kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、覚書き、気になることを書いてます。(^^ゞ

ウィリアム英王子とキャサリン妃 ご結婚おめでとう~ (^^♪

2011年04月30日 | Weblog

世界中が注目したチャールズ皇太子とダイアナ元妃の結婚式から30年が経ちました。
そして 



英国のチャールズ皇太子と故ダイアナ元妃のご長男で、王位継承順位2位の
ウィリアム王子(28) が 、ケイト・ミドルトンさん(29) と、ロンドンの ウェストミンスター寺院 で
4月29日 に結婚式を挙げられました。 ご結婚おめでとうございます!

 王族の一員となられた ケイトさんは 「ケンブリッジ公爵夫人」 の称号で
これからは、正式名の 「キャサリン妃」 と呼ばれるそうです。 きれいでしたね~

 ∽∽∽∽∽   ひとりごと     ∽∽∽∽∽

故ダイアナ元妃の分まで、お幸せになって下さい。
日本の皇太子ご夫妻が、東日本大震災のために結婚式に出席されませんでしたが
私的には・・・出席して欲しかったです。

 ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : ムラサキハナナ        花言葉 : 恵まれた未来
ハナダイコンと呼ばれることもありますが、ムラサキハナナが正解です。春になると
土手や線路わきを紫に彩ります。日本に初めて渡来したのは、1935年ごろとされています。

コメント (2)

散歩道から見えるのは、明治製菓 「板チョコ形の巨大看板」 (^^♪

2011年04月29日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他


ここは私の散歩道で、いつもは黄昏時に歩いていますが
今日は、久しぶりに朝のお散歩をしてきました。 気持ち良いですね~ (^^♪

あれ~? 見慣れないものが正面に見えています・・・。


すると、一緒に散歩していた Yが 
「あっ~! 明治製菓の看板が見えてるよ。」

夕方に歩いているので気付かなかった私が
「えっ! もしかして・・・あれが明治ミルクチョコレートの巨大看板?」 


少し歩いていくと、明治製菓 「板チョコ形の巨大看板」が、はっきりと見えてきました。
大きいと聞いてましたが、ここから見えるなんて本当に大きな看板ですね~!

この巨大な看板は、2011年2月14日のバレンタインデーを前に、2月8日に大阪府高槻市の
明治製菓大阪工場で、通常販売している 「明治ミルクチョコレート」 の、約38万枚分に相当する
巨大な看板で、高さ約27.6m、長さ約165.9mの板チョコ形看板が壁面に設置されていたのです。

ココア色のプラスチック板を成型して作った42個の 「板チョコブロック」 を組み立てたもので
「世界最大のプラスチック製広告看板」 として 「ギネス世界記録」 に申請中だそうです。

∽∽∽∽∽   ひとりごと     ∽∽∽∽∽

近くを走る JR東海道線や、阪急京都線の電車内からも見ることができるので、電車に乗ったときに
見たことはあったのですが・・・まさか、この散歩道から見えるとは思いもしませんでした。 (^^ゞ
朝にお散歩して分かったので 「早起きは三文の徳」 ではなくて 「朝散歩は発見の徳」 でした。

 ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : ミヤコグサ         花言葉 : きまぐれな心
道ばたや芝地、海岸の砂地などに生える多年草で、茎は地面を這って広がります。
昔、京都に多く見られたことから都草の名がついたとされています。

コメント

優しげな 「ズアカアオバト」 と、絶滅の危険性が高い 「カンムリワシ」

2011年04月28日 | 花・草・木・鳥 他

今日ご紹介するのは、昨日の 「ハシボソガラスの巣」 の写真を送ってくださったYOSさんが
石垣島方面へ旅行された時に撮られた、珍しい 「ズアカアオバト」 と 「カンムリワシ」 です。

ズアカアオバトは、アオバトと似ていますが、体はやや大きくて全体的にオリーブ色の
きれいな色で、頭頂から背中、尾までが 灰緑色 、額から 喉、胸にかけては暗い黄緑色です。


ズアカアオバトは民家の庭木にいたそうですが、可愛いいカメラ目線で・・・
「見かけない人だけど、あなたは誰?」 と、言っているように見えませんか~ (^^ゞ


ズアカアオバトは頭が赤くないのに 「ズアカアオバト」 という名前です。 それは・・・
台湾の亜種は頭の上部に赤色の部分があって 、日本の亜種には赤色部がありませんが
台湾の頭の上部にある赤色部分から、和名で 「ズアカアオバト」 となったそうです。

