kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、覚書き、気になることを書いてます。(^^ゞ

うずの丘大鳴門橋記念館で食べたかった「海鮮うにしゃぶ」

2017年07月31日 | 食楽
渦の道を海上散歩した後に向かったのは・・・


大塚国際美術館の前を通って、渦の道の上「大鳴門橋」を渡っています。


ここは2月に淡路島に来た時にも行く予定だったところですが
ランチだけの営業時間が、9時から15時(L.O.15時)までだったので
今度はランチタイムに来ようと、諦めたところなのです。(^_^;)))


うずしお科学館

4つのゾーン(エントランスゾーン、うずしおゾーン、世界遺産学習ゾーン、体験学習ゾーン)に分けられ、「うずしおゾーン」では、鳴門のうず潮の発生のメカニズムを忠実に再現した水理模型や巨大球体、400インチの壁面映像が織りなす幻想的空間で、うず潮の神秘さ、不思議さが体験できます。


館内では、子供たちが魚釣りゲームなどを楽しんでいます。


『淡路島の絶品生うに』をベースに仕上げたコクあるスープに
新鮮な魚介をしゃぶしゃぶして食す『うずの丘海鮮うにしゃぶ』です。
締めの旨味たっぷりの「うに雑炊」は絶品です。うに大好き!


季節によって『淡路島の絶品生うに』の種類が変わります。
赤うに(6月~10月)、 黒うに (10月~5月)で、赤うにを頂いてきました。

ウニの種類は日本近海だけでも100種を超え、よく食べられている種類だけでも
ムラサキウニ、バフンウニ、アカウニなど数種類あってそれぞれ味が違います。

その中でもアカウニは、最高級品種といってもいいほど漁獲量が少なくて
産地が多い西日本で多く消費されているので、余計に珍重されているそうです。

絶景うずの丘 大鳴門橋記念館のHPは こちら でご覧ください。
コメント

大鳴門橋遊歩道「渦の道」を海上散歩!

2017年07月30日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
絶景のプールがある「XIV 鳴門」 を出て向かったのは・・・


数十年ぶりに見る「鳴門の渦潮」です。

うずしお観潮船に乗るか迷った結果、次の目的地に余裕のある時間に
行くことができる「渦の道」を歩くことにしました。


「大鳴門橋(おおなるときょう)」

神戸淡路鳴門自動車道の、渦の発生地点の上に架かっています。
鳴門駐車場に車を置いて、階段を上った本四道路陸橋から見ています。


その、渦潮の道へ向かう本四道路陸橋の上に「大鳴門橋」と


鳴門市阿波おどり(なるとしあわおどり)
徳島県鳴門市で毎年8月9日 - 8月11日の3日間開催される阿波踊りです。


その日の満潮(北流)と干潮(南流)の時間が書かれています。


大鳴門橋の入口です。


大鳴門橋架橋の橋桁空間を利用して造られた海上歩道橋です。


途中100メートルごとに設けているガラス床からは45メートル下の
海面を覗き込むことができてスリル満点です。


入口から先端の展望室までの遊歩道の距離は約450メートルあります。


私はガラス床を避けて歩いてましたが・・・
ガラス床を平気な顔で歩いている少女の姿もありました。
コメント

絶景の天空プールがある「XIV 鳴門」 (^з^)-☆

2017年07月29日 | 京都・大阪・神戸・滋賀 他
活魚料理「びんび家」さんのつづき・・・


2ヶ月前に予約していてくれた 「グランドXIV(エクシブ) 鳴門 」の入口です。


ここにはゴルフ場もあります。(プレイ可能ですが、15年ぶりなので中止)

写真中央の右上が「グランディ鳴門 ゴルフクラブ36」
その下の建物が露天風呂などのある、スパ&エステの「アロマハウス」です。
この施設に行く時は、黄色いシャトルバスを利用します。


荷物は、びんび家に行く前に部屋に置いていったので、グランドエクシブ鳴門ザ・ロッジ1F アトリウムで、毎年恒例の昔なつかしい縁日イベントの射的、わなげ、くじ引き、サイコロ投げや、子供たちに大人気ふわふわドーム、そして大人も楽しめるパターゴルフなどがあるので寄ってきました。


子供たちに大人気のふわふわドームです。

私はパターゴルフに挑戦したのですが、一回目は簡単に入ったので
次のパターは油断して外してしまいました。(^_^;)))
ゴルフに夢中になっていた時、パターが好きだったのが思い出されます。


ゴルフ場のレストランです。(営業時間外なので閉まっています。)


プールは5時以降は入れないのですが、夜のプールが見たくて行くことに・・・


プールサイドから見たホテルの建物です。


夏季限定 エッジレスガーデンプールは
期待通りに素晴らしいです!(これは子供プールから見た景色です。)


このプールの先は海です。
晴れた日には小豆島も望む事が出来ます!!


