「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

年末ごあいさつ

2009年12月31日 | お知らせ
「小さな命が幸せになるために」今年もお世話になりました。
里親様、支援者様、獣医様、日本動物生命尊重の会様、議員様、
報道関係様、行政の職員様、
犬猫を助けるお手伝いをして下さいましたボランティア様
今年も多大なお世話を賜りました事、私ども「動物の幸せを結ぶ会」一同
多くの皆さまへ心より感謝申し上げます。
今年は地元「栗橋・犬多頭飼育崩壊」という悲惨な事件がございました。
まだ終わったわけではございませんが多くの皆さまに暖かい慈悲のお心をいただきながら何とか乗り越えることができました。
同志の皆さまのお力でございます。
ありがとうございました。
いつも思うことですが来年こそは全ての動物たちにとって良い結果が得られますように心よりご祈念申しあげます。
人間も動物もそれぞれが与えられた本来の場所で共生していけます事を願うばかりです。

命の大切さを一人一人がもっと真剣に考え実行に移す時が来ていると思われます。

                2009年12月31日   
                                          動物の幸せを結ぶ会・加藤 緑

まいちゃん、養子縁組いたしました。

2009年12月31日 | 飼い主様決まりました

2009年12月30日の暮れに、まいちゃんが養子縁組いたしました。
先日23日の里親会でまいちゃんを気にかけてくださいましたご夫妻様のお家で迎えていただきました。
茨城県動物指導センターで出会った犬です。
職員さんにあの子たちはと聞きましたところ
明日処分になりますと言われて悩みました、助けたいけれど置き場所がない。
当日の17時が時間切れになると聞いていました。
2時間で答えを出さなければならない本当に困った。
でも今までも何とかなったんだから、何とかなるに違いないと自分に言い聞かせ
譲渡の電話をしたところ私の時計が2分遅れていたようです
センターは終わっていました。翌朝一番で処分と聞いていました。
直ぐに茨城のボランティアさんに電話をしてFAXで伝えていただき命はまのがれましたが、あと2頭の兄妹は処分されてしまいました。
助かった犬は母犬と子犬で3頭でした。
里親さま最後までまいちゃんのことよろしくお願いいたします。



愛五郎、退院しました。

2009年12月31日 | お知らせ
12月28日フィラリアの手術をしました愛五郎が28日退院しました。
首に包帯を巻いています。
全部取りきれませんでしたので春に注射でおとすそうです。
元気になって優しい里親さんのお家へ行こうね。    


子犬のユウタくん

2009年12月27日 | 活動のご報告
2009年12月26日
子犬のユウタくん、新しい飼い主様のお家へ迎えていただきました。

とても賢い子で皆でびっくりいたしました。
2時間以上電車に乗り継ぎましたが一度も泣くこともなく
吐いたりおもらしをする事もなく おりこうさんでした。
里親さまのお家でもきちんとペットシーツの上で2回オシッコ
しました。
教えたわけでもないのに凄いです、
きっと他の犬たちがしているところを見ていたのでしょうね。

皆さんに可愛いと喜んでいただきました。
親子で保健所に入っていた時の哀れな姿を思い出します。

いっぺんに8頭の保護は大変ですが、このように良い飼い主さんにご縁できました事を思いますと助けて良かったと心底思います。

ユウタ幸せになるんだよ・・・良かったね
ご紹介者のTさんKさん いつも動物たちの事ご心配くださいまして
ありがとうございます。







愛五郎が日曜日退院します

2009年12月26日 | 活動のご報告

緊急でフィラリアの手術した愛五郎ですが、お陰さまで
手術が成功いたしまして27日退院することになりました。


愛五郎の心臓に入っていた犬糸状虫です

もしかしたら危ないかもしれないとも言われていましたが
此のたびも院長先生に助けていただきました。
心より感謝申し上げます。
看護師の皆さまの手厚いお世話いつも有り難く思います。


今日も面会に行きましたが大喜びで尾をいっぱい振ってくれて
元気のよさを見せてくれました。
1日も早く優しい里親さまにご縁できるように頑張るからね。
ありがとうございました。

