「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

ルナちゃんがお星様になりました。

2011年07月27日 | 天国の家族

ルナちゃんの里親様より

7月27日0:30 ルナ 15歳8ヶ月半 永眠しました。

     

夜はおにいちゃんがいっしょに添い寝をしてくれていました。

もう1週間以上何も食べられず最後の日は水も飲めずとても苦しそうだったので

私はようやく楽になれたなと思っています。一ヶ月前に写した写真送ります

         


武蔵野市「タイアン」様で2回目の犬の里親会を開催

2011年07月25日 | 活動のご報告

2011年7月24日
犬里親会
武蔵野市にあります「タイアン」様で2回目の犬の里親会を開催いたしました。

        

 

          

レツちゃんの里親様とク―ちゃんの里親様が里親会場へいらして下さいました。
とっても嬉しくてうるうるしてしまいました。
レツは優しいお顔になって幸せいっぱいでした。
ク―ちゃんは里親会に度々いらしていただいてます、お父さんが大好きのようです。

      
とっても幸せいっぱいでこんなにも嬉しく有り難いことはございません。
おやつ、フード猫砂、犬猫ミルクが不足しておりましたので、ショップのタイアンさんで買ってご寄付下さいました。
またA 様よりたくさんのペットシートやおやつ雑巾など頂きました有難うございました。


この日は犬の里親様が決まりませんでした、猫と違い留守の時間帯の長居場合お断りとなります。
高齢者の場合は里親になって下さいます方に会う年齢の犬でないと無理があります。
1人暮らしの方の場合も犬の世話が出来ないときに困りますので条件が難しくお断りいたしております。
犬は躾けをしながらの飼育と毎日のお散歩があります。
犬と最後まで一緒に楽しく暮らすには本当に大変なことなんです。
これからも犬たちに良いご縁がありますように幸せになれるように里親探しに力を入れて頑張りたいと思います。
皆様のご協力を頂きたく宜しくお願い致します。

またボランティアさん達にはいつも大変ご苦労して頂きましてお世話になります。
有難うございました。                                           


武蔵野市犬里親会 7月24日

2011年07月24日 | お知らせ

 

武蔵野市で 里親会を開催いたします。

★7月24日(日曜日)

★10時30分~12時30分迄

★場所:ペットフード用品 タイアン (五日市街道沿い延命寺斜め前)
   東京都武蔵野市関前3-4-11
   タイアンのHP:http://www.pet-taian.com/tenpo/musashino06.html
   地図はこちら

★電車の場合は、三鷹駅北口よりバス 「第五小学校前」下車

★雨の場合は中止する場合があります。必ずホームページでご確認ください

 

                  

          


ルビーちゃんがお星になりました

2011年07月22日 | 天国の家族

7月18日にルビーちゃの里親さまより

 

 

 

出会いを思い返すと、本当に奇跡か運命かと思います。

 

今でも初めて伊丹の空港で会ったことや、家の先住犬(シン)と第一印象が悪く連れて帰りましょうか

といわれたこと。

ルビーがどんな所から来たのか知りたくて加藤さんのお宅までお邪魔したこと。

鮮明に思い出します。

 

簡単に会えない大阪なんて遠いところ、私がどんな人かどんな所かもわからないのに、

加藤さんもかなり悩まれたであろうと思います

連れてきてくださる決断をしてくださり、

 私にルビーを託してくださり

ほんとうにありがとうございました

 

私にとって本当に特別な存在で、生きがいでした。

      

       

     
彼女が旅立つとき、
 
ずっと側についてるよ
 大丈夫だよ
 安心して
 大好き
 ずっと愛してる
 うちに来てくれてありがとう
 
と言い続け、最期に私を選らんでくれたこと

私の腕の中で旅立ちを決めてくれたこと

すごく感謝して別れることができました

ただ、今、火葬を終え遺骨を前に、
 
会いたいよ
触れていたいよ

 まだ側に居て欲しかったよ

もっと色んなところに一緒に行きたかったよ

 なんで?
 早すぎるよっ!
  って、感情的になっているのも事実で、正直、
 
私は弱いな、

取り乱さないって約束したのに。
ごめんねルビー、
 頼りないママだったね

きっと空で心配してるね。と話してしまうこともあります。


 皆、愛するペットとお別れする時があることも、その時を彼らが決めるベストなタイミングやということも、

役目があってそうなった事も、勉強してきたし、
 悲しむことは彼らに執着という束縛をしてしまうことも
 頭ではわかっているんですが、なかなか難しいです
 
初七日の15日はとても綺麗な満月でした。

沢山の友達や動物病院の先生、郵便配達の方からまでお悔やみの言葉やお供えを頂き

クールなルビーではありましたが、いろんな方に愛されていたんだな、と、私も随分励まされました。

 

