緩和ケア医の日々所感

*** がんの症状緩和と子育てと ***

自分を見失いそうになったら

2019年05月19日 | つれづれ
色々なことがあれば、心は揺らぐのは特別なことではないよ。ただ、揺らいで、自分を見失ってしまわないで。普段の自分ならこうするだろうと思うこと判断したり、行動したり、考えたりすることが普段通りできているだろうか。もし、自分を見失ってしまっていると感じるなら、手を伸ばしてみよう。その少し先には、必ず手が差し伸ばされているから。もし、何か上手くいかないと感じるなら、自分を見失っている自分に気づいていないか . . . 本文を読む
コメント (2)

患者さんからもらった感謝の言葉

2019年05月12日 | 医療
最近は、入院患者さんについては、若いスタッフに任せているのですが、外来で関わり始めた患者さんについては入院された後でも深くかかわることがあります。先週、入院されている患者さんのところからオフィスに帰る道すがら、ふと、思い出した患者さんから頂いた最後のメッセージ・・亡くなる数日前に、ご家族から私に宛てたお礼のメッセージがあると見せていただいたもの。外来にも何時も持ち歩いていらっしゃった手帳に遠のく意 . . . 本文を読む
コメント

骨転移の痛みに放射線治療を行うときプレガバリンを併用するとより痛みは抑えられるのでしょうか

2019年04月21日 | 医療
最近読んだ論文。Marie Fallon , Peter J. Hoskin , Lesley A. Colvin , et al. Randomized Double-Blind Trial of Pregabalin Versus Placebo in Conjunction With Palliative Radiotherapy for Cancer-Induced Bone PainJC . . . 本文を読む
コメント

阻害薬の特性を踏まえて

2019年04月07日 | 医療
μ受容体阻害薬は競合的阻害を示すものと非競合的阻害を示すものとがあり、現在、国内で投与が可能なオピオイド誘発性便秘に用いることができる末梢性μ受容体阻害薬は非競合的阻害であることがわかっています。非競合的阻害というのは受容体への結合が席取りゲーム(一つの席を二人で取り合う)ではなく、別のところに結合し、受容体に影響を与えることで阻害するといったものです。ですから、ある程度十分な薬剤の量 . . . 本文を読む
コメント

医療用麻薬の耐薬症状は(脳ではなく)腸管だけでも起こる。

2019年03月31日 | 医療
末梢性μオピオイド受容体拮抗薬ナルデメジン(一般名)がオピオイドの便秘に対し、国内で投与が可能となって随分とオピオイド誘発性便秘症のコントロールがやりやすくなってきました。ただし、今なお、オピオイド開始後、随分たってから便秘の管理にナルデメジンを開始するかどうか、迷う場合もあります。ナルデメジンは、基本的に、中枢性にμ受容体を拮抗し、耐薬症状を起こすことはありません。& . . . 本文を読む
コメント

「こちら側」と「あちら側」

2019年03月24日 | 医療
ITでは、こちら側は、実世界あちら側は、Web上の世界「ウェブ進化論」梅田望夫生はこちら側にあり、死はあちら側にある。「蛍」村上春樹こちら側とあちら側の言葉には見えない離別させる何かを感じさせます。 10年近く前のこと。40代の大腸がんの患者さんに医学部で20分ほど学生に向けて講演していただいたことがありました。「がんだろうと思っていましたから、 がんと説明を受けたときは、 ああ・・やっぱり . . . 本文を読む
コメント

ESRD(末期腎不全)と終末期の違い。withhold, withdraw, stopの違いって、知っていますか?

2019年03月10日 | 社会時事
私は、医学部5年生のころ、卒後の進路について死の周辺領域に携わりたいと思い、緩和ケア、移植外科、救急外科を考えていました。その当時、緩和ケアを学べる病院はなく救急は体力的に不安だったので、移植、それも、当時は腎移植がメインだったので、腎臓外科という領域で、腎移植、透析、シャント造設などを学んでいました。そのようなこともあり、私が、緩和ケアに進路を変えたのは、腎移植、末期腎不全に緩和ケアの必要性を感 . . . 本文を読む
コメント

