日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

高槻 まちかど遺産北部地区(^^♪No15雪に覆われた山々に本山寺が…、冬の情景 原八景「本山暮雪」

2017年06月25日 14時09分52秒 | 三島地区の文化財
「本山暮雪」(ほんざんぼせつ)は、瀟湘八景の「紅天暮雪」(こうてん ぼせつ)になぞらえ、雪に覆われた山々の中に、微かに見える冬の本山寺を詠っています。羭素(ゆそ)は蚕の繭ののことで、雪山の白さを削った玉や開いた繭に例えています。(「羭」は糸へん) . . . 本文を読む
コメント

この初夏一番の暑さの日に…(^^♪高槻の古木探索は赤大路の「子安天満宮」と「鴨神社」

2017年06月24日 15時00分01秒 | 歳時記
赤大路の「子安天満宮」は、菅原道真が大宰府左遷の折、身重の側室が道真を追いこの地に来た時に産気をもよおし、運悪く流血して死去。以後、婦人安産の神として知られ参詣客が多いです。ちなみにこの土地の赤大路の地名は、その時の流血が道を覆ったことから来ていると伝えられています。                     . . . 本文を読む
コメント

俳句の季語は夏(^^♪下野国(しもつけ:今の栃木県)で発見され「シモツケ」

2017年06月23日 16時04分17秒 | 歳時記
「シモツケ」は、日本原産で北海道から九州にかけての日本各地、朝鮮および中国の山野に自生し、風情のある集合花を初夏に咲かせます。花色は赤紫からピンク、白などがあります。和名は下野国(しもつけ:今の栃木県)で発見されたことから「下野(シモツケ)」と名づけられたそうです。 . . . 本文を読む
コメント

雨のお陰で久々のパンつくり(^^♪安産のお守りとしての”終わることのない人生の輪”「ベーグル」

2017年06月22日 14時50分28秒 | パンとお菓子
ベーグルは中央ヨーロッパ、おそらくはポーランドで発祥したと伝えられています。17世紀のポーランドではベーグルを安産のお守りとして作られ「終わることのない人生の輪」を意味していたという説があるそうです。1610年のクラクフの文書に、出産後の女性に"beygl"が贈られたと記されている、とのことです。 . . . 本文を読む
コメント

梅雨時に映える花(^^♪万緑叢中紅一点「紅一点」の「紅」とは、この花「ザクロ(柘榴)の花」

2017年06月21日 17時00分27秒 | 歳時記
原産地については、トルコあるいはイランから北インドのヒマラヤ山地にいたる西南アジアとする説、南ヨーロッパ原産とする説およびカルタゴなど北アフリカ原産とする説などがあります。中国には3世紀終りごろ、日本へは平安期以前に渡来したそうです。 . . . 本文を読む
コメント

初夏の花壇や石垣などに…(^^♪キクみたいなかわいらしい花を咲かせる「マツバギク(松葉菊)」

2017年06月20日 15時37分54秒 | 歳時記
この花、葉が松葉のようで、キクみたいなかわいらしい花を咲かせるので「マツバギク(松葉菊)」の名前がありますがキクの仲間ではありません。南アフリカ原産の多肉植物で葉は肉厚、花は冬咲きのものもありますが、主に春~初夏にかけて咲きます。 . . . 本文を読む
コメント (2)

父の日のプレゼントは…(^^♪パソコン用事務椅子と京洋菓子司ジュヴァンセルの「竹取物語」

2017年06月19日 14時00分46秒 | 歳時記
洋菓子、和菓子のジャンルにこだわらず、京都の「菓子文化」を見つめたい。そんな思いから、「京洋菓子司 ジュヴァンセル」は1988年祇園祭の日に御池通りに誕生しました。「四季折々、京の風情を洋菓子に」の心で生み出された、独自の京テイストのスイーツが評判のお店だそうです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

爽やかな初夏を感じさせる花(^^♪エキゾチックで華やかな花「フェイジョア」

2017年06月18日 14時52分10秒 | 歳時記
「フェイジョア」は、フトモモ(蒲桃)科の常緑低木で、果物として食用に栽培される他、庭木や生垣用としても評価が高いです。南米原産で昭和初期にアメリカから渡来しました。フェイジョア(feijoa)は、亜熱帯地域原産の果樹で主にニュージーランドで栽培されています。 . . . 本文を読む
コメント

五月晴れのもと散策(^^♪高槻市文化財スッタフの会「古墳特別ガイド」太田茶臼山古墳から

2017年06月17日 14時20分43秒 | 歳時記
ここ太田茶臼山古墳は「継体天皇三嶋藍野陵」(別名 池上陵)と呼ばれ、北から南に延びる低い台地上(安威川左岸の富田台地)に築造された一重の濠をもつ大きな前方後円墳です。その規模は、墳丘全長226m、前方部幅147m、前方部高さ19.8m、後円部径138m、後円部高さ19.2mで、幅30m前後の周濠が巡っていました。 . . . 本文を読む
コメント

話題の笑う狛犬シリーズ(^^♪茨木 阿為神社御旅所の「笑う狛犬」

2017年06月16日 14時47分56秒 | 笑う狛犬
御旅所とは、神社の祭礼の時に神輿が本宮から出て、しばらく仮にとどまる所です。阿為神社は、平安時代の延喜5年(905年)醍醐天皇の命により編纂された「延喜式」の神名帳に記されている式内社のひとつで、中臣藍建が初めてこの地に来て祖先の天兒屋根命を氏神として祀ったのが始まりだといわれています。 . . . 本文を読む
コメント