kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、覚書き、気になることを書いてます。(^^ゞ

あの名前は「天然のインスリンといわれている菊芋(キクイモ)」でした!

2019年11月07日 | Weblog
昨日の頂き物の名前が分かりました! それは・・・

極小の「菊芋(キクイモ)」


●菊芋の収穫時期
 菊芋は9月から10月にかけて黄色い菊に似た花を咲かせ
 その後秋には地上部が枯れ、地中に塊茎を作ります。
 収穫されるのは11月以降に掘り出されるので
 最も多く出回るのは11月から12月にかけてでした。

●菊芋に含まれるイヌリン
 「天然のインシュリン」といわれる「イヌリン」と呼ばれる多糖類で
 一般的なイモ類とは違い、デンプンはあまり含まれず生の菊芋には
 15%前後のイヌリンが含まれているので、血糖値の異常によっておこる
 糖尿病などに良い影響を与えるといわれているそうです。

●低カロリーの健康食材
 菊芋はデンプンをあまり含まないため、芋でありながらカロリーが低く
 ジャガイモの半分以下のカロリーしかないそうです。

●カリウムは筋肉にとっても欠かせないミネラルですが
 菊芋には沢山のカリウムが含まれています。
 カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり
 高血圧に効果があるそうです。


菊芋(キクイモ)の料理には
サラダや和え物、炒め物や焼きもの、煮物や汁もの、揚げ物
にして食べるとよいそうですが・・・

私の調理法は
1.極小キクイモをよく洗おう。
2.熱したフライパンにバターを置いて溶けたらキクイモを入れる。
3.中火でゆっくり炒め、醤油をさっと回しかけて
  全体がしんなりするまで炒める。
4.火がよく通ってシャキシャキ感がなくなったら
  塩コショウで味を調えて完成!!
※極小キクイモは、1分ほどチンしてから使おうと思ってます。
コメント (2)