校の頃、学校道には両側に田んぼが広がってました。

遠くの山並みを眺めながら歩いていると、

時折キラキラ光るものが目に入ります。

そう、小さな水たまりに薄氷が張っているのです。

すかさず、友達と競うようにまっしぐら。

長靴のつま先で突っつくと、その音の何と心地よいこと。

パリパリパリパリ・・・ 堪りません。そして、次のキラキラを目指します。

 

ブログ友の中には同じような経験をお持ちの方が多いのでは?

 

 

こんな広いとこは、珍しかったかも。

 子供時代を思い出し、ふと立ち止まっては見たものの、撮影だけで諦めましたよ


 この度、danntyu3月号に

地元 郡山市田村町「金寳酒造 仁井田本家」の特集記事が掲載されました。

福島県郡山市田村町で「自然酒」という酒を造り続ける、

創業306年「仁井田本家」が考えていることとは? (表紙中央)

 写真撮影は、郡山出身の鈴木心さん

 

加登屋酒店でも、仁井田本家から発売されるほとんどの日本酒を取り扱っております

「自然酒の古里 田村」「金寳自然酒」「穏」などのお問い合わせとご注文は、

加登屋酒店までお願い致します

 

 

 

 加登屋酒店HPはちら    

 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。  

  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら     
 
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

安積疎水 日本遺産認定 で思い出したこと

2017-02-04 21:18:28 | 家族

昨年の何月号だったか

JR東日本「大人の休日倶楽部」に特集記事が載ってましたし、

またこのブログでも簡単に紹介しましたが、

安積疎水が 日本遺産に認定されました。

そのことに関して、思い出したことがあります。

 

極めて私的なと言うか、身内(母方の祖母)の話ですが、どうぞお付き合いの程をヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

 

ここに、昭和53年2月14日の福島民報「大郡山版」の〝写し”があります。

見出しは、

「中条政恒邸跡 史跡公園に」〝安積開拓の父”永遠に 地権者、快く了解 と。


安積疎水(あさかそすい)と言えば、中条政恒とファンドールン、ですね。

 

旧米沢藩士 中条政恒は、 

安積疎水事業と安積平野開拓に情熱を注ぎ、郡山発展の道をひらいた。

作家の宮本百合子は、中条正恒の孫にあたり、

「貧しき人々の群れ」や「播州平野」は、郡山市を舞台にしている。 

(福島民報より抜粋)


この新聞報道から約2か月後の4月4日、

祖母(86歳)祖母の兄嫁(96歳)が、この史跡公園に、山桜の苗木4本の植樹をしました。

この史跡公園は、現在の開成郵便局の真ん前にあります。


この前年の4月から5月にかけて入院した義母。

病院に泊まり込みで看病したのは、私いっこんまでした。

 

これ ↓ は、身体が弱っていた祖母が、当時の市長高橋亮氏あてに書いたお礼状です。


『中條邸跡記念公園に植樹申し入れが、市長様のお許しを得て、

姉(スカ)と、市の木「山桜」四本植えさせて頂きました。

誠にありがとうございます。

歴史を大事にする市長様、地下の中條様と半右衛門と喜んで居る事と思います。

山桜の成長と百万都市の前途を祈願して止みません。

塩田様、忠花園の皆様にはお世話になりました。

今、旧邸跡に立ちて、

祖母(ウン)様に手を引かれて

帰桑毎に寄ってくれた子どもの頃(8、9才の頃)の百合子さんの色白な可愛い顔を思い起こしてゐます。

又、ウン様、開拓当時、政恒様と共に起居した裏の廃屋を見廻って、

当時のきびしさ、つらさを思い出してゐました。

私の13、4才の頃です。

七郎(甥)の嫁の背中で、ここは中條邸(サマ)の屋敷だなあ~と漏らし、

碑を読みだした姉の言葉には誠に驚きました。

皆の人が力を合わせて郡山の文化を守り続けますやう切に願い居ります。

姉共々長生きして、又山桜の節に必ずここをおとつれて来ます。

皆様ほんとうに有りがとうございました。

心より郡山の発展を祈って止みません。 

昭和五十三年四月四日

                  相楽 スカ(96才)

                  登梛 千代(86才)

植樹の日に記す』                (原文のまま)

 

 祖母の父は、大槻村最後の名主でした。

大槻村最後の名主 相楽半右衛門伝 矢部洋三

故に、上記民報新聞の「地権者」=相楽家となります。


上の手紙は何度読んでも私の胸にジンと来ます。

そして、気になること。

40年の時を経た今、google map  を開くと、この史跡公園は、開成緑地となってます。

史跡公園ではないのか?  4本の山桜はどうなっているのか?

山桜の咲く頃に、祖母に会いに行きます!



 <追記> 

この後、義母の病気が悪化しました。

父の提案で、長女である母が引き取ることになり、4年間の自宅介護。

初め、お医者様が数回訪問してくださいましたが、

「このお歳ですから、もう薬は要らないでしょう」と。

母が殆ど一人で介護しておりました。

それでも寝たきりで4年間生き延びたのです。

毎日身体を拭いてあげたりと、献身的な介護が功を奏したのでしょう。

誤嚥も褥瘡もなく、見事な最後でした。

 

 

 

 加登屋酒店HPはちら    

 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。  

  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら     
  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

OB・OG会参加のため杜の都へ☆彡

2017-01-21 20:21:10 | 宮坂・駒場ゼミOB・...

