kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、覚書き、気になることを書いてます。(^^ゞ

世界文化遺産 「平等院(びょうどういん)」

2014年11月30日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
2011年11月に宇治へ行った時は、平等院の修理が始まる時だったので
修理が終わったら行きたいと思っていると、秋季美術研究会から開催の
案内状が届いたので参加してきました。


観光バスだったので、駐車場のある南口から入りました。


浄土院

平等院の塔頭で、浄土宗の栄久(えいく)上人が、明応年間(15世紀後半)に
平等院修復のために開創した寺と伝えられています。


船乗観音

涙型の台座に舟に乗り、人生を長い旅路として旅の安全と無事を祈願しています。
戦後まもなく盗難に遇いましたが、平等院開創九百五十年記念事業の一環として
佛師 村上清氏の匠技彫をもって復元し、開眼、浄土院本堂に安置されています。


羅漢堂 (宇治市指定文化財)
茶師星野道斎とその息子たちにより寛永17年(1640)に建立されました。


浄土院をでると、鳳凰堂の裏側に出ました。


池の中島に建てられているのです。


平等院は、藤原道長が宇治川の西岸にあった源重信の別荘をその夫人から
譲り受けその子頼通が、永承7年(1052年)寺に改め平等院になりました。


これは梵鐘のレプリカです。
国宝の梵鐘は、13年に博物館として開館した鳳翔館のエントランスで見れます。

鬣を真上に逆立たせた竜頭が飾られ、宝相華唐草の地文の上に鳳凰や踊る天人
などが描かれた梵鐘は、平安時代を代表する梵鐘の1つで、「姿の平等院鐘」
「声の園城寺鐘」、「勢の東大寺鐘」の「天下の三名鐘」の1つとして有名です。


雲中供養菩薩像などを見て鳳翔館を出ると、鳳凰堂の屋根が見えました。


正門

私たちは駐車場のある南門から入りましたが、帰りの集合場所は正門でした。
正門を出ると、これから来られる人で正門前は列が出来てました。


宇治茶の老舗が並び、お茶の香りがする表参道を行くと「平等院」です。
コメント

出世地蔵

2014年11月29日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他

三輪神社の境内を通り抜けると


「出世地蔵」と書かれたお地蔵さんがありました。
以前に通った時には、書かれていなかったように思いますが・・・


近くに説明板があったので見てみると、三輪神社の鬼門に何度安置しても転んでいたが10年目に転ばなくなったそうです。それは修行を積んで高い位を得たことから「出世地蔵」と名付けられたそうです。

平成26年3月に「高槻 まちかど遺産」になってました。
コメント

JR京都線 高槻駅のホーム増設工事が始まりました。

2014年11月28日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他


高槻駅は相対式のホーム2面4線で、利用客の多さの割にホーム幅が狭いので、特に通勤ラッシュ時は人が ホームから落ちそうな危険なこともあり、安全性と快適性の向上を図ることを目的とした、平成28年春の供用開始を目指して新しいプラットホームの整備が進められています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主な工事内容は、(1)新快速専用ホームを新設、(2)新快速専用ホームと既存駅舎を接続する乗換通路を新設、(3)道路から直接駅構内に入ることのできる新西口改札を新設、などです。

現在、上り・下り線の一番外側にあるレールの撤去などホーム新設工事の準備が急ピッチで進められています。(高槻市のホームページより)
コメント

壱岐っ娘(いきっこ)

2014年11月27日 | 食楽


壱岐っ娘は、WTO(世界貿易機関)のトリプス協定で
原産地(長崎県壱岐の島)が保護、特定されています。

そして、壱岐の島は麦焼酎発祥の地なのです。
また、お洒落なラベルのイラストは
世界的に有名な長岡秀星氏です。(^з^)-☆
コメント

国立文楽劇場 「なにわの彩」

2014年11月26日 | 観戦・鑑賞・参観ほか
若柳吉翔さんの繋がりから、国立文楽劇場で開催される


「なにわの彩」の入場券を頂いたので行ってきました。


久し振りの日舞を最後まで楽しんでいると
お餅とタオルまきがあり、お餅が私のところに飛んできました。(((^_^;)
紅白のお餅が飛び込むとは、こりゃ~縁起が良いですね。(*^^*)
コメント

もう~いなくなってました・・・

2014年11月25日 | 花・草・木・鳥 他
11月23日に投稿した
「川にいましたが・・・これは何でしょう?」が気になって


同じ場所に行ってきましたが、その姿はなくなっていました。
そして、カルガモがいるだけだと思っていると


その川では見たことのないカメがいました。
手のような物がある生物は、何だったのでしょうね?
コメント

世界文化遺産 「比叡山延暦寺 国宝 根本中堂」

2014年11月24日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
今日は11月12日(水)に行った比叡山のことを書きます。


