海鳴りの島から

沖縄・ヤンバルより…目取真俊

K8護岸周辺の海の濁り/航路でガット船、ランプウェイ台船に抗議

2019-10-18 23:58:54 | 米軍・自衛隊・基地問題
 18日(金)は朝、カヌー8艇で松田ぬ浜を出発した。オイルフェンス沿いに漕いでK8護岸の所まできて抗議船2隻(不屈、平和丸)と合流した。  埋め立て工事を再開するには、まず大浦湾にランプウェイ台船とガット船を入れないといけない。その動きを警戒し監視活動を行ったが、午前中はまだその気配がなかったので、平島に行って休憩をとりながら状況確認を行った。  K1護岸では消波ブロックの設置が行われ . . . 本文を読む

10月も半ばだが、埋め立て作業は正味2日程度しか行えていない。

2019-10-15 17:25:16 | 米軍・自衛隊・基地問題
 15日(火)は朝、カヌー10艇で松田ぬ浜を出発した。沖に出るにつれて陸地にさえぎられていた北風が強くなる。K1からK4護岸の外側に張られたオイルフェンス沿いに漕ぎ、作業の様子を確認した。  K4護岸の中間付近に根固め用袋材が取り除かれ、護岸の上に防砂シートが見えている箇所があった。そこにクレーン車が出て根固め用袋材を移動していた。台風19号は沖縄からそれたので、高波の影響は小さ . . . 本文を読む

10・10空襲から75年目の羽地内海とワルミ

2019-10-10 23:58:44 | 米軍・自衛隊・基地問題
 土砂を運搬するガット船や陸揚げ用のランプウェイ台船が羽地内海に避難しているため、10日(木)の海上行動は休みとなった。いろいろ作業をしないといけないので今帰仁に向かったが、途中の羽地内海を見ると辺野古で使用されている船が並んでいた。  先週は金曜日の半日と土曜日、今週は月曜日の半日程度しか土砂の陸揚げ、埋め立て工事が行えていない。台風に振り回されて9月以降、ガット船とランプウェ . . . 本文を読む

辺野古の海、大浦湾の状況とゲート前抗議行動

2019-10-09 23:53:06 | 米軍・自衛隊・基地問題
 台風対策で7日(月)の午後に大浦湾からランプウェイ台船が出て行った。そのため、昨日8日(火)から辺野古では埋め立て土砂の投入が止まっている。安和の琉球セメント桟橋でも、この日はガット船が1隻だけ積み込んで終わりとのことで、カヌーによる海上行動は見合わせ、船に乗って辺野古の海、大浦湾の状況確認を行った。  午前8時35分頃、抗議船・不屈に乗って辺野古漁港を出た。K1護岸では20トン消 . . . 本文を読む

大浦湾の航路、K9護岸、K8護岸で抗議行動

2019-10-04 23:54:17 | 米軍・自衛隊・基地問題
 4日(金)は朝、カヌー9艇で松田ぬ浜を出発した。抗議船・平和丸に乗って大浦湾に出ると、航路付近でカヌーに乗り換え、朝一番でやってきたガット船2隻(松龍丸、航安丸)とランプウェイ台船1隻に抗議した。  新たに1隻が加わって大浦湾内のランプウェイ台船は7隻となった。前日入った2隻に加えてガット船4隻が、ランプウェイ台船に土砂を積み替える作業を行った。  航路付 . . . 本文を読む

午後5時過ぎにやっとランプウェイ台船とガット船が大浦湾に入る

2019-10-03 22:49:30 | 米軍・自衛隊・基地問題
 3日(水)はいつもより早く松田ぬ浜をカヌー12艇で出発した。抗議船に乗り込んでカヌーを曳航し、長島の間を抜けて大浦湾に出た。ランプウェイ台船やガット船が入ってくるのを止めるために、すぐにオイルフェンスの開口部にカヌーを固定し、開けられないようにした。  秋晴れで大浦湾も波が穏やかだった。思ったよりも作業が遅れていて、午前中はまだ汚濁防止膜の再設置を行っていた。カヌーを固 . . . 本文を読む

台風対策で片づけてあったオイルフェンスを再設置

2019-10-02 23:30:06 | 米軍・自衛隊・基地問題
 10月に入った。2日(水)は朝、まず平和丸に乗って工事状況や波の状態を確認した。海上ではK1護岸からK4護岸、K8護岸から大浦湾にいたるまで撤去されていたオイルフェンスと汚濁防止膜を再設置する作業が進められていた。  台風18号は当初の予想よりも大陸側を通り、沖縄島への影響は少なかった。それでも、台風接近の予報があれば、対策を取らなければいけない。そのたびに埋め立て工事は中断する。 . . . 本文を読む

羽地内海で避難中のガット船とランプウェイ台船

2019-09-29 13:18:02 | 米軍・自衛隊・基地問題
 写真は昨日28日(土)午後2時頃の羽地内海の様子。辺野古に土砂を運び、陸揚げしているガット船やランプウェイ台船が台風避難でずらりと停泊していた。  25日(水)に安和の琉球セメントで抗議した第二十八旭丸の姿も見えた。  ランプウェイ台船は屋部5号や屋部3号のほか、汚濁防止膜かオイルフェンスを積んだ台船や土砂を積んだ台船もあった。  一番下の写真で、積んである土砂の赤 . . . 本文を読む

台風接近を前に、安和の琉球セメント桟橋でガット船の土砂積み込みに抗議

2019-09-27 23:45:38 | 米軍・自衛隊・基地問題
 27日(金)はカヌー10艇とゴムボート1隻で安和の琉球セメント桟橋に行き、ガット船への土砂積み込みに抗議した。来週初めに沖縄に台風が接近するとの予報があり、ガット船も船を安定させるために土砂を半分ほど積み込んで出航していた。羽地内海に向かったと思われる。  午前9時過ぎに安和に着いてカヌーの準備をしていると、第二十八旭丸が係留ロープを緩めて出航しようとした。まだ土砂は半分ほどしか積み込 . . . 本文を読む

こんな米軍に海保は新基地建設で奉仕するのか。

2019-09-26 23:57:51 | 米軍・自衛隊・基地問題
〈オスプレイ墜落、機長を氏名不詳で書類送検 米軍が聴取に応じないまま〉という見出しの記事が沖縄タイムス電子版に載っている。 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/475386 〈2016年12月に沖縄県名護市安部沿岸に米海兵隊のMV22オスプレイが墜落、大破した事故で、中城海上保安部は24日、当時搭乗していた機長を氏名不詳のまま航空危険行為処罰法違 . . . 本文を読む