kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、覚書き、気になることを書いてます。(^^ゞ

高槻市樫田地区・中畑「11年ぶりの女性陶工家を訪ねて・・・」

2019年09月18日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
9月のハイキングは、初秋の樫田地区を
高槻市観光協会ボランティアガイドさんの案内で歩いてきました。

樫田地区は市街地からは、そう遠くない場所にありながらも
2008年に2度行っただけで、その後は行く機会もありませんでしたが
今回のハイキングに、中畑の陶工家がコースに入っていました。

2008年 中畑の「若き女性陶芸家」
私達ができる所は、私達の手で改修しています。
壁も自分たちの手で竹を編んで
土と藁をまぜて築130年の古民家を改修していました。

高槻生まれで高槻育ちの30代の女性Hさんは、大学を卒業してから
沖縄でヤキモノの修行を8年間してこられました。

そして、生まれ育ったこの高槻でプロとしてヤキモノをしたい!と、思いましたが
この高槻の街で窯をつくって、薪で火をたくなんて、無理な事だと思い・・・
最初は地元の高槻でヤキモノをするのは、あきらめていたそうです。

夢のある若者が集まって窯作りです・・・いいなぁ~
お友達の協力で、夏~秋の窯開きを目指して手作りの窯場を作っています。

やっぱり生まれ育ったこの高槻で、プロとしてヤキモノをしたい!
高槻でヤキモノをやろう! と、思い直したのは
高槻のええとこブログ
で見た「原や樫田の風景」だったそうです。

2008年 2回目の訪問

笑顔のステキな、中畑の女性陶工家の平井友美さんです。


年内の火入れと、来年の窯開きを目指して
今日も手作りで窯場が作られていました。


私は今回で2回目の訪問なのですが、何故かこの場所は親しみを感じます。
みなさんも寛いだ様子で、平井さんと楽しい会話を交わされていました。

この畑中の古民家へ、9月度ハイキングで訪問させて頂いた記事は
長くなりますので、明日へ続きます・・・(^^ゞ
コメント

大阪・森ノ宮「バランス食堂 ASU-SHOKU(アスショク)でランチ」

2019年09月15日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
9月度教養講座で「大阪府警察本部庁舎見学」の後
もりのみやキューズモールに案内して貰ってお昼してきました。

バランス食堂 ASU-SHOKU(アスショク)

見学に参加した人たちと「もりのみやキューズモール」で解散したあと
一緒に行動した7人が選んだお店が「アスショク」でした。


店内は広々として、その中に落ち着いた空間があり
オープンテラス席(写真右側)では、BBQが楽しめるそうです。


私は一番人気の「アスショクバランスボックス」に決めました。

アスショクバランスボックスは1080円です。
1080円の80円は税込み? と思いましたが違ってました。(^^ゞ

アスショクバランスボックス

4種の小鉢をバランスよく木箱に詰め
ご飯は胚芽米と雑穀米をブレンドしたオリジナルの「アス米」です。

同じテーブルの3人は、アスショクバランスボックスと
ピッツア マリゲータの2つを、仲良くシェアしてましたが
私は参加しませんでした・・・「ごめんなさい!」


大阪市中央区森ノ宮中央2-1-70
もりのみやキューズモールBASE 1F  ☎06-6910-4110


JR森ノ宮駅から大阪に向かいましたが
私は6人の人達と大阪駅で別れて、次の目的地へ・・・
コメント

9月度教養講座②「大阪府警察本部庁舎見学で白バイに乗ったよ~!」

2019年09月14日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
韓流時代劇ドラマで分かりますが・・・韓国は元々中国の属国でしたね。
「米国で公然と語られ始めた米韓同盟の本質的な弱点」の記事は・・・こちら

日は、9月度教養講座「大阪府警察本部庁舎見学」のつづきです。

大阪府警察本部庁舎 1階の広報コーナー

広報コーナーの右奥に白バイが展示されています。


ライダーなら憧れの白バイを前にして
女性特別白バイ隊で、警視庁総務課に所属する12名の
「クイーンスターズ」を思い出しました。

白バイの概要

大きくて重いので、バイクを起こすだけでも大変だと思いますが
起こす時のコツがあるそうです。

白バイに乗った時に見える前部分

8月19日は「バイクの日」です。

白バイ女性隊員になったつもりで・・・(^^ゞ

白バイで走ることはできませんが・・・
こんな機会でなければ、白バイに乗ることは無いと思い勇気を出して?
「クイーンスターズ」気分で乗ってきました!


