「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

15年前里子に、偶然ブン太くんに会いました

2020年06月03日 | しあわせ通信

獣医さんで偶然ブン太くんに会いました。(5月29日)

15年前に加須保健所~引き取りましたブン太くんに偶然出会いました。

里親様の方から「加藤さんですかー、ブン太です」と、声を掛けていただきました。

それは嬉しかったです、その時のブン太くんです。

愛情を掛けていただいて居るのがとてもよく伝わって来ました。

ブン太くん幸せです、有り難うございます。

 

獣医さんからお帰りになった後からも可愛い写真をお送りいただきました。

 

 


里親様よりポールくんの訃報のお知らせです

2020年06月03日 | 介護の犬・猫

ポールくん14才くらいでしょうか、5月16日虹の橋を渡りました。

2009年8月に多頭飼育現場から助けました。

今年2月8日里子に行きました、

3ヶ月間家庭犬として愛情を掛けていただきまして幸せだったことでしょう。

心より有り難うございました。

この方は今までにも沢山の犬猫を助けてこられた、大変心優しく信頼できる方です。

ポールくん里親さんに恵まれて良かったです。

 

里親様より

「昨夜ポールは11時30分頃から立てなくなり、苦しそうな呼吸が始まりました。2日前から動くと苦しそうで薬も増えていました。
ポールの病気は心臓から肺に血液を送る血管が詰まっているので、そのあたりを祈りながらずっと撫でていました。
3時頃より口から血液が出るようになりました。
時々口呼吸から鼻呼吸になると、少し眠ったりしていました。
6時30分最後は深い呼吸を繰り返しながら天国に行ってしまいました。
最近は私が帰って来ると、みんなと一緒に玄関に迎えに来ていました。
昨日の朝も、庭で1時間程のんびりしていました。
夕方も同じように座ってのんびりしていました。
先生にはいつ容態が変わってもおかしくないと言われていました。
ポールが家に来て2回受診しましたが、病名がはっきりわかっていて治療方法も決まっていたので、その後は私だけ受診して様子を伝え薬を調整していただいていました。
お庭が大好きだったので、体に負担をかけないようにポールの好きなように過ごしてもらっていました。
お隣のお庭に興味があったようで、よくじーっとみていました。
穏やかに眠っているようでまだ信じられません。
注射を打ったら良くなるかと思い、朝一番に病院に行こうと思っていました。
大切なポールをお預かりして3ヶ月半で死なせてしまいました。
ポールを失って悲しい気持ちと加藤さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
本当に申し訳ありませんでした。
ポールはどうしたかったのかと考えます。
家に来たくなかったのかも知れませんね…。
ポールが寝ている所に行って、うずらが寄り添っていました」

 


里親様よりぽぽちゃんの訃報のお知らせです

2020年06月02日 | 天国の家族

ぽぽちゃん虹の橋を渡りました。

加藤さんへ

少し前に、
ぽぽが息を引き取りました。(5月7日未明)

ぽぽちゃん、
昔つらい思いをしたのに
最後にも苦しい思いをしてしまい、悲しくて悲しくてなりません。
まだお別れしたくなくて火葬の連絡ができていません。
ぽぽちゃんほど、いい子でみんなに優しくて誰からも好かれて癒やしてくれる子はいません。

5月9日

明日ぽぽとお別れします

ぽぽ以上にいい子には
二度と出会えないと思います
加藤さんが救ってくれたからです
もっといっしょにいたかったです
お別れがつらいです
でも、ぽぽの苦しみが
もっと長く続いていたら
それはもっともっとつらいことです
気持ちの整理はまだまだつきませんが、
ぽぽが天国へ行けるよう、見送ってあげないといけないと思います
これからぽぼにお手紙を書いて、いっしょの写真を添えてお別れします

5月10日

ぽぽ
お骨になってしまいました
ふわふわの毛も、
かわいいお耳も、
優しい目も、
もうありません
さびしいです。

下記は、4月20日ぽぽちゃんが亡くなる前に頂いた近況のお知らせです」

加藤さん、こんにちは。
私たちは大丈夫です。
ぽぼですが、、、
ずっとご連絡しようと思っていたのですが、コロナのことや加藤さんにご心配おかけすることになってしまうので連絡するか迷ってしまってなかなかご連絡できませんでした。
いろいろな治療、投薬や抗がん剤をがんばってくれましたがあまり思うように効果がでず、今はだいぶ痩せて弱ってしまいました。
治してあげられずほんとうに申し訳ない気持ちです。
ぎりぎり外でトイレに行く時は歩けてますが、寝たきりになるのもそう遠くないかもしれません。
お散歩できるうちにと思って、昨日さいたまスタジアムまで車で出掛けました