 
後頭部に冠のような白くて長い羽毛があることから 「カンムリワシ」 と、名付けられました。

カンムリワシは、1972年に国の天然記念物に、1977年に国の特別記念物に指定されています。
全身の羽毛は褐色で、翼や腹面に白い斑点が入って、尾羽は白くて先端部の羽毛は黒色です。
(環境省のレッドリストで、野生での絶滅の危険性が極めて高い分類にされています。)

∽∽∽∽∽   ひとりごと     ∽∽∽∽∽
 「カンムリワシ」 が路上にいたのを撮られたそうですが、見つけた時は   ですね。
メールには 「思いもかけず普段出会うことのない鳥に会えました。」と、書き添えられてました。
YOSさん、珍しいお写真をありがとうございました~(^^♪  またお願いしますね~(^^ゞ

 ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : ローズマリー          花言葉 : 思い出
常緑低木で薬用や香料用、料理用に広く利用されています。全体に良い香りがあり、枝や葉を
香料に用いる代表的なハーブです。和名はマンネンロウといい、江戸時代から知られていました。

コメント

フカフカのベッドは 「ハシボソガラスの巣」

2011年04月27日 | 花・草・木・鳥 他

今日はYOSさんから頂いた珍しい写真 「ハシボソガラスの巣」 をご紹介します。
私はカラスについて何も知らないのですが、カラスは賢いので悪戯をするとそれを憶えていて
その人に仕返しをすると聞いたことがあります。(YOSさんから掲載の許可を頂いています。)


写真は、20m を超える アカマツ の松枯れ木を伐採した時に回収された
枯れ木の上部にあった、 「ハシボソガラスの巣」 です。

私達の身の回りにいるハシブトガラスと、ハシボソガラスの2種類を指してカラスと呼んでいます。
ハシボソガラスの 学名: Corvus corone は、 「死肉を食うカラス」 の意味がありますが
実際は植物質を好むそうです。

∽∽∽∽∽∽∽

ハシボソガラスと、ハシブトガラスの見極めは難しいですが・・・

ハシボソガラスは
くちばしが細目で段差がなく、両足を交互に出して歩くことが多く、おじぎをするように 「ガーガー」
と鳴き「ゴンベが種まきゃ、カラスがほじくる」と、言われてるカラスがハシボソガラスです。

ハシブトガラスは
くちばしが太くておでことの間に段差があり、両足そろえてピョンピョンと跳ぶ歩き方が多く喉を
膨らませて 「カー カー」 と澄んだ泣き声をしています。 都市部で見られるのがハシブトガラスです。



 ※ ここからは、巣を回収された時の様子を YOSさんのメール から抜粋させて頂きました。 

カラスの巣を下から見ることはよくあるのですが、上から見たことがありません。
下から見た時、ゴツゴツとした印象しかないのですが
巣の中心部は、全く印象の違うものだったので、感動しました。

まさにフカフカのベッド。
素材は、ヒノキの皮のような薄い木の皮、ワラ、真綿(化繊ではありません)。

更には、獣の毛。 そして杉苔まで。
杉苔は、まだ青く、木の枝と中央のベッドとの間にクッションのように挟み込んでいました。
まさに、空調、湿度管理が充実した見事な巣でした。

チェーンソーを入れた直後に、この巣に気付いたのですが途中でやめることも危険で
切り倒しましたが、大きな音を立てて倒れたのに、木から振り落とされず崩れもしていません。頑丈なつくりだということにも感動しました。

ところで、この話、落ちがあります。
この巣の住民、ハシボソガラス君ですが、切り倒した後に帰ってきたようでした。
近くの高木にとまり、きょろきょろ。俺の家は、ここはどこだとばかりに、あたりを探っています。
その表情に申し訳ない気持ちと、悪さをしたと悟られたら、と逆襲されるのではとびくびく。
幸い、木ごとなくなっているので、カラス君の理解の外にあったようです。

∽∽∽∽∽   ひとりごと     ∽∽∽∽∽

頂いたメールを読んでいて、賢いカラスならではの “フカフカベッド” なのだなぁ~と思うと
同時に 「俺の家は、ここはどこだ」 とばかりに、“きょろきょろ” とあたりを探っている カラスの
表情が見えてくるようで、とてもあの嫌われもののカラスとは思えなくて可愛く感じました。
ハシボソガラス君にとって、木ごとなくなるのは想定外だったでしょうね~ 私からもゴメン!

 ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : カルミア          花言葉 : 賞賛
薄いピンク色の花は、下から覗くと日傘のように見えます。大正4年ごろ渡来しましたが
園芸植物として一般的に知られるようになったのは、昭和30年ごろです。

コメント (2)

ギリシャ神話の虹の精 「Iris」 の名をもらった「シャガの花」

2011年04月26日 | 花・草・木・鳥 他


上画像は、昨年の4月に新川桜堤で撮ったシャガの花です。  学名 :  Iris japonica
アヤメ属をあらわす 「Iris」 は、ギリシャ神話の虹の精 「Iris」 の名をもらったといわれています。


この画像は、今年の4月に高槻市内で撮った 「シャガの群生」 です。
いつまでも・・・このままの姿で残しておきたいですね。
 

シャガの花とヒメシャガの花はよく似ていますが、別種だそうです。

 ヒメシャガの花は、シャガより小さく、色は薄青紫~白で、シャガより花数が少ないです。
シャガの葉には光沢がありますが、ヒメシャガの葉には光沢が無く葉幅はより細いそうです。

5月15日に、ヒメシャガからシャガに訂正しました。m(__)m

 ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : ミヤコワスレ        花言葉 : しばしの思い
順徳上皇が佐渡に流されていた時、いとも優しく咲くこの花を見て心が慰められ
自然と都への思いを忘れることができたことから名づけられました。

コメント

3ヶ月前に予約していた 「KOYAMA ROLL」 (^^♪

2011年04月25日 | 食楽


この KOYAMA ROLL は、Yが4月23日のゴルフコンペに参加して
お土産で持ち帰ってきてくれたものです。

Yが言うのには、コンペの参加者でお世話をして下さる方が、KOYAMA ROLL の大ファンで
コンペ参加者で購入したい人の分も一緒に、3ヶ月も前から 予約 していてくれたそうです。


私はどちらかと言うと甘い物は食べない方だと思うんですが・・・数日前から無性に
ケーキが食べたくなっていたので、KOYAMA ROLL は最高のお土産です!

ふわふわのスポンジに、ふんわりの生クリームとカスタードクリーム、栗が入っています。
 口に入れると溶けていく・・・そんな  “ふわふわのロールケーキ” でした。 (^^♪

∽∽∽∽∽   ひとりごと     ∽∽∽∽∽

2009年に堂島ロールも頂いたので、 残るは 神戸旧居留地 美侑 のロールケーキ です。
 「堂島ロール」 の記事は、こ こ ←をクリックしてご覧下さい。

   ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : モッコウバラ          花言葉 : 初恋
ツルバラに似ています。 直径2~3センチの花がたくさん付きフェンスに絡んでいる
大株は壮観です。江戸時代中期に日本に渡来したといわれています。

コメント

継体大王御手植桜だと伝説のある 「薄墨桜の植樹式」

2011年04月24日 | 高槻市立しろあと歴史館と市民大学



今城塚古代歴史館のオープン記念に、継体大王御手植桜 の伝説がある岐阜県本巣市
(旧・本巣郡根尾村) 根尾谷の薄墨桜 (うすずみざくら) を、高槻市文化財スタッフから寄贈
することになり、3月26日に寄贈式と植樹式が開催されたので、私も参加して植樹してきました。

薄墨桜は、満開はつややかな白、散り際には淡墨色になることから淡墨桜と名付けられた
そうです。 この木の下で、みんなと一緒にお花見のできる日が楽しみです。 (^^♪

∽∽∽∽∽   一口メモ     ∽∽∽∽∽

植樹に参加したことで 「継体天皇御手植桜の伝説」が、岐阜県本巣市にあるのを知りました。
その薄墨桜は、岐阜県本巣市の淡墨公園にある 樹齢1500年 以上の エドヒガンザクラの
古木で、樹高16.3㎥、幹囲目通り9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20mもあり
日本五大桜で、三大巨桜の一つでもあり、1922年 (大正11年) 10月 に国の天然記念物に
指定されています。 この薄墨桜が 「継体大王の御手植え」 という伝承のある木だそうです。

  ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : シャガ          花言葉 : 自己主張
シャガは本州から九州、中国に分布するアヤメ科の常緑植物です。4~5月に開花します。
中国では、この花が胡蝶のような形をしていることから「胡蝶花」と呼んでいるようです。

コメント

アツアツの自家製さつま揚げが美味しい 「おじゃりもうせ島国」

2011年04月23日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他

私がお初天神を抜けた路地裏のお店に初めて行ったのは、お蕎麦屋さんの「瓢亭」でした。
 「瓢亭」 さんはご存知の方が多いお店で、白くてこしのあるツヤツヤした麺に、ウズラの卵を
落としたコクのあるお汁に、柚子の香りがほんのりとする “夕霧そば” が美味しかったです。