彼女が亡くなるその時まで愛し抜いた事、今でも特別な存在である事、彼女の為に尽くした事

本当に幸せな7年半でした。

 

ありがとうございました。


野良猫の雄、去勢手術行いました

2011年07月18日 | 猫を保護しました

 

野良猫の雄、7月17日に去勢手術行いました


大怪我をしていた野良ねこちゃん、腰のあたり血だらけ、ざっくりと切れていました。

  

    

去勢手術と一緒に、腰の傷が大きい為、縫っていただきました。


第2保護場所に大きな犬舎

2011年07月10日 | 活動のご報告

第2保護場所の犬たちのお部屋を作りました。(7月8日)
新しい物を4つ購入して犬のお部屋をボランティアさん方と暑い中一緒に作りました。

        

          

         

        

後5つ購入して作る予定です。

他1つは使ってないものを私どもの犬へと、頂くことが出来ました。
有難うございます、とても助かります。
広々とした大きな犬舎なので犬たちは大喜びです。
地方の人からトラックで運んでいただきました。

以前に私が作りました犬小屋、ぼろぼろになるまで使いましたので取り替えてあげたいです。
近いうちに犬小屋を作り犬たちを犬舎に移動させます。
鎖でつなぐのは自由が無くストレスとなります。
とても可哀想で見ていることも辛かったのですが、予算が無くて作れませんでした。
7月中には完成できるように願いたいです。
男性ボランティアさんが居ることでこのような時は、本当に助かります。
暑い中お疲れさまでございます。                                                

あと数回で完成いたしますのでどうぞ宜しくお願い致します。


野良猫の避妊手術

2011年07月08日 | 活動のご報告

 野良ねこの避妊手術
2ヶ月前から神社に捨てられた野良猫が居ると聞きました。7月7日
痩せ細って足を引きずっていました。
捕獲して昨日7月7日獣医さんで避妊手術を済ませました。
麻酔が掛かっている間に怪我している前足を見ていただきましたところ2か所かまれたような穴があいて
おり、化膿が酷く膿がたまっていたそうです。

       

一緒に手術して頂きました。

今日8日退院しましたが暫くは大きなケージで傷口が良くなるまで保護致します。
1歳未満の雌ねこでした。


ラックちゃんがトライアルに入りました

2011年07月05日 | 活動のご報告

・ラックがトライアルに入りました・

雌のラックちゃんが7月4日トライアルに入りました。

                  

私どものお散歩ボランティアをしていただいておりますお宅へ行きました。
先住犬が老衰で2頭亡くなって皆さんのお気持も大分落ち着いてきたように思います。

昨日ラックちゃんが行きましたが未だ緊張がほぐれないせいでしょうか
「おしっこが出ないの―」と飼主様から連絡がありました。
目の見えないときから我が家で保護して犬友が大勢の生活環境でしたから
馴れるまでにそうとう時間が掛かりそうです。
昨晩はご家族のみなさんと一緒のお布団でいっぱい触ってもらいながら寝てもらったそうです。
ラックちゃんは此のボランティアさんに日頃から「くまこ」ちゃんと呼ばれています。

早く馴れて幸せになってね・・・宜しくお願い致します。

                                                                     

2008年7月7日親子で保護しました時の写真です。

 

             


すずちゃんのお母さんから

2011年07月03日 | しあわせ通信

鴻巣ブリーダー崩壊犬のすずちゃんのお母さんからのご報告です。


「こんばんは!先週の金曜日に可愛くなって帰ってきました。

                   

家族の皆が可愛い!カワイイの連続です。他のワンチャンがいても平気だったそうです。

息子の彼女が連れて帰りたいといってますがダメと言っています。本当にわが家にすずをいただきまして、感謝です。

どうか、皆様にも、ご安心下さるよう、おつたえ下さい!〓〓


ル―キ―ちゃんに会ってきました

2011年07月03日 | 活動のご報告

17歳になるル―キ―ちゃんのお母さんからメールを何回か頂きました。(7月1日)

ル―キーが大分衰えて来ました、この暑さで食べなくなり獣医さんへ行って点滴してもらってきましたが
ほとんど寝たきりになってしまいました・・とのご報告いただきました。


ちなつちゃんの正式譲渡の帰りにル―キ一に一目会っておきたいと思い駆けつけました。

鶏肉をミキサーにかけて哺乳瓶のような物で飲ませていました。
馬肉の缶詰めも同じようにして与えているようです。
横たわっていてすっかり痩せてしまいましたが、17歳という高齢ですこれまで良く長生きさせてくださいました。

お世話して頂きまして有難うございます。          。。。。。。。。。