「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

里親様よりハンナちゃんの訃報のお知らせです。

2020年10月30日 | 天国の家族

ハンナちゃんのご家族様より訃報のお知らせです。(10月25日17歳)

 

里親様より

おはようございます。朝早く失礼いたします。

今朝5時10分、ハンナが17才で永眠しました。肝臓ガンでした。
今までお世話になりました、ありがとうございました。
亡くなる少し前の闘病中のハンナちゃんです。
 
ハンナちゃんは高速道路の反対車線に走っていくのをたまたま見て、
それを呼び寄せて保護した犬です。
危機一髪とはこういうことでしょうか。
保護場所の近くの保健所へ数件迷子犬で調べて見ましたが見つかりませんでした。
片道2時間以上掛けて我が家へ保護犬と猫のお掃除、お散歩ボランティアでいらしていただいておりました方が里親になって下さいました。
信頼の出来る誠実な素敵なボランティアさんです。
この方がハンナちゃんの里親に申し出て下さいましたので
安心してお願い致しました。
愛情いっぱい掛けていただき本当に良くお世話をしていただきました、
この方にお願いして本当に良かったです。
ハンナちゃんは最高に幸せだったことでしょうね。
心より感謝申し上げます。加藤緑
 

この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりくるみちゃんの訃報のお知らせです

2020年10月30日 | 天国の家族

親様より

昨晩2時12分頃 胡桃が虹の橋に行ってしまいました。
血管肉腫と言う悪性のガンでしたが最後は苦しむ事なく家族に囲まれ静かに旅立ちました。

もっと報告しなければと思うのですが胸が苦しくて…

胡桃がいてくれた日々はとても幸せでした。
胡桃に巡り合えたご縁をありがとうございました。

 

くるみちゃんは、飼主様から最後まで言い尽くせないほどの愛情をいっぱいもらい

幸せを感じながら旅立ったことでしょう。

入院中も退院されてからもずっとご連絡いただいておりました。

大事に思っていただきまして心より感謝申し上げます。 加藤緑


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりタロウくんの訃報のお知らせいただきました

2020年08月27日 | 天国の家族

里親様よりタロウくん17才で病気のため虹の橋を渡りましたとの、ご連絡いただきました。

9日深夜けいれん発作をお越し数件の獣医さんへ連絡をとりましたが、

中々深夜開業している獣医さんが無いため朝一番に入院しました。

13日に獣医さんで亡くなりました。

タロウくんの飼主様より亡くなる数ヶ月前に、近況報告をいただいておりました。

 

 

里親様には子犬の時から17年間も可愛がっていただきました。

心より感謝申し上げます、タロウくん幸せでした。加藤


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりムクちゃんの訃報のお知らせです

2020年08月03日 | 天国の家族

ムクちゃんの里親様よりお手紙いただきました。 7月中頃

加藤さんへ

ムクが亡くなってから連絡遅くなり申し訳ございません。

連絡先を失念して今日まで連絡が出来ずにいました。

ムクは幼少時から体格が良く怖がられるものの、この犬笑ってるねー、

と言われ皆さんから愛され可愛がってもらいました。

  

他の犬たちとも仲良く、誰とでも直ぐ仲良くなります。老齢となり歩行が難しくなっても

毎日の散歩は欠かさず、皆さんからムクちゃん頑張ってるねと声を掛けていただいてました。

水上温泉がムクの体にあったのか、元気になるのでよく通いました。

老衰で17才でした。

眠ったまま朝方亡くなっていました。

寝込むこと無く苦しむこと無く静かに旅立ちました。

おとなしくて素直で優しいムクでした、とても寂しいです。

イスに横になっている写真は16歳の時です。

写真の左、犬のお仲間さんたちと旅行に行った時の写真。

写真の右、ムクちゃん、

高齢になって、ムクを温泉に連れていったときの写真。

 

会より

旅行にいろいろな所へ連れて行ってもらいムクちゃんは楽しい幸せな犬生でした。

皆に愛されて本当に嬉しいです、里親様に心より感謝申し上げます

写真とお手紙をお送りいただきまして有り難うございました。

そして里親をご紹介していただきましたご家族様へ感謝致します。

有り難うございました。加藤

 


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりレオくんの訃報のお知らせいただきました

2020年07月27日 | 天国の家族

レオくんの里親様より(レオくん18才・7月26日 虹の橋を渡りました)

 