女性からだ会議®2019

2019年03月03日 | 社会時事
3月3日ひな祭り女性からだ会議®2019に登壇させていただきました。子宮頸がんの患者さん方が、予防や女性の体を考えていこうと立ち上げられた社団法人シンクパールさんが主催です。そのアクションは本当にエネルギー溢れていて、社会を変えていく力を感じます。情報発信は、色々な角度から注意を集めるその工夫はいつも感嘆です。さらに今回の催事の協賛・協力企業は14社も・・スゴイです。。そんなシンクパールさ . . . 本文を読む
コメント

池江さんのニュースで感じた痛みを大切にしたい。支え支えられる社会となるように。

2019年02月17日 | 医療
池江璃花子さんの白血病で日本中が揺れた1週間でした。この報道を通して感じたこと。このニュースを聞いた人は、他人事として聞いたのではなく、がんと診断された人が感じるショックやこれからどうなっていくのだろうという先の見えない不安や今までの自分から、他の自分へ切り替えなければいけないという喪失感など大小の差はあるとしても、自分の事のように痛みを覚える体験したのではないかと思います。私自身ニュースを聞いて . . . 本文を読む
コメント

私達はバランスのグラディエーションの中にある

2019年02月11日 | 社会時事
昨日は、「がんになる前にしっておくこと」のトークショーに登壇させて頂きました。寒かったのですが、天気が回復し、84席 満席!でした。消防法上立ち見ができないそうで、御帰りになられた方もいらっしゃったとのこと。ちょっと、切なかったです。。トークショーの前に打ち合わせをしていたときのこと。三宅さんが、撮影のカメラを回しながら気づいたこととしてお話しくださったことがありました。「健康って、バランスなんで . . . 本文を読む
コメント

明日2月4日は世界対がんデー 2月10日沢山の人に観てほしいなあ・・

2019年02月03日 | 医療
2月2日、映画が封切られました。初日は、大盛況だったそうです。同日、私は、日本アイソトープ協会の市民公開講座に女子医大の唐澤久美子先生と登壇させて頂いておりました。早速、映画を観に行ってくださった方からお声をかけて頂きました。2月10日11時50分~12時10分映画の後の、トークショー!登壇します。ドキュメンタリー映画「がんになる前にしっておくこと」場所;新宿 K’sシネマ2月10日( . . . 本文を読む
コメント

見えないものに気づける目を持ちたい

2019年01月28日 | つれづれ
最近、とても強く思うこと。見えないものにこそ、大切な意味がある沢山の見えるものに囲まれていると、見えないものはその次になっていきます。見えるもので目は止まってしまい、見えないものは見えなくなってしまいます。●癌は見えるものを相手にしますCTやMR画像に映る腫瘍シンチのスポット病理組織の異常細胞血液に流れるブラスト細胞腫瘍マーカー採血データこうした見えるものの先には沢山の見えないものがあります。 . . . 本文を読む
コメント (2)

映画:がんになる前に知っておくこと(15人の医療・体験者と共に出演しています)

2019年01月15日 | 医療
2月2日から、新宿 K'sシネマで「がんになる前に知っておくこと」という映画がロードショーされます。女優の鳴神綾香さんがご自身の乳腺に腫瘤が見つかったという背景の中、15人のがんに関する医療者やがん経験者をインタビューし、がんについて、知識を深めて行く過程をまとめたドキュメンタリー映画です。私も、緩和医療のことについて15人の一人としてお話しさせて頂きました。その時は、こんなロードショーになると意 . . . 本文を読む
コメント

人生の中で一番強いストレスは・・・年の明けに想うこと

2019年01月06日 | 医療
新しい年になりました。昨年末は、何かと「平成最後の〇〇」が連呼されましたが、いざ、新年を迎えると、気持ちも新たに、節目としての歴史を感じています。人生には、沢山のストレスがあります。もっとも大きなストレスは、配偶者の死だと言います。TH.Holmes, TH Rath. J of Psychosomatic Res., 1976そして、クリスマス、お正月と続くこのシーズンは、見送った大切な人との思 . . . 本文を読む
コメント

企業さんとの距離感

2018年12月24日 | 医療
このクリスマスシーズン、家族が我が家に集い、食事を共にしました。20年来飾ってきたクリスマスツリーと共に、次男が結婚し、子どもが生まれ、さらに、この春には長男も結婚することとなり、3人増えた食事に、いつも以上に華やぎました。話しは変わり・・このところ、ずっと考えていたこと・・医師のプロフェッショナリズムとして企業の方々とどのように共働していくかということ。利益を追求する企業に依頼された医師が宣伝的 . . . 本文を読む
コメント