今日は、その路地裏にある 「瓢亭」 の前を通り過ぎて行ったお店をご紹介します。


Yが 「お魚と、揚げたての  “さつま揚げ” が美味しいお店があるから行こう」 と言って
お初天神の近くにある、さつま料理の 「島国」 でご馳走してくれました。

お店に入るといっぱいでしたが、予約していてくれたので入れたようです・・・。 
私達は1階のカウンター席で頂いてましたが、隣りの席に常連さんらしき女性が
一人で来られていました。 女性が一人でも入れるお店って好いですね~(^^ゞ


お箸袋には 「おじゃりもうせ さつま料理 島国」 と書いてあります。

つきだしの新鮮な 「ちりめんじゃこ」 と、大好きな 「トコブシ」 です。
お酒も充実していますが、焼酎の種類が鹿児島の酒屋のように揃っています。


とっても新鮮で美味しい 「お造りの盛り合わせ」 と、奥が「黒枝豆」 と 「牛蒡あげ」 です。
Yが言うのには、前に来た時は 「牛蒡あげ」 が 「きびなごあげ」 だったそうです。


 「さつま揚げ」 を注文しているので迷ったのですが
最近、天ぷらのお店に行ってないので、旬の魚介や野菜のてんぷらを・・・
揚げたての 「てんぷら」 は美味しいですね~。 (^^ゞ


名物のさつま揚げは、えび、ごぼう、れんこん の3種類でした。
自家製で注文してから成型して揚げてくれるので、アツアツが頂けます。
このお店に来て、これを食べないで帰る人はいないですね。


最後は、さつま汁と一緒に頂いた笹の葉に包まれた 「おこわ」 です。

私は他のお店で摘んできた後だったので、いつもより少なめでしたが (^^ゞ
食べたいのを見つけたので、また行こうと思ってます。 
 
 ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : ボタン          花言葉 : 王者の風格
ボタンとシャクヤクは並べてみるとはっきり違いますが、漠然とみると非常によく
似ていると思います。違いはいろいろありますが、ボタンは「木」、シャクヤクは「草」です。

コメント

人形浄瑠璃で知られる・・・曽根崎心中 の「お初天神さん」

2011年04月22日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他


近松門左衛門の 「曽根崎心中」 ゆかりの 曽根崎お初天神通り商店街です。

元禄16年(1703年)4月7日に神社の境内で、堂島新地天満屋の遊女 「お初」 さんと
内本町平野屋の手代 「徳兵衛」 さんの心中事件が実際にありました。 その心中事件を
もとにして、近松門左衛門さんが人形浄瑠璃の 「曽根崎心中」 を書きました。

それから 「お初」 にちなんで、「お初天神」と呼ばれるようになったそうです。


曽根崎お初天神通り商店街からお初天神さんに行くのには
画像に見えている 「お初天神ビル」 の階段を上がって行きます。
すると、下画像のお初天神さんの左側の道に出てきます。


お初天神さんは、正式名称を 露 天神社 (つゆのてんじんしゃ) といいます。

社伝によると、大阪湾に浮かぶ小島の一つであった現在の地に、「住吉須牟地曽根ノ神」を
お祀り御鎮座されたと伝えられており、「難波八十島祭」  旧跡の一社です。

「難波八十島祭」 が、文徳天皇の嘉祥3年 (850年) にまで遡ることができることから
六世紀の欽明天皇の頃に起源されたと、推察されています・・・。
 承徳元年(1097年に描かれた 「浪華の古図」に、所在が記されていたそうです。


この辺りは昔からのお店が多く狭い路地に一歩入ると、私が知っている曽根崎と違う
世界があって、常連さんたちが愛して止まない小さなお店が軒を並べていました。

 ~~~~~~~  今日の誕生花  日比谷花壇より  ~~~~~~~
花名 : ホシクジャク          花言葉 : 恋の年頃
ブラジル原産のサボテンの仲間です。花びらの先がとがっているので、ホシクジャクというよう
です。 花がイースター (3月下旬) 頃に開花するので 「イースターカクタス」 とも呼ばれます。  

コメント

YKKの「着せ替えファスナーストラップ」が、モラえました! (^^♪

2011年04月21日 | Weblog

モラタメ から、YKKの 「着せ替えファスナーストラップ」 が届きました。 (^^♪



ファスナーと言えば 「YKK」 ですが、そのYKKらしいファスナーのストラップです。(笑)
このストラップは、アルミ素材が使われている “ルミナ” を使用しているので
軽くて、画像では分かり難いですが数色のカラーバリエーションが展開しています。

“ルミナ” のファスナは上下に動かすことで開閉して、長さの調節ができるようになっており
同封されていた白線内のデザインと、着せ替えができるようになってました。

コメント