お部屋へ帰る前に軽く一杯


ピアノ演奏もあって雰囲気満点です。(^з^)-☆


次の朝プールへ行くと


昨夜の絶景とは違いますが絶景です。


次の予定があるのでお昼に出発です。


昨日は入口の門でしたが、今日は出口の門ですね。(^_^;)))


エクシブ鳴門

〒771-0376
徳島県鳴門市北灘町折野字上三津167-3
TEL:088-683-8111
コメント

鳴門・地元の人達にも人気の「活魚料理 びんび家」

2017年07月28日 | 食楽
JDCでイルカの餌やり体験の後に向かったのは、今夜お世話になるホテルです。
まだ早い時間ですが、荷物を部屋に置いてすぐに出かけました。


そこは、地元の人達にも人気の活魚料理のお店「びんび家」です。
行列のできるお店なので早く来たつもりが、もう駐車場は満車状態です。


お店に案内してくれたMちゃんが「お店の前に行列が無いので大丈夫です。」


「びんび」とは徳島の方言で魚のことです。
毎日揚がる魚介を地元の漁師から直接仕入れるので、鮮度のよさはお墨付きです。


お座敷の席が2つだけ空いてました。(ホッ)
あと少し遅かったら、待つことになったと思います。


とれたての豪快な海の幸をそのまま料理しています。
一切れが普通の2~4倍ほどあります・・・大きいのが見えるでしょうか?

刺身や天ぷら、煮魚に焼き魚をメインにした約10種類以上の定食も人気です。
まだ明るい時間ですが、お店を出るときには行列ができてました。

活魚料理 びんび家
〒772-0000  徳島県鳴門市北灘町粟田ハシカ谷20-2
電話:088-682-0023


コメント

四国・JDC(日本ドルフィンセンター)の「イルカプールで餌やり体験」

2017年07月27日 | 花・草・木・鳥 他

JDCのイルカプールから見える、貝殻の形をしたマリンレストです。

マリンレストから、海の上にフロートをつなげて作った
周囲40メートルのイルカプールで、イルカを飼育しています。
※ 香川県さぬき市津田町鶴羽(つだまちつるわ)1520-130


餌やり体験を申込むと、餌やり体験の後イルカにタッチできるのですが
頭を触るのが怖い子供たちも、背びれや尾びれはタッチするそうです。


餌を与えてサインを出すと・・・


イルカたちは豪快にジャンプ!

興味津々で近くに寄って見ていた少女が、イルカのジャンプの水しぶきで
お洋服が濡れてしまい、驚いてママのところへ駆け寄ってました。


JDC1番人気のプログラムは「ドルフィンスイム」です。

実際に海に入って、最初は浅瀬でイルカと一緒に触れ合いながら
最後にはイルカの背びれにつかまって一緒に泳げるそうです。

もし泳げなくても、水に浮くウェットスーツを着用していることもあり
専任のドルフィンキーパーと一緒に入るので安心して楽しめるそうです。


次の予定があるので、餌やり体験が終わるとイルカプールを後にします。

JDC のHPは こちらでご覧ください。
コメント

27年 讃岐うどん技能グランプリで香川県知事賞を受賞「麺処 まはろ」

2017年07月26日 | 食楽
四国に向かって私達の車の前を走る「三河ナンバー」の車がありました。
まさか三河から同じお店に行くとは思っていなかったのですが・・・


同じ、平成27年度 香川県知事賞を受賞した「麺処 まはろ」さんでした。

● さぬきうどん技能グランプリ受賞履歴
2006年 さぬきうどん協同組合理事長賞を受賞
2008年 さぬきうどん研究会会長賞を受賞
2010年 香川県知事賞 本場さぬきうどん協同組合理事長賞ダブル受賞
2011年 全国製麺協同組合連合会長賞 西日本放送賞2年連続2部門ダブル受賞

広い駐車場には、他府県からの車がたくさん並んでいました。
住所:香川県 さぬき市 寒川町神前 3970 (男山神社の右隣)


店内の38席(座敷席22席テーブル席16席)は満席でしたが
少し待っていると、座敷席に座ることができました。


これは、まはろさんの「おすすめ」です。
四国に行ったら、美味しいおうどんを頂くのも楽しみの一つですね。
コメント

滋賀県・びわ湖バレイの山上を歩く「 蓬莱山は視界5メートルの世界!」

2017年07月21日 | ハイキング・登山
「打見山→笹平遊びの広場」からのつづきです・・・


比良山系の蓬莱山(1174.2m)に向かっているところです。

笹平遊びの広場まで来たときに、小雨になり蓬莱山の視界が悪いので
蓬莱山の頂上でお昼にする予定を、笹平遊びの広場で済ませて歩いています。


蓬莱山に向かって、ほんの少し歩いただけなのに・・・
一瞬で想像もしたことの無い視界が3~5メートルの世界になりました。(恐!)


