日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

高山右近ゆかりの高槻の不思議(^^♪高槻市の安岡寺に、「マリア灯籠(織部灯籠)」

2017年02月21日 13時47分20秒 | 三島地区の文化財
桃山時代、茶の湯の興隆により、新しく露地が生まれ、夜の茶会の為に露地の明かりとして、古社寺の石灯籠が利用されるようになり、さらには、茶人の好みのものが新しく創作されました。その代表的なものが織部形石灯籠です。竿の円部に、アルファベットを組み合わせた記号を陰刻し、その下部に立像を浮彫にしているます。これを地蔵信仰に似せた隠切支丹の尊像と見て、マリア灯籠とか切支丹灯籠とも言われています。 . . . 本文を読む
コメント

雨水も過ぎ水温むころ(^^♪西河原公園で温くなった水に浸かって楽しそうに遊ぶ 「白鷺(コサギ)」

2017年02月20日 13時29分54秒 | 歳時記
白鷺(しらさぎ)は、コウノトリ目サギ科のうちほぼ全身が白いサギ類の総称で、日本ではダイサギ・チュウサギ・コサギ・カラシラサギを指します。 . . . 本文を読む
コメント (2)

菫の花咲くころ(^^♪路傍にひっそりと咲いていた 花の形状が墨入れに似ている「スミレの花」

2017年02月19日 13時17分32秒 | 歳時記
花名のスミレは、花の形状が墨入れ(墨壺)に似ていることに由来するという説もあります。スミレは、温帯を中心に世界中に広く分布しており、450種以上が知られています。一般にパンジーやビオラなどの園芸品種を除いたスミレ属の花を総称してスミレと呼んでいます。 . . . 本文を読む
コメント (2)

いばらき観光ウォーク(^^♪「パワースポットコース」辨天さん(飛龍山冥応寺)を出発して…

2017年02月18日 16時46分05秒 | 歳時記
茨木には、古代よりあちこちに湧水が豊富で人々の生活を潤し、時には病気を治すと伝わる泉もあり、弥生時代には全国屈指の一大集落がありました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

春本番の暖かさ(^^♪春が来た 春が来た どこに来た。富田本照寺の「梅」

2017年02月17日 15時46分40秒 | 歳時記
「梅の花の時期に寒いと、実が少なくなる。」と言われます。梅の花が咲く時期に寒いと、梅雨時に実る「梅の実」のなりが思わしくなくなるのです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

早春の風景(^^♪阿武山の麓 番山古墳のお堀端で見守ってくれている「路傍の石仏」

2017年02月16日 13時12分44秒 | 歳時記
石仏は関西地方を中心に権力者、修験者、僧侶などによって古代、中世より多く作られるようになりますが、近世に至ると素朴な信仰心を背景に一般庶民がその制作に携るようになり路傍の石仏が多くあらわれるようです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

春を告げる鳥(^^♪花の蜜を好むことから「はなすい」、「はなつゆ」などの地方名…「メジロ」

2017年02月15日 13時53分33秒 | 歳時記
メジロは全長約12cmで、スズメよりも小さく、緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴で、名前の由来ともなっています。なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっています。 . . . 本文を読む
コメント (2)

バレンタインデー(^^♪日本で誕生した風習。皆さんはお気に入りにの「チョコレート」届きましたか

2017年02月14日 14時03分15秒 | 歳時記
バレンタインデーは本来、キリスト教に由来する記念日で説はいろいろ。一般にいわれているのは、ローマの司教バレンタインが処刑されたのが2月14日だったという説。彼は自由結婚禁止令に反対し、恋人たちをひそかに結婚させていたので、恋人たちの守護神となったというお話です。 . . . 本文を読む
コメント

早春の散策(^^♪高槻氷室のお寺で見つけた、珍しい形の留蓋瓦、伝説上の霊獣「麒麟」なのか

2017年02月13日 13時00分08秒 | 歳時記
留蓋瓦は、隅巴瓦(すみともえがわら)の上部に据えられた瓦で、隅蓋瓦(すみぶたがわら)や巴蓋瓦(ともえぶたがわら)とも称し、神社仏閣の屋根の4隅に、半球状の瓦に飾り物のついたものをよく見かけます。 . . . 本文を読む
コメント

早春の野の花(^^♪別名「星の瞳」、星空をながめている気分になってく「オオイヌノフグリ」

2017年02月12日 14時23分51秒 | 歳時記
この花「オオイヌノフグリ」は、道端や川原に多く生え雑草のようですが、春の日溜まりに 5mm くらいの可愛らしい花が群がって咲いているととてもきれいで、春を感じます。胡麻葉草(ゴマノハグサ)科で、明治時代にヨーロッパから帰化しました。 . . . 本文を読む
コメント