日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

高槻のええとこ(^^♪最初の高槻市民が営んだムラが息づいている「安満遺跡公園」

2016年12月07日 16時39分47秒 | 三島地区の文化財
高槻市では、京都大学大学院農学研究科附属農場の移転に伴い、その跡地を含めた一帯を「安満遺跡公園」として整備し、弥生時代の安満遺跡を保存・活用するとともに、防災機能を備えた、緑豊かな公園を目指す取組を進めています。 . . . 本文を読む
コメント

初冬の名残りの紅葉(^^♪カエデの由来は、葉がカエルの手に似ているから「カエルデ」 

2016年12月06日 16時48分07秒 | 歳時記
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のことです。狭義には、赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「黄葉(こうよう、おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼ぶが、これらを厳密に区別するのが困難な場合も多く、いずれも「紅葉」として扱われることが多いです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

西国街道リレーウォーク(^^♪第8回最終回「茨木の交通近代化遺産と地域をめぐる」

2016年12月05日 16時35分40秒 | ウォーキング
郡山宿本陣を見学後、倍賀春日神社辺りの旧線路予定地を巡って、現行路線に今も残る「田中の丸また」などを見学、古地図をもとに旧茨木村を茨木神社まで6kmほど歩いてきました。 . . . 本文を読む
コメント

マンホールアートシリーズ(^^♪大阪市の市政100周年記念マンホール

2016年12月04日 10時46分39秒 | マンホールアート
平成元年、1989年に、大阪市政100周年を記念して造られたマンホールです。中央に市の花・パンジー、周囲に市の木・サクラと市章が描かれています。花は、美しいまちづくりのシンボル。私たちみんなの手で、大阪をいっそう美しく咲かせたいものです。とのこと。 . . . 本文を読む
コメント (2)

初冬の高槻風景(^^♪銀杏の大木の下、一面に広がった黄葉した落ち葉の絨毯

2016年12月03日 14時54分22秒 | 歳時記
この路地奥の庭には、神の化身で酒とも関わりが深いという白蛇「巳さん」を祀る祠と、巳さんの住処とされる大イチョウが残されています。 . . . 本文を読む
コメント

初冬の里山(^^♪別名「美人山」と言われた阿武山の「ツツジ(躑躅)」

2016年12月02日 16時57分09秒 | 歳時記
阿武山は別名「美人山」といい、かっては山中にツツジばかり生えていたそうです。また、大阪の相場状況を手旗信号で京都に伝えるための旗振り小屋があったことから「旗振り山」とも呼ばれていたそうです。 . . . 本文を読む
コメント

今日から12月「師走(しわす)」(^^♪赤い実をつける正月用の縁起木は「マンリョウ(万両)」

2016年12月01日 13時32分29秒 | 歳時記
マンリョウ(万両)、カラタチバナ(百両)、ヤブコウジ(十両)はヤブコウジ科で葉の下に実をつけます。葉の上に赤い実をつけるのがセンリョウ(千両)です。さらに一両(アリドオシの別名・アカネ科)とお金(両)をほうふつとさせる名前の植物は、一の位から万の位までのラインナップがそろっています。 . . . 本文を読む
コメント (2)

秋から冬の花(^^♪さざんか さざんか さいたみち 「さざんか(山茶花)」の花

2016年11月30日 15時23分43秒 | 歳時記
椿の花は落ちるときにボテッと全部一緒に落ちてしまいますが、山茶花は花弁がヒラリヒラリ1枚づつ分かれて散ります。 . . . 本文を読む
コメント

とっつあん堂の和菓子(^^♪ とっつあん的には、秋から冬の上品なお菓子「茶通(ちゃつう)」

2016年11月29日 15時08分50秒 | パンとお菓子
名前からは、新茶の季節の贈り物、お茶の風味を楽しむお菓子ですが、ホットプレートで焼いているので、とっつあん的には、秋から冬のお菓子でもあると思っています。 . . . 本文を読む
コメント

紅葉だより(^^♪1300年の歴史を誇る島本町「若山神社」の紅葉

2016年11月28日 06時10分34秒 | 歳時記
澄んだ空気と、優しい木々に包まれた若山神社は、心穏やかにお参りでき、自然に癒され、安堵する場所です。季節の移ろいも美しく、水無瀬や山崎そして天王山を望む、景色は思わず足を止め眺めたくなる美景色です。 . . . 本文を読む
コメント