フィラリアのお薬を5月~11月まで、蚊の多い場所では12月まで
毎年飲ませていないとこのような とても恐ろしい病気にかかり
苦しんで死んでしまいます。
元の飼い主が飲ませていなかった為にこんなにも苦しみました。
必ずお薬を飲ませてください。

 


ボランティア様の募集

2009年12月26日 | Weblog

動物の幸せを結ぶ会では、ボランティア様を募集しております。
応募していただける方は、当会HP上の『会へのご連絡』より
ご連絡下さい。
http://www.satooya-tsuushin.net/top/page/renraku_form.html
ご面談させていただければと思います。

栗橋多頭飼育崩壊の現場やセンターなどから救出した犬達が
います。
・運転ができる方
・体力のある方
・週に一回や月に一回でも長く続けていただける方等々、
どうぞ動物達の為にお力を貸してください。

保護している現場が東武野田線沿線のとある場所にございますので
さいたま市~春日部市など近郊の方ですと 特に現場に
行きやすいのではないかと思われます。
その他地域からでも やる気のある方、宜しくお願い致します。


尼崎の悪質繁殖業者

2009年12月26日 | お知らせ

違法飼育犬、318匹 尼崎市が立ち入り調査(1/3ページ)
朝日新聞 2009年12月18日
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200912180027.html

悪質な業者が横行するのは、数年ごとに人気犬種が変わること
も背景にあるようだ。千葉県内の繁殖業者(38)は「人気のある
うちに、劣悪な環境でも次々に交配させ、大量に繁殖させて売り
飛ばす悪質な業者は少なくない。人気が去り売れ残ると、処分し
てしまう」と話す。売値が暴落すれば、まとめ買いする量販店や
ネット業者に売却、それでも残った犬は、行政に持ち込むほか、
専門の引き取り業者に有料で処分させるという。

 不衛生で過密な環境で繁殖させれば、病気も流行する。昨年度、
全国の消費生活センターに寄せられた犬の健康状態に関する苦情、
相談は432件に上る。「買って4日後に病気になり2週間で死ん
だ」などの苦情が絶えない。

 そもそも、生まれたての子犬をガラスケースに陳列して販売す
る国は先進国ではあまり例がない。動物保護団体の地球生物会議
ALIVE(東京)の野上ふさ子代表は「欧州では小規模なブリ
ーダーで子犬が生まれた時に分けてもらうのが一般的。日本も
過剰繁殖を規制する仕組みが必要だ」と話す。


里親会

2009年12月24日 | 活動のご報告

2009,12,23
犬の里親会を行いました。
師走のせわしない中、多くの方がいらしてくださいました。

心より感謝申し上げます。

保健所より助けた犬たちと栗橋多頭飼育崩壊の犬たち6頭が
参加いたしました。
茨城の動物指導センターで『明日の朝処分です』と言われました
親子犬を3頭助けました内の1頭が決まりました。
雌のまいちゃんです。




25日不妊手術をしてお届けとなりました。
とてもお優しく穏やかなご夫妻様です。
よろしくお願いいたします。


愛五郎緊急手術

2009年12月23日 | 活動のご報告

今年、行き倒れしていたのを助けた犬です。

今日12月22日、犬の愛五郎が血尿をたくさんしたので
緊急でフィラリアの手術をしました。


夕方の手術でした。
終わって直ぐに院長先生からお電話をいただきました。
「できたら今日会いにいらしてください。」
と言ってくださいましたので、急いで会いに行きました。
危険な手術と言われて1日中緊張していたせいか疲れてしまいました。
後日またご報告させていただきます。

獣医さんの待合室でお母さんに抱っこされている愛五郎です


手術が終り会いに行きました

お母さんと元気でお家へ帰ろうね。


猫用毛布の寄付のお願い

2009年12月22日 | お知らせ

保護猫の毛布が不足しています、ご寄付していただけないでしょうか。
お手数お掛けいたしますが宛先など HP上にあります
『会へのご連絡』まで よろしく願い申し上げます。

 http://www.satooya-tsuushin.net/top/page/renraku_form.html