kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、覚書き、気になることを書いてます。(^^ゞ

京都・“鶴亀の庭”で知られる「金地院(こんちいん)」 11/18

2020年11月24日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
蹴上インクラインを歩いて「ねじりまんぽ」を見ることができたので
次の目的地へ向かいます。


「ねじりまんぽ」を通って来られた人と同じ方向ですが


蜜にならないように・・・少し離れて歩きます。

南禅寺 大寧軒(だいねいけん)

大寧軒は、通常非公開ですが特別公開されていました。

明治時代の茶人、薮内紹智によって作られた池泉回遊式庭園には
琵琶湖疏水を引き込んだ清流には、珍しい「三柱鳥居」があるそうです。

金地院「東照宮の楼門」

大寧軒のすぐ横に見えたのは「東照宮の楼門」です。

徳川家康の遺命により創建されたもので
本殿には家康の遺髪と念持仏が納められているそうです。




小堀遠州の作庭した枯山水庭園“鶴亀の庭”が
国の特別名勝に指定されています。


京都の神社仏閣とは少し違います。


江戸幕府の法律外交を担った、僧・以心崇伝が住したことで知られ
大坂の冬の陣のきっかけとなった、方広寺の鐘銘問題は
金地院崇伝の考えと言われ「黒衣(こくえ)の宰相」と呼ばれました。


金地院も特別拝観されていますが


多くの人が来られているようです。


この中に“鶴亀の庭”があります。


金地院は室町幕府4代将軍、足利義持によって
応永年間に建立された寺院で、建立当初は北山にありましたが


南禅寺270世住職であり、徳川家康の側近でもあった
金地院崇伝が慶長10年(1605)に、現在の場所に再建復興しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都・蹴上インクラインの重さに耐えていた「ねじりまんぽ」

2020年11月23日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
22日の、全国で確認された新型コロナウイルスへの感染者は2,168人。
大阪府では、過去最多となる490人の感染が確認されました。(*_*;

ねじりまんぽ

あっ!ねじれは入口から見えています。

まんぽ=古い言葉でトンネルのこと。
「ねじりまんぽ」は、レンガのアーチが螺旋状に積まれたトンネルです。


インクラインを歩いている時に見えていたのは
南禅寺側の「ねじりまんぽ」の上部分でした。


トンネルは、インクラインの重さに耐えるように作られ
正式名は「斜拱渠(しゃきょうきょ)」と言うそうです。


他でも、鉄道線路とその下の道路や川が斜めに交差する場合には
「アーチ部を斜めにねじって」積まれているそうです。


煉瓦がねじれてるのがわかります。
この「ねじれ」が、インクラインの重さに耐えていたのです。


トンネル内に入ると・・・不思議な感じがします。


トンネルを抜けるとトンネル西口(三条通)にありました。

トンネル西口の扁額「勇観奇想(ゆうかんきそう)」

入口上部には「見事な眺めと優れた考え」という意味の
第3代 京都府知事の北垣国道氏が書かれた扁額です。

トンネル東口の扁額「陽気発処(ようきはっするところ)」

「精神を集中して物事を行えば、どんな困難にも打ち勝てる」
という意味が書かれています。


私は「ねじりまんぽ」を見たくて来ましたが
ここは、三条通から南禅寺に抜ける歩行者用の「トンネル」でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都・長さ600mあまりの傾斜鉄道跡「蹴上インクラインを歩く」

2020年11月22日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
蹴上インクライン

蹴上と岡崎とでは、こんなに標高差があったため
明治23年(1890)に引かれた琵琶湖疏水は
大津と京都を結ぶ舟運ルートとしても利用されました。


ここは、歩きたいと思っていた所なので実現できました!


敷設された線路沿いの坂道には
約90本のソメイヨシノが辺りを埋め尽くし
春には、桜を楽しみながら散策できます。


アッ!ここは「ねじりまんぽ」の上のようです。


「ねじりまんぽ」にも行きますが
ここは歩きたい所だったので、もう少し歩きます。(^^♪


現在は、当時のレール、台車、舟、滑車が復元保存されています。


QRコードにスマートフォンをかざすと
「舟、山に上がるの奇観」が、VRで体験出来るそうですが
私は、まだガラケーなので・・・(^^ゞ


水の音がするので横を見ると


凄~い勢いで水が流れています。


いま歩いてきた約600mのインクライン・・・


枕木と鉄製のレール4本、そして大粒の砂利と石畳を


後にして「ねじりまんぽ」に通じる道へ戻ることにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都・舟をレールに乗せて引きあげる「蹴上インクラインへ」

2020年11月21日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
新型コロナ感染が急速に拡大して過去最大になっています。
「Go To キャンペーン」の運用を見直すようですが、海外からの帰国者を含めて海外からの入国を制限することが、コロナ感染初期の失敗を繰り返さないために必要だと思います。

11月度歴史クラブが20日にあったのですが、予定があって不参加。
でも行きたい所だったので、個人で18日に行ってきました。

JR山科駅



地下鉄東西線に乗って、蹴上駅まで行きます。

蹴上駅(けあげえき)の改札口に向かっています。
近くに「岡崎動物園」と呼ばれている「京都市動物園」があります。

地下鉄東西線「蹴上駅」


駅前

駅を出て左方向に歩いていきます。


電柱に貼っているのは「蹴上インクライン」の道案内です。
日向大神宮の鳥居をくぐって坂道を上がって左にあるようです。

日向大神宮の鳥居

道案内からすぐ近くに
日向大神宮の鳥居がありました。


坂道を上がっていきます。


開けた場所に出ると、左側に見えるのが・・・


蹴上インクラインのようです!