正面のビデオで、大阪府警察本部の仕事・交番での1日・警察官学校などと
興味のあった「大阪府警察本部 通信指令室」の説明がありました。

庁舎見学の「来庁者バッジ」

バッジをつけて、ガラス越で見る「通信指令室内」の場所に
案内して頂きました。(写真禁止)

※大阪府内には65警察署があります。大阪府内からの「110番」は、原則として大阪市中央区にある大阪府警察本部の通信指令室に接続され、同時に電話のあった区域の警察所に繋がります。

ハーレーダビッドソン

広報コーナー入口の「サイドカー(側車付自動二輪)」に
お別れをして「大阪府警察本部庁舎見学」が終わりました。

見学希望の方は、施設見学をクリックしてご覧ください。
コメント

9月度教養講座「大阪府警察本部庁舎見学」

2019年09月13日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
「前澤氏創業21年の辞任、ワンマン経営の限界認めた」のニュースが
ヤフーがZOZOの50・1%の株を取得・・・この記事はこちらでご覧ください。

日は「大阪府警察本部庁舎見学」に行ってきました。
(9月12日木曜日 快晴)

大阪市中央区大手前の大阪府警察本部(2007年施工)

設計者は、黒川紀章(くろかわきしょう)氏 ですが・・・


黒川氏は、大阪府警察本部竣工の2ヶ月前に亡くなられました。


向かい側(南側)は「大阪歴史館」と「NHK」の建物です。

模型

入り口は、大坂城の西側にあります。

模型

門を入っていくと
大阪府警察本部の建物の入り口です。


写真禁止の場所が多いので
ほとんど撮りませんでしたが・・・


あっ!ここは大丈夫のようです。(^^ゞ
(1階の広報コーナーのみ撮影可能)

広報コーナーの入口に見える「サイドカー(側車付自動二輪)」

車 名:ハーレーダビッドソン
年 式:1963年式(昭和38年)
排気量:1200CC

このオートバイは、皇宮警察で警護などに使われていたものです。
大阪府警では、年頭視閲式(しえつしき)や各種パレ―ドなどで活躍しました。


大阪府警察年頭視閲式で点検を受けるハーレーダビッドソン
(昭和52年 万国記念公園)

アメリカ車で知られる「ハーレーダビッドソン」は
昔から、日本でも非常に人気のあるメーカーなので
バイカーじゃない私でも、名前だけは知っています。

※年頭視閲式とは、警視庁をはじめとする各都道府県警の本部長などに
 警察の働きを見せることを主とするイベントです。
コメント

京都・ちょっと失礼して「馳走 いなせや」さんのおトイレへ・・・(^^ゞ

2019年08月16日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
路地に敷き詰められた町名の焼き物がある ①「馳走 いなせや」のつづきです。

玄関

玄関(写真左)を入った時は、数十人の履物が脱ぎ捨てられましたが
きれいに収納されています。

トイレ

おトイレから帰ってきた人がら「ここのおトイレ変わってるよ」と
すすめられたので行くことにしました・・・。
おトイレに入ったところが板張りで、便器のある所はタイル張りです。

手洗い器

板張りの右側には、お洒落な手洗い器があります。

陶器の手洗い器



暖炉を思い浮かべる、タイル張りの手洗い器です。
寒い京都ですが、冬のトイレは暖房で暖かくされているそうです。


廊下の左側がテーブルの席がある広い部屋で
右側に2階へと上がる階段が見えています。


廊下の突き当りの左からテーブルのある部屋へ行くことができます。
路地のある玄関からは想像のできないほど広い「馳走 いなせや」でした。
コメント

らくたび京町屋 旧村西家住宅 ⑦ 「こんなとこも見てきました ・・・(^^ゞ」 終

2019年08月11日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
旧村西家住宅 ⑥ 「国宝・待庵を手本にして造られた茶室」のつづきです。

書院

書院とは、床の間の横で屋外に近い側に設けられる
出窓の様な設えの座敷飾りのことです。


その書院に置かれていたのは・・・


「風鈴」でした。


他の棚には、京都ならではの祇園祭の山鉾もあります。

分電盤

1階中廊下の階段側の上部に設置された分電盤。

昭和七年に建てられた町家に、電気を安全に使用するために必要な漏電遮断器(漏電ブレーカー)や、配線用遮断器(安全ブレーカー)を1つにまとめた分電盤が取り付けられていました。

我が家の書院・・・?

床の間の横にあるのは、書院のような出窓です・・・(^^ゞ

長くなりましたが「らくたび京町屋 旧村西家住宅」は、これで終わります。
機会がありましたら、京町家を訪ねてください。(^^♪
コメント

らくたび京町屋 旧村西家住宅 ⑥ 「国宝・待庵を手本にして造られた茶室」

2019年08月08日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
らくたび京町屋 旧村西家住宅 ⑤「1階の見どころ 簾戸・茶庭・茶室」のつづき

茶室の入り口

1階の廊下、南側突き当りが茶室の入り口なのですが・・・
「扉の開閉禁止」で入ることが出来ません。


この入口から入るのですが・・・
入口の壁が崩れて落ちやすくなっているので使えないそうです。
(この写真はお借りしました。)

応接間

畳の玄関左に位置する応接間から
茶室に入ることに・・・

応接間の天井


応接間の天井部分に見えるのは通気口?