加藤様

レオを我が家に迎えて約18年。
今は何も考えられませんが、
時が経つと共に悲しみ、寂しさがじわじわやって
来るのでしょう。
そんな時は一緒に楽しく過ごした日々を振り返って、
少しずつ前に進みたいと思います。

 

レオのお陰で味気ない毎日が一緒に楽しく過ごせて
両親も喜んでます。


※未使用のおむつの件で、
ご連絡させて頂きますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

   

レオくん今日27日、お骨になりました。

会より

レオくん、子犬の時に長い道中、電車でお届けしたのを良く覚えて居ます。

あれから18年、長いような短いような感じが致します。

娘さんの弟のように、我が子のように愛情を掛けてお育ていただきました、有り難い事です。

昨年お訪ねしました時に、ご家族皆がレオくんの面白い話しを聞かせ下さいました。

こんなこと、あんなこと

大笑いしながら楽しく過させて頂きました。

私も幸せいっぱい感じて帰宅しました。

レオくん幸せでした、心から感謝申し上げます。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりクッキーちゃんの訃報のお知らせです

2020年07月27日 | 天国の家族

クッキーちゃんの飼主様より (6月19日…17才で亡くなりました)

クッキーが7歳で我が家の一員となり17歳まで私達夫婦になくてはならない存在でした。

年齢と共に耳が聞こえなくなり目が両目とも見えなくなっても散歩をしたり山に抱っこして登ったりいつもとかわらぬ生活を送っていました。

最後は心臓発作が何度もおそいましたが夫婦二人が見守る中妻の腕の中で一生をおえました。

10年間癒してくれてありがとう。

 

 

会より

私共から初代の犬を雑種の中型犬でした、コッカースパニエルを2代目の犬に

クッキーちゃんを迎えていただき最後までお世話していただきまして有り難うございました。


この記事をはてなブックマークに追加

里親さまより猫グレちゃんの訃報のお知らせです。

2020年07月18日 | 天国の家族

加藤さんへ

グレちゃん19才8ヶ月 老衰で(旧姓ジュリちゃん)6月23日天国に行きました。

毎日の介護で大変でしたが、グレちゃんが居なくなると寂しいです。

最後は眠ったまま安らかでした。

グレちゃんの若い頃の写真です。

 

会より里親さまへお礼申し上げます。

里親さまは、良く猫部屋のお掃除にいらして下さいました。

飼い主の居ない猫の捕獲に車を出していただいたり大変お世話になりました。

グレちゃんが高齢になり毎日のように獣医さんに通って居たとお聞きしていました。

2年くらいはグレちゃんが泣くので横に添い寝をしての介護で、

飼主さまは、安眠剤を飲みながらの生活がずっと続いたそうです。

8㎏体重が落ちて体には良かったと笑っていましたが、ご自分の命を削りながらの介護でしたね。

最後まで命を大事にしていただきまして心より感謝申し上げます。

有り難うございました

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりチーちゃんの訃報のお知らせです

2020年07月18日 | 天国の家族

昨日7月17日チーちゃんの里親さまよりお知らせいただきました。

加藤 緑 様

 本日はお電話頂き、有難うございました。
チーちゃんの写真を送らせて頂きます。
この写真は、1年位前の写真です。

獣医さんより、ストレスの無い生活が大切と指導を受けていましたので、過ごしやすい時間帯は、庭で自由に過ごさせました。
最後まで我が家の大切な家族として、また番犬として頑張ってくれました。
ですが昨年秋頃からメニエール症状が進行し、入退院を繰り返していましたが、

昨年2019年11月30日に亡くなりました。
お知らせするのが遅くなりました。 

 

 

チーちゃんとくるみちゃんの写真を送らせて頂きます。
飼い始めた頃からチーちゃんとくるみちゃんは、とても仲が良い姉妹犬でした。
くるみちゃん(写真2枚目、3枚目)は、現在もとても元気で、お散歩が大好きです。

今年の定期検診でも、生化学検査等を実施しましたが全く異常がないと獣医さんから言われ、安心しました。
これからも、くるみちゃんを私達の家族として大切にしていきたいと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

♡写真は1年前のチーちゃんとくるみちゃんです

12才の頃お父さんと一緒に。右がチーちゃんです。

 

里子に行った頃のチーちゃん

若い頃のくるみちゃんの写真です。


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりぽぽちゃんの訃報のお知らせです

2020年06月02日 | 天国の家族

ぽぽちゃん虹の橋を渡りました。

加藤さんへ

少し前に、
ぽぽが息を引き取りました。(5月7日未明)