滋賀県から京都へ琵琶湖疏水を運行していた船です。


『インクライン』は
船を運航させるために敷かれた傾斜鉄道の跡地です。

蹴上発電所送水鉄管








田邊朔郎(たなべさくろう) 銅像

田邊朔郎(1861~1944)日本の土木技術者・工学者
琵琶湖疏水や、日本初の水力発電所の設計者、工事主任。

蹴上義経地蔵


説明板


本願寺水道水源地


水源地



それでは、蹴上インクラインを歩いてきます。

「蹴上インクラインを歩く」は、明日へ続きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月度ハイキング④「高槻・二宮金次郎の銅像がある 川久保分校跡」

2020年11月20日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
諏訪神社で昼食をとり、諏訪神社にあった「川久保尋常小学校」が
磐手尋常小学校と合併した「磐手尋常小学校 川久保分教場跡」へ行きます。
帰りのバスの時間を見ると・・・

川久保バス停留所 時刻表

JR高槻駅まで、13時07分のバスに乗って帰るのですが・・・
そのバスに乗り遅れると、15時37分までありません。

でもバスの時間までは、たっぷりと時間があるので
「磐手尋常小学校 川久保分教場跡」へ向かいます。


川久保分教場跡へは「落合橋」を渡って直進ですが
左折すると「西教寺」へ行きます。


川久保分校(分教場)は
1905年9月15日 に、三島郡川久保尋常小学校として再独立。


校庭の端に、窯のようなものがありますが
新しいように見えます。


あっ!「二宮金次郎」さんの銅像があります。

以前に来た時は、気付かなかったので驚きました!
最近は見ることがない「二宮金次郎」さんなので
こうして残っているのは嬉しいですね。(^^♪


戦前の川久保地区は、林業が盛んで、くぬぎ、こなら等の雑木林が多く・・・
秋になれば、松茸は嫌になるほど取れた時もあるマッタケ山だったそうです。
松くい虫の被害などもあり、松茸は駄目になったそうです。

松くい虫の被害が無ければ、高槻の松茸が食べられたんですね~
嫌になるほど・・・食べたかったですね~ (^^ゞ


「かみおちあいはし」の手前まで戻ってきました。
橋の手前を右折して「西教寺」へ向かいます。


川面に紅葉は、絵になりますね。


この先の右に見える建物が


「西教寺」さんでした。
中には入らないので・・・


バス停に向かいます。


バス停前に戻ってきました。
川久保に流れる水は本当にきれいです。


まだ出発時間まで時間があるので
近くを散策・・・


陽の当たる紅葉に・・・


日陰の紅葉・・・や


根っこなどを見ていると
人の世を垣間見ているような気分に・・・(^^ゞ


「原立石」バス停留所からスタートして
牛地蔵→神峯山寺の紅葉→川久保までのハイキングは終わります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月度ハイキング③「高槻・川久保渓谷~諏訪神社へ」

2020年11月19日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
神峯山寺を後にして、川久保へ向かいます。


川久保へ向かう道は坂道を上がって行きます。


ここにも、目の覚めるような紅葉が・・・


この広い場所にもありました。


さぁ~もう少し頑張って歩きましょう。(^^ゞ


分岐点まで来ました。

本山寺とポンポン山へ行く道は、左の上り坂を行きます。
そして私たちが行く川久保へは、右の下り坂になっています。


ポンポン山にも行きたいですが・・・

ハイキングのお世話人さんが言われるのには
「私は、もう体力的に行けません・・・」でした。

倒木

ここにも台風被害の倒木・・・


風の通り道になったことが


見えるように倒れています。


この辺りはクマがいるの~と話していると
「クマに注意!」


以前にもきたことがあるので憶えていますが
諏訪神社へ行くのには、この細い坂道の参道を通り
正面にある、勾配の急な階段を上がります。


武御名方神(たけみなかたのかみ)を祭神とする。

村の氏神様として信仰厚い諏訪神社です。
社伝によれば、元慶4年(880)に
信州諏訪神社の分霊を勧請したそうです。


川久保尋常小学校の記念碑が建っています。

川久保尋常小学校の校舎は、諏訪神社内にありましたが・・・
磐手尋常小学校と合併して「磐手尋常小学校 川久保分教場」に。


上がってきた参道は
こんなに勾配のある階段です。

四方を山に囲まれた川久保は、川が流れ地勢が窪んでいることから、かつては久保ヶ原と呼ばれていましたが、後に「川久保」と称されるようになったそうです。


川久保のバス停に向かう道にありましたが


諏訪神社へ行った帰り道に通りました。(^^ゞ

長くなりましたので、次へとつづきます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月度ハイキング②「高槻・神峯山寺の紅葉」

