薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

ありがたいやら申し訳ないやら、恐縮至極の薪ストーブ修理




朝に見た天気予報では傘マークはなく、終日くもりの筈だったのに、
昨日は昼過ぎから雨が降りだした。

仕事から戻ったのは15時半だったので、
天気が良けりゃ晩酌までの3時間、外で庭弄りしたかったんだけどね。


昨日の雨で庭も畑もぬかるんでるし、今日も午前中は傘マークが並んでいて、
ヒマな日曜日、外での作業は何もできそうにないなぁ~






昨日は隣町まで薪ストーブの修理に行ってきた。

他社施工のアンコールだったので気が進まなかったんだが、
旧型の2550触媒機ではなくて、現行モデルの2040と言うことで請けたものだ。


写真を見せてもらうと、ダンパーハウジングが歪んでいて、
一見すると過燃焼が原因のように思えたが、拡大してよくみると錆による腐食だった。

使用期間は10年らしいので現行モデルの初期型なんだが、
腐食具合からすると問題は薪にありそうだ。


修理の作業内容としては、ダンパーのアッセンブリー交換になるんだが、
天板もエアマニも分解しなけりゃならない重整備だ。

ダンパーの錆具合からすると、写真で確認できない他のパーツの状態も気になるし、
ボルトの類もすんなり外れてくれるか不安もあった。


依頼されたダンパー交換だけで済めば問題ないのだが、
場合によっては一回で直せず、日を改めて再訪の可能性も考慮しないとならない。

なので、アンコールの点検修理の見積金額は、どうしても高くなってしまう。
ましてや、ダンパーや二次燃焼室の交換になると重整備なのでね。



まぁそんな訳で、昨日は隣町まで行ってきたんだが、
錆びついて素直に回らないボルトが1本あっただけで杞憂に終わった。

経たっていたトップローディングとガラスのガスケットも交換して、
実質4時間の作業、スムーズに事が運んで結果オーライだ。


※作業中は手が真っ黒で、写真を撮る余裕がないので1枚もない。



ご褒美に大好きなビールを1ケースもいただいて恐縮至極、
ありがたいやら申し訳ないやら・・・



 


好みのビールまで解っていただいて、
ヱビス・プレミアムエール、ブログで書いておいて良かったなと(笑)



 
■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今の気温 14℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« どうせ印字す... 無情の雨? ヱ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。