茶室(応接間からの入り口)

簾越しに茶庭が見えています。

茶室

千利休ゆかりの「国宝 待庵」を手本にした造りの茶室です。

極小の空間で角に炉があります。
主が茶を点てて、お客様をもてなすことを目的として造られた部屋で
茶席、囲い、数寄屋とも呼ばれています。

茶室の天井

「国宝 待庵」には行ってませんが
利休の非凡さが感じられる「茶室」でした。
コメント

らくたび京町屋 旧村西家住宅 ⑤「1階の見どころ 簾戸・茶庭・茶室」

2019年08月07日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
京町屋 旧村西家住宅 ④「1階の見どころ 前栽・灯籠・釣灯籠・蔵」のつづき

前栽

蔵を出て、前栽から奥の間(縁側)方向を撮りました。
写真左に渡り廊下、釣灯籠、手水鉢が見えています。

1階次の間の「床の間」

次の間は大座敷の南側にあり
西南角には、小さな「床の間」がありました。

風通しをよくした簾戸(すど)から見える「茶庭」

エアコンの無かった時代の夏は、家を衣替えするように障子戸や襖(ふすま)を
竹ひごなどを組み風通しをよくした簾戸(すど)に置き換え涼を求めていました。
私の家にも簾戸があったような・・・懐かしい気分になりました。(^^♪

簾戸(すど)越しに見える「茶室」


茶庭

茶庭が見たくて簾戸を開けました・・・

茶庭は茶室に付随して設けられている庭園で「露地(ろじ)」とも呼ばれ
飛び石、腰掛け、灯籠、蹲(つくばい)などが配置されています。


茶室の前に簾が掛かっているので・・・横から見ることに


私たちは、茶庭から茶室に入れないようなので
別の場所から入ることにします。
コメント

らくたび京町屋 旧村西家住宅 ④ 「1階の見どころ 前栽・灯籠・釣灯籠・蔵」

2019年08月06日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
K国は念願の北との統一を、これを機に果たしたいのですね。
文大統領「南北経済協力すれば日本に追いつく」の記事は・・・こちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここからは
らくたび京町屋 旧村西家住宅 ③「京町家の前栽と、上棟式の棟札」のつづき
旧村西家住宅 ④ 「1階の見どころ 前栽・灯籠・釣灯籠・蔵」です。

前栽(せんざい)

縁側から見た前栽です。

京町家にとって主となる庭を「前栽」といい
奥の間から眺めると蔵を背景にして季節を感じさせてくれます。

蔵へ通ずる廊下から見た前栽

樹木や石・灯籠・手水鉢が配置されています。

深山幽谷(しんざんゆうこく)の雰囲気を感じさせているそうです。
※「深山」は人里遠く離れた奥深い山。「幽谷」は山奥深くにある静かな谷。


手水鉢の上には釣灯籠があり


蔵へと繋がる渡り廊下に1基下がっています。

その造りは細やかで、電気の配線が見えないように
小さいつり輪の中に配線が通されています。


釣灯籠の下には「手水鉢」があり、写真右上に見える渡り廊下は
蔵への入り口に通じ、取り外せるようになっていました。

蔵  国指定・登録有形文化財

財産や商品を安全に保管する場所でもあり
火事の延焼を防ぐ防火壁でもあります。


2階建ての大きな蔵です。

旧村西家は呉服屋さんだったそうなので
この蔵いっぱいに呉服が並んでいたのでしょう。


蔵の入り口についている家紋は
旧村西家の家紋でしょうか?

明日は、千利休ゆかりの国宝の茶室・待庵を手本にして造られた
茶室を紹介したいと思ってます。
コメント

らくたび京町屋 旧村西家住宅 ③ 「京町家の前栽と、上棟式の棟札」

2019年08月03日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
政府は2日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から
韓国を除外する政令改正を閣議決定した。の記事はこちら

~~~旧村西家住宅 ② 「2階のみどころ 丸窓→書斎→前栽」のつづき~~~

らくたび京町家 旧村西家の1階中廊下

写真右の階段を2階から下へと降りてきました。

1階も2階と同じく中廊下で
左が接客用、右側が私用で使う部屋として使い分けられています。

大座敷から見える「京町家の前栽」

1階の和室も、2階と同様に8畳の部屋が南北に並び
大座敷から縁側の先に見えるのは素晴らしい「前栽」です。


この欄間の北側が「奥の間」で、南に位置する部屋が「次の間」です。


欄間の彫刻は「光琳桐(こうりんきり)」です。

床の間

奥の間の「床の間」に置いてあるのは・・・

上棟式(じょうとうしき)の「棟札」

上棟式は、建物が竣工した後も建物が無事であるよう願って行われます。

棟札表:施主 村西清次郎氏
棟札裏:上棟式の日付 昭和七年拾月拾九日


前栽を前にした縁側で、らくたびさんがご用意してくださった
冷たいお茶と「こんちきちん」を頂きました・・・ご馳走様です。

1階の見どころは、明日へ続きます。
コメント