ぽぽちゃん、
昔つらい思いをしたのに
最後にも苦しい思いをしてしまい、悲しくて悲しくてなりません。
まだお別れしたくなくて火葬の連絡ができていません。
ぽぽちゃんほど、いい子でみんなに優しくて誰からも好かれて癒やしてくれる子はいません。

5月9日

明日ぽぽとお別れします

ぽぽ以上にいい子には
二度と出会えないと思います
加藤さんが救ってくれたからです
もっといっしょにいたかったです
お別れがつらいです
でも、ぽぽの苦しみが
もっと長く続いていたら
それはもっともっとつらいことです
気持ちの整理はまだまだつきませんが、
ぽぽが天国へ行けるよう、見送ってあげないといけないと思います
これからぽぼにお手紙を書いて、いっしょの写真を添えてお別れします

5月10日

ぽぽ
お骨になってしまいました
ふわふわの毛も、
かわいいお耳も、
優しい目も、
もうありません
さびしいです。

下記は、4月20日ぽぽちゃんが亡くなる前に頂いた近況のお知らせです」

加藤さん、こんにちは。
私たちは大丈夫です。
ぽぼですが、、、
ずっとご連絡しようと思っていたのですが、コロナのことや加藤さんにご心配おかけすることになってしまうので連絡するか迷ってしまってなかなかご連絡できませんでした。
いろいろな治療、投薬や抗がん剤をがんばってくれましたがあまり思うように効果がでず、今はだいぶ痩せて弱ってしまいました。
治してあげられずほんとうに申し訳ない気持ちです。
ぎりぎり外でトイレに行く時は歩けてますが、寝たきりになるのもそう遠くないかもしれません。
お散歩できるうちにと思って、昨日さいたまスタジアムまで車で出掛けました

 

会より

ぽぽちゃんは可愛い子犬の時に一度里子に行きましたが、

元飼主に捨てられて保健所に入って居るところを

偶然にもネットでぽぽちゃんを見つけました。

拘留期限切れでした。

朝になるまで一睡も出来ずに生きた心地がしませんでした。

慌てました早朝に保健所へ走り、やっとぽぽちゃんを引き取る事ができました。

飼主は保健所も警察も私共にも、迷子届けを出していませんでした。

保健所から保護をしてその足で獣医さんへ行きぽぽちゃんは、入院となりました。

フィラリア陽性で、ショックでした。

去勢手術もフィラリアのお薬も怠っていました。

肉球はやけどして感染症になっていたそうです、痩せていて酷い人間不信でもありました。フィラリアの治療を続けて3年で陰性になりましたが、おどおどした様子は未だなおりません。

でもぽぽちゃんのお世話をしに1年間通ってくれた優しいボランティアさんが里親として迎えて下さることになりました。里子に行ってから沢山の病気が出てきました。

子犬の時につらい思いをしたストレスからでしょうか、でも、ぽぽちゃんのことをよく分かってくれて愛情いっぱい掛けてくれたご夫妻に愛されて最後まで幸せに過すことが出来てほんとうに良かったです。

里親様には心から感謝申し上げます。

大切に可愛がっていただきましてほんとうに有り難うございました。

里親さんを選ぶ事は何よりも一番難しいです、本当に難しいですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりくるみちゃんの訃報のお知らせいただきました

2020年05月20日 | 天国の家族

加藤緑 様

今日は悲しいお知らせです。

去る5月1日くるみが虹の橋を渡り、ジョンくん、くうちゃん、チビ達

我が家の愛犬達のいる花園へ旅立ってしまいました。

★里親様より、お手紙を戴いておりますが省略させていただきます。

先住犬のジョンくんと一緒の写真も送って下さいました。

 

くるみちゃんの闘病生活を毎日書き続けたノートが3冊だたそうです。

奥さんはご両親様の介護に通いながら、くるみちゃんの介護もご主人様と

一緒にされたそうです。

くるみちゃんは、てんかんの発作があり

ご主人がずっと側について介護をして下さったと・・・。

ご主人の手助けがあり、それはどんなにか助かったと

お手紙とお電話でも話して下さいました。

くるみちゃん16才くらいでした。

お家の中でご家族の皆様に愛されて甘えさせていただいてくるみちゃん幸せでした。

年に2回は必ず近況報告のお手紙を戴いておりました。

地域で動物ボランティアもして心優しい里親様です。

ジョンくんとくるみちゃんの2代に渡り大切にしていただきまして

心より感謝申し上げます。 加藤緑

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加