薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

同じ6坪で焚くなら鋼板よりもソープストーン?




たぶん何度も聞いていたんだろうが、すぐに忘れてしまう。

て言うか、自分が憶えなくても済むことは、最初から憶える気がないのだ(笑)

家族の予定とかがそうで、だいたいのイメージで憶えていて、
なんとなくその日が気になりだしたら、正確な予定日を細君に訊けばいい。


という訳で、子供たちの帰省日の記憶も1日ズレていた。
長男は9日に帰って来なかったし、全員が揃うのも12日ではなくて11日だった。

つまり、それは今日なんだが、今年のお盆大会は前倒しもいいところ、
盆の入りの13日には誰もいなくなる。

あれ? そうだっけ? これも細君に訊き直さないと(笑)


 



たった6坪の部屋に、鋼板製の薪ストーブは暑すぎるから、
石製のグランデノーブルに入替えたのだと、昨日のブログでも最後の方で少し書いた。

もともと無謀な設置だと言うことは承知していたんだが、
ヒタのアンビションがどんなものか、じっくり付き合いたい思いもあったんでね。

暑かったら部屋を開け放したらいいだけ、実際そうしてたし(笑)


住宅性能と部屋の広さを考慮すると、選択肢はないに等しいが、
それでも小型なら、AGNI-HUTTEとかアスペン、それとモルソー2B-Rとかいろいろあるが、
シガータイプは好みじゃないし、アスペン以外は一次代理店じゃないからね。

まぁそんな訳で、手っ取り早いアンビションを設置したのだ。


その時は既に代理店になっていたのだし、
本当は最初からアルテックにしておけば良かったんだが・・・


 
 


アルテックにするとして、最初は一番小さなノーブルを考えたが、
確かに一番部屋にマッチすると思うが、いかんせん炉が狭すぎて使いにくそうだ。

ヒタのインスパイアの時のように、慣れの問題なんだろうが、
ちまちま薪を組むのは、もうなんだか億劫だ。

その点、グランデノーブルなら40cmの薪が余裕で入るし、
測ってみたら、アンビションの炉内寸法とほとんど同サイズだった。


作ってる薪のサイズが40cmと言うこともあって、
アルテックならグランデノーブル一択、それしか考えられなかったのだ。

ノーブルでも、カタログスペックでは40cmの薪が入ることになっているが、
ぎりぎり入る炉巾では、使いにくくてしょうがない。







ご覧の通りで、炉内寸法は同じと言っていい程の差でしかない。

と言うことならば、焚き物も焚き手も同じなんだから、
グランデノーブルになっても、アンビションと同じような使い方になると言うことだ。


前置きが随分長くなったが、ここからが本題ね。

比熱とか熱容量の話なんだが、つまり温めるのに必要なエネルギーと蓄熱なんだが、
物理とか計算とか好きじゃないんで書かないけど(笑)

なにせ日大工学部の中退組なのでね、興味がある人は自分で調べてくれ。


要するに、鋼板製とソープストーン製の比熱の違いから起きる現象、
タイムラグを有効に使おうってことなのだ。

同じ焚き方をすれば、鉄は直ぐに熱くなり必要以上に部屋の温度を上げるけど、
ソープストーンは遅れて熱くなってくれる。


本当は室温26℃で快適なのに、部屋が狭いから直ぐに30℃を軽く超えてしまう。
それがソープストーンなら、ゆっくり温度を上げてくれる。

鋼板製は薪が燃え尽きると直ぐに冷めてしまうから、
また追加薪をして、無駄に室温を上げることの繰り返しになるのよね。


実際に使ってみないと詳しいことは書けないが、
熱容量の大きなソープストーンなら、程よい室温を長く保ってくれそうなのだ。

無駄に室温を上げなくて済むから、結果として薪の消費も減る。


巷では、ソープストーンの薪ストーブは燃費が良いと書かれているのを見かけるが、
薪の持っている熱量は変わらないので、燃焼効率が大体どれも80%程度ならば、
間違ってもそんなことはあり得ないのよね。


熱を表に出すスピードが違うから、今回の入替の思惑のように、
無駄な燃焼を減らせて、結果として薪が減らないだけで燃費なんて変わらない。


カタログスペックなので、出力は参考程度だが、

アンビションが12kw(10,320kcal/h)
グランデノーブルは11kw(9,458kcal/h)

アンビションより少し非力だが、大体同じような出力なので、
ソープストーン製のグランデノーブルになると?


これは思惑通りの期待が持てそうと言うか、
少なくとも同じ6坪で焚けば、アンビションよりは快適になるだろう。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 25℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« もう何処へも... 前倒しのお盆... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。