 郡山駅前のモニタリングポスト (撮影:2017.1.18 午前9時) 

 

何故か この2,3日、ネット接続がうまくいかなくてイライラしておりましたが、

只今ようやく回復しましたので、このまま投稿いたします。

この記事は、スマホで編集したものです(・_・;)

 

 

 さて、 この度、東日本大震災後初の仙台訪問を果たしました。

この時期に毎年ある母校の宮坂、駒場ゼミのOB・OG会と、

引き続き開催の宮坂ゼミ4期生同期会に出席するためです。

因みに前回の仙台行きは、震災直前の2月初め。

その時の記事の一つです


*宮坂・駒場ゼミOB・OG 会

とき:平成29年1月15日(日)午後1時~3時30分

  ところ:ホテルメトロポリタン仙台

*4期生の同期会

とき:午後4時~     ところ:心づくし いな せ 

 

出発(15日)の朝、郡山も10センチ近くの雪が積もってましたので、

予定していた高速バスは無理かな?と心配しましたが、

仙台に着く頃には青空が見えて、結局、往復とも高速バスで、新幹線より安く上がりました

同行してくれた娘が、ホテルの予約などいろいろやってくれて

一番遠くからの参加者は、上越新幹線、東北新幹線と乗り継いで雪国から来たUさん。

お仕事も未だ現役で頑張ってます。

 

顔見知りの先輩や後輩に会えたし、

何より同期会の参加者が14人中7人もいて、

これは、お世話してくれたSさんのお陰と感謝しております。

 

昭和40年代の中頃、大学には様々な出来事がありました。

そんな時を一緒に過ごした仲間たち。

卒業後、

教師、公務員、国鉄職員、農協職員、民間企業、自営業と

‥それぞれの道を歩いて45年。

みんな公平にオジサン、オバサンになってました。

 

あの頃、清純な私は思うように話せなかったけど、

あの頃の恥じらいみたいなものは何処へ

 歯医者さんに通院中で、仮り歯ということをすっかり忘れておりました。

帰宅後に、

「しまった!大きな口を開けるんじゃなかった」と後悔しております。


 

 

 

 加登屋酒店HPはちら    

 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。  

  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら     
 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

健康診断の結果報告 ヾ(=^▽^=)ノ

2017-01-13 21:34:15 | 健康

 

12,13日と二日間にわたり、地元の内科医院で健康診断を受けました。

予約をしていたので、診察が始まる前に優先的に診てもらえます。

12日は、胃カメラと採血、レントゲン、尿検査、動脈硬化、心電図など。

(胃カメラは20年前から欠かさず受けております)

13日は、エコー(超音波検査)で、肝臓、すい臓、胆嚢、膀胱など。

結果は、いずれも異常なし!

ちょっぴり不安もありましたが、

先生とお話をしながらゆったりした気分で出来ました。

また、待合室は、町内の人たちとのコミュニケーションの場みたいになっているし、

思いがけず、娘の小学校時代の教頭先生(女性)とばったり会って

いろいろ話が出来たのも嬉しい出来事でした。

 

で、ブログ更新ついでにもう一つ。

 

未だ額に汗がにじむ季節に、娘のお友達(kちゃん)のお母さんから戴いた毛糸。

紺とネズミの段染め 毛100% アルパカ20パーセント混 4玉。

*写真の色は、実際の色と違います。

 

そろそろ編んであげようかなと、先日編み始め、2玉編みました。

自分の帽子も編みたいと思ったのですが、

「長いマフラーにしてほしい」との娘の要望に

 

kちゃんのお母さん、昨秋急逝されました。

どんな女性だったのかな?

素敵な人生を想像しながら、静かにゆっくりと編んでます。

 

  

 加登屋酒店HPはちら    

 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。  

  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら     

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

年頭のご挨拶

2017-01-04 20:41:39 | Weblog

 

数年前のアンダンテに比べて、最近は益々のろのろゆっくりの投稿になってしまいました。

このまま放っておくと、忘れ去られてしまいそうなので、

取り敢えず年頭のご挨拶だけでも済ませなければ・・・

 

元日は実家での新年会とその後のお墓参り。

2日に義姉(プラス孫二人)と義弟を迎えて、我が家でささやかな新年会。

搗き立ての餅や手作りのおせち料理を囲み、美味しい日本酒でワイワイと。

これもまた良し!

3日、それぞれに帰って行き、また寂しくなりました。

 

12日、13日と地元の内科医院で胃カメラなどの検査、

その二日後に懐かしい人たちとの再会(45年ぶり?)と続きます。

それまであとひと踏ん張り、頑張ります‼

 

    

 

 加登屋酒店HPはちら   

 加登屋酒店HP こちらもどうぞ。    

  フェイスブックの「加登屋酒店」で限定品などのご案内をしております。
  かとや分室の状差しはこちら     
 
 
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加