「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

子猫2匹保護しました

2017年05月23日 | 猫を保護しました

  子猫2匹を保護しました。   5月23日

1匹は怪我をしてます。2ヶ月弱くらいだそうです。検便、エイズ・白血病検査(陰性)

2匹、抗生物質の注射しました。

めす

   

おす 怪我してます

  

 


里親さんのフリーマーケット

2017年05月23日 | お知らせ

   里親さん方がフリーマーケットを開催されました。 5月21日

     

     春と秋の2回、恒例になりましたフリーマーケットです。

     売上金を私共の保護犬・保護猫さんたちへ寄付してくださいました。

     当日の21日暑かったですね、数ヶ月も前~お品物を集めていただき、値札付けや

     場所の交渉などほんとうに大変なイベントです。感謝申し上げます。

     有り難うございました。寄付金は犬・猫の医療費に使わせていただきます。

   

 

 


第2回 犬里親会を行います

2017年05月22日 | お知らせ

        犬の里親会

月日  5月28日 日曜日

時間  午後 3時30分~6時30分まで

場所  加須市 高橋動物病院内 ガレージをお借りしての里親会です

    加須市鳩山町6-6 

(大雨、強風、雷の場合は中止とさせていただきますが、弱い雨でしたら予定どうり行います。

中止の場合は、当日このブログに掲載いたします。)

※ あってみたい犬がいましたら、会へのご連絡までメールして下さい。

 「会へのご連絡」http://www.satooya-tsuushin.net/top/page/renraku_form2.html

  分からないことや聞いてみたいことが有りましたら遠慮なくメール下さい。

参加犬 ルンちゃん・団吉・シャン・シンメ・遊・の5頭ですが、当日体調を見て、

    参加犬を変更する場合もございます。ご了承下さい。 

写真は、前回13日犬の里親会の様子です。

 

 

 

 犬たちに会いにいらしてください。

 保健所から引き取りました犬、捨てられて保護した犬たちです。

           

 

 

 


春のフリーマーケットのお品物をご支援ください。

2017年05月21日 | お知らせ

 5月21日 日曜日 里親さんが、春のフリーマーケット開催いたします。

お品物をご支援くださいますように宜しくお願いいたします。

里親さんが年2回、春と秋ころ、フリーマーケットを開催してくださいます。

売上金は保護犬と猫たちへ寄付していただいております。

出品いたしますお品物をご提供いただけますと、助かります。宜しくお願い申し上げます

日時・ 5月21日(日曜日)   時間・11時~14時30分

場所  今回は、新宿区の公園(おとめやま)で開催します。

お品物をお送りいただける場合、「会へのご連絡」までお願いいたします。下のアドレスから

お入りください。宜しくお願いいたします。

http://www.satooya-tsuushin.net/top/page/renraku_form2.html

(新品の物でお願いいたします。タオル類、食器類、ナベ、衣類 男女問わず、バッグ類、文房具類、犬猫のお品物(首輪、リード、ブラシ、服、ベッド、ペットシートなど)他いろいろ)

写真下は、昨年のフリマーの様子です。

 

写真追加分

 会の方へお送りいただきましたお品物有り難うございました。

 

 

 

 

ガラス細工の木村俊江さんより、 コップ うつわ

 


幸ちゃんに里親さんが決まりました。

2017年05月17日 | 活動のご報告

幸ちゃん里親さん決まりました。   5月17日

一時預かりのご家族様が引き取ることになりました。

幸ちゃんも預かりさんに懐いて物凄く幸せそうでした。

良かっです、有り難うございました。

 


第1回犬の里親会を開催しました。

2017年05月15日 | 活動のご報告

第1回 犬の里親会開催しました。高橋動物病院ガレージ内にて・5月13日(土曜日)1時~4時

この日は朝から1日雨でした。

それでもボランティアさん方が頑張って下さいまして、とても助かりました。

次回の日程はまだ未定ですが、犬たちに良いご縁が繋がりますように願ってます。

保護犬5頭、ルンちゃん、ダン吉、シャン、遊ちゃん、しんめちゃんです。

都合で2頭入れ替わりました。

 

次回、犬の里親会へお越し下さい、宜しくお願いいたします。


犬と猫の里親会を開催することになりました

2017年05月13日 | お知らせ

      犬・猫の里親会を獣医さんの敷地内で開催いたします

里親会の開催にあたりまして、獣医さんの心あたたかなご協力を得て開催する事と

なりました。

しばらくの間、里親会を行っておりませんでしたが、加須市にあります高橋動物病院様より

有り難いお話しを戴くことが出来ました。此所を使って犬・猫の里親会はどうですかと、申し出てくださいました。5月13日より行いますので皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

月日  5月13日 土曜日

時間  午後1時~4時まで

場所  高橋動物病院のガレージで行います  加須市鳩山町6-6  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

● 犬と猫が一緒にならないように交互に里親会を行いたいと思います。

● 里親になるご家族様への条件が幾つかございます。

※ 終生飼育・完全室内飼い・ご家族が2人以上・飼育出来る環境にお住まいの方・留守番時間が少ない事・ご家族に犬の嫌いな人が居ないこと・ご家族にアレルギーの無い方・お子さんが中学生以上・転勤や引っ越しの無い方・同棲中の方はご遠慮下さい・年齢制限もございます。

