先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

武四郎の小説贈呈 作者河治さん、松阪で出版記念

2018-06-19 | アイヌ民族関連
中日新聞2018年6月18日

竹上市長(右)に歴史小説「がいなもん松浦武四郎一代」を渡す河治さん=松阪市の松浦武四郎誕生地で
 北海道の名付け親として知られる松阪出身の探検家、松浦武四郎の生涯を題材にした歴史小説「がいなもん 松浦武四郎一代」の出版を記念したイベントが十七日、松阪市小野江町の武四郎誕生地であった。小説の作者河治和香さん=東京都=が、竹上真人松阪市長に本を手渡したほか、誕生地とされる母屋のかまどを使った、地域住民らへのそばの振る舞いもあった。
 小野江地区の住民有志でつくる誕生地保存会が主催。河治さんは「近所にいるおじいちゃんの思い出話を楽しめるような作品にした」と説明。受け取った竹上市長は「河治さんらしい小説で読んでいて楽しい。これからも武四郎の顕彰と発信を続けたい」と話した。
 そばは、河治さんが以前小説を書いた縁のある東京の老舗料理店「駒形どぜう」の主人渡辺孝之さん(79)が、そば打ちから手掛けた。訪れた小野江地区の住民ら百五十人が、かまどの炭で調理されたコシのある打ち立てそばを味わった。
 小説は昨年三月から一年間、小学館の月刊誌に連載した小説を加筆修正したもの。アイヌ民族と親しく交わったことや、古物収集家としての人となりなどを、逸話を交えながら描いている。三百二十ページで、税込み千八百三十六円。
 (古檜山祥伍)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20180618/CK2018061802000013.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« アイヌ文化、東京五輪へPR... | トップ | 児童書多数手掛けた小峰書店... »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事