2020年11月18日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
神峯山寺の表山門



山門から紅葉が見えています。





寂定院


参道の紅葉















ハイキングなので短時間でしたが
紅葉を楽しんできました。

茶店

前に来た時には、地元の人達とこの茶店で
色々とお話を聞いた思い出があります。


本山寺のある川久保へ向かいます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月度ハイキング①「原大橋バス停~牛地蔵~神峯山寺の参道」

2020年11月17日 | 健康ハイキング・歴史クラブ・教養講座
11月のハイキングは、JR高槻駅からバスに乗って「原立石」バス停留所へ

「原立石」バス停留所

高槻市営バスの「原立石バス停」は
大きな酒桶をモチーフにした木造の停留所です。

なぜ・・・酒樽の形なのでしょう?
それは高槻の原地区が、平成19年にどぶろくの特区に認定され
その記念としてバス停を酒樽の形にしたそうです。


中に入ると、お座布団が置かれていますが
ソーシャル・ ディスタンスになってます。(^^ゞ

ピカピカの「原立石 バス停」

平成20年(2008年)に行った時の写真です。


それでは、右の道を通ってスタートです!


この道から神峯山寺を通って、ポンポン山・本山寺へも行けます。

神峯山寺参道入り口

今日は暖かくて、ハイキング日和になりそうです。(^^♪


牛地蔵の手前に「成合」へと通じる道があります。
前に来た時と同じく、いまも倒木で通行止になっています。

この道は荷役牛が若狭から原村を経て、京坂越を通り成合から
前島の船着場まで、日本海の海の幸を運んだと伝えられています。


牛地蔵は、原八景の一つ「京坂帰牛(きょうざかのきぎゅう)」です。

この牛地蔵は、京坂越を行き来した荷役牛を供養するため
東條垣内の有志で、天保4年(1883)に奉納されました。

いつもかわいい牛のわらじが奉納されていますが
奉納されてからチョッと経っているようです。

「勧請掛(かんじょうがけ)」

参道の途中に、道の両側に石柱が立てられ
縄に樒(しきみ)を結びつけたものです。
毎年12月23日9時から、27檀家によって掛け替えられています。

聖地との境界を意味していますが、堂島の米商人らはその長短などで
米価や株価を占ったとも言われています。

また12本有ることから、1月から12月を意味していることから
しめ縄の原型だとも言われています。


参道を進んで行くと


神峯山の地主神として金毘羅飯綱大権現社があります。

第二名神高速道路

以前にはなかった景色です。


参道沿いには、台風被害でこんな姿も・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・高槻市のバナナ専門店「クラムスバナナ(CRAMS BANANA)」

2020年11月16日 | Weblog
北朝鮮に拉致された、横田めぐみさん(拉致当時13才)が
15日で43年が経ち56才に・・・日本人の一人として悔しいです。

バナナジュース専門店 「クラムスバナナ」

お店は、171号線沿いの高槻市役所から
信号を渡ったすぐ近くにあります。


バナナジュース専門店・・・?
と、いつも思っていたのですが
まだ入ったことはありません。(^^ゞ

2019年7月23日放送の
「マツコの知らないバナナジュースの世界」で
紹介されていましたが

東京には幾つかお店があるようですが
関西には、高槻市と支店の茨木市の2店舗のようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2021年度オープン予定の「大阪中之島美術館」

2020年11月15日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
新型コロナが、3日連続で最多更新しています。
東京都:352人、大阪府:285人、神奈川県:147人、埼玉県:104人、千葉:88人。
北海道:最多の230人となり、北海道ではGoTo トラベルは控えて欲しいと・・・


大阪国立国際美術館で開催の「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」 へ向かっていると、大阪国立国際美術館の手前(北側)に建設中の建物がありました。
何が出来るのだろう~と見てみると・・・それは

大阪中之島美術館 2021年度開館予定

設計は遠藤克彦建築研究所が担当され
全フロアを縦に貫く吹き抜けを持つオープンな屋内空間
「パッサージュ」が設置される予定です。

※「パサージュ(passage)」は、フランス語で「通り抜け」という意味。


国立国際美術館の後ろ(北側)に見えているのが
いま建設中の「大阪中之島美術館」です。


大阪中之島美術館の初代館長は
菅谷富夫が就任されることに決まっています。

大阪と世界の近代・現代美術をテーマとし
大阪の実業家・山本發次郎(1887〜1951)のコレクションをはじめ
2019年時点で5700点を超える作品を所蔵しているそうです。

中之島周辺の美術館

1.国立国際美術館
2.中之島香雪美術館
3.大阪市立東洋陶磁美術館
4.湯木美術館

2021年に大阪中之島美術館が完成すると
中之島周辺に、5番目の美術館が誕生します。(^^ゞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加