フィラリアのお薬を5月~11月まで投与出来る方、体調の悪そうな時には獣医さんへ連れて行ける方1日2回のお散歩に連れて行ける方などです。お話しが進みました時には、家庭訪問をさせていただきます。宜しければ10日間くらいのトライアルをさせていただきまして、その後譲渡となりました場合誓約書と写真を撮らせていただきます。またご本人の身分証明書のコピーを取らせていただきます。

避妊・去勢手術代・狂犬病予防注射代・フィラリア11月までのお薬代・マイクロチップ代・フィラリア血液検査代・検便・駆虫・ワクチン代金、一部を、ご負担お支払いいただける方。犬の年齢・性別問わず同じです。 

分からない事がございましたら下のメールアドレスまで、お名前とご用件をお願いいたします。

 メールアドレス sinrin@mint.odn.ne.jp までお願いいたします。

または、会へのご連絡までお願いいたします。http://www.satooya-tsuushin.net/top/page/renraku_form2.html

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第1回目の里親会 参加犬

犬5頭(ルンちゃん・シャンちゃん・ダン吉・みそらちゃん・海音ちゃん)

ルンちゃん オス 小型 プードル 

 

シャンちゃん オス 中型

 

  

ダン吉 オス 大きめ

  

 

みそらちゃん メス

 

 海音ちゃん オス 柴犬 

  

 

 里親会場へ犬たちにあいにいらしてください。お待ちしております。

※保健所から引き取った犬、捨てられた犬、引っ越しで

置き去りにされた犬、高齢の飼い主が放棄した飼えなくなった犬たちです。

愛情をかけて最後まで飼育してくださいますご家族様にご縁出来ますように心から願っております。

人間も動物も幸せになるために、良いご縁がありますように。

この犬たち行いました医療として

検便・駆虫・フィラリアの血液検査・フィラリア予防薬投与・混合ワクチン・避妊・去勢手術・シャンプーカット・マイクロチップ装着・フロントライン・9種類血液検査などです。

 宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フィラリア予防薬7ヶ月分購入しました

2017年05月06日 | ラック

フィラリア予防薬4月29日購入しました。5月~11月まで

5月2日、犬全頭投与済ませました。25頭

予防薬は毎月必ず飲ませてください。お願いします。

 


飼い主の居ない猫さん去勢手術しました。

2017年05月06日 | 活動のご報告

のら猫さんオス、5月1日捕獲して2日手術しました。

3日の朝、元の場所へ戻しました。フロントラインも付けました。


ALIVE-news]より転載しました。

2017年05月03日 | お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆ 2017.05.02
 文部科学省へ意見を!
 ~ 4/12文部科学省へ要望書を提出
 動物性集合胚規制緩和問題 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

連投を失礼いたします。

現在、文部科学省が、ヒトの細胞を混ぜ合わせた動物胚(注)(動物の胚に
iPS細胞など人の細胞を注入したもの=動物性集合胚と呼ばれる)の規制緩和
を検討しています。生まれてくる動物はヒトの細胞が動物の全身に混じり
合ったものとなり、意図しない生物が生み出される可能性があります。
特にiPSなどの多能性幹細胞から人の脳細胞が生じ、例えば動物が人の思考を
持ってしまうことなどが懸念されています(内閣府の議論では、『ブタと
話せるという、それこそお伽の世界のようなことができるほうがいいのかも
しれない』(議事録よりそのまま)などという委員の意見も出ています)。
現在は文部科学省の指針(特定胚の取扱いに関する指針)で、動物個体を生
み出すことなどは禁止されていますが、動物個体の作成まで認めるなどの規
制緩和案が検討されています(既に内閣府ではその方向を容認する見解が出
ています)。

規制緩和が目指す目的の一つは、ヒト移植用の臓器を動物、特にブタの体内
で作成しようというもので、そのために、動物(ブタ)の体内でできる臓器
を丸ごと人の細胞で置き換えてしまおうというものです。規制が緩和されれ
ば、多くの動物たちが生命を改変され、健康上のリスクを負って生まれ、臓
器を採取されたり薬物を投与されたりして、殺されることになります。

文部科学省は近く、総合的な検討のとりまとめを行い、指針改正案のパブ
リックコメントを行うとしています。ぜひ皆さんからも当会の要望書(以下)
を参考にして、今のうちに文部科学省へ意見を届けてください。

http://www.alive-net.net/animal-experiments/youbou/2017/animal-human-chimeric-embryo.html

〇意見提出先
文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室
(郵便)〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
(E-mail)ethics@mext.go.jp

(注)胚:受精卵が細胞分裂で胎児になる過程のごく初期の段階の個体

※本件についてさらに詳しい解説は、以下の記事をご覧ください。
臓器工場、異種移植、異種間キメラ動物・・生命操作はどこまで許されるか?
~動物性集合胚の規制緩和を問う~ 
http://www.alive-net.net/animal-experiments/animal-human-chimeric-embryo_alive119/index.html

以上
alive-newsは送信専用です。このメールに返信はできません。