kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、覚書き、気になることを書いてます。(^^ゞ

はにたんプレミアム商品券

2015年08月30日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
はにたんプレミアム商品券の予約販売に申込みしていると
「抽選の結果、当選されましたのでご連絡もうしあげます。」の
引換販売券の葉書が届いたので、商品券を購入してきました。


1冊1万円が1万2千円になるので、5冊購入で6万円使えることになります。
他の所では予約販売の申込みが無くて、並んでやっと購入しているのを
ニュースで見ましたが、並ばなくてもスムーズに購入できました。(^з^)-☆

予約販売の申込み者は、皆さんが当選されたのでしょうか?
商品券の有効期間は12月31日迄ですが、10月末には残ってないと思います。
コメント (4)

京都迎賓館 ・水をテーマにした船底天井の「水明の間」

2015年08月24日 | 観戦・鑑賞・参観ほか
「和舟」を通りすぎると、京都迎賓館参観の最後のお部屋になります。


水明の間(すいめいのま)

一昨年に来られた人が、『あの時は、この部屋は公開されてなかった。』
と言われてましたが、今年度は開館10周年を記念して特別公開だそうです。


水明の間は、国の元首と元首が会談する
首脳会談のための格式の高い部屋です。

この部屋は水がテーマになっていて、水の上に乗り出した釣殿(つりどの)
のような形の部屋になっています。


首脳会談の、小泉総理とブッシュ大統領


船底天井のオブジェは、美濃和紙(みのわし)を使用し
京指物(きょうさしもの)の技法で製作されています。

和紙の間に、琵琶などの楽器が描かれていますが・・・
見えるでしょうか?


首脳が座られた安楽椅子(有職織物 ゆうそくおりもの)と
卓子 (蒔絵、螺鈿)


敷物の絨毯は、柄の一部に切り込み(濃い部分)が入っています。


水明の間から見るお庭です。

外観は伝統的な日本建築ですが、構造は鉄筋コンクリート造りで
庭園と建物の「庭園一如」の設計になっています。


水明の間をでて、正面玄関に向かいます。


平成17年4月17日に、開館披露式典が行われました。


敷地面積:20,140㎡ 地上1階・地下1階

念願だった「京都迎賓館参観」が、10周年記念の年に叶いました。
そして、この日が私にとって忘れられない日になりました。(^з^)-☆

コメント

京都迎賓館 ・舟遊びを楽しんでいただく「和舟(わせん)」

2015年08月23日 | 観戦・鑑賞・参観ほか
桐の間を出て進むと 「ここは玄関です。」と説明がありました。


その説明によると、写真右側から入っていただくそうなので・・・どうも
私たちは玄関から入るのではなく、桐の間から玄関を通って出て行くようです。


玄関を入った正面の写真ですが、この場所も撮影禁止なので
こんな感じでしか撮ることができませんでしたが
桐の間への玄関を入ったときに、初めて見る玄関の正面です。


軸装「嵐峡」は、嵐山を流れる桂川の水音に心を託した漢詩。

誰かが 古橋(こきょう)を称して 聴琴(ちょうきん)と名付けた。
杖を止めて 往時の音を 静かに思う。
桂川は 宝石のように 水がさらさらと 流れ響く。
耳を清めて ゆかりの地を訪ねれば 故人を弔う心が 寄せては還す。


● 玄関を出ると、露地に黒い陶板が敷き詰められているのですが
私たちの歩くところには敷物が敷いてありました。(撮影禁止)
そして「立ち止まらないで下さい。」の言葉の先にあったのは


「琵琶の間」(撮影禁止のためパンフレットより)