「延暦寺」は、比叡山の山内にある500ヘクタールの境内地に点在する
約150ほどの堂塔の総称で、延暦寺という建造物はありませんでした。

山内を地域別に、東を「東塔(とうどう)」、西を「西塔(さいとう)」
北を「横川(よかわ)」の三つに区分されているそうです。


大講堂 (大日如来)重要文化財
 
大日如来座像の両脇の檀上に、比叡山で修学した諸宗派の祖師像が祀られ
ています。比叡山が日本仏教の母なる山といわれるのが分かりますね。


鐘楼 

大講堂のそばに鐘楼があって参拝者が鐘を突いていました。
元亀(げんき)2年(1571)9月12日の早朝、信長による延暦寺焼討ちを
知らせる梵鐘の乱打の音が響いていたそうです。


この坂を下りていくと、左に見えているのが「根本中堂」です。


延暦寺が浅井・朝倉両軍をかくまったこと等が発端となり、元亀2年(1571)
織田信長によって比叡山が全山焼き討ちされたことは、書かれていませんね。


ここが根本中堂の入口です。
根本中堂の堂内は、写真撮影禁止です。

中に入ると、仏像が私達のいる床から約3m低い位置にあって
それは仏像が参拝者の目の高さに来るようにするためだそうで
「仏も人もひとつ」という考えを現しているそうです。

根本中堂中央の厨子には最澄自作の伝承がある薬師如来立像が祀られていますが
この本尊は秘仏になっているので、普段は公開されていないのです。私たち参拝者
が根本中堂で目にする薬師如来像は、仏師が彫刻した「前立」本尊でした。

「不滅の法灯」は、信長の焼討ちにより一旦は途絶えたそうですが
山形県の山寺(やまでら)として知られる立石寺(りっしゃくじ)に
分灯されていた法灯を移したことで、1200年の法灯があるそうです。

説明では、途絶えたことも分灯についても触れることなく終わりましたが、こんなお話がありました。それは、法灯の菜種油を注ぎ足さなくても数日は燃え続けるそうですが、それは「ま、いいか」と油を注ぎ足さない日があると、それが習慣になり火は消えてしまいます。そうならないために、決して油を絶やさないようにすることから「油断するな」という言葉が生まれたそうです。


根本中堂の前にある石段は、文殊菩薩が安置されている文殊楼へ行きます。


石段を上がった所から、根本中堂を撮っています。


文殊堂の中に入り、狭くて急な階段を上がってきました。(((^_^;)


寛永19年(1642)に徳川家康によって再建された銅板葺き入母屋造りは
幅37.6m、奥行23.9m、屋根高24.2mの大建築で、昭和28年(1954)国宝に
指定されました。
コメント (2)

川にいましたが・・・これは何でしょう?

2014年11月23日 | 花・草・木・鳥 他

この道を通るときは、いつも川の中を覗くことにしています。
それは、ここのカルガモの親子が可愛いとテレビで紹介されたことがあり
今日もカルガモの姿がありました・・・(^з^)-☆


一人の女性が川の中の一点を見ていました。
そして、私に「あの魚が昨日からあそこにいてるんだけど・・・」と
声を掛けてきたのですが、それは私も気になって見ていたものでした。

これは、何でしょう? 手らしきものがあるようにも見えます。
「妖怪幻獣百物語」を見た後なので、とても気になります。
コメント

オレンジ色の可愛い「カラス瓜の実」

2014年11月22日 | 花・草・木・鳥 他
不断桜が見たくて行った「実光院」の受付に置いてあったもので
オレンジ色した実が可愛いかったので撮らせて頂きました。


カラス瓜(烏瓜)は、本州・四国・九州に自生する林や藪の草木に
からみついて成長し、私は見たことはありませんが葉はハート型で
表面は短い毛で覆われているそうです。

雌雄異株で、雌花の咲く雌株にのみ10月から11月末に熟した.
直径5~7cmの卵型や丸型をしたオレンジ色の実をつけるそうです。

この果肉は人の舌には舐めると、一瞬甘みを感じるものの非常に苦く
人間の食用には適さず、名前と異なりカラスの好物でもないそうです。
コメント

京都大原・不断桜が咲き始めた「実光院 (じっこういん) 」

2014年11月21日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他


実光院は勝林院の子院で、三千院から勝林院に向か道の左側にあります。


秋の紅葉の頃から春まで咲く不断桜(ふだんざくら)は初めて見ます。


客殿で、お抹茶と和菓子を頂きながらお庭を眺めてましたが
こちらのお庭は眺めるだけではなくて


お庭に出て歩くことができるのです。(嬉)


入口に「今 見頃です」と書いてありましたが
不断桜は、まだ蕾ばかりのようです。(((^_^;)


でも、咲いているのを見つけましたよ!
これが不断桜です・・・可愛いですね。(^з^)-☆


集合時間が近づいてきましたが、もう少し歩いていると・・・


客殿の南側に位置する契心園は、池泉鑑賞式の庭園ですが
ここが同じ庭の中かと思うほど開けた場所に出て見た紅葉が
別世界のようで、とても印象に残ってます。
コメント