 

会より

ぽぽちゃんは可愛い子犬の時に一度里子に行きましたが、

元飼主に捨てられて保健所に入って居るところを

偶然にもネットでぽぽちゃんを見つけました。

拘留期限切れでした。

朝になるまで一睡も出来ずに生きた心地がしませんでした。

慌てました早朝に保健所へ走り、やっとぽぽちゃんを引き取る事ができました。

飼主は保健所も警察も私共にも、迷子届けを出していませんでした。

保健所から保護をしてその足で獣医さんへ行きぽぽちゃんは、入院となりました。

フィラリア陽性で、ショックでした。

去勢手術もフィラリアのお薬も怠っていました。

肉球はやけどして感染症になっていたそうです、痩せていて酷い人間不信でもありました。フィラリアの治療を続けて3年で陰性になりましたが、おどおどした様子は未だなおりません。

でもぽぽちゃんのお世話をしに1年間通ってくれた優しいボランティアさんが里親として迎えて下さることになりました。里子に行ってから沢山の病気が出てきました。

子犬の時につらい思いをしたストレスからでしょうか、でも、ぽぽちゃんのことをよく分かってくれて愛情いっぱい掛けてくれたご夫妻に愛されて最後まで幸せに過すことが出来てほんとうに良かったです。

里親様には心から感謝申し上げます。

大切に可愛がっていただきましてほんとうに有り難うございました。

里親さんを選ぶ事は何よりも一番難しいです、本当に難しいですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


元ノラ猫エリーちゃん.2月からの治療が終わりました

2020年05月20日 | しあわせ通信

一時預かりさんより・5月20日

★エリーちゃんのご報告です。

本日抜歯後に飲ませるようにと言われていた薬10日分飲み終えました。
きちんと薬が飲めなかったり、食べなかった場合は点滴の必要があるとの事だったので経過観察中でしたが元気な毎日なので安心してください。

2月に保護してもらってから数ヶ月。必要な医療処置は済みました。
長かった通院生活も終わりです。
エリーちゃん本当に頑張りました❣
えらかったね。
勿論今後何か変化があれば直ぐに診てもらわなければいけませんが暫くはこのまま落ち着いて楽しく過ごして欲しいものです。
生活スペースも少し広めのお部屋に変わりました。外を見る事も出来るし陽当たりもいいしクーラーもついてる部屋なのでこれからの暑い夏も乗り切ってくれるでしょう。
人が大好きでいつもこっち来て〜って可愛い声で呼んでくれます。
私が横になると直ぐに側にきて一緒に寝てます💤
とても癒されてます💓
穏やかな楽しい日々がずっと続くといいな。

 

 

 


里親様よりくるみちゃんの訃報のお知らせいただきました

2020年05月20日 | 天国の家族

加藤緑 様

今日は悲しいお知らせです。

去る5月1日くるみが虹の橋を渡り、ジョンくん、くうちゃん、チビ達

我が家の愛犬達のいる花園へ旅立ってしまいました。

★里親様より、お手紙を戴いておりますが省略させていただきます。

先住犬のジョンくんと一緒の写真も送って下さいました。

 

くるみちゃんの闘病生活を毎日書き続けたノートが3冊だたそうです。

奥さんはご両親様の介護に通いながら、くるみちゃんの介護もご主人様と

一緒にされたそうです。

くるみちゃんは、てんかんの発作があり

ご主人がずっと側について介護をして下さったと・・・。

ご主人の手助けがあり、それはどんなにか助かったと

お手紙とお電話でも話して下さいました。

くるみちゃん16才くらいでした。

お家の中でご家族の皆様に愛されて甘えさせていただいてくるみちゃん幸せでした。

年に2回は必ず近況報告のお手紙を戴いておりました。

地域で動物ボランティアもして心優しい里親様です。

ジョンくんとくるみちゃんの2代に渡り大切にしていただきまして

心より感謝申し上げます。 加藤緑