立礼式の呈茶を行う部屋で、随行者が賓客を待つ際の待合室として使用。
奥の琵琶床に「楽琵琶」がおかれ、奥中央は「神楽鈴」です。


●撮影禁止の廊橋を渡ると、廊橋から見えていた和舟が・・・


和舟
海外からの賓客に、日本の文化「舟遊び」を楽しんでいただきます。
写真右側に渡ってきた廊橋が見えてます。


ブータン王国の国王陛下と王妃陛下のお写真がありました。
テレビ放送では、ウガンダ共和国のお客様が乗舟されてました。
コメント

京都迎賓館 ・京料理でおもてなしする「桐の間」

2015年08月22日 | 観戦・鑑賞・参観ほか
「聚楽の間」→「夕映の間」→「藤の間」 そして・・・


日本の匠とおもてなしの「桐の間」へ


桐の間は、和食を提供する「和の晩餐室」です。

表面が鏡のような大きな座卓は、全長12メートルの一枚板で
漆も繋ぎ目が出来ないように仕上げられています。


天井は四つに区画され、長い区画部分は12メートルの一枚板です。

木目の揃ったこの長い天井板は、奈良県吉野郡川上村の樹齢300年位の
40メートル近くまで真っ直ぐに伸びた杉の木です。
その杉は、節のない美しいピンク色でとても美しかったそうです。


畳は、畳表の材料であるイグサを迎賓館のために栽培し
「中継表(なかつぎおもて)」の技法で製作しています。


座椅子の背面、肘あての脚部分にも蒔絵で「五七の桐」が描かれています。

これは、明治時代より日本国政府の紋章として使用されているもので
京都迎賓館の紋章になっています。


テレビ放送で見たのは、ウガンダ共和国の方たちでした。
上写真を見ると・・・


いま私が写真を撮っているこの場所が舞台になっています。


釘隠


襖の唐紙(からかみ)にも「五七の桐」

この襖の上部分の欄間に、あの藤の間の「きりかね」が
あったのですが、残念ながら見落としてきました。


従来の日本の障子は高さは、1メートル73センチですが
迎賓館の障子の高さは、大柄な外国の方にも鴨居に頭を
ぶつけないようにと、2メートルの高さになってます。

普段は、美術品も何も置かず空っぽの状態になっているそうです。
お客様をお迎えするとき、お客様に合わせた絵画や壺などの作品を
幾つかの美術館に出向いて借りてくるそうです。


「夕映の間」の廊下で右側に見えていた廊橋が、左に見えてます。

*タイトルに「京料理でおもてなしする」を追加しました。
コメント

京都迎賓館・人間国宝の金とプラチナの技がある「藤の間」

2015年08月21日 | 観戦・鑑賞・参観ほか
「夕映の間」に続いて


テレビで放映されたことのある「藤の間」です。


G8外相会合 (平成20年6月)


晩餐会で使用される洋食器です。


西陣織


藤の間は、京都迎賓館で最も大きな部屋です。

洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用され、櫛形にテーブルを並べた宮中晩餐方式でおよそ60名、円卓を並べたばあいにはおよそ120名の会食が可能です。


右端には、春の桜が・・・

華やかな側面装飾は、日本画家の鹿見喜*(しかみ きよみち)氏の
下絵を基に綴織りの技法を用いて製作された織物で、縦3、1メートル
横16、6メートルあります。


そして中央には、藤・牡丹・菊など日本の花39種類の草花


藤の間の舞台

藤に間の舞台では、舞・能や琴の演奏、雅楽などが披露され
訪れた方々へ日本の伝統文化を紹介しています。


舞台扉 (きりかね)は、人間国宝の故 江里佐代子氏の作

金とプラチナを使った装飾は、気の遠くなるような繊細な細工です。
テレビ放送で見たときは、1ミリほどの極細に切った金の線で描きながら
筆の先のニカワで細かくとめていました。


釘隠(錺金物)


藤の間に入る廊下から見えるお庭です。


右側に、東西の建物をつなぐ「廊橋」が見えてます。

*タイトルに「人間国宝の金とプラチナの技がある」を追加しました。
コメント (2)

京都迎賓館 「夕映の間 (ゆうばえのま)」

2015年08月20日 | 観戦・鑑賞・参観ほか
今日は、昨日の「聚楽の間」に続いて


「夕映の間」をご紹介します。

「夕映の間」は大臣会合などの会議や立礼式(りゅうれいしき)の
お茶のおもてなし、晩餐会の待合いとしても使用されています。


愛宕夕照(あたごゆうしょう)
西側の側面に、京都の西に連なる愛宕山に夕日が沈む様が描かれてます。


比叡月映(ひえげつえい)
東側の側面は、京都の東にそびえる比叡山を月が照らす様が描かれてました。

東西の側面は、日本画家の箱崎睦昌(はこざき むつまさ)氏の下絵を基に
綴織りの技法を用いて製作された織物で、それぞれ縦が2、3 メートルで
横は8、6メートルです。

東西の壁面は可動式になっており、部屋を三分割して使用することができます。


坪庭


螺鈿飾台


部屋の中央に「京都迎賓館について」の説明があり
平成26年8月 インド共和国モディ首相、安倍総理のお写真や


平成17年11月 アメリカ合衆国 ブッシュ大統領、小泉総理のお写真も


「夕映の間」を出て振り返った所の写真です。
この廊下の先、左側が「夕映の間」です。
右側はお庭だと思いますが、障子が閉じられていました。

次は、テレビでも放映されたことがある「藤の間」をご紹介します。
コメント (2)

京都迎賓館 「正門から聚楽の間(じゅらくのま)」

2015年08月18日 | 観戦・鑑賞・参観ほか

昨年から念願だった「京都迎賓館」の参観が
今年の8月11日(火)に、友人達と一緒に実現できました。


正門 (迎賓館は御所の東に位置します。)


海外からのお客様は、車列を組んでこの正門から入ります。
が、私たちは正門から入れないので南門にむかいました。(((^_^;)


正門玄関の扉は、樹齢700年の欅(けやき)の一枚板が使用されています。


お客様をお迎えする際は、正面に屏風を置いて
その前に「いけばな」がしつらえ歓迎の心を表します。


玄関を入って廊下を左に行くと「聚楽の間」です。


聚楽の間は、ロビーとして位置付けされる空間です。

晩餐会や大臣会合などが行われる際に、随員の待合とする
多目的に利用され、「京指物(きょうさしもの)」の技能と有職織物を用いた
安楽椅子が並んでいます。


部屋名の「聚楽」は16世紀に京都に造営された邸宅・聚楽第で
よく知られている「楽」(心が安らかで楽しいこと)を集める
「聚」(寄り集まること)の意味で、人が集まった都を指します。


釘隠し (錺金物 かざりかなもの)

これは聚楽の間の釘隠しですが、別の間にも素晴らしい釘隠しが
ありますので、京都迎賓館の「釘隠し」も楽しみにしてください。

次回は、夕映えの間(ゆうばえのま)をご紹介します。

コメント (2)

琉球王府に古来より伝わる高級珍味「豆腐よう」

2015年08月16日 | 食楽
私が初めて「豆腐よう」を食したのは
数年前に、沖縄の友人からお土産で頂いたときでした。


「豆腐よう」は、チーズに似たような舌触りで
大好きなウニのような風味が、私の大好物になっていました。

一度にたくさん食べるのではなくて、小皿に少し盛り付けて
つまようじの先で米粒ぐらい取って少しづつ頂きます。(美味)



沖縄独特の豆腐加工食品で、木綿豆腐を米麹・紅麹・泡盛の
特殊の漬け汁に漬け込んで発酵させています。紅色は紅麹を用い
甘味があって風味を出す効果と防腐作用があるそうです。

いま高槻西武で沖縄物産展が開催されていたので買ってきました!
食べ過ぎないように注意して頂きます。(^з^)-☆
コメント (2)

今年も8月15日限定のハスの葉に包まれた 「白むし弁当」

2015年08月15日 | 思い出・覚え書

今年も、8月15日には出来立ての 「お送り団子」 と
ハスの葉に包まれた、仏さんのお弁当 「白むし弁当」 を買ってきました。


お弁当がまた小さくなってます。(^_^;)))
初めて買った白むし弁当は、今の2倍はありました。
でも、我が家には欠かせない母のお弁当です
コメント (3)

夏野菜の浅漬けジュレ仕立て

2015年08月12日 | 食楽
暑い中、お盆の買い物で珍しく食欲が無いときに


お漬け物売場で、何だろうと思って目に止まったのが


この夏野菜の浅漬けジュレです。
少し酸っぱくて、夏野菜のシャキシャキ感が良かったです。
コメント (2)