ハイキングの先輩達が引き返そうと言って待ってくれています。(心強いです)

でも残念ながら、蓬莱山山頂から尾根筋を南へ下ると地元の人々から、雨ごいの池として崇められる小さな「小女郎ヶ池」があって、この小さな池に「小女郎ヶ池」と呼ばれる所縁となる、悲哀な伝説が残されている場所に行く予定でしたが行けなくなりました。


打見山へ引き返していると、左の垣根の奥から数人の姿が見えました。

この人たちは、私たちがお弁当を食べていたときに見たジップラインの人達です。
あの時は移動しているのが遠目でも見えていたのですが、いまは何も見えません。
でも、視界の無いこの場所に渡ってくるのを待っていて拍手で迎えていたのです。


ロープウェイの山頂駅のある打見山(1108m)に帰ってきました。
ここはジップラインの説明をしていた近くですが今は何も見えません。


頂上駅に入ると、ジップラインなどの受付場所がありました。


待っていたロープウェイに乗って帰路へ


志賀駅に向かうバスを待つ間にびわ湖を撮りました。


JR湖西線 志賀駅 と、いま乗ってきたバスです。
暑い毎日の中、あの山頂の23度が思い出されます。(^_^;)))
コメント (6)

滋賀県・びわ湖バレイの山上を歩く「 打見山山頂→笹平遊びの広場」

2017年07月20日 | ハイキング・登山

山頂駅の正面です。

ロープウェイを降りてから「びわ湖テラス」に向かうため
山頂駅の横出口から出たので、こちらが駅の正面です。


みなさん並んで何かの説明(講習)を聞いてるようですが・・・
手前に置いてあるのを使うようですね。


説明では、 ジップラインスカイウォーカー ができるそうなので
どうも、ジップラインの説明(講習)を受けているようです。


左に運休の「打見リフト」があり
少し下って行くと「笹平遊びの広場」があります。


リフトに沿って歩いていると右手に・・・


無料で 遊べるハンドメイド遊具が次々と幾つもあって
子供や大人の中に仔犬も元気に走り回ってました。


下ったところに蓬莱山と遊びの広場が見えます。


左に行くと、蓬莱山の頂上への運休のリフトがあり
リフトの左手の道を歩いて、蓬莱山の頂上で昼食の予定でしたが


蓬莱山の視界が悪いので、様子を見ながらお弁当を頂くことになりました。
写真右半分に見える山の中間のところに人らしき姿が見えます。


何だろうと思っていると、それは山頂駅の前で講習を受けていた人達が
ジップラインを楽しんでいるところでした。
(左の白線内から、右の白線内へと移動しています。)

※ 土日祝は、打見リフト、蓬莱リフトとも運行されているそうです。
コメント (2)

滋賀県・びわ湖バレイの山上を歩く「 びわ湖テラスからの絶景!」

2017年07月17日 | ハイキング・登山

びわ湖テラスの入口です。


わぁ~期待通りの絶景です!


近くから見ると・・・このようになっています。


座っていると時間の経つことが忘れそうです。


ここは、山岳リゾートにこだわった標高 1100m にあり
日本一大きい湖「びわ湖」を眺められる「びわ湖テラス」です。


天空の世界です・・・


びわ湖テラスからの眺望を楽しみましたが・・・


さぁ~打見山山頂駅に戻って
笹平遊びの広場から蓬莱山に向かいます。


あっ!ロープウェイに乗っている時に見えていたドローンです。
山頂からの絶景を撮っていたそうです。
コメント (2)

滋賀県・びわ湖バレイの山上を歩く「志賀駅→打見山山頂駅(ロープウェイ)」

2017年07月16日 | ハイキング・登山

ハイキングスタート駅の、JR湖西線 志賀駅のホームです。
(7月14日 金曜日)


志賀駅前の「びわ湖バレイ前」のバスに乗って


バスを降りたところが、ロープウェイ山麓駅です。


ロープウェイのチケット売り場には
わんちゃん一匹のチケット300円があります。


いま人気の「びわ湖テラス」に行くときは
土曜日・日曜日は避けた方が良いと聞いてましたが
平日でもたくさんの人が来られています。


横の女性が「鹿が下にたくさんいるよ」と指を指し
「あそこにも鹿がいる」と何度も教えてくれました。


目的地(蓬莱山の頂上)の視界が悪そうです。


5分ほどで打見山山頂駅に到着です。


私たちが乗ったロープウェイです。


たくさんのトンボがお出迎えしてくれます。
下界は34度でしたが、ロープウェイを降りると快適な23度です。


駅を出て右の道を行くと「びわ湖テラス」の案内板が


視界は悪くなっていますが・・・
びわ湖テラスからの景色が楽